千と千尋の神隠し 歌詞。 【リンの正体】千と千尋の神隠しには裏設定が…ネタバレ注意!

千と千尋の神隠しの主題歌「いつも何度でも」という曲の歌詞の意味を教...

千と千尋の神隠し 歌詞

「千と千尋の神隠し」の姉御キャラ、リンの正体は白狐!? 口は悪くてちょっと気も短いけど、千のことをいつも妹のように見守ってくれる リン。 その姿は千と同じく人間のようで、湯婆婆の下で働いているものの… 実の正体はナメクジやカエルといった類の生き物。 そんな中、彼女の正体は 白狐ではないかという噂が出回っているのです。 確かにその可能性は否めません。 正体は狐と聞いてまず思い当たるのが彼女の容姿。 確かに面長で目は細く、色白なところが狐っぽいですよね。 どことなく彼女の醸し出す雰囲気も狐的なものがあるように見受けられます。 また本編の中で、銭湯の湯を管理する釜爺から黒イモリを受け取る場面。 元来、狐はトカゲを食することから「 リンの正体=白狐説」が浮かび上がっているのでしょう。 そしてさらに、スタジオジブリ公式の本「The art of spirited away」にてリンのラフデザインが載っているのですが… リンの名前の横に「白狐」と説明書きがあり、白狐説がさらに有力視されています。 気になるリンの正体。 「白狐」以外にもいくつかの説が… 正体は白狐だと噂されるリンですが、他にも説があります。 まず挙げられるのは、千と同様に「 人間」であるという話。 確かに彼女は湯婆婆の下で働く他の湯女よりも人間寄りに描かれているように思います。 千とリンの仲も当初は少しギクシャクしていましたが、時が過ぎるにつれて2人の距離が縮まっていく様がまさしく人間同士の心のふれあいのように描かれているのです。 2人が夜中の窓辺で肉まん(らしきモノ)を食べながら語り合っている場面は、個人的に大好きなシーン。 また正体がヒトだと思われる有力な裏付けとして、「千と千尋の神隠し」の公式パンフレットに「 リンは人間である」という内容が明記されていること。 その他、湯女と同様に「ナメクジやイタチでは」といった説まで存在します。 地味だけど欠かせない「リン」の存在 「千と千尋の神隠し」のヒロインはご存知の通り「千尋」ですが、彼女以外のサブキャラクターについても魅力的な人物が目白押しです。 恋模様を連想させるハク、湯婆婆と銭婆の姉妹、そして釜爺にカオナシと… いかにもジブリの、そして宮崎駿監督らしい印象的な人物が登場していることが「千と千尋の神隠し」の世界を魅力的なものにしている点は疑いようもありません。 そんな個性的なキャラたちに囲まれては、さすがの リンも地味な部類に入ってしまいますが… 彼女はこの「千と千尋の神隠し」のキーパーソンと見ても過言ではない存在。 名前を湯婆婆に奪われてしまった千のことをまるで本当の妹のようにサポートするリンがいたからこそ、千も立ち直っていけたのだと感じます。 とりわけ、2人が協力して「腐れ神」をお風呂に入れるシーンはかなりコミカルで印象に残る場面でした。 筆者的には「千と千尋の神隠し」の中で最も好きなキャラクターの1人です。 まとめ 「 千と千尋の神隠し」において欠かせない存在とも言えるリン。 今回はその正体について明かしてきました。 果たして彼女は人間、それとも白狐?はたまた別の生き物なのか? ハッキリとした答えは本作品の中で描かれていないものの、それだけ想像の幅も広がって自由な視点で楽しむことができますね。 「千と千尋の神隠し」は世界各国からも愛されるジブリの代表作として今後も語り継がれていくことでしょう。

次の

【リンの正体】千と千尋の神隠しには裏設定が…ネタバレ注意!

