ドコモ 機種 変更 シュミレーション。 ドコモ新料金で月々サポートは継続?途中で変更したらどうなる?タイミング

価格一覧

ドコモ 機種 変更 シュミレーション

毎月30GBまで使えるギガホ、毎月1〜7GBまで使った分だけ支払うギガライト、のどちらかを選びます。 ギガホの料金は6,980円、ギガライトは2,980円〜5,980円の変動制です。 今だけギガホに限り、 「ギガホ割」が適用され5,980円で利用できます。 (最大6か月間1,000円割引) なお表の金額は2年定期契約ありの場合です。 無しの場合はそれぞれ170円高くなります。 2年定期契約は、俗にいう2年縛りで期間内に解約すると、 解約金として1,000円がかかります。 以前と比べると解約金はかなり下がったので、2年定期契約なしでも、6か月以上使うのであれば差額で解約金の元が取れます。 あまり通話をしない人は、つける必要のないオプションです。 目安は通話料金が、 700円未満であればオプションを付けない方がお得になります。 700円以上の通話料がかかっている場合、5分以内の通話が多ければ「5分通話無料オプション」をつけます。 1700円以上の通話料がかかっているなら、迷わず「かけ放題オプション」をつけておきましょう。 通話が多い人は、どちらか申し込んでおけば、通話で料金がかさむことはありません。 割引サービス 画像引用元: 主な割引サービスは、以下の3つです。 適用条件はありますが、全て利用すれば最大2,270円の割引が受けられます。 dカードお支払い割(170円割引)• みんなドコモ割(最大1,000円割引)• ドコモ光セット割(最大1,000円割引) 「dカードお支払い割」とは、毎月の支払いをdカード(dカード GOLD)に設定すると、 2年定期契約と同じ月額料金になる割引です。 定期契約無しの「ギガホ」「ギガライト」「ケータイプラン」のいずれかを契約している人が対象です。 つまりdカードで支払いを設定するのであれば、 解約料が発生する2年定期契約をわざわざしなくていい、ということになります。 「みんなドコモ割」は、同じファミリー割引グループ内で、条件を満たせば最大1,000円割引きできます。 条件は以下の通り。 同じ「ファミリー割引」のグループ内• 音声通話が可能な料金プランを契約している回線をカウント• 2回線で500円割引き、3回線以上で1,000円の割引• 「ギガホ」もしくは「ギガライト」の月額料金から割引 ちなみに、2in1やキッズケータイプラス、キッズケータイプランは対象外です。 「ドコモ光セット割」とは、以下の条件を満たせば「ギガホ」「ギガライト」から、最大1,000円割引になるサービスです。 「ドコモ光」契約者もしくは、「ファミリー割引」グループ内• 当月中に「ドコモ光」の基本使用料の課金が1回線以上あること 要は、「ドコモ光」を利用している契約者本人、もしくはその人を含めた「ファミリー割引」に入っていれば適用されます。 一緒に住んでいる人はもちろん、離れて暮らしている家族も、同一「ファミリー割引」グループ内であれば割引になります。 割引額は、「ギガライト」の3GBまでは500円割引、それ以外の「ギガライト」「ギガホ」は1000円割引です。 オプションサービス料 主なオプションサービス料は以下の4つ。 ユニバーサルサービス料以外は、申し込みが必要です。 ケータイ保証サービス利用料(330円〜1,000円)• dTV/dマガジン(500円/400円)• 留守番電話サービス/キャッチホンなどのサービス使用料(300円/200円)• ユニバーサルサービス料 ケータイサービス保証料とは、ケータイやスマホが 壊れた時の万が一の保険です。 トラブル時に負担金を払って、交換電話機を提供• 故障時の修理代金の一部サポート• データ復旧時の代金を割引 外部からの衝撃に弱いスマホには必須のサービスですね。 月額料金は機種によって異なります。 dTVは映画やアニメなどの動画、dマガジンは雑誌のコンテンツサービスです。 留守番電話サービスは、留守電の設定をしたい人には必須。 またキャッチホンを利用する人も申し込みが必要です。 両方必要という人には、 オプションパック割引があります。 メロディコール(100円)• 留守番電話(300円)• キャッチホン(200円)• 転送電話(無料) 上記4つがセットになって400円とそれぞれ単体で利用するよりお得です。 ユニバーサルサービス料とは、公衆電話や緊急電話の確保のために必要な料金です。 電話を持っている人は必ず負担しています。 ちなみに、現在の料金は3円です。 機種代金 料金プラン以外に毎月かかってくるのが、機種代金です。 一括で払えばもちろんかかりませんが、ほとんどの人は分割支払いをしていると思います。 回数は36回、24回もしくは12回となり、 金利手数料はかかりません。 オンラインショップでドコモ端末代金をdカード GOLDで支払うと ポイント2倍• 万が一でも安心のドコモケータイ補償が 最大10万円• ローソン、マクドナルド、マツキヨで買い物するとお得• 国内・海外旅行保険がゴールドカードならではの手厚さ• 国内とハワイの主要空港ラウンジが 無料でつかえる• 家族カードで家族全員にゴールドカードの特典がつく dカード GOLDの年会費は1万円 税抜 かかりますが、上記のように充実過ぎる特典やポイント還元率で年会費は簡単にペイできるはずです。 ドコモユーザーは、絶対に持つべきクレジットカードと言えるでしょう。 オンラインショップ Welcome 特典(dポイント5000ポイントプレゼント)• 対象の機種を購入・応募(dポイント5000ポイントプレゼント)• スマホお返しプログラム(分割で支払う機種代金の最大12か月分が不要)• ギガホ割(最大6か月毎月1,000円割引) 限定キャンペーンが随時開催されています。 