卓球 の 王将。 FAKE MOTION

ドラマ『FAKE MOTION

卓球 の 王将

FAKE MOTION 卓球の王将 4話あらすじ 特殊能力(鼻歌で相手の聴覚を奪う)の発動で、身体に負担がかかった松陰久志(北村匠海)は倒れてしまいます。 特殊能力発動が、命にかかわる事実を知らされなかった桂光太郎(古川毅)は、高杉律(佐野勇斗)に怒りをぶつけます。 対戦相手の近藤勇美(森崎ウィン)の仲間思いの姿勢から、分かち合うことの大切さを感じ取った律は、光太郎に頭を下げました。 そして、律・光太郎ペアで、八王子南工業(土方歳鬼・沖田彩)とのダブルス戦に臨みました。 沖田彩(矢部昌暉)の特殊能力『カラージャッジ』(感情を読み取って球筋を読む)で劣勢になります。 しかし、松陰の「光太郎を怒らせろ」作戦で、律と光太郎ペアが勝ちました。 その暴力は、後藤から幼なじみの倉本(髙田彪我)と山田(田中雅功)を守るために行ったことでした。 そのせいで彼が在籍するエビ高(恵比寿長門学園)卓球部は半年間の試合出場禁止の処分を受けます。 半年後、律の特殊能力 音で、0. 1秒後の世界が見える を見抜いた松陰久志(北村匠海)が卓球部に彼を誘いました。 律は断ります。 倉本と山田が後藤に暴力を受けました。 律は後藤を見返すべく、卓球部に仮入部します。 後藤は、コテンパンに打ち負かされました。 音で、0. 1秒後の世界が見える能力を持つギフテッド。 松陰久志(北村匠海)/エビ高卓球部部長。 喧嘩の立ち回りから、律がギフテッドであることに感づいて、彼を卓球部に勧誘する。 桂光太郎(古川毅)/律の幼なじみ。 幼少期から律がギフテッドであることを知るが、暴力事件を起こした彼を許せない。 倉本(髙田彪我)・山田(田中雅功)/律が後藤から守った幼なじみの2人 【代官山高校】 後藤洋二郎(坂口涼太郎)/卓球ランクが格上であることから、エビ高の生徒に不遜な態度を取っている。 律の幼なじみをいじめた張本人。 【薩川大学付属渋谷高校】東東京の卓球ランク・トップ高校 島津晃(小笠原海)/卓球部部長 西郷吉之助(草川拓弥)/卓球部エース。 薩川のそれぞれの関係性も気になるところだし松陰と過去に何があったのかも今後注目してみたい。 現在のところ、TVerでも配信していないようです。 Huluとdtv、それぞれの特徴を紹介します。 最新の配信状況はdtvサイトにてご確認ください。

