おっつけ 野球。 大相撲の技術「おっつけ」とは?

大相撲の技術「おっつけ」とは?

おっつけ 野球

A ベストアンサー ある応援団の団長さんと個人的に知り合いなのですがきちんとした会社に勤めていて見識もしっかりした人です。 応援団にもいろいろな人がいるわけですが、pirocchiさんが想像なさっているよりは普通の社会人や学生が多いと思います。 以下は私の知る範囲でのお答えです。 1 仕事と資金 きちんとした定職を持っている人も少なくありません。 たださすがに昼間は抜けられませんから、球場に来るのは夜からです 夜から来て場所を確保している理由は 2 で後述します。 今は試合開始時点で一定の人数の団員が揃いますが、昔 15年以上前、特にパリーグ は試合開始時点では人数が少なく、3回くらいからようやくラッパ応援が始まるような例も少なくありませんでした。 仕事が終わってから三々五々球場に駆け付けていたためでしょう。 また「秋~春はひたすらアルバイトでお金を貯め、その資金でシーズン中の応援活動を行う」という人もいるようです。 これは応援活動に限らず、放浪旅行を楽しんだり、タレントの追っ掛けをやったりする人も使う手ですね。 ビジターの試合まで全部観るとなるとさらに大変ですので、それも含めて全試合観ている人は少数でしょう。 ビジターを本拠とする応援団の人がホーム球場に出向く場合も同じです。 ただNo. 6でyorunoaozoraさんがお答えのように、ビジターでも何らかの応援組織が存在するのが今は普通ですから「ビジターでは応援なし」というケースは少なくなりました。 遠征の場合その地区の幹部クラスの人が、金欠の若手団員向けに自宅を宿泊所として提供することもよく行われます。 2 座席確保 「年間指定席だから」と回答しておいでの方が多いですが必ずしもそうではありません。 確かに年間指定席を買っている場合もありますが、年間指定席があってもそこでの応援が禁止されている球場 横浜など や、外野の年間指定席がそもそも存在しない球場も多くあります。 指定部分の多いナゴヤドーム外野でも応援団は自由席を使って応援しています。 自由席の場合にどうするかというと、座席確保のために試合の始まる何時間も前から並んでいます 主に若手団員の役目だそうです。 ある応援団の団長さんと個人的に知り合いなのですがきちんとした会社に勤めていて見識もしっかりした人です。 応援団にもいろいろな人がいるわけですが、pirocchiさんが想像なさっているよりは普通の社会人や学生が多いと思います。 以下は私の知る範囲でのお答えです。 1 仕事と資金 きちんとした定職を持っている人も少なくありません。 たださすがに昼間は抜けられませんから、球場に来るのは夜からです 夜から来て場所を確保している理由は 2 で後述します。 今は試合開始時点で一定の人数の団員が揃い... A ベストアンサー 右打者がレフト方向へ打つ際に使うのは左手です。 左手を引くことでレフト方向に強い打球が飛びます。 アメリカでもレフト方向にしか打てない打者のことをプルヒッターと呼んでいます。 右打者がライト方向に打つことを「ながす」とは言いません。 右打者がライト方向へ打つことを「おっつける」と表現されますが、脇を締めて右手で押し出すように打つ形が、相撲で使われる「おっつけ」から来ていると思われます。 ちなみに「流し打ち」は左打者がレフト方向へ打つことを言います。 左打者は一塁方向、つまり体がライト方向へ流れながら打つのです。 バントも左打者が一塁方向へすると「ドラッグバント」(=引き摺る)と呼びますが、 右打者にはドラッグバントは出来ません。 野球には、左利きと右利きで呼び名が変わるものが数多くあります。