千と千尋の神隠し 歌詞

映画「千と千尋の神隠し」を子供達と観に行き、それ以来、木村弓さんの「いつも何度でも」(作詞は覚 和歌子さん)に、はまった。 ・・・ほんとこの曲、深い。 一番で迷いのある姿を見せ、 二番で「かなしみ」に負けず、力強く地に足をつけ、 自分自身を取り戻して生きる姿勢を打ち出している。 桑田佳祐さんの「白い恋人達」もそういう構成。 最近のいい曲は、絶望のままに終わらせないね。 「希望」を含ませている。 80年代の曲は 「退屈な毎日に嫌気がさすぜ。 くだらない日常をブッ壊そう!」みたいな、ただ文句たれてる歌詞が多かった。 それが「カッコイイ」みたいな風潮もあった。 90年代以降、湾岸戦争や阪神大震災、地下鉄サリン事件、 最近ではアメリカでの同時多発テロ・・・ 考えられないようなことが、ある日突然、起こる。 その災いが自分自身の身に降りかかっても全く不思議ではない状況を 新聞、テレビ等の情報を通じて目の当たりにし、 「ごく普通の日常の有り難み」を知った人は多いのだと思う。 トクトクと速く胸を打つ鼓動を感じていたい。 目の前に、花が舞うような幸せな瞬間。 足元が宙に浮かぶような夢見心地のひととき。 私の胸の奥には、手を伸ばしてつかまえたい希望がある。 とても大切な、私だけの・・・夢。 光射す雲の上にある夢。 私は天に向かって首を伸ばす。 そんな少女のような私が胸の奥にいる。 辛いこと。 頭に来ちゃうこと。 もう、いやんなっちゃうような うっとぉーーしいこと。 思い出すと、涙が出そうな想い出も。 きっと、私だけじゃないね? 悲しいのは。 悲しみに押しつぶされたらいけないのね? 先が見えず、暗いけれど、 この暗闇の向こうに光が待っている。 私を抱きしめてくれる あなたが そこに。 あなたに会いたいから。 どうして、こんなに不器用なんだろう? 何度、同じ失敗を繰り返せば、賢くなれるんだろう? こぼれる涙で曇って何も見えない。 誰とも会いたくないよ。 部屋に一人でいる。 膝を抱えてベッドの上に一人。 そんな私の部屋の窓のカーテンを あなたが、サッと開けてくれた。 射し込む日差し。 うららかな空。 ああ、空はこんなに青かった・・・・ もう二度と日は昇らないような気さえしていたけれど 今日も、こんなに空は青い。 穏やかに微笑むあなた。 そうだね。 空は青い。 まだ少し悲しい色にも見えるけど、 大丈夫。 私は大丈夫。 大好きな人達に囲まれて、楽しく幸せな毎日。 ずっとこのままでいたいけど、 この当たり前のような幸せも、 いつかは形を変えてしまうものなの? そうだとしたら・・・ 今日の、この幸せに感謝したい。 この、ささやかな私の幸せに満足したい。 この体を脱ぎ捨てる時のことを想像してみる。 消えてしまいたいと祈った夜もあった。 だけど、ちゃんと私は起き上がったよ。 胸の奥で、「負けたくない!」と小さく叫んでいる私がいる。 「もう一度!」の声に立ち向かう力が私にはまだ、ある。 その後で、いつも、弱い自分が嫌いになるよ。 だから、なるべくならやめよう。 代わりに、この歌を口ずさもう。 グチャグチャに絡んだままだった思い出の糸を ゆっくりと、ゆっくりと時間を掛けて 丁寧に解きほぐし、一本のまっすぐな糸にできた。 今となっては、つまらないことだったとさえ思う。 こんなに悩むほどのことではなかったと。 だけど、だけど、 やはり、思い出す度、胸に冷たいしずくが落ちる。 少女だった私の気持ちが蘇る。 とても悲しく、切なくて、つらいけど、 私の大事な思い出。 