主なキャンペーンが「オンラインショップ Welcome 特典」。 2020年1月31日(金)まで開催中です。 初めてドコモオンラインショップで機種を購入する人限定で、 dポイント5,000ポイントがプレゼントされます。 スマホの機種変更を3年以内にする可能性のある人であれば、 「スマホお返しプログラム」の加入もおすすめです。 「スマホお返しプログラム」は、対象機種を36回払いの分割で購入する必要があります。 その機種をドコモに返却した場合、翌々月請求分以降の分割支払金(最大12回分)の支払いが不要になります。 仮に途中で機種変更をしたくなっても、このプログラムがあれば、機種を返却して残りの機種代金の免除(最大12回分)が可能です。 もちろん「スマホお返しプログラム」は利用しなくても大丈夫。 機種をそのまま使い続けることも可能です。 他に「ギガホ割」として、「ギガホ」を契約した人全員、 最大6か月毎月1,000円割引されます。 キャンペーンは利用すれば、確実にお得になるので、常にチェックしましょう。 クーポン 不定期に、ドコモから機種割引などが表示されたクーポンが送られてきます。 対象者は具体的にはされていません。 2年契約が終わる人や、二つ折りの携帯を使っている人、長期間ドコモを使っている人などに送られてくることが多いようです。 このクーポンは誰にでも送られてくるわけではないので、もし送られてきた場合には、うまく利用しましょう。 ドコモのおすすめスマホ機種でシミュレーション ここからはおすすめ機種で料金をシミュレーションします。 おすすめ機種はXperia 5です。 Xperia 5のスペック 画像引用元: Xperia 5 スペック カラー ブルー、グレイ、ブラック、レッド ディスプレイ 約6. 2mm 質量 約164g 防水・防塵 防水:IPX5/8 防塵:IP6X その他の機能 おサイフケータイ ワンセグフルセグ 生体認証(指紋) ハイレゾ 価格 24か月目にお返しプログラム適用時 87,912円 58,608円 公式ショップ ドコモ秋冬モデルの最新モデルです。 ディスプレイの綺麗さはもちろん、超広角・望遠レンズを備えたカメラ、ゲームもサクサクできるスペックを備えています。 Xperia 5に機種変更した場合 Xperia 5に機種変更したときの料金は、毎月9,622円です。 まずは下の料金表をご覧ください。 ドコモオンラインショップなら、 頭金・機種変更手数料は0円• ギガホであれば、「ギガホ割」が適用されて最大6か月毎月1,000円が割引• 「5分間通話無料オプション」に加入• 万が一の保険として「ケータイサービス保証料」は加入• 「みんなドコモ割」や「ドコモ光セット割」はなし オプションは、「ケータイサービス保証料」以外は加入していません。 他にもオプションに加入すればその分だけ、料金が上がります。 安くなる方法としては、以下が考えられます。 もし家族もドコモであれば、「みんなドコモ割」(最大1,000円割引)が適用できるかもしれません。 また、ネットの「ドコモ光」を利用していれば最大1,000円の割引が受けられます。 つまりこの二つの割引が併用できれば、最大2,000円の割引がされるということです。 料金プランの要は、 ギガホかギガライトのどちらを選ぶかによって大きく変わります。 自分の毎月の通信料は毎月どのくらいか、「My docomo」やお客様センターで確認しておくことが大事です。 安いだけでなく自分にあった料金プランを選ぼう 単純に安いからその料金プランを選ぶのではなく、自分にあった料金プランを選ぶようにしましょう。 そうしないと無駄に高くなってしまったり、通信量が足りなくなったりしてしまうので、注意が必要です。 おおよその料金の目安や、通信料を知ることで、最適な料金プランを選ぶことができますよ。 この記事を読んだ人におすすめの記事• ドコモオンラインショップと店舗でスマホ購入の価格に違いがあります。 ドコモオンラインショップのメリットと店頭のメリットをそれぞれ紹介し、どちらが安いのか解説していきます。 ドコモのスマホ・ケータイを機種変更したいなと思った時、ほとんどの方はお住まいの地域にあるドコモショップ […]• ドコモには「ギガホ」と「ギガホ2」という似た料金プランがあるので、比較してどちらがお得か解説していきます。 「ギガホ増量キャンペーン」が2020年4月30日で終了するこのにより、旧料金プランである「ギガホ」に申し込んでいる方は損をする可能性があるので要チェックです。 […]• 長年ユーザーを悩ませてきた縛り契約に伴う「解約金」の存在。 「どうしてもスマホを解約したい」というタイミングで高額な違約金を支払った経験があるという方は少なくないでしょう。 そんな2年縛りの解約金がこの度「解約金の金額を1,000円以内に収める」規制により大幅値下げ […]• ドコモはCMの影響から個人向けのイメージが強いですが、実際には法人向けのビジネス用スマホの販売にも力を入れています。 繋がりやすく安心感のある大手キャリアなので、企業にとってもビジネスパートナーとして選ばれやすいのでしょう。 今回はドコモのビジネス用おすすめ機種ラン […]• ドコモの格安スマホでおすすめの機種には、安いだけではなく画面が大きかったり使いやすかったりなど多種多様なプランやオプションがあります。 実際に、オンラインショップでできる料金シミュレーションで計算すると、ドコモの格安スマホは月々2,772円で利用可能です。 ドコモの […].