次の

泳ぐ、おっつける… 野球談義に入っていくため覚えておきたい表現【打撃編】|NEWSポストセブン

おっつけ 野球

大相撲の横綱稀勢の里(31)=田子ノ浦=が10日から夏巡業に合流した。 春場所で負傷した左上腕部などに不安を抱え、名古屋場所では左足首の靱帯も損傷し6日目から途中休場。 2場所連続の休場に横綱審議委員会からは万全な状態に戻るまで全休するよう勧告もされた。 そんな中、巡業で状態を上げることを選択。 秋場所(9月10日初日、両国国技館)出場を視野に復帰ロードを踏み出した。 「万全」とは、代名詞とも言える左おっつけが使えるかどうかに尽きるだろう。 おっつけとは、相手が差しに来た手の肘を外側から押さえて下から上へ押しつける技術。 稀勢の里にとってはおっつけ、左差しが必勝型で苦境もおっつけ一発で打開ができる。 相手を浮き上がらせる程の破壊力を持つ生命線だ。 左腕に力が入らない状態で夏場所前から名古屋場所と常に試行錯誤。 相手は当然、ウイークポイントを執ように狙ってくる。 苦しむ姿を見て、ボクシングの元WBC世界バンタム級王者・辰吉丈一郎(47)が同じ道を歩む愛息・辰吉寿以輝(20)=大阪帝拳=に対した勝負師のコメントがよぎった。 「『こいつのこれが怖い』というのがその選手の武器。 その武器で勝ち続けていけばそれが華になる。 個性がないというのは華がないということ。 華がないというのは武器がない。 自分の子やからかもしれないけど華がない。 今のままでは路頭に迷う。 武器をつくるのか、無敗のままフェードアウトするのか」。 華がありすぎるカリスマが愛息に求めるのは酷な話ではあるが「武器」は一流選手にとって不可欠なものだと、とうとうと説いたのだった。 辰吉は華麗なステップ、流れるコンビネーション、そしてKO必至のど迫力の左ボディーが代名詞だった。 ヒーローには必殺技がある。 見に来た客はその必殺技で相手が倒れ、熱狂するのだ。 もう1人、柔道五輪3連覇の野村忠宏(42)も辰吉に通じることを言っていた。 子供向けの教室で「いろんな技を使って強くなりたい」と、話す子供柔道家に言い切った。 「一つの技だけに打ち込んで下さい。 内股なら内股、大外狩りなら大外狩りを」。 野村と言えば背負い投げが代名詞。 とはいえ、背負い以外にもスピード豊かで多彩な技も併せ持つ。 疑問を持つ子供に野村は実演してみせた。 背負い投げと見せかけ体(たい)の使い方を瞬時に変えて内股、体落としへの変化技。 背負いという絶対無敵の技があるからこそ、決まるのだと伝えていた。 ボクシングなら前WBC世界バンタム級王者・山中慎介の「神の左」、相撲なら輪島の「黄金の左」…、挙げだしたらきりがなく、技をマネをした人も多いだろう。 どこかの国会議員がサッカーのサポーターに対し「他人に自分の人生乗っけてんじゃねえよ」とつぶやいていたが、乗っける価値があるのがヒーロー。 さあ、稀勢の里。 困難を乗り越えるのもヒーローの宿命である。 (デイリースポーツ・荒木司).

