離乳子猫。 授乳と離乳タイミング

生後4~8週目の子猫の離乳食の与え方。食べないときの原因について

離乳子猫

スムーズに離乳食を食べてくれればいいですが、離乳食をなかなか食べてくれないこもいます。 うちの子猫は、わたしが指先で離乳食をつまんであげないと食べないという、なんとも甘えん坊でわがままなこもいました。 今回は、子猫の離乳食について、与え方やあげる時期、食べないときの原因などについてご紹介します。 参考 スポンサーリンク 離乳食は4週目から ミルクから離乳食に変える時期は、生後4週目あたりからになります。 目安としては口のなかを見てみて、乳歯が生えたあたりです。 個人差がありますが、だいたい4週~5週目のあたりに生えます。 母猫の母乳で育てていて、兄弟がたくさんいると栄養が少なくなってしまい、成長が遅くなることがあります。 遅い場合は、生後6週目くらいに乳歯が生えてきます。 乳歯の確認方法 子猫はなかなか口を開けてくれませんし、しっかり口内の様子を見ることは難しいです。 そのため、乳歯が生えてきたかどうか確認するためには、手で触ってチェックすることが確実です。 歯が生えるあたりを指先で触ってみて、ポツポツと、硬い骨のような感触があったらそれが乳歯です。 見た目では少し肉が盛り上がっているのが見えます。 お皿でミルクを飲めるようになる ミルクをずっと哺乳瓶で与えている場合は、はやめにお皿からミルクを飲めるように切り替えましょう。 乳歯が生えていても、哺乳瓶からしかミルクを飲んでいないと、離乳食の食べ方が分かりません。 徐々にミルクをお皿で飲むようにしておいて、離乳食に切り替えましょう。 おすすめの離乳食 うちではドライフードの離乳食と、ロイヤルカナンのベビーキャットを与えています。 やはりドライフードよりベビーキャットのほうが味がおいしいので、こちらはばくばく食べてくれるので、栄養が足りないという心配がありません。 中身はペースト状になっていて、子猫でも食べやすい形状になっています。 だいたい1缶が3回に小分けして食べる量なので、残りは冷蔵庫に冷やしておき、あげるときに電子レンジで温めてから与えましょう。 離乳食を与える量 基本的に、離乳食を与える時期は子猫が欲しがるだけ与えてOKです。 子猫は成長のためと運動での消費カロリーが高いので、たくさん食べてカロリーをとっても、太らずにそれを消費するだけのエネルギーがあります。 逆に足りないと成長不良を起こしてしまうので、食べれれば食べられるぶんだけ与えましょう。 目安としては、ロイヤルカナンのベビーキャットなら、1回で半分は食べることができます。 1日にすると、1缶半~2缶ほど食べることできます。 一度黒い子猫を拾ったとき、ひときわ大食いの子猫がいたのですが、その子は1日に缶詰を3缶食べて、お腹をパンパンに膨らませていたことがありました。 これだけ食べればあとは満足で、その後はぐっすり眠っていました。 1日4回小分けして与える 子猫のうちは体重に比べて、成長するために成猫よりも高カロリーが必要です。 1度にたくさんは食べることができないので、1日に4回にわけて離乳食を与えましょう。 うちでは決まった時間に与えていて、朝の8時、昼の12時、夜の17時、寝る前の22時といった具合に与えています。 離乳食を与える感覚は、消化吸収のために3時間以上開けるようにしましょう。 離乳食は生後2か月目まで 離乳食をいつまで与えるかというと、生後2か月目あたりまでが目安となります。 離乳食を食べる時期は、生後1か月~2か月目あたりまでと、期間的にはごく短い間です。 個体差があるので、3~4か月目まであたえてもOKです。 離乳食の味が好きという場合、長く親しんで食べる子猫もいます。 うちの白黒ブチのロクちゃんは、子猫のときの離乳食の味が一番好きで、12歳になったいまもたまにおやつとしてベビーキャットを食べています。 チャオチュールなどいろいろ与えているんですが、どうもこのベビーキャットが一番好きなんですよね。 子猫時代を思い出すのかもしれません。 離乳食の作り方 子猫の場合は乳歯が生えていても、まだ食べるというよりは、食べ物を「吸う」という感じで食べていきます。 そのため、離乳食は固形物が残らないように、ペースト状にすることがポイントです。 