かせい ほう けい 手術 必要。 泌尿器科診療Q&A

仮性包茎とは|上野クリニック

かせい ほう けい 手術 必要

こどもの包茎とは 包茎とはおちんちんの先端の包皮口が狭いために包皮をむいて亀頭を完全に露出できない状態をいいます。 包皮は外板と呼ばれる外から見える皮膚の部分と、おちんちんの先端で内側に折り返している内板と呼ばれる部分からなり、幼児期はこの折り返しの部分(包皮口)が狭くなっています。 包皮が全くむけないものを真性包茎、むくことは出来るが通常は亀頭を被っているものを仮性包茎などと呼ぶこともありますが、次に述べるおちんちんの成長過程を考えると真性・仮性といった分類はこどもの包茎では無意味と言えます。 生まれてきた男の赤ちゃんは包茎の状態が正常です。 もし亀頭部全体が包皮でおおわれていないような場合はむしろ尿道下裂などの先天性のおちんちんの異常を疑う必要があります。 この時期は包皮と亀頭表面とが完全には分離しないでくっついています。 包皮がむけない状態がいつ頃まで続くのかはこどもによって様々ですが、生殖器が急激に成長する思春期(14才から15才頃)までは包皮を完全にむいて下げることが出来ない男児は少なくありません。 逆に言うと思春期を越えた男子では包皮はスムーズにむいて下げられる場合が多いと言えます。 したがって包皮がむけないと言う理由だけでこどものときに手術や特別な治療は不要です。 排尿時の包皮のふくらみ 包皮口が狭いと排尿時におちんちんの先端が風船状(バルーン)にふくらむことがあります。 そのためおしっこがあらぬ方向に飛び散りトイレを汚して困るということはありますが、それ自体で尿の出が悪くなって健康状態に影響するようなことは起こりません。 亀頭包皮炎 3才前後よりおちんちんの先端が赤く腫れて痛がる、ということを男の子は経験することが少なくありません。 これは包皮先端の炎症で亀頭包皮炎と呼びます。 このような炎症は短期間の抗菌薬の内服や塗り薬でよくなります。 軽いものなら温浴だけでもなおります。 何度も繰り返す場合を除けば包茎の治療は必要ありません。 恥垢(ちこう) こどものおちんちんをよく見てみると包皮の下に黄色い脂肪のかたまりのようなものが透けて見えることがあります。 これは皮膚の表面の新陳代謝によりできた垢であり恥垢と呼びます。 これにより自然と包皮と亀頭表面の分離が進みむけやすくなります。 通常この垢には細菌はついていません。 成長と共に包皮がむけてくると自然に排出されるので特別な処置は必要ありません。 尿路感染 アメリカから報告されている研究論文のなかには、生まれたときに環状切除術を受けている男の子の方が受けていない包茎の男の子より乳児期(特に6ヶ月以下)の尿路感染(おしっこに細菌がはいって腎臓や膀胱で炎症を起こす病気)の頻度が低いと報告しているものがあります。 しかし尿路感染に関しては衛生環境の影響も多い上、1歳以上では男児の尿路感染はきわめて少なくなり手術の利点はないと考えられています。 包茎治療の必要性 以上に述べたように、こどもの包茎で積極的な治療を必要とする場合は医学的にはほとんどありません。 これで納得できるご両親は病院にお子さんを連れてくる必要はありません。 包茎治療の理由の多くは風習、宗教上の理由、そしてご両親の不安です。 アメリカでは新生児期、乳児期に70%近くの男の子が包皮を切除する手術(環状切除術)を受けています。 これは米国社会の風習によるものであり、宗教的理由とは無関係に新生児包茎手術を広く行っている世界で唯一の国といえます。 ヨーロッパや日本では新生児期・乳児期にこのような手術はほとんど行っていません。 イスラム教やユダヤ教では宗教上の信条から新生児期に包茎手術(割礼)を行っています。 では日本のご両親の不安とはどのようなものでしょう。 以下によく聞く不安や意見を記載します。 