次の

3タテ3タコ

おっつけ 野球

概要 や、(元関脇貴闘力)など数十名に及ぶ力士や年寄などが関与し、琴光喜を含む多くの関係者が野球賭博などの違法賭博への関与を認め実名を公表しており、琴光喜と大嶽親方の 、多数の野球賭博関与力士のへの謹慎休場、理事長以下執行部の謹慎等の処分が下されている(詳細は後述)。 また、については予定通り開催はされたが、中止も検討されたうえでのものとなった。 全国系一般新聞紙で連日一面のトップで報道されるなど 、賭博や問題などの大相撲と暴力団との係わりについてなど大きく関心と注目が集まった。 さらに、この事件の捜査過程でが発覚し、相撲協会が2011年春場所の中止に追い込まれるなど、余波も極めて大きな問題となった。 主な経過 発端 、が開催されている最中に発売された(5月27日号)で、琴光喜がをとするを対象とした野球賭博に関与していたと報じられる。 記事ではの、床池の誘いを受け賭博に参加したとされ、また同部屋所属の力士の兄、古市満朝 元所属の幕下・若隆盛 に1億円の口止め料を払うように恐喝されているとも掲載される。 またこの記事では琴光喜とは別の阿武松部屋の力士の関与も取りざたされており、相撲協会は琴光喜の師匠であるやなどからも事情を聴取するが、両名とも弟子の関与を否定している。 琴光喜は当初これらを否定しており、夏場所14日目のには琴光喜から任意で事情聴取をするが、警察に対しても関与については否定していた [ リンク切れ]。 のちに、警察はすでに2010年3月の時点で琴光喜や大嶽親方から脅迫に関して相談を受けて、捜査を始めていたことが明らかになっている。 、場所後に開かれたにおいても相撲協会はいずれの賭博への関与を否定しているが、「警察が捜査しているので静観するしかない」とも述べている。 、同日発売の写真週刊誌『』において、阿武松部屋の元幕内力士・が野球賭博への関与を告白、阿武松親方も暴力団と交際があったことが記事になり、相撲協会は同日同親方から事情を聴くが否定している。 これを受け協会は事態の再調査を指示している。 、相撲協会は生活指導部特別委員会を開き、琴光喜を理事会で事情聴取したことを報告、親方や十両以上の力士による講習会をに開くとした。 賭博関与力士の公表、処分へ 、この時点まで力士の賭博関与について相撲協会は一切認めていなかったが、相撲協会は一転して複数の現役力士が野球賭博に関与したと発表した。 これはそれまで報道されてきた力士とは別の力士で、師匠を通じて自己申告してきたものである。 これを受け、相撲協会はまでに過去5年間にさかのぼって野球を含む違法賭博への関与を自己申告すれば、情状酌量を汲んで厳重注意のみ、それ以降に発覚した場合は厳罰処分とするとした(のちにこの方針は撤回される。 後述)。 、それまで一貫して否定してきた琴光喜が野球賭博への関与を明らかにし、この日までに野球賭博に29人、賭け、、などの賭博に36人の計65人が関わったと申告してきたことを発表した。 翌15日、琴光喜は翌月に開催される名古屋場所の出場辞退と謹慎を申し出、相撲協会はそれを受理した。 また、賭博関与を申告した65人を厳重注意とすると発表した。 同日、相撲協会は管轄のに報告、謝罪し、文部科学省は名古屋場所開催までに一定の解決を図るように求めている。 また、外部有識者による第三者機関の設置と、関与した力士の実名公表も求められたが、実名公表については警察の強い要請があり、この時点では相撲協会は公表できないと伝えている。 なお、この時点で公式に関与を認めていたのは琴光喜のみであったが、警察関係者からの情報により関わったとみられる者の名前がつぎつぎと取り沙汰される状態にあった。 、相撲協会は外部の第三者による特別調査委員会(委員長は・名誉教授(日本相撲協会外部理事)、委員に・元(日本相撲協会監事)、・元(日本相撲協会外部理事)が就任した。 