乳歯がしっかりしてきて飲み込む力も強くなってきたら、徐々に離乳食の粒を大きくしていきます。 水の量はドライフードがひたひたになるくらい。 この状態で2時間ほど放っておいて、よく水を吸わせる。 離乳食を食べない場合 離乳食を食べない場合は、いくつかの原因が考えられます。 今までミルクを飲んでいたようなら、病気などが原因ではなく、スムーズに離乳食への移行ができていないと考えられます。 元気がない様子がない、ミルクなら飲むという場合は、病院へは行かず様子をみながら離乳食を与えてみましょう。 スポンサーリンク 鼻が詰まっている 猫は食べ物を判断するとき「匂い」で判断するので、鼻が詰まっていると極端に食欲がなくなります。 ちょうど離乳食に移行する時期に鼻が詰まっていると、初めての食べ物が分からなくなります。 もともと鼻炎で慢性的に鼻づまりしている場合もありますし、猫風邪をひいている場合もあります。 離乳食を温めて香りを出したり、かつおぶしをミキサーにかけて粉上にしたものを吹きかけて、匂いを強くして食べさせる方法があります。 猫風邪の場合は、子猫では耐性が弱いので、早めに病院で処置してもらいましょう。 ミルクで満足している 猫はもともと警戒心が強い動物で、口にしたことがない物には抵抗感を示します。 初めての物をすぐに食べてくれるこもいますが、これは個性差が大きいです。 この場合、ミルクを与えているとミルクだけで満足する。 あるいは、ミルクだけで生き延びようとするので、なかなか離乳食を食べてくれません。 ミルクをすべて減らすことはありませんが、量を少なくして、お腹が空くようにしましょう。 離乳食のドロドロが好みでない 猫は動物のなかでも美食家といわれていて、それは子猫時代からも健在です。 柔らかいものが好き、固いものが好きというふうに、子猫のころから好きな味や触感の傾向ははっきりしています。 そのため、離乳食のドロドロとして流し込むような触感が嫌いな子猫は、味付けを変えても離乳食を食べてくれないことがあります。 この場合は、離乳食にわざとドライフードの粒を残したり、柔らかさを変えるといった工夫が必要です。 昔拾った捨て猫は、どうしても好き嫌いして離乳食を食べてくれずに、ミルクからダイレクトに固いドライフードに移行したことがありました。 あのガリガリした触感が大好きらしく、成猫になってからも柔らかい缶詰は食べてくれませんでした。 だいたい猫は柔らかい食べ物が好き派が多いですが、なかには固い物好き派もいるんですね。 味が嫌い もう一つ大切なことは、離乳食の味です。 ドライフードを柔らかくするにせよ、市販品の離乳食を与えるにせよ、その味を気に入らなかったら子猫は食べてくれません。 嫌いな味を食べるより、ミルクのほうがおいしいもんっとなるわけです。 これは単なる好き嫌いに見えますが、猫の好き嫌いは頑固で、絶食してそのまま病気になってしまう猫もいます。 離乳食を食べない場合はとりあえず、違う離乳食を試してみて、好きな味を見つけてみましょう。 離乳食を食べさせる方法 離乳食をおいしく食べるための基本 まずは基本として、離乳食をおいしく食べられる状態を用意します。 ・温度は人肌で温かいか ・好きな味を用意しているか ・好きな触感にしているか ・満腹ではないか これらの条件を満たしていれば、ほとんどの子猫は離乳食を食べてくれます。 指先につけてあげる 離乳食をそのままあげても食べないときは、指先に離乳食をつまんで与えてみましょう。 人の手からだと食べるという甘えん坊の子猫は多く、とくに飼い主のことを親だと思っている子猫はぱくついてくれます。 「離乳食はおいしくて食べられるんだよ」と教えれば、お皿に盛った状態でも食べてくれるようになります。 うちにいるチンチラのクッキーは、10歳という老猫になった今でも、わたしの指先からしかウェットフードを食べてくれません。 食が細いこで、ウェットフードをあまり食べてくれないので、試しにと指で与えたら食べてくれたので、今でもそれが習慣化してしまいました。 大人になってもこうなるとただの甘えんぼうさんで手がかかりますが、かわいいので許してしまいます。 みなさんはこれが習慣化するまえに指先からお皿に移行して、甘えん坊癖をつけないように注意しましょう。 口や手につける.