乳幼児検診で小児科の先生から包茎といわれた• 保健婦さんから包茎の治療をすすめられた• お兄ちゃんは包皮がむけるのに弟のこの子はむけない• 幼稚園のお友達は手術をみんな受けているようだ• お父さんにお風呂でむくようにいわれたけどうまくできない• 黄色い恥垢が、いぼのように見えて気になる• おしっこのときにおちんちんが風船のようにふくらむので病気になるのではないか• しばしばおちんちんの先端が赤く腫れているような気がする• 育児雑誌に赤ちゃんのときから包皮をむいて清潔にするように書いてあった• 将来おとなになってからこどもが悩まないように今のうちになおしてあげたい こどもの包茎について迷ったり悩んだりするのは本人ではなくご両親です。 北米とヨーロッパ、日本でそれぞれ対応が異なることを見てもわかるように、こうすべきだという医療上の意見の一致はありません。 医師によって多様な意見があることは当然です。 最終的にわが子に包茎の治療を行うかどうかは治療の内容、メリット・デメリットを知った上でご両親の判断すべきことです。 治療 当科では基本的に何もしないで自然経過を見ることをおすすめしていますが、ご両親が治療を希望された場合は次の二つのオプションを説明しています。 ただしこどもの包茎がいわゆる「病気」ではないことを認識して、大人の思惑によって健康なこどもを肉体的・精神的に傷つけることがないように心を配ることが大切です。 手術療法 これには亀頭を包んでいる包皮を切除して亀頭が露出している状態にする環状切除術と、狭い包皮口を切開してむきやすくする手術法があります。 アメリカで包茎に対する手術と言えば環状切除術以外にはないといってもよいのですが、わが国ではこどものおちんちんは包皮がかぶっているのが「普通」なので、むけるようにだけする手術法を提唱されている医療機関もあります。 当科で手術をする場合は環状切除術をおすすめしています。 日帰り手術ですがこどもが怖がらないように短時間の全身麻酔で行います。 手術時間は通常30分以内です。 手術の合併症はまれですが時に出血することがあります。 出血が持続する場合はご連絡ください。 帰宅後の消毒は特に不要ですが傷の周囲に塗る軟膏をお出しする場合があります。 手術をしてから24時間たってからシャワーを使用してください。 お風呂は3日後より入って結構です。 フィルムがはがれ落ちたらそのままにしておいて大丈夫です。 術後1~2週間ごろに来院してもらい傷のなおり具合を確認します。 糸はすべて吸収されるので抜糸はありません。 用手的に包皮をむく治療(包皮ほんてん指導) これは包皮の外側を手でずり下げて亀頭を露出する方法です。 当科では軟膏(リンデロンVG軟膏)を塗布した包皮翻転(ほんてん)指導をおこなっています。 包皮をずり下げてむけなくなる狭い部分に少量のステロイドの入った軟膏を朝晩2回薄く塗ります。 最初は包皮表面から少量の出血を伴う場合があります。 一定期間以上(少なくとも2週間以上)継続する必要があります。 最も気をつけなければならない点は、包皮がむけて亀頭が露出できたあとは必ず包皮をもとに戻しておくことです。 包皮がむけて亀頭がツルンとでてくるとあわててしまい、むいた包皮を戻さないと皮膚がむくんできて戻らなくなります。 亀頭が手前でしめられた形となり腫れ上り大変痛がります。 このような状態を嵌頓(かんとん)包茎と呼びます。 そうなると泣き叫んで痛がるこどもを連れて救急外来を受診するようなことになりかねません。 むくことの出来た包皮は必ずもとに戻せますからあわてず、ゆっくり戻してください。 この方法でむけるようになる頻度は高いのですが、むけた後にやめてしまうとまたむけなくなります。 元に戻るのが困る場合はその後も毎日お風呂で包皮をむく習慣をつけさせてください。 軟膏を塗る必要はありません。 専門医より 最後に当科で専門の医師を対象にして施行したアンケート結果を記載します。 回答医師の専門科目は泌尿器科が最も多く、小児外科、小児科の順でした。 アンケート内容は小児の包茎の診断・治療の必要性に関する設問とし多肢選択形式でおこなっています。 つまり3人に1人以上の医師はこどもの包茎を診る必要があるとすら考えていません。 この結果からわかることは、こどもの包茎に対して「絶対にこうしなければならない、こうすべきだ」という考え方は専門医の間でもないということです。 ご家族の方はこれを参考にして、あまりこの問題で深刻に悩まないでください。