さらに、前(元)ほか外部有識者を委員に招聘)を設置、一連の処分内容を判断する権限を与えることを発表する。 これを受け、が会見にのぞみ、名古屋場所の開催中止の可能性を示唆しており、開催については特別調査委員会の報告がに行われる理事会ではかられることになった(のちに前倒しになっている。 後述)。 自己申告すれば厳重注意で済ませるとした方針を変更したことも述べており、理由としてはこれほど大勢の人間が賭博に関わっていたのは想定外だったとしている。 なお、理事長の進退問題についてはその時点では取らないとしていた。 、特別調査委員会で相撲協会に対して名古屋場所開催するための条件を盛り込んだ勧告案がまとまり、相撲協会に対して勧告している。 翌日の臨時理事会と評議員会でほぼそれらを受け入れ、名古屋場所の開催を決めている(個々の勧告、処分は後述)。 6月29日、監督官庁の文部科学省に理事が訪れ、一連の処分勧告受け入れを報告、名古屋場所の開催を了承された。 、臨時理事会で、勧告案のうち相撲協会が受け入れた処分が決定され、琴光喜は退職金は出す解雇、大嶽親方は退職金を出さない解雇となった。 また、これまで正式には公表されていなかった野球賭博関与力士、関係者、及びその他の違法賭博関与力士の名前が公表され、野球賭博関与者27名、それ以外の違法賭博関与者49名(このうち未成年者3名の名前は非公開)とされており同日これらの力士らは謝罪している(詳細な処分は後述)。 謹慎処分となった武蔵川理事長の代理に協会の外部理事のを決めている。 これに関しては親方たちから代行に外部者をすえることに反発する声が出て、理事をおす声もあったが、特別調査委員会のメンバーもそれに対して反発したことから、最終的には親方側が折れ、村山で落ち着いている。 理事会は同日、希望者の名古屋場所のチケットの払い戻しを受け付けることも決定した。 この問題の影響で名古屋場所の番付発表が1週間延期され、となったが、番付表には前日に解雇になった琴光喜や大嶽親方の名前が載ることになった。 琴光喜の解雇に反対した親方は7月4日の臨時理事会で退職届を出しているが、受理されず慰留され 、翌日退職を撤回している。 、警視庁は、 の疑いで、阿武松部屋、、など三十箇所以上を一斉にした。 捜査は野球賭博に関わったと申告した力士などの所属部屋が中心で、東京などの部屋や愛知県の名古屋場所の宿舎などを対象にしている。 同日、今回の問題の責任を取る形で、日本相撲協会から名古屋場所で優勝力士に贈られるを辞退したい旨の申し入れがあったことを、が記者会見で明らかにした。 その後、日本相撲協会はを含む外部からの22全ての表彰を辞退することを発表し、名古屋場所の優勝者への表彰は優勝旗と賞金1000万だけとなっている。 、特別調査委員会は「ガバナンス(統治能力)の整備に関する独立委員会」の委員を指名した。 委員の顔ぶれは、、、、、、深沢直之、、、菅原哲朗、、木暮浩明の11名である。 名古屋場所 、名古屋場所前日には土俵祭りが行われ、力士や親方が集まった1000人のファンの前で謝罪している。 、初日、土俵上で村山弘義理事長代行による謝罪が行われた。 当初は謹慎の武蔵川理事長が立つ予定であったが、体調不良のため断念している。 、この日発売の週刊新潮でが野球賭博に関与していた記事が掲載される。 佐ノ山親方は上申書で賭博関与を認めておらず、記事の内容を全面否定している。 16日開かれた特別調査委員会では記事は信用性に欠けると判断されている。 、取組観戦中の観客が倒れ、病院に運ばれたが致死性不整脈で死亡している。 この件については、事件性はなかったが、この時を含め、本場所中に村山理事長代行が不在がちだったことについて批判が出ている。 