次の

[2020年6月]ドコモ最新スマホ機種変更おすすめ15選|iPhone・Android別にご紹介!

ドコモ 機種 変更 シュミレーション

3G回線のサービス終了前なのでドコモ側も「ガラケーユーザーは早くスマホに移行して欲しい」と言うのが本音で、ガラケーからスマホへ移行するユーザーの背中を押すため、魅力的なキャンペーンを実施しているので絶対に活用するべきです。 ちなみに『はじめてスマホ割』は過去にもドコモで2017年5月末まで実施されていたキャンペーンなので「復活」という事になります。 なので、過去に名前を聞いたことがある人もいるかもしれませんね。 1年間で合計12,000円分もの料金割引が受けられるため、ドコモでガラケーからスマホへ機種変更するら必須のキャンペーンと言えます。 なのでほとんどのガラケーユーザーの方はこの条件を満たしていると思いますが、「中古でドコモにガラケーを持ち込んだ」などの場合には「はじめてスマホ割」が適用できませんので一応ご確認を。 超大容量の「ギガホ」と従量制の「ギガライト」はどっちがいい? ちなみに前記の通り「はじめてスマホ割」の適用条件となってる料金プランは「ギガホ」か「ギガライト」の2種類のどちらかですが、今後のスマホ代を左右する重要な選択と言えます。 『ギガホ』は超大容量で使えるけどプラン料が高め 『ギガホ』は月30GBまで速度制限のない超大容量プランですが、プラン料だけで月額6,980円かかります。 参考: ドコモで「はじめてスマホ割」適用でスマホデビュー時の料金シミュレーション 現在ドコモでガラケー FOMA を使っている人が、この『はじめてスマホ割』を適用してドコモ内でスマホ Xi に機種変更した場合の料金例をシミュレーションしてみました。 「はじめてスマホ割」の対象プランの「ギガライト」は使ったデータ容量に比例して料金が最大7GB 5,980円 まで上がるプランなので、上記のようにデータ通信を使った分で月額料金が変わります。 目安としてはスマホユーザーの平均が3~5GBと言われているので、 大体料金は1年で月額5千円、2年目で月額6千円くらいが目安となりますね。 それでもガラケー時代と比べるとかなり高いです。 というか一般的なスマホユーザーとそんなに変わらない料金がかかります 高いと思うなら格安SIM・格安スマホを検討してもいいかも 最近では認知度も上がってきて割とみんな使っている「格安SIM」ですが、やはり通信費に月額六千円以上かかるのが気になるなら格安SIMにする事を強くお勧めします。 経済的に余裕のある方は流してもらって構いません 特にガラケーからスマホデビューする方はライトユーザーが多いので、ドコモのような「高速通信」や「超大容量」が必須ではないので、格安SIMと非常に相性がいいんですね。