次の

包茎(ほうけい)とは

かせい ほう けい 手術 必要

[どんな病気か] 陰茎(いんけい)先端の亀頭(きとう)は、生まれたときには、包皮(ほうひ)におおわれていて露出していません。 また、包皮と亀頭の粘膜(ねんまく)が(ゆちゃく)していることも珍しくありません。 ふつう、亀頭がつねに露出するようになるのは、思春期を過ぎてからです。 亀頭が包皮におおわれている状態を包茎といいます。 包皮の表層は、自然なふつうの状態では、先端に包皮輪(ほうひりん)とか包皮口(ほうひこう)と呼ばれる折り返しの部分があり、ここを境にして、外板(がいばん)と内板(ないばん)という部分に分けられます。 内板は、亀頭に接している部分です。 包茎でも、包皮を陰茎の根もとのほうに寄せていくと、包皮はしだいにめくれて亀頭が現われ、亀頭に接していた内板も翻転(ほんてん)され、外板に続く状態で外向きになります。 このように翻転できる包茎を、仮性包茎(かせいほうけい)といいます。 仮性包茎である陰茎を、包皮が翻転した状態で勃起(ぼっき)させると、血管やリンパ管が狭い包皮輪の部分によってしめつけられ、血液などが流れにくくなり、亀頭は赤紫色に腫(は)れ、しめつけられているところから先の包皮もひどくむくんで、激しい痛みをともなうことがあります。 これを(かんとんほうけい)といいます。 勃起していない仮性包茎でも、包皮輪が十分に広くなく、翻転後に亀頭先端から陰茎の根もとのほうに移動した包皮輪の部分が陰茎を強くしめつける場合は、嵌頓包茎の状態になる危険があります。 包皮輪が狭くて包皮の翻転ができない状態は真性包茎(しんせいほうけい)といいます。 真性包茎をむりに翻転して放置すれば、嵌頓包茎になります。 [原因] 乳幼児期の包茎は、病気ではありません。 成長とともに自然に亀頭が露出するようにならない場合に、病気とみなされます。 包茎は、基本的には先天的な病気と考えられますが、真性包茎は包皮輪が線維化して狭くなっているもので、先天的か後天的か区別できないことがあります。 [検査と診断] 視診と触診で診断できます。 小児の真性包茎で、排尿時に包皮の部分が球状に膨らむ場合には、包皮輪がきわめて狭いので、早期に手術をしたほうがよい兆候と考えられます。 また、亀頭包皮炎(「」)などによって包皮と亀頭部が癒着していることもあります。 [治療] 真性包茎は手術を行ないます。 幼小児期の場合は、成長にともなってしだいに包皮が退縮し、包皮を翻転できるようになって自然によくなることがありますので、3歳ころまで経過をみます。 仮性包茎は、嵌頓包茎のおそれがあったり、亀頭包皮炎をくり返す場合には手術を行ないます。 嵌頓包茎は、まず手でもとの状態になるように試み(用手的整復)、それがむりなら、ためらわずに手術を行ないます。 なお、仮性包茎の場合は、翻転できても余分な包皮が長くて性交に支障をきたす場合や、性的劣等感の原因となっている場合には、手術を行なうこともあります。 手術は、包皮の背面切開術と環状切除術が代表的なものです。 背面切開術は、おもに幼小児に行なわれています。 局所麻酔でよいのですが、小児の場合は全身麻酔が行なわれます。 [日常生活の注意] 嵌頓包茎になるおそれのある仮性包茎では、包皮を翻転した状態での勃起をひかえ、手術が必要かどうか専門医(泌尿器科医(ひにょうきかい))の診察を受けるようにします。 また、包茎を翻転しない状態で放置すると、将来、(「」)にかかりやすくなることがわかっています。 真性包茎は3歳ごろ以降、早めに手術を受けさせるようにするとよいでしょう。 いきまないと尿が出ないほどの高度な真性包茎では、尿路閉塞(にょうろへいそく)性疾患としてのさまざまな症状が現われ、膀胱拡張(ぼうこうかくちょう)・肉柱形成(にくちゅうけいせい)、水腎症(すいじんしょう)(「」)へと進み、腎不全(じんふぜん)(「」)になることさえあります。 [予防] 確実な予防法はありませんが、仮性包茎では、入浴時などにときどき包皮を翻転して、ぬるま湯でよく洗い、亀頭包皮炎や陰茎がんにならないように心がけましょう。 出典 家庭医学館について の解説 陰茎を包む皮膚は亀頭部で内板 ないばん と外板 がいばん からなる包皮となっており、この内外両板の移行部である包皮口が狭いために包皮を反転させて亀頭を露出できないものを包茎という。 包皮が長すぎていつも亀頭を覆っていても、包皮口が狭くなくて反転が容易にできるものは仮性包茎または偽 ぎ 包茎とよんで区別されることもある。 乳児では内板と亀頭が癒着しているので包茎は生理的な現象であるが、2歳を過ぎると癒着が先端のほうからしだいにとれてくるのが普通で、この癒着がとれないまま包皮が長すぎたりすると、先端部が不潔になって炎症(亀頭包皮炎)を繰り返すことになる。 この結果、包皮口が瘢痕 はんこん 化してますます狭くなり、成人しても包皮が反転できない、いわゆる真性包茎となる。 包茎が高度の場合、つまり包皮口が極端に狭いと排尿障害が強くなり、排尿時に先端が球状に膨らんだり、上部尿路にまで拡張が及んで水腎 すいじん 症をおこすこともある。 また、包皮口が狭いのに性交などにより無理に包皮を反転させたままにしておくと、循環障害により亀頭は狭い包皮輪に締め付けられ、包皮が腫 は れ上がって亀頭を包皮内に戻せなくなる。 これを嵌頓 かんとん 包茎という。 包茎のまま局所を不潔にしておくと、包皮内に恥垢 ちこう がたまったり、亀頭包皮炎を繰り返したり、ときにはこうした慢性の刺激が原因となって陰茎癌 がん が発生することもある。 包皮内板と亀頭の癒着をはがすだけで治ることもあるが、多くの場合、包皮の背面を切開して包皮口を広げるか包皮を環状に切除する。 仮性包茎はかならずしも手術の必要はない。 [松下一男] どんな病気か のようにおちんちんの 亀頭 きとう 部分が 包皮 ほうひ (おちんちんを包んでいる皮膚)でおおわれたままになっているものを包茎といいます。 手で包皮をむく(亀頭に沿ってひっぱる)と、亀頭の一部でも露出する場合は 仮性 かせい 包茎で心配ありません。 原因は何か 胎児のころは、包皮内板(包皮の内側部分)と亀頭はもともとくっついていて、包皮は亀頭を保護する役割を果たしていると考えられます。 したがって乳幼児にみられる包茎のほとんどは生理的包茎で、幼児、学童と成長するにつれ徐々にむけていきます。 新生児では96%が手を使ってもむけない包茎の状態ですが、乳幼児のころには包茎と思われても徐々にむけていきます。 1歳で50%、3歳で70~90%、17歳では99%包皮がむけて心配ない状態になるといわれています。 症状の現れ方 通常、症状はありませんが、以下のような症状がみられることがあります。 おしっこが勢いよく線を描き、腹圧を加えずにスムーズに出ているかどうか注意し、スムーズに出せていないようなら医師に相談します。 おちんちんの先が赤くはれて、うみが出たり、おしっこの時に痛がります。 年に数回以上繰り返す時は手術の必要が考えられるので、医師に相談します。 包皮口が極端に狭くなく、年に2~3回程度なら、ただちに手術はせず、抗生剤の外用と内服で処置し経過をみます。 恥垢が包皮の下に白い塊として見える場合がありますが、何も症状がない時は様子をみるだけでかまいません。 亀頭を包皮のなかに手でもどすことを試み、うまくいかない時は、ただちに小児科医または泌尿器科医の診察を受けてください。 救急的に手術が必要になることがあります。 検査と診断 診察の際、手で包皮をむいた時に亀頭がまったく露出しないものを 真性 しんせい 包茎、一部でも露出する場合は仮性包茎と診断します。 診断のための特別な検査は不要です。 治療の方法 包茎以外の症状がない時は、放っておいても問題ないため思春期まで経過をみます。 前述のような症状がある場合や、思春期を過ぎた真性包茎では、手術を行います。 