彼を好きだった気持ち。 どうしようもなく気持ちが擦れ違って、戸惑ったことも。 彼を彼女に奪われ、絶望した、あの夜も。 もうずっと前のことなのに、 思い出すと、涙が溢れる。 そこに植えれられている決して大きくない一本の木。 その木が、4年前のある日、荒っぽいせん定をされ、枝を失った。 無惨な姿だった。 こんなに切られてしまっては枯れるんじゃないか?と思った。 しかし、その後、その木は二股の枝を伸ばし、 少しずつ葉をつけて行った。 バッサリと頭を落とされ、年輪の見える切り口の そのすぐ下から二本の小さな枝を伸ばす木。 ・・・・それは、「私」のような気がした。 一度は、もう生きていられないと思ったけど、 やっぱり、しぶとく生命を維持して、 二人の娘を得た。 木の二本の枝も、今ではこんもりと葉が茂り、 一度は全ての枝を落とされた、あの時の面影はない。 ・・・やはり、あの木は「私」かもしれない。 ・・・・後悔していると言って欲しい。 ・・・・もう一度、私に愛を誓って欲しい! 忘れたいのに。 もう、とっくの昔の出来事なのに、 全く過去の物にならず、突然、フラッシュバックする。 そのたび、いまだふさがらないままの胸の傷口から 鮮血がしたたるのを感じ ・・・そんな自分にげんなりする。。。 この苦しみは永遠に私につきまとうのだろうか? 私が私である限り、 地獄に堕ちても、きっと、きっとついてきて 私を責めるに違いない・・・・。 そう悩んでいたのが4年前。 あれから、少しずつ少しずつ・・・ 友人の力にも支えられ、 やっと、落ち着いて振り返ることができるようになった。 苦しかった気持ちが消えていく。 迷宮の中でもがいていたけれど、やっと出口を見つけられた。 こんなふうに生まれ変われる日が来るとは思わなかった。 もう一度、笑って話せたら。 愚かだった私を許してもらえたら。 私のことを本当に愛していたと、それだけを言ってもらえたら・・・ ずっと、そればかりを願っていた。 それができるまでは死んでも死にきれない、とさえ。 だけど・・・ 「あの人」はもうどこにもいない。 私が求めているのは「あの日、あの時」の彼。 この世に存在しているのは、 もしかしたら、もう結婚してパパになっているかも知れない彼。 その彼と、もし会ったって・・・話すことなんてない。 それに・・・ 本当は私だって知っている。 彼が私を心から好きでいてくれたことを。 どんなに大切にしてくれていたかを。 結末は辛かったけど、確かに心が結び合っていた瞬間だってあった。 その想い出は、この胸の奥にちゃんと大切に残っている。 別れも・・・ 残酷だったけど、 ・・・誰のせいでもない。 人を恨んだこともあったけど、 今ならわかる。 誰も悪くなかった。 彼も、私も、そして彼女も それぞれに精一杯だった。 私は今、とても幸せ。 私を必要としてくれる子供らがいる。 私に抱かれて目を閉じ眠る娘達が。 私の声に優しく応えてくれる人達もいてくれる。 一方的に体重をかけて、もたれかかるのでなく、 支え合って、 助け合えていける人達が。 生きていくこの道は、良いことばかりじゃない。 時につまづき、膝をすりむいたり、捻挫したり・・・ ぬかるみにはまって立ち往生することも。 でも、豊かな道を歩いていると胸を張れる。 これが私の道。 誰も代走はできない。 この足で歩いて行く。 ******** 2002年の日記再掲 …この頃はやっぱりまだ病んでいたわ〜 私のブログ に同じ記事があります.