次の

ドコモへ乗り換えする時のシュミレーション!ドコモでもこれだけ安い。

ドコモ 機種 変更 シュミレーション

iPhoneを購入するなら、定価より安い状態でゲットしたいですよね。 実はiPhoneは、 新型がよく出る9月〜11月のタイミングで旧モデルの値下げや安売りがされやすい傾向にあります。 2020年はiPhone SE(第2世代)が5月にドコモから発売が決定しました。 iPhone 11、iPhone 11 Proへの機種変更がキャンペーン中です。 欲しかった「あの」モデルを安くゲットできるチャンスです! 今回は現在ドコモ公式オンラインショップで販売されているiPhoneシリーズの料金を一覧でまとめてみました。 ドコモでのiPhoneシリーズ別で料金を比較したい方や、今お買い得なシリーズ、お得に購入する方法を知りたい方は必見です。 プラン内容、料金は以下の通りです。 一方で、従来プランでは主流だった「月々サポート」や「端末購入サポート」などの、いわゆる端末補助に該当する割引は終了しました。 これまでのような 端末代金に対しての割引ではなく、2年契約のプランに申し込むと月々の使用料金が安くなるという料金プランの割引という方向性にシフトチェンジしているのです。 その為、機種代金自体で言えば従来よりも負担が大きくなることになりました。 iPhone SEの価格・特徴 iPhone SEの特徴・価格を解説! 2020年5月11日発売予定のiPhone SEの予約が開始されました。 iPhone 8のコンパクトなサイズでiPhone 11の最新チップ「A13 Bionic」を搭載したiPhone SE(第2世代)は、「大きなiPhoneはいらない」という方におすすめです。 iPhoneX以降は「Face ID」で顔認証が導入されていますが、「Touch ID」の指紋認証は花粉症などで常時マスクをつけないといけない時にも安心です。 そのほか、シングルカメラながら12MPのメインカメラで、ポートレート撮影にも対応。 IP67等級の防水・防塵性能、FeliCaを搭載しているためApple Payも利用できます。 スマホおかえしプログラムを利用すると最新iPhoneが3万円台で手に入れることができます。 iPhone 11の価格・特徴 iPhone 11の特徴・価格を解説! iPhone XRの後継機である「iPhone 11」。 サイズ感はiPhone XRと変わらないものの、CPUのパワーアップやカメラの性能のアップ、豊富なカラーバリエーションはiPhone XRから継承しています。 新カラーにグリーンとパープルが登場。 iPhone XRでははっきりとしたポップで明るい印象でしたが、iPhone 11はクリアで柔らかく優しい印象になりました。 iPhone 11 Proの価格・特徴 iPhone 11 Proの特徴・価格を解説! トリプルカメラを搭載し、CPU性能も向上した「iPhone 11 Pro」。 待望のナイトモードに対応し、超広角、広角、望遠でさらに撮れる写真の幅が広がりました。 性能は、iPhone XSでは「A11 Bionic」を使用していましたが、iPhone 11 Proでは「A13 Bionic」に進化。 バッテリー性能や耐水性能も格段に向上しています。 iPhone XSより最大4時間も長いバッテリー駆動時間を実現。 iPhone XSでは「水深2mで最大30分間」ところ、iPhone 11 Proでは「水深4mで最大30分間」耐えられるように。 背面の素材も変わりました。 ガラス素材から「テクスチャードマットガラス」というすりガラスのような質感のスマホの中でも頑丈な素材になりました。 iPhone XSのつやつやの背面とはまた違う落ち着いた印象です。 iPhone 11 Pro Maxの価格・特徴 iPhone 11 Pro Maxの特徴・価格を解説! iPhone 11 Proの大画面バージョンの「iPhone 11 Pro Max」。 8インチ、iPhone 11 Pro Maxは6. 