関連項目 、 金子 一成 どんな病気か ペニスをおおっている 包皮 ほうひ の出口が狭く 亀頭 きとう が露出しない状態を 真性 しんせい 包茎、手を用いると完全に露出できても、包皮が過剰なため通常は亀頭が露出していない状態を 仮性 かせい 包茎といいます。 包皮と亀頭の一部が 癒着 ゆちゃく して完全に露出できないことがよくありますが、このような状態は生理的包茎と呼ばれ、真性包茎とは区別され、特別な治療の必要はなく、大部分は徐々に癒着がはがれてきます。 真性包茎は新生児の96%、乳児の80%、幼児の60%、小学校低学年の40%にみられ、思春期前では10%、思春期後は5%と減少し、真性包茎の大部分は思春期までに自然に治ります。 成人になって生殖活動が始まるまでは、むしろ小児の包茎は、包皮によって亀頭をおおい保護する意味をもち、生理的な自然な状態であるとの意見もあります。 針穴のように狭いと、排尿時に包皮内に尿がたまり、風船のようにふくらむこと(バルーニング現象)があります。 恥垢は包皮と亀頭との間に上皮細胞などのカスがたまってできる黄白色の塊です。 放置しておいても問題ありません。 包皮の癒着がとれてくると自然に脱落します。 治療の方法 治療は原則として真性包茎にかぎられますが、泌尿器科医の間でも治療法の選択や時期に関して明確な治療指針がないのが現状です。 真性包茎の大部分が自然治癒すること、包茎の手術後の外観に不満が残ることも少なくないこと、さらに最近、ステロイド軟膏による保存治療が有効なことがわかってきたので、手術は慎重に行うべきと考えます。 ただし成人以降も真性包茎を放置すると、慢性の炎症性刺激によりになることがあり、思春期以降も真性包茎が治らない場合は手術を行ったほうがよいでしょう。 仮性包茎は基本的には手術の必要はありませんが、本人が気にする場合には手術をすることもあります。 ただし、保険適応とはならず自費になります。 キンダベートやロコイドなどの弱いステロイド軟膏を、1日2回、左手の親指と人差し指でペニスの根本方向に包皮を痛くない程度にひっぱり、包皮口に薄く塗ります。 これを1~2カ月続けます。 亀頭が完全に露出せず包皮の癒着が一部残ることもありますが、いずれはがれてきます。 その後は入浴時に時々包皮をめくり、再 狭窄 きょうさく を防止します。 包皮はめくったままにしておくとになるので、必ず元にもどしておきます。 一気に用手的包皮翻転を行うと痛みを伴い、感染やを来すことがあるので慎むべきです。 環状切開術が一般的で、包皮の狭い部分を切除し縫い合わせます。 武田 光正 出典 法研「六訂版 家庭医学大全科」 六訂版 家庭医学大全科について 世界大百科事典 内の包茎 の言及.

次の

包茎って勘違いが多い?-包茎種類とそれぞれの原因&リスク

かせい ほう けい 手術 必要

手術開始 しっかり計測、デザインをします。 勃起時の包皮に、こんなに余りがありました。 これが、悩みの種です。 まず、麻酔がしっかり効いている確認してから手術をするので術中の痛みは全くありません。 もし痛みを感じるときは痛い所に麻酔を追加しますから安心です。 僕は思わず「麻酔って凄いですね~。 ホントに全然いたくないですね~。 」と当たり前の事を何度も繰り返していました。 これで痛みに関しては解消されましたね。 でも、手術台というのは乗ってみると今までに無いような緊張があるし、カチャカチャ言ったりピーピー言ったり意外と音が気になります。 そんな時はスタッフと会話をして盛り上がりましょう。 相当、気が紛れます。 僕の場合は自分自身がスタッフという事で他のスタッフにいじめられました。 「あぁっ!」とか「しまった!」など不安になる事を沢山言われましたが、患者さんにはそんな意地悪は絶対にしませんのでご安心ください。 もしくは寝ている間に終わってるなぁ~んて患者さんもいらっしゃいます。 先輩オーからのツッコミ5 術中失礼します。 総院長、切除する部位が違います。 