次の

子猫の離乳食、1日にあげる回数やタイミングはどれくらい?

離乳子猫

【目次】• 子猫に離乳食を与え始める時期は? 離乳食を与える時期の目安は、 子猫の歯が生え始めていること、自分の力で排泄ができていることです。 生まれてからずっと母猫のおっぱいを飲んでいた子猫も、成長すると、歯が生えて来て、歩き出すようになります。 だいたい3~4週目くらいから、歯が生え始め、子猫が母乳以外のものを口にできるようになると言われています。 それでも、個体差もありますので、離乳食は子猫の様子を見ながら与えるのが一番です。 どんな離乳食が良いの? 離乳食は手作りすることもできます。 成猫用フードをお湯でふやかしたり、ミルクをかけたりすることで、子猫でも食べられるようになります。 しかし、栄養バランスが取れていることや、その都度作る手間や衛生面を考えると、市販されている子猫用のキャットフードや離乳食を利用する方が良いでしょう。 さらに、生後1年間は、どんどん子猫の身体が大きくなって成長していく大切な時期です。 栄養に関してしっかりとした知識がないままで離乳食を手作りすると、必要な栄養がちゃんと取れない場合もありますし、子猫が偏食気味になってしまう可能性もあります。 離乳食や子猫用のキャットフードは、成猫用と比べると、子猫に必要な栄養素やカロリーが十分に含まれていますし、消化も良くなっています。 できるだけパッケージに「子猫用」や「離乳食」と明記されているキャットフードを選んでください。 子猫の時期にしっかりとした栄養状態で育てば、健康な猫に成長しやすくなります。 初めて離乳食をあげる時には、指の先に柔らかいペーストのフードをすくって、子猫の鼻の先に持っていきましょう。 自分から舐めてくるようになれば成功です。 食べ方がわからないでいる時には、嫌がらないようなら少量を鼻先につけてみたり、手のひらに乗せて顔に近づけたりして、舐めさせてみましょう。 生後6週目くらいまでは、このようにしてミルクと併用した柔らかい離乳食を与えましょう。 初乳成分であるラクトフェリンと乳清タンパク濃縮物や、発育に必要なタウリン・ビタミン・ミネラル等をバランスよく配合しています。 子猫用ミルクの量を少しずつ減らしていって、代わりに子猫用のフードと水の量を増やしていきます。 その頃には、子猫用キャットフードのウェットタイプや、ドライフードをお湯でふやかして人肌程度に冷ましたものをあげましょう。 冷めると食べない場合が多いので、少しだけ暖かく、匂いがするほうが良いでしょう。 こちらも子猫により個体差がありますので、猫の好みや成長に合わせてあげましょう。 子猫用(生後1~4ヵ月齢まで)、母猫用(妊娠後期~授乳期)。 離乳食を食べるようになっても、ミルクと併用して徐々に切り替えていきましょう。 成長してもミルクしか飲まない、という猫はいませんので、焦らずに見守ってあげてください。 指定された一日分の量を、3~5回ほどにわけてこまめにあげましょう。 たくさん欲しがる時は、この離乳食の時期であれば、欲しがるだけあげても良いでしょう。 ただ、吐いたり、下痢をしてしまったりする場合はあげるのをやめ、様子をみましょう。 まとめ 子猫の離乳食を与える時期や与え方についてご紹介しました。 子猫の時期は、猫の体を作る大切な時期です。 しっかりと栄養のある食事を与え、子猫が食べられているか様子を見てあげるようにして下さい。 そして、少しでも心配なことがあれば、獣医さんと相談するのも良いですね。 — おすすめ記事 —.