次の

『千と千尋の神隠し』の8つの謎とは?知れば知るほど面白い!

千と千尋の神隠し 歌詞

画像引用元 やがて街には明かりが灯り始め、得体の知れない者が動き出しました。 いつの間にか豚に変わってしまった両親に恐怖を感じ、どうにか逃げた千尋も指先から消えてしまいそうになります。 そんな少女を助けてくれたのは、同じ年頃の少年・ハク。 ハクは、この世界で生きるためには仕事を持つ必要であることを少女に教えます。 そして「油屋」という神々が疲れを癒すために訪れる湯屋で働くようにと助言。 少女は少年から聞いた通りに窯爺を訪ね、仕事の契約をしてもらうために油屋の主人である湯婆婆の元へ連れて行かれます。 1人で湯婆婆の前に出された少女は、名前を奪われて「千」という名で油屋で働くことに。 奇妙な世界に迷い込んだ少女は、果たして両親とともに元の世界へ帰ることができるのか、不思議な冒険が始まります。 実力派俳優たちの声の演技がすごい! 画像引用元 『千と千尋の神隠し』には、多くの個性的なキャラクターが登場します。 このキャラクターたちがとても魅力的に映るのは、声を当てた俳優陣の高い演技力も大きな理由の1つでしょう。 千尋役を演じたのは、女優・柊瑠美。 すでに女優として活躍していた柊瑠美は、今作が初の声優作品でしたが、難しい少女の微妙な心の変化を見事に表現して評価されました。 謎の少年・ハク役を演じたのは、声優・入野自由。 13歳の時にオーディションでハク役を射止め、当時声変わりをしたばかりだったという声で魅力的に演じました。 湯婆婆と銭婆の双子の姉妹役を演じたのは、女優・夏木マリ。 インパクトのある役どころかつ性格が全く異なる二役を演じ分け、強烈な印象を残しました。 湯婆婆の息子で巨大な赤ちゃんの坊役を演じたのは、俳優・神木隆之介。 いまやアニメ映画の声優としても引っ張りだこですが、当時8歳で配役された坊の声の演技ですでに存在感を放っています。 このようにあえてプロの声優を多用せず、俳優をキャスティングすることで知られる宮崎駿監督。 映画『千と千尋の神隠し』でもセリフが少ない役に大物俳優を起用するなど、意外なキャストが名を連ねています。 独特な風景の中に見る少女の成長物語 画像引用元 映画『千と千尋の神隠し』が観る人を引き込むのは、異国のような風景に非日常感があるから。 千尋が駆け抜けた街並みも、見下ろした油屋の雰囲気も独特で、多くの人が見入ったのではないでしょうか。 その景色は、ファンの間で台湾の九份 きゅうふん と似ていると話題になりました。 九份は、真っ赤な提灯と石畳の階段が伸びるノスタルジックな風景で知られる小さな街。 明かりが灯る幻想的な夜の景色は、まさに『千と千尋の神隠し』の世界観と酷似しています。 和と洋を織り交ぜた色彩豊かでどこか懐かしい景色に、インパクトの強いキャラクター。 映画『千と千尋の神隠し』では印象的なシーンが多く、一瞬も見逃せな細やかな映像美に心が奪われます。 映画『千と千尋の神隠し』では、心地良い音楽も印象に残ります。 その代表格が、木村弓が歌う主題歌『いつも何度でも』。 実はこの曲は『千と千尋の神隠し』のために作られた曲ではありません。 ジブリ映画のファンで、宮崎駿監督にCD付きのファンレターまで送った木村弓。 直々に伝えられた企画途中の「煙突描きのリン」という作品からイメージを膨らませ、宮崎駿監督に送った曲が『いつも何度でも』でした。 結局「煙突描きのリン」は幻の作品となりましたが、次作として制作された『千と千尋の神隠し』での起用が決まったのです。 『いつも何度でも』は、ハープの優しいメロディと木村弓のゆらぎをもつ繊細な歌声が、美しいハーモニーとなって心に沁み込んでいきます。 そして歌詞は、変わらない現実の中でも必ず希望が見つかることを教えてくれるでしょう。 深い意味を持つこの曲が『千と千尋の神隠し』をイメージした映像とともに流れるエンドロールは、胸がいっぱいになるような余韻を与えてくれます。 テーマソング「いのちの名前」も必見.

次の