包茎手術により喜ぶのは、こいつと彼女だけですから、そんなのは後回しでいいんです。 胃なんです。 このわがままな胃袋なんです。 この胃のせいでどれだけの人が苦しんできたか。 世の民を救おうと思うならまず胃袋を・・・・・総院長だから腹をばっさりと・・ あーそこじゃなくて、・・・・・そういんちょーうー・・・・・。 手術直後 手術直後。 悩みの種は、全部無くなりました。 平常時たるんだ包皮がしっかりカリ首に引っ掛かった状態。 常に乾燥・清潔。 もう被りません。 見た目が良くなりました。 そうこうしている内に手術が終了しました。 コンプレックスが解消され、生まれ変わった自分の状態を綺麗に消毒してからしっかりと確認してもらいます。 百聞は一見に如かず。 ここでホントの意味で「ふぅー、思い切ってやって良かった!」と一安心出来る事でしょう。 ちなみに、写真は僕の手術直後です。 糸が付いているので、まだ不格好ですが数十分前に比べると中々イケメンになりました。 平常時にたるんだ包皮がしっかりカリに引っ掛かっているので糸が無くなれば手術した事が全くわからない状態になりました。 素晴らしき亀頭直下埋没法。 もう包皮が被らないので亀頭が露出して乾燥・清潔な状態になっています。 また、ダブついた包皮が無い事で、やっぱりパッと見の見た目が凄く良くなったのと、心なしか見た目の長さも出ました。 これは残した包皮(外板)がシワがよりにくく、前に出ようという性質を持っている為です。 見た目と衛生面、この二点は手術直後から実感してもらえると思います。 何処に出しても恥ずかしく無くなった息子をしっかりと確認して下さい(注意・ただし、路上で出すと捕まります)。 先輩オーからのツッコミ6 路上で出すと逮捕されるのであれば、すでに死刑執行をされてもおかしくない私にとって、ドテチンKの出来栄えには嫉妬心が芽生える位のキレイで完璧な状態です。 1ヵ月後は神になってしまうのか、末恐ろしいです。 普段亀頭が露出いる場合、包茎と認識していない方もいますが、Kの場合、実は6cmも包皮が余っていました。 Kがよくポイントをつかんでいますが、包皮を切除しただけで大きく(長く)なっているのが写真でも良くわかります。 実際包茎手術だけで見栄えが変わる人も多く、亀頭下の薄皮(内板)を切除する事の意味がよく分かります。 根部切開ではこれ程までキレイな状態にはならないでしょう。 おいKよ、なんだお前、顔つきがかわったぞ。 ぬ、鼻の下まで伸びてやがる。 術後管理の大切さ 手術は終わって綺麗にカッコ良くなりました。 一安心です。 でも手術が終わったからと言って全てが終わりではありません。 「家に帰るまでが遠足です。 」もとい「見た目・機能面がしっかり出来る事が完治です。 」せっかく綺麗にカッコ良くなったので術後管理もしっかり頑張りましょう。 術後日記(毎日の様子を日記形式で細かく) 当日 肌色の包帯です。 一週間外さないで下さい。 陰茎の根元が青紫に変色してますが、麻酔による皮下出血の腫れです。 一週間もすれば無くなります。 貰ったお薬を忘れないようにしっかり持って帰宅。 麻酔が切れてから痛かったらどうしようという不安がありましたが、程よく強く、程よく弱く、まさに絶妙な包帯の圧迫により、僕は全く痛みを感じませんでした。 痛み止めは4錠出ますが痛くて足りないという人は、今まで一人もいませんので安心して下さいね。 ちなみに僕は1錠も飲みませんでした。 包帯は一週間巻きっぱなしです。 簡単に言ったら切り傷と同じなので深く考えるのはやめましょう。 むしろ自分の息子に普段より優しくしてあげる一週間と考えましょう。 お風呂に関しては当日、体を温める(飲酒も同様)と血流が良くなり出血の可能性が上がってしまうので術後管理表通りに体を拭くだけ、足はシャワーで流し、頭は洗面台で洗いました。 また、当日から翌日にかけて、麻酔をした陰茎の根本が皮下出血といって青アザのようになってポコッと腫れる事がありますが、約一週間でひくので全く心配する必要は無しです。 あとはオシッコについては包帯の圧迫によって多少飛び散りやすくなりますが大して気になりません。 