なお、当初、名古屋場所が終了すれば武蔵川理事長が復帰することとなっていたが、武蔵川理事長が7月19日に高血圧ですでに1週間前より入院していたことが判明 、その後も復帰の見通しがたたず、23日には武蔵川理事長の指名で出羽海理事が場所後に代行に就くことが発表されたが、維持員席問題に絡んで(詳細は後述)問題視され、25日に村山がそのまま代行続投することが発表された。 名古屋場所後 、武蔵川理事長が理事長職に復帰。 進退についてはこの問題や体調不良などを理由に辞任するものと見られていたが 、5日の記者会見では一転して続投することを表明している。 、相撲協会は業務委託契約を結ぶ望月浩一郎や長尾敏成と弁護士の契約解除したが、その後相撲協会は一転して両名に続投を要請している。 両名は特別調査委員会のメンバーでもあり、解任は武蔵川理事長の指示によるもので、文部科学省とのパイプ役を務める望月に対し、一部親方から反発があったとされている。 独立委員会の奥島座長、調査委員会の伊藤座長は共にこの契約解除を認めないとしている。 11日、この件を受けてが相撲協会に対し説明を求め、出羽海理事らが訪れ説明したが、文部科学省は「こんな問題が起こること自体がガバナンスの問題」とコメントしている。 、武蔵川理事長が当日の臨時理事会にて辞任を表明し、それを受けて行われた理事長互選で親方を後任の第11代日本相撲協会理事長に選出した。 この時貴乃花親方が北の湖親方を推薦し、放駒親方が「それなら辞退する」と言いだす一幕があり、無記名投票の結果、放駒親方が選ばれている。 同日、警視庁の捜査で新たに野球賭博に関与していた力士がいたことが明らかになる。 の特別調査委員会でこれらの力士などへの勧告案が出され、翌7日これを受け入れた相撲協会から処分がくだされている (処分の詳細については)。 、警視庁は野球賭博の取りまとめと金銭の管理を行っていたとして、元十両古市、元幕下松緑・梓弓の元力士3名および古市の母の4名をとその幇助の容疑で逮捕した。 元力士のうち古市・松緑の2名は、前年に野球賭博に関与したことにより古市が解雇処分、松緑が謹慎処分(処分の後引退)を受けていた。 逮捕された元・梓弓は、プロ野球のみならず大相撲の取組も賭博の対象となっていたことを供述している。 、は上記4名のうち元古市とその母に懲役10月、執行猶予3年(求刑懲役10月)の執行猶予付き有罪判決を下した。 八百長問題発覚 2011年、警視庁による野球賭博問題の捜査において、押収した力士の携帯電話のメールからが行われていたとされる内容があったことが明らかになり、現役幕内力士や親方など13人の名前が出る。 同日、野球賭博で逮捕された力士が相撲についても賭博の対象としていたことが明らかになっている。 、この日開かれた臨時理事会で八百長問題を理由として、同年3月からの春場所の中止を決定した。 、これら八百長に関与された力士への処分が発表され、22人が八百長に関与したと協会は公表し、このうち19名に引退勧告、八百長を認めた者3名は出場停止2年となった。 詳細は「」を参照 、野球賭博の胴元として逮捕された容疑者から押収された携帯電話のメールを復元したところ、野球賭博に関与していた琴光喜あての携帯メールの中に相撲賭博に関するものがあったと報道された。 内容は2007年九州場所初日の幕内取組5つの勝敗を東西のどちらが多いかを賭ける「五番勝負」というもので、中には「東大関」の琴光喜対「西小結」戦も含まれていた。 琴光喜が相撲賭博に関与していたかどうかはまだ明らかではない。 野球賭博の胴元が相撲賭博に関与していた。 警視庁は相撲賭博についても立件を検討中であったが 、証拠が乏しいため立件を見送った。 処分を受けた者、もしくは違法賭博に関与していた者 特記ない場合、この節の調査委員会の処分勧告に関する記述の出典は2010年6月22日・6月29日、決定された処分の出典は7月5日のそれぞれ朝日新聞とする。 なお、謹慎期間は2010年から(名古屋場所千秋楽)まで。 