高松 矯正 歯科 ち りょう 内容 こう ざと 矯正 歯科。 保険で出来る歯列矯正とは?その条件と保険診療のできる歯科医院

坂出市の評判のおすすめ歯科医院

高松 矯正 歯科 ち りょう 内容 こう ざと 矯正 歯科

基本的に歯列矯正は保険診療できない実費での負担になる(自費診療) 「歯並びを良くしたい・・・」 と思ったときは、歯列矯正という治療を行うのが一般的ですが、実は 歯列矯正の治療は基本的には保険診療で治療を受ける事が出来ません。 保険診療というのは、病院などで、保険証を持参したら、病院でかかる治療費をすべて支払うのではなくその保険証によって、窓口では、1割から3割しか自分で支払わなくてもよい制度です。 残りの7割から9割は誰が支払っているのか、というと、自分(もしくは自分の家族)が月々支払う保険料をプールしている機関から支払われます。 歯列矯正では基本的にこの制度が使用できないので、歯列矯正で費やした費用は費やしただけ支払う事になります。 歯列矯正は治療の目的が審美的な目的であるから、というのが保険診療が認められない理由 なぜ歯列矯正は保険診療が認められないのでしょうか? なぜならば、保険の考え方から言うと、多くの場合、歯並びが乱れていても、噛む事が出来ない、話せない、というところまで歯並びが乱れていることはない、とみなされているからです。 普段の生活に支障がない部分の治療に関しては、「美しくする(審美的)ための目的」とみなされるので、そのためには保険は使用しない、という事になっているのです。 自費の歯列矯正にかかる費用は歯科医院によって異なる このように、大部分の矯正は保険が認められないので、実費での治療(自費診療)となります。 自費診療は歯科医院によって自由に設定できるので、医院によって治療にかかる金額が異なります。 また、歯列矯正はどのように歯列が乱れているかによって行う治療も異なるので、一概にこれくらいの値段ですとは言い難いのが現状です。 本当に大まかな目安としては、80万円位は必要かとおもいます。 場合によっては歯列矯正で保険を使用することが認められることがある しかし、実は歯科矯正に全く保険診療が使えないわけではありません。 実は、「かみ合わせが悪くやむをえない」ような、以下に挙げる場合については、 保険診療で歯列矯正を行う事が認められています。 これら保険適用される医療機関は、別に厚生労働大臣が定める施設基準に適合しているものとして地方厚生(支)局長に届け出た保険医療機関のみになります。 では以下に保険で歯列矯正が受けられるケースの内容について説明します。 そのような場合は保険診療で歯列矯正が受けられます。 歯列矯正が受けれらる先天性疾患はあらかじめ決まっています。 以下の疾患です。 唇顎口蓋裂・ゴールデンハー症候群(鰓弓異常症を含む。 )・鎖骨頭蓋骨異形成 トリーチャ・コリンズ症候群・ピエール・ロバン症候群・ダウン症候群・ラッセル・シルバー症候群 ・ターナー症候群・ベックウィズ・ウイーデマン症候群・顔面半側萎縮症・先天性ミオパチー・筋ジストロフィー・脊髄性筋委縮症・顔面半側肥大症・エリス・ヴァンクレベルド症候群・軟骨形成不全症・外胚葉異形成症・神経線維腫症・基底細胞母斑症候群・ヌーナン症候群・マルファン症候群・プラダー・ウィリー症候群・顔面裂・大理石骨病・色素失調症・口腔・顔面・指趾症候群・メビウス症候群・歌舞伎症候群・クリッペル・トレノネー・ウェーバー症候群・ウイリアムズ症候群・ビンダー症候群・スティックラー症候群・小舌症・頭蓋骨癒合症(クルーゾン症候群、尖頭合指症を含む。 顎の大きさがアンバランスなので、顔貌にも影響が出る事があります。 例えば受け口や上あごの部分が大きく出ている人は場合によっては当てはまるかもしれません。 「状態」なので、全身的な疾患がなくても「顎変形症」である可能性があります。 また、歯並びやかみ合わせが悪くても、上顎と下顎の場所や大きさがアンバランスでない場合は当てはまりません。 上顎が大きいから、受け口だから、と言ってすぐに保険診療が適用できる訳ではありません。 「顎変形症」かどうかは歯科矯正の専門的な検査・診断を行って分かります。 「顎変形症」は顎の大きさを根本的に治療する必要があるので、顎の骨を切り長さを短くするという治療を行います。 これは手術という治療になります。 おおよその治療の流れとしては、• 術前の矯正で1~2年• 術後の矯正で1年• その後保定(きれいに並んだ歯並びを維持するための固定)期間 となります。 保険診療で歯列矯正の治療が受けられる医療機関は限られています 「自分も保険診療できる歯列矯正に当てはまりそうだから治療を受けてみたいな・・」 と思ってもどこの歯科医院でも保険診療で歯列矯正の治療が受けられるわけではありません。 別に厚生労働大臣が定める施設基準に適合しているものとして地方厚生(支)局長に届け出た保険医療機関 と、ホームページにもあるように、厚生労働大臣に認められた施設として届け出をしてある医療機関でないと、もし条件を満たしていたとしても歯列矯正を保険診療を受けることはできません。 ですので、もし自分が「保険診療で歯列矯正が出来るか相談したい」と思うのであれば、保険診療を認められた医療機関に相談、もしくはかかりつけの歯科医院から紹介してもらうのが良いでしょう。 都道府県別保険診療で歯列矯正の治療が受けられる医療機関 ではどの歯科医院が保険診療で歯列矯正の治療が受けられるのでしょうか? 日本歯科矯正学会のリストをもとに都道府県別に医療機関を以下に挙げました。 日本歯科矯正学会員の先生が治療していることが施設の要件になっていますので、先生の異動によってはここに記載されていても保険診療が出来なくなっている場合もあります。 「保険診療で歯列矯正が出来るかどうか相談したい」旨述べてから来院するほうがベターだと思います。 また、歯列矯正で保険診療が出来るのは、検査を受けて上記に挙げた3つの条件にあてはまった時に初めて可能になります。 条件に当てはまらなかった場合は保険診療が出来る医療機関でも、ご自身の治療には保険診療は使えませんのでご了承ください。