次の

FAKE MOTION

卓球 の 王将

卓球が高校の優劣を決める「卓球戦国時代」 近年、30代、40代でも腰を据えてじっくり観ることができる深夜ドラマが増えている印象があるが、「なんだこりゃ!」と目を剥く怪作、快作を見つけるのもまた深夜ドラマの楽しみである。 話題の『M 愛すべき人がいて』(テレビ朝日)はその筆頭だろう。 もう1本、春クールの深夜ドラマの話題作を挙げるとするなら、5月28日に最終回を迎えた『FAKE MOTION -卓球の王将-』(日本テレビ)を挙げたい(Huluで配信中)。 何がすごいって、このドラマはツカミがすごい。 高校生同士の優劣を決めるのも、勉強やケンカの強さではなく、卓球の勝敗!」 前半はともかく、後半の文章の意味がわからないが、それでも勢いに飲まれて「あ、はい……」と納得してしまう。 なにせ卓球選手が国民栄誉賞を受賞し、人々はデートに卓球ユニフォームを着る時代なのだ。 卓球の強い高校が東京を支配し、他の高校の生徒を土下座させ、女子生徒を担いでさらってしまうのである。 これが「卓球戦国時代」であり、「この狂った時代を終わらせる」と立ち上がった主人公たちがライバルたちと熾烈な卓球バトルを繰り広げる物語だ。 佐野勇斗、北村匠海、小笠原海、森崎ウィンらスターダストプロモーション所属の人気者が顔をそろえる。 このほかにも音楽CDがリリースされ、コミカライズもスタート。 コロナの影響で来春に延期された舞台版は、荒牧慶彦、染谷俊之、玉城裕規ら人気の2. 5次元俳優が出演予定だ。 キャラクターデザインはBL作家のおげれつたなか、音楽CDはボカロP出身のまふまふがプロデュースを行っている。 もう気づいている人はたくさんいると思うが、『FAKE MOTION』は、スターダスト版『PRINCE OF LEGEND』(通称「プリレジェ」)である(日本テレビ)。 「プリレジェ」は『HiGH&LOW』シリーズのTEAM HI-AXが手がけたメディアミックスプロジェクトで、ドラマ、映画、ゲーム、ライブ、イベントなどが展開された。 『FAKE MOTION』と「プリレジェ」は放送枠の木曜0時59分~1時29分も一緒なら、制作プロダクションのAOI Pro. も一緒、監督の河合勇人、千村利光も一緒だったりする。 ちなみに河合は『全裸監督』の演出も行っている。

次の

卓球の王将(FAKE MOTION)のキャスト・相関図まとめ!EBiDANの誰が出演?

卓球 の 王将

4月期に日本テレビで放送されたスポーツ青春テレビドラマ『FAKE MOTION —卓球の王将—』のオンラインファンミーティングが2020年6月13日(土)に行われ、出演した古川毅、田中洸希、吉澤要人、加えて第2弾ドラマへの出演が決定している沢村玲、高尾颯斗が第1部に、関哲汰、上村謙信、杢代和人が第2部に登場した。 古川らキャストが、撮影エピソードや裏話などを披露し盛り上がりを見せた。 沢村から卓球の練習期間を問われると、エース・桂光太郎役を演じた古川は「1ヶ月くらい、ガッツリ。 キャストのなかでも一番練習が多かったんじゃないかな。 エース・桂光太郎役を演じた古川毅 本作が初のドラマ出演となった吉澤は、「まず現場のスケジュールが配られるじゃないですか。 『D』とか『N』とか書いてあるんですけど、それがわからなくて、佐野くんに『これって何ですか?』って聞きました(笑)。 『Day』と『Night』だったんですけど。 色々勉強させてもらいましたね」と微笑ましいエピソードを披露。 【第2部】第2弾ドラマ新キャスト、信玄明王高校メンバーを演じる杢代和人 新キャストメンバーの意気込みもたっぷり! イベントでは、新キャストが第2弾ドラマへの意気込みを語る場面もあり、「監督のご指導のもとたくさんアドバイスを頂いて、普段の僕とはまた違ったキャラクターですがうまく演じられたのではないかなと思います」(関)、「FAKE MOTIONは今すごく勢いがあるので、僕らが参加できたのがすごく嬉しいですし、力になれたらと思います。 舞台の方も、延期にはなってしまったけど頑張るので宜しくお願いします」(上村)、「あまり演技経験がないのですが、頑張ったのでこれから是非観て頂けると嬉しいです」(杢代)と力強くコメントし、期待を込めた。 「FAKE MOTION -卓球の王将-」とは 今最も勢いに乗る若手俳優集団「恵比寿学園男子部(EBiDAN)」と、2020年音楽シーン注目度No. 1のマルチクリエイターまふまふ、絶大な人気を誇る漫画家・おげれつたなかの豪華布陣が参加する総合エンターテインメントプロジェクト「FAKE MOTION -卓球の王将-」。 CDにドラマ、コミカライズなど様々なメディアミックスを展開している注目必至のコンテンツ。 日本テレビで放送された同名ドラマは現在、Hulu、dTVで全話配信中。 さらに、オリジナルストーリー「FAKE MOTION -湯けむり温泉卓球事件簿-」が、動画配信サービスHuluで独占配信されている。

次の