もし難しい様なら座ってする事をお勧めします。 他には特に日常生活に何の問題もありません。 後は薬をしっかり飲んで寝るだけです。 おやすみなさい。 先輩オーからのツッコミ7 食事中、生中10杯が基本のKにとっては、人体実験の格好の餌食となりましょう。 術後の飲酒は血流が良くなる為、極力控える様お伝えしておりますが、手術直後お酒を飲みすぎて出血した場合の写真がどうしても欲しかったので、いつものようにKを誘います。 「おーい、K飯いくぞー。 おーい、おーい、・・・・・おいドテチン!。 」 アレ?いない。 逃げやがったな。 二日目 滲むぐらいの出血です。 全く問題ありません。 心配ご無用。 おはようございます。 朝立ちで糸が引っ張られた痛みで目が覚めるかと思っていたら、僕が鈍感なのか、息子が気を利かせてくれて、空気を読んでくれたのかは分かりませんが朝までぐっすり寝れました。 中には僕みたいな人もいるみたいです。 大体の方は、朝立ちによって起きる場合がありますが、朝立ちというのはオシッコのサインのようなものなのでトイレに行けばスグに萎えるので、心配いりません。 断続的な痛みが、ずーっと続くという事では無いですからシビアにならなくても大丈夫ですよ。 二日目で大事なのは起きたら茶色の包帯を取る事です。 茶色の包帯は止血の意味を込めて少しきつめに巻いてあるので取り忘れると亀頭が浮腫んじゃいます。 気を付けましょう。 また、当日から翌日にかけて包帯に滲むぐらいの出血がありますがこれも全く問題ないです。 血が出ているという現象には驚くかもしれませんが、傷の治りから考えると全て完全に止血して血流を悪くするよりも、むしろ滲むぐらいの出血があった方がむしろ傷のくっつきは良いといえます。 程よい止血をした結果なので恐がらなくて大丈夫です。 でもビビりの僕は今日も様子見で体を拭くだけ作戦にしました。 後は薬をしっかり飲んで寝るだけです。 おやすみなさい。 先輩オーからのツッコミ8 翌日は麻酔による皮下出血の為、根部が赤紫色に腫れ、包帯部に適度な出血があり、人間らしい術後の状態になっています。 ゴリラ故、一晩で4日分の薬を全部飲んでしまったり、包帯を取ってしまい、裸の写真を見て無謀な事をしていないか心配でしたが、皆の心配をよそに、とてもすがすがしい顔で出勤。 頓服薬(痛み止め)飲まず、朝立ちによる痛みも感じず、本当に大丈夫か?との問いに、「全然大丈夫ですよ。 たぶん俺世界一痛みに強いですよ。 」と相変わらずの不感症(心も身体も)を披露。 確かに術後、まったく痛みを感じない患者さんが以外にも多いです。 おいKよ、お前にあげられる世界一の商号は、デカ顔かゴリラに似ているだけだぞ。 三日目~包帯が取れるまで おはようございます。 今日は麻酔の皮下出血の腫れが大分落ち着いてきました。 色も段々と無くなってきて良い感じです。 昨日の朝に茶色の包帯を取ったお陰か排尿時の飛び散り問題も解決されました。 気分が良かったので朝から<防水シャワー大作戦>に挑戦しました。 包帯は濡らせないので、まず上からサランラップをグルグル巻きにして、その上に自分サイズに切ったビニール袋を被せ、根元を輪ゴムで留めました。 輪ゴムを止める時にパチンとなって痛い思いをしたので皆さんにはガムテープをお勧めします。 良い子は絶対に輪ゴムを使わないで下さい。 僕も次からガムテープにします。 包帯が取れる術後一週間までは、飲み薬をしっかり飲む事と防水してのシャワーの繰り返しです。 生活は普通に出来るので不便はかんじませんでした。 気付けば防水シャワーにも慣れて、もしオリンピック種目に防水シャワーがあったら金メダルを狙えるんじゃないかという程になりました。 冗談はここまで、おやすみなさい。 先輩オーからのツッコミ9 類人猿は一つの事を覚えると、繰り返し丁寧にこなすと言いますが、防水シャワー作戦はなかなか見事です。 皆さんもこれだけはマネして下さいね。 おいKよ、お前が狙えるのは珍メダルだろが。 副賞はバナナ100本でエエか。

次の