次の

坂出市のおすすめ歯医者さん3選!おすすめポイントを掲載

高松 矯正 歯科 ち りょう 内容 こう ざと 矯正 歯科

学会資格を選択• JBO認定歯科矯正 専門医• 日本矯正歯科学会 専門医• 日本成人矯正歯科学会 専門医• 日本舌側矯正歯科学会 認定医 対応可能な治療方法を選択• 床矯正• インプラント矯正• マウスピース矯正• 予防矯正• 口唇・口蓋裂治療• 舌側矯正治療(裏側矯正治療)• 顎変形症治療 医院の特徴を選択• 歯科矯正治療の専門• トータルフィー制• 顎口腔機能診断施設取得• 指定自立支援医療機関(育成医療・更正医療)取得• ネット予約・専用ダイヤル(通話料無料) 希望曜日・時間を選択• 日曜日• 月曜日• 火曜日• 水曜日• 木曜日• 金曜日• 土曜日• 夜間診療.

次の

こうざと矯正歯科クリニック 【病院口コミ検索Caloo・カルー】

高松 矯正 歯科 ち りょう 内容 こう ざと 矯正 歯科

上里 聡 院長 当クリニックは、各学会認定医による最新の矯正歯科治療を行っております。 マウスピース矯正を中心とした、最新の見えない矯正治療。 痛みの少ない矯正歯科治療に加えて、歯を抜かない治療、美容外科形成外科とタイアップしたアンチエイジング矯正治療、睡眠時無呼吸症候群に対する予防矯正治療なども積極的に行っております。 当クリニックは日曜も午後7時まで診療しております。 お気軽にご来院ください。 当クリニックは、大正14年より上里歯科医院として地域に密着した歯科医療を行ってまいりました。 矯正歯科は昭和49年より行っており、現在まで坂出市、高松市、丸亀市をはじめ、その他広範囲からの患者さまを治療してきており、多くの治療実績を持っております。 長らく診療していた坂出市室町から現在の地に移転し、矯正歯科を専門として引き続き香川県を中心とした、中国四国地方の方を対象に、総合的な医科・歯科連携治療を行っております。 略歴 1997年 愛知学院大学歯学部卒業 愛知学院大学歯学部歯科矯正学講座入局 2000年 Charls H. Tweed Course修了 2003年 愛知学院大学大学院歯学研究科修了 こうざと歯科・矯正歯科クリニック勤務 愛知学院大学助手(非常勤) 香川県立中央病院登録医 2004年 Charls H.

次の