5インチになっています。 バッテリー性能はiPhoneの中で最長の、iPhone XS Maxより最大5時間長いバッテリー駆動時間になっているので、充電がなかなかできない環境でも、驚異的な持ちを発揮するのではないでしょうか。 iPhone XSの価格・特徴 iPhone XSの特徴・価格を解説! iPhone Xよりも各性能や耐久性を向上させた「iPhone XS」。 前モデルとの違いは、まずCPU性能にあります。 iPhone Xでは「A11 Bionic」を使用していましたが、iPhone XSでは「A12 Bionic」に進化させ性能アップ。 サイズ感はそのままで、よりサクサクした操作感を実現しています。 そしてiPhone XSは、耐水性能も向上しています。 iPhone Xでは「水深1mで最大30分間」耐えられましたが、iPhone XSでは「水深2mで最大30分間」耐えられるように。 水回りでも安心して使えるよう進化しているのも魅力ですね。 バッテリー性能も大きく進化しています。 iPhone Xと比較すると、最大30分間も長いバッテリー駆動時間を実現。 iPhone XSのビデオ再生は最大14時間で、iPhone Xから1時間も長く利用可能です。 iPhone XS Maxの価格・特徴 iPhone XS Maxの特徴・価格を解説 iPhone XSの上位互換機として誕生した「iPhone XS Max」。 大きな違いは画面の大きさです。 iPhone XSは5. 8インチなのに対し、iPhone XS Maxは6. 5インチに進化しています。 これにより表示できる情報量が多くなり、見やすさも大きく向上。 WEBサイトやSNSを楽しむのも良し、YouTubeやNetflixで動画を楽しむのにもおすすめです。 カメラ性能は、iPhone XSと同様のクオリティを搭載しています。 デュアルカメラ12MPカメラで、ボケ効果と深度コントロールができる、ポートレートモードも利用可能です。 その他にもポートレートライティングは、5つのエフェクトが使えます。 自然光、スタジオ照明、輪郭強調など撮りたいシーンに合わせて、切り替えられるのも魅力です。 バッテリー性能もiPhone XSよりも高く、iPhone XS Maxのインターネット最大利用時間は13時間。 iPhone XSよりも1時間長く使えます。 iPhone 8の価格・特徴 iPhone 8の特徴・価格について iPhone 8の特徴はコンパクト+高性能なところです。 まず画面は4. 7インチと、上記で紹介した機種と比較すると最小。 コンパクトなので、ポケットにも収まりやすいです。 それでいて使っているCPUは「A11 Bionic」で、ストレスのない操作感を実現しています。 iPhone 8のカメラは、12MPカメラを採用しており、光学手ブレ補正や最大5倍のデジタルジームも搭載。 安定感のある写真撮影が可能です。 加えてビデオ撮影では、「4Kビデオ撮影」や「1080p HDビデオ撮影」にも対応しているため、美しい映像をデータに残せます。 その他にもワイヤレス充電に対応しているなど、最新のiPhoneにも受け継がれている機能を備えているので、申し分のない性能の高さを秘めています。 iPhone 7の価格・特徴 iPhone 7の特徴・価格について 最後の紹介するのは、「iPhone 7」です。 安くてコンパクトで発売から3年経った今も人気のiPhoneです。 「Apple Pay」が標準化や、IP67等級の防水・防塵性能など、それまでのiPhoneにはなかった性能が詰まっています。 価格以上に十分なスペックを備えているため、「iPhoneを使ってみたい」「スマホデビュー」の方にはぴったりのスマホです。 ワイヤレス充電非対称な点と、容量が32GBのみの販売になるのでその点だけ、注意が必要です。 新型iPhone発売後のタイミングを狙う iPhoneを安く手に入れるなら、「 新型iPhone発売後のタイミング」を狙いましょう。 