特に記述がない場合、勧告通りの処分が下されている。 番付は2010年夏場所時。 謹慎休場は2010年名古屋場所。 なお全員厳重注意処分済。 9月、解雇を不当として地位保全の仮処分を申し立てるも却下。 なお、八百長発覚直後に引退届を出しているが受理されていなかった。 ただし、厳重注意処分は受けている。 嘉風以外は7月4日に公表されている。 (尾車) 前頭 6月27日に謹慎休場を勧告されていたが、6月28日の理事会で賭博の内容を調査委員会で再検討され、処分されないことになった。 (境川)幕下• (境川)幕下• 豊光敏也(時津風)三段目• なお、 太字は野球賭博に関わったとされる者。 名前 役職 調査委員会 の勧告案 備考 大嶽 元関脇 年寄 除名もしくは 解雇 6月28日退職願を出しているが協会は預かって保留。 7月4日の臨時理事会で受理せず解雇。 時津風 元幕内 主任 降格以上 7月4日の臨時理事会で年寄への降格、および5年間昇格を認めない処分を下されていた が、2014年4月に解除 武蔵川 元横綱 理事長 謹慎 出羽海 元関脇 事業部長 謹慎 九重 元横綱 審判部長 謹慎 陸奥 元大関 生活指導部長 謹慎 野球賭博以外の賭博に関与している。 八角 元横綱 生活指導副部長 謹慎 野球賭博以外の賭博に関与している。 阿武松 元関脇 委員 謹慎 7月4日の臨時理事会で年寄への降格、および10年間昇格を認めない処分を下されていたが、2014年4月に解除。 佐渡ヶ嶽 元関脇 委員 謹慎 野球賭博以外の賭博に関与している。 境川 元小結 委員 謹慎 春日野 元関脇 委員 謹慎 宮城野 元十両 主任 謹慎 後に、週刊誌において自身が八百長を告白したとされる録音テープが報道されたことを受け師匠交代とともに年寄に降格、さらに暴行事件を起こして逮捕されたこともあり、2度の問題があったことを重く見られ、付で懲戒解雇となった。 木瀬 元幕内 年寄 謹慎 5月まで木瀬部屋所属だった清瀬海の師匠としての監督責任 尾車(元大関)は弟子の嘉風の野球賭博関与で謹慎の処分勧告を受けていたが、6月28日の理事会で処分保留され、調査委員会での再検討の結果嘉風が処分されなかったことから、処分されていない。 野球賭博以外の賭博に関与した力士、関係者 以下は仲間内で数千円程度の賭け事(花札・麻雀・賭けゴルフなど)をしていたことを公表した者。 このうち佐渡ヶ嶽と陸奥と八角は、弟子の関与もしくは協会執行部の責任として謹慎処分を受けているが、それ以外は厳重注意以外の謹慎休場処分は無い。 いずれも7月4日に公表されている。 三役以上 、(当初は野球賭博に関与と報道されていた )、• 幕内 、、、• 十両 、 、 、 、• 幕下以下 、、、、大上総俊作、大忍誠、金井武志、霧嵐聖、山竜将太郎、霧桜剛、紀の川勝和歌、虎受裕弥、受磐竜晃、大花裕太、大天白能仁、霧丸剛• 年寄 佐渡ヶ嶽、、、陸奥、、八角、、、• 若者頭 、、• 呼出 、松男、悟• 床山 床佐渡、床淀• 他未成年者3名 日本ではにおいて、単純賭博は五十万円以下の罰金又は科料、常習賭博は三年以下の懲役となっている。 また一時の娯楽に供する物を賭けたにとどまるときは、犯罪は不成立となっており、6月21日の記者会見で発覚した陸奥親方の賭けゴルフや 、7月2日に発覚したの花札などについては処分対象にならないとされている。 書類送検された力士、関係者 以下9名が2011年2月15日に賭博容疑で書類送検された。 十両 大道健二• 幕下 城ノ龍康允 大和富士充• 序二段 能登櫻和也• 元力士 乾王翔太• 他4人(暴力団幹部、後援会関係者3人) 以下27名がに書類送検された。 