次の

子猫の離乳食、1日にあげる回数やタイミングはどれくらい?

離乳子猫

【目次】• 子猫に離乳食を与え始める時期は? 離乳食を与える時期の目安は、 子猫の歯が生え始めていること、自分の力で排泄ができていることです。 生まれてからずっと母猫のおっぱいを飲んでいた子猫も、成長すると、歯が生えて来て、歩き出すようになります。 だいたい3~4週目くらいから、歯が生え始め、子猫が母乳以外のものを口にできるようになると言われています。 それでも、個体差もありますので、離乳食は子猫の様子を見ながら与えるのが一番です。 どんな離乳食が良いの? 離乳食は手作りすることもできます。 成猫用フードをお湯でふやかしたり、ミルクをかけたりすることで、子猫でも食べられるようになります。 しかし、栄養バランスが取れていることや、その都度作る手間や衛生面を考えると、市販されている子猫用のキャットフードや離乳食を利用する方が良いでしょう。 さらに、生後1年間は、どんどん子猫の身体が大きくなって成長していく大切な時期です。 栄養に関してしっかりとした知識がないままで離乳食を手作りすると、必要な栄養がちゃんと取れない場合もありますし、子猫が偏食気味になってしまう可能性もあります。 離乳食や子猫用のキャットフードは、成猫用と比べると、子猫に必要な栄養素やカロリーが十分に含まれていますし、消化も良くなっています。 できるだけパッケージに「子猫用」や「離乳食」と明記されているキャットフードを選んでください。 子猫の時期にしっかりとした栄養状態で育てば、健康な猫に成長しやすくなります。 初めて離乳食をあげる時には、指の先に柔らかいペーストのフードをすくって、子猫の鼻の先に持っていきましょう。 自分から舐めてくるようになれば成功です。 食べ方がわからないでいる時には、嫌がらないようなら少量を鼻先につけてみたり、手のひらに乗せて顔に近づけたりして、舐めさせてみましょう。 生後6週目くらいまでは、このようにしてミルクと併用した柔らかい離乳食を与えましょう。 初乳成分であるラクトフェリンと乳清タンパク濃縮物や、発育に必要なタウリン・ビタミン・ミネラル等をバランスよく配合しています。 子猫用ミルクの量を少しずつ減らしていって、代わりに子猫用のフードと水の量を増やしていきます。 その頃には、子猫用キャットフードのウェットタイプや、ドライフードをお湯でふやかして人肌程度に冷ましたものをあげましょう。 冷めると食べない場合が多いので、少しだけ暖かく、匂いがするほうが良いでしょう。 こちらも子猫により個体差がありますので、猫の好みや成長に合わせてあげましょう。 子猫用(生後1~4ヵ月齢まで)、母猫用(妊娠後期~授乳期)。 離乳食を食べるようになっても、ミルクと併用して徐々に切り替えていきましょう。 成長してもミルクしか飲まない、という猫はいませんので、焦らずに見守ってあげてください。 指定された一日分の量を、3~5回ほどにわけてこまめにあげましょう。 たくさん欲しがる時は、この離乳食の時期であれば、欲しがるだけあげても良いでしょう。 ただ、吐いたり、下痢をしてしまったりする場合はあげるのをやめ、様子をみましょう。 まとめ 子猫の離乳食を与える時期や与え方についてご紹介しました。 子猫の時期は、猫の体を作る大切な時期です。 しっかりと栄養のある食事を与え、子猫が食べられているか様子を見てあげるようにして下さい。 そして、少しでも心配なことがあれば、獣医さんと相談するのも良いですね。 — おすすめ記事 —.

次の