ドラマ 視聴 率 ランキング。 ドラマ1週間視聴率 | ドラマ視聴率速報・ドラマン

ドラマ視聴率ランキング歴代TOP52【2020最新版】

ドラマ 視聴 率 ランキング

2 10. 2 7. 1 7. 9 6. 6 7. 3 6. 1 6. 1 6. 9 6. 9 6. 2 8. 0 8. 6 8. 4 7. 3 6. 7 6. 4 6. 3 5. 0 5. 0 5. 7 5. 9 4. 2 3. 5 2. 5 2. 6 1. 8 1. 7 1. 5 1. 4 1. 6 20. 6 20. 6 11. 5 11. 4 11. 0 9. 0 8. 3 7. 2 7. 4 6. 2 5. 2 5. 8 5. 6 5. 9 7. 3 4. 1 4. 1 2. 1 2. 3 2. 3 1. 1 1. 0 2. 6 1. 4 7. 7 5. 5 1. 6 0. 8 0. 7 6. 2 5. 1 5. 3 3. 6 3. 8 2. 8 3. 2 2. 9 2. 8 2. 2 9. 0 8. 3 7. 1 7. 1 7. 0 7. 9 7. 8 8. 8 7. 7 6.

次の

2020年春ドラマ 視聴率一覧表【2020年4月~】視聴率ランキング&グラフ推移

ドラマ 視聴 率 ランキング

フジテレビ 月曜 21:00~ 平均視聴率 8.5% 相葉雅紀 武井咲 井川遥 中山美穂 仲間由紀恵 松重豊ほか 月9ドラマ30周年記念作品として放送され、豪華なキャストが話題になったドラマ、貴族探偵。 原作は麻耶雄嵩さんの同名小説で、探偵でありながら、自分は推理せず、使用人に推理させる主人公の貴族を相葉雅紀さんが演じています。 原作者の麻耶雄嵩さんは時代劇水戸黄門をイメージしているのだそう。 本人がなにもしなくても、現れてだけで解決するのが面白い、とのことで、斬新な貴族探偵が生まれたようです。 武井咲さんはもちろん、中山美穂さんや仲間由紀恵さんなど主役級の女優さんが出ていて30周年記念にふさわしいドラマでした。 フジテレビ系 火曜 21:00~ 平均視聴率 10.4% 小栗旬 西島秀俊 石田ゆり子 長塚京三ほか テロリストや新興宗教団体など、国家を揺るがすような事件に取り組む公安機動捜査隊特捜班。 善と悪、正義に苦悩する捜査官たちが刻一刻と迫るタイムリミットに挑むドラマです。 刑事ドラマですが、主演の小栗旬さんは女性に優しく今どきのチャラっとした若い男性という感じで、また女性関係も奔放な役柄でした。 逆に西島秀俊さんはストイックな男性を演じ、対極のふたりがまた面白いドラマです。 フランス・カンヌで開催された世界的なテレビ番組の見本市「MIPTV」に出品され、レッドカーペットを西島秀俊さんが歩き、世界にアピールしました。 香港では2017年5月に放送されました。 TBS系 火曜22:00~ 平均視聴率 11.1% 波瑠 東出昌大 仲里依紗 鈴木伸之 劇団EXILE ほか いくえみ綾さんの漫画が原作のドラマです。 既婚者である主人公が学生時代に好きだった相手と再会し、W不倫してしまうというドラマでした。 ドラマ開始当初は波瑠さん演じる主人公の美都に共感ができない、など散々な評価でしたが、だんだん視聴率があがり、毎週楽しみにしているという人が続出しました。 「生まれなおしても今の人を選びますか」というサブタイトルがなんとも恐ろしくも思えますが、美都の虚無感や罪悪感のなさが逆に無色透明で不倫のドラマでありながら泥沼にならないという評価もされました。 また、中世的な役柄の多かった波瑠さんの新境地ともいわれたドラマです。

次の

2018ドラマ視聴率ランキング

ドラマ 視聴 率 ランキング

『HEAT』第6話が史上最低記録2. 0%でワーストの座に君臨していた。 今回の『モトカレマニア』第4話は、ワースト2位タイとなる。 「新木優子と高良健吾がダブル主演する『モトカレマニア』は、難波ユカリ氏の同名漫画を実写化した恋愛ドラマ。 過去の恋愛を引きずるヒロインが、そのモトカレと再会するところから物語がスタートします。 打ち切りが検討は、5%を割った段階。 放送回数を減らすことで、少しでも傷口を小さくする形で放送を終えるとみられる。 「当然この責任は、主演2人とプロデューサーが負うことになりますが、ダブル主演で責任が分散されたのは、新木、高良にとってはラッキーだったかもしれません。 優秀なプロデューサーではあるものの、準備期間の少なさもあってか、結果は悲惨なことに。 「主演のふたりが『実力派』で少々地味ではあるものの、ネット上でも序盤からストーリーが好評。 さらに『途中から見てもおもしろいドラマ』だったので視聴率回復のチャンスは何度もあったはずなんです」 そんな同作について『非常に悔やまれる出来事』がある。 「11月7日の第4回は前番組の『ボクシング 井上尚弥VSノニト・ドネア戦』が押して30分遅れの放送となったのですが、この時の『局の判断』が視聴者の反感を買うことになってしまったんです」 その判断とは。 「試合後、井上の勝利インタビューを中継せずに半ば強引な形でドラマをスタートさせてしまった。 当時、ネット上では『モトカレマニアは二度と見ない』といった声であふれかえっていましたね」 紙一重の判断ミスであったか。 「あまりに多忙な日々から、体調を崩してしまったのかもしれませんね。 しかし、翌日にはインスタグラムで『グータンヌーボ2』のロケに参加したこと、またその途中に『サンデー・ジャポン』の直撃を受けたことを、嬉々として報告。 アップされた動画では、ちゃっかり写真集の宣伝もしていました。 そうした背景から、一部関係者の間では『売れっ子は大爆死ドラマの打ち上げに時間を割けないのでは?』という嫌みも飛び交っています」 登場人物の優柔不断さやストーリーの粗さが批判されてきた本作。 ドラマファンが喜ぶポイントがあった。 「ユリカとマコチの引っ越しで、業者のダンボールに記されていた名前が『柿谷運送』。 16年に放送された、高良と有村架純主演 『いつかこの恋を思い出してきっと泣いてしまう』で、高良演じる練が働いていた引っ越し業者。 まさかのコラボに、 『ここでこんなプレゼントあるとは!懐かしい!』 『最後の最後で一番盛り上がれた!』 といった興奮の声が殺到。 「感想の多くは、批判の声。 ラブコメのはずが、途中からはコメディ要素はすっかり抜け落ち、さらに元カレを引きずっている女性が結局、元カレとやり直すというストーリーの凡庸っぷりに、 『初回と最終回だけ見れば十分なドラマ』 『なんでこれを毎週見続けてしまったのか、後悔』 数字が取りにくい枠ではあるものの、近年稀にみる低視聴率ドラマとなってしまいました」.

次の