賭博容疑• 三役以上• 幕内 、、、、、、• 十両 、 、、、• 幕下 光法賢二 、• 三段目 、豊光敏也• 序ノ口• 床山 床池• 元力士、マネジャーなど (元幕内)、(元幕内)、宮城野部屋マネジャー(元幕下・岩海悟)、境川部屋マネジャー(元幕下・薩喜海澄太郎)、会社役員2人 、2月15日に書類送検された現役力士の十両・城ノ龍康允、大道健二、幕下・、三段目・ら9人がでに略式起訴された。 3月3日に書類送検された27人については不起訴となった。 その他勧告案• 野球賭博の仲介役となった、床池の謹慎• 所属力士の半数以上が関与した阿武松部屋の力士全員の謹慎。 相撲協会は関与していない力士の謹慎の再検討を求め 、後に撤回している。 謹慎の武蔵川理事長の理事長代行を置くこと• 相撲協会の全協会員を対象とした調査• 謹慎する親方、力士については当初場所が開催される名古屋入りも認めないとされていたが、部屋によっては指導する親方がいなくなる等の理由により、名古屋入りを認めている。 賭博関連以外では維持員席に暴力団員を座らせた問題での実態調査と、相撲協会の改革特別委員会の設置を求めている。 2010年9月8日に処分を受けた関係者 特記ない場合、この節の調査委員会の処分勧告に関する記述の出典は2010年9月7日、決定された処分の出典は9月8日夕刊のそれぞれ朝日新聞とする。 力士 名前 所属部屋 番付 当時の最高位 勧告 処分 備考 松ヶ根 十両 1場所以上の出場停止 秋、九州場所の出場停止 2010年6月の相撲協会の調査に申告しておらず、名古屋場所には出場している 松ヶ根 三段目(幕下) 1場所の出場停止 秋、九州場所の出場停止 2010年6月の相撲協会の調査に申告しておらず、名古屋場所には出場している 阿武松 幕下(十両) 解雇 解雇 2011年1月26日に逮捕 年寄• 松ヶ根 2階級降格 松谷、若力堂の監督責任、及び暴力団と親交のある人物から宿舎を借り続けた件を受けて• 佐渡ヶ嶽 2階級降格 琴光喜の監督責任 その他• 床山の床池の解雇• カジノ賭博報道がされた佐ノ山親方への厳重注意処分(なお賭博関与についてはシロとされている)• 名古屋場所を謹慎した17力士と名古屋場所前に賭博の関与が公表された22力士への譴責処分• これを受けて、それまでのが名跡を継いで第17代大嶽親方となっている。 2010年6月22日、28日、29日、7月5日、6日などの『』等• 2010年5月20日. 2010年8月2日閲覧。 産経新聞. 2010年5月22日. 2010年8月2日閲覧。 産経新聞. 2010年5月25日. 2010年8月2日閲覧。 産経新聞. 2010年6月4日. 2010年8月2日閲覧。 産経新聞. 2010年6月10日. 2010年8月2日閲覧。 産経新聞. 2010年6月11日. 2010年8月2日閲覧。 産経新聞. 2010年6月14日. 2010年8月2日閲覧。 産経新聞. 2010年6月17日. 2010年8月2日閲覧。 産経新聞. 2010年6月14日. 2010年8月2日閲覧。 産経新聞. 2010年6月15日. 2010年8月2日閲覧。 産経新聞. 2010年6月15日. 2010年8月2日閲覧。 産経新聞. 2010年6月16日. 2010年8月2日閲覧。 産経新聞. 2010年6月22日. 2010年8月2日閲覧。 朝日新聞2010年6月22日• 朝日新聞2010年6月28日• 2010年6月28日. の2012年7月11日時点におけるアーカイブ。 2010年6月30日. の2010年7月2日時点におけるアーカイブ。 2010年8月2日閲覧。 朝日新聞2010年7月5日• 2010年7月5日. の2010年7月9日時点におけるアーカイブ。 2010年8月2日閲覧。 朝日新聞 2010年7月5日夕刊• 朝日新聞 2010年7月5日夕刊• - 毎日新聞 2010年7月6日• 朝日新聞2010年7月7日夕刊• 読売新聞 2010年7月7日閲覧• 朝日新聞 2010年7月8日• 2010年7月10日. の2010年7月11日時点におけるアーカイブ。 