現在iPhoneの購入を考えている方は、新型がよく出る「秋」まで待つのがおすすめです。 具体的に言うと、毎年9月~11月の時期がそれに該当します。 新モデルが発売になると、前モデルが割引かれたり、キャンペーンが多く展開される傾向にある為、既に今の機種の代金を支払い終えている方も、そのタイミングまで使い続けてみても良いかもしれません。 「スマホおかえしプログラム」or 「下取りプログラム」を活用する スマホおかえしプログラム ドコモは「 スマホおかえしプログラム」や「 下取りプログラム」といったサービスを展開しています。 まず「スマホおかえしプログラム」は、前述の通り36回分割払いで購入したiPhoneを返却するのを条件に、最大12ヶ月分の分割払いが免除されるサービスです。 そして「下取りプログラム」は、今お持ちのiPhoneやその他スマホなどを下取りすることで、新しい端末の購入代金から最大76,300円割引になるサービスとなっています。 これらを利用して、定価よりも安く手に入れるのもおすすめ。 具体的にどれだけ安くなるのか、iPhone XSを例に比較したので、ご確認ください。 スマホおかえしプログラムは機種変更時との同時申し込みになる為、新しいiPhoneを2年以上利用する可能性がある場合は、下取りを前向きに検討しても良いかもしれません。 dカード GOLDを契約する dカード GOLDを契約しよう! dカード GOLDとは、ドコモが提供しているクレジットカード(ゴールドカード)です。 このカードで端末代金を支払えば、ポイント還元でiPhoneをお得にゲットできます! ドコモ利用料金に対する 還元率は「10%」です。 例えば、iPhone 11 64GB(87,120円)を購入した場合、約8,700ポイントのdポイントが還元されることになります。 10,800円の年会費のハードルも限りなく低いです。 貯まったdポイントは、マクドナルドやローソン、紀伊国屋書店、タワーレコードなどの店舗はもちろん、 ドコモでの機種代金や月額料金に充当することが可能です。 今ならdカード GOLDの加入で、最大13,000円分のdポイントがもらえます。 ドコモオンラインショップ経由で購入する ドコモオンラインショップ経由で購入 ドコモのiPhoneを安く手に入れるなら、ドコモオンラインショップ経由で購入するべきなんです。 オンラインショップ経由なら、下記のメリットを受けられます。 ・24時間いつでも時間に購入できる ・分割払い時の頭金不要 ・オンラインショップ限定のキャンペーンがある(不定期) ・dポイントの利用ができる このように料金的なメリットが多くあります。 限定キャンペーンでは、「dポイントプレゼント」などを不定期で行っています。 前述の通り、特典でゲットしたdポイントは機種代金に充当できるので、事務手数料や端末分割支払い時の頭金が無料であることを考慮すると、ショップ契約よりも状況次第では約1万円近く安く購入できるケースも! 機種受け取り後の設定が不安な方も、オンラインショップで申し込みをした機種を店頭で受け取ることもでき、その際に設定などの面で相談することもできるので、ぜひ活用してみて下さい。 まとめ 以上、ドコモのiPhone価格一覧です。 最後に端末代金と新料金プランを合わせた、月々の実質負担額(税込)を算出したので、ご確認ください。 家電量販店で買う人も多いですね。 でも、お店まで行く手間や、待ち時間がかかるのもったいなくないですか? いろいろな商品をAmazonや楽天などのオンライン ショップで買っているのに、なんでスマホは通販で買わないんだろう? 一番多い答えが、ショップスタッフと「 相談ができないから」という理由です。 スマホってプランも難しくて、ちょっと相談してから決めたくなりますよね。 そこでおススメなのが、 LINEで相談しながらオンラインショップで購入できるこのサービス! やり方は簡単。 下のボタンかQR コードから「 LINE友達に追加」するだけで、プロに相談しながら、スマホが買える! もちろん相談 料金は無料。 サービスの流れ.

次の