2010年8月2日閲覧。 2010年7月10日. 2010年8月2日閲覧。 産経新聞. 2010年7月16日. 2010年8月2日閲覧。 スポーツニッポン. 2010年7月16日. 2010年8月2日閲覧。 朝日新聞2010年7月20日• サンケイスポーツ 2010年8月5日閲覧• スポーツ報知 2010年8月5日閲覧• デイリースポーツ 2010年8月5日閲覧• デイリースポーツ 2010年8月6日閲覧• サンケイスポーツ 2010年8月6日閲覧• 神戸新聞 2010年8月11日• 時事通信 2010年8月13日閲覧• デイリースポーツ 2010年8月11日閲覧• 読売新聞 2010年8月12日閲覧• 朝日新聞 2010年8月14日• 朝日新聞 2010年9月7日• 朝日新聞 2010年9月8日夕刊• 日本経済新聞2011年2月3日 2011年2月3日閲覧• MSN産経ニュース 2011年7月13日• 朝日新聞 2011年2月3日• 朝日新聞 2011年2月7日• 朝日新聞 2011年4月2日• サンケイスポーツ 2011年2月5日閲覧• サンケイスポーツ 2011年2月5日閲覧• スポーツニッポン 2011年3月4日• 理由として、当初関与を否定していたことを挙げている。 朝日新聞 2011年4月2日• 朝日新聞 2011年2月5日• 2010年 7月5日朝日新聞• 2010年 9月8日朝日新聞• 処分はされなかったが名古屋場所を休場した• 理由として、賭け金の額が他と比べて多額であったことが挙げられている。 サンケイスポーツ、2010年7月5日閲覧。 時事通信、2014年4月9日閲覧。 読売新聞2010年6月21日• 朝日新聞 2010年6月22日• 47NEWS 2011年2月15日• 日刊スポーツ 2011年3月3日• - 相撲レファレンス• 朝日新聞 2011年3月4日• 毎日jp 2011年3月17日• スポーツニッポン2010年6月29日• 47NEWS 2010年6月24日• 朝日新聞 2010年7月16日• - 2010年6月29日付毎日新聞• 産経新聞 2010年8月1日閲覧• MSN産経ニュース 2011年2月15日• 47NEWS 2011年5月28日• MSN産経ニュース 2011年10月7日• 朝日新聞(2010年5月26日作成). 2020年3月9日閲覧。 週刊ポスト(2019年6月10日作成). 2020年3月9日閲覧。 スポーツニッポン. 2010年7月24日. 2010年8月2日閲覧。 読売新聞. 2010年7月21日. 2010年8月2日閲覧。 朝日新聞 2011年2月4日夕刊• 読売新聞2010年6月18日閲覧• 、sanspo. com、2010年6月24日。 (NHKオンライン)• 朝日新聞、2010年7月7日• 、毎日jp、2010年6月24日。 時事通信、2010年7月3日• - 産経新聞、2010年7月21日• - 毎日新聞、2010年8月25日• - 日刊スポーツ、2010年9月2日• NHK会長のはこの年の1月25日に就任したばかりで、就任後初の定例記者会見であった。 、2011年2月3日6時13分• サンケイスポーツ. 2011年2月4日. - NHK資料、2011年2月3日発表• プレスリリース , 広報局, 2010年10月8日 ,• - スポーツ報知、10月9日• - スポーツ報知、10月9日• 、nikkansports. com、2008年9月17日。 産経新聞、2010年7月7日• - 毎日新聞、2010年8月26日• - 毎日新聞、2010年8月24日• - 産経新聞、2010年9月6日• なお、テレビ朝日における大相撲番組では、かつての春場所まで『』を、の秋場所まで『』を放送していた。 なお、白鵬出演の回は、に放送された。

次の