竹野内 豊 奥さん。 竹野内豊の奥さんはだれ?いつから結婚しているの?

大和ハウスCMの竹野内豊の妻役の女性は誰?名前が気になる!

竹野内 豊 奥さん

しかも扱いが小道具でチョイだし程度の話ではなく、 場面場面のいたるところに登場。 タイトルロールのロゴが Z1-Rに二人がタンデムしている姿を図案化しているという、 ほぼ準主役級の扱い。 初めて見たときは目を丸くしました。 バイク 前面押しじゃん! Z1-R全面押し 調べたら色んなライダーさんのblogでこの件が取り上げられていました。 どうも竹野内豊自身がこのバイクをチョイスしたらしく、 車両はさんという、Z系を中心としたお店が担当されたそうです。 お店のblog: 小道具として出てくるバイクとして有名なのは、 ビューティフルライフで木村拓哉が乗った、 MOTOSHOP吾郎さんのTWとか、 トロン・レガシーのGT1000とか ナイト・アンド・デイのムルティストラーダ 単純におしゃれなバイクを劇中に登場させようと思ったら、 ベスパだったりとかだったり、 カワサキとスポンサー契約むすんでW800辺りを前面に押したりとか、色んな選択肢があったと思うんですが。。 Z1-Rをチョイスしたセンスが素晴らしいと思いました。 あえてここで国産の旧車を持ってきますか。 プロデューサーさんのセンスに感謝です。 Z1-Rの大幅イメージチェンジ 個人的にZ1-Rは、 若い頃からぶっ飛ばすのが大好きなロードライダー系のおじさん達が、 高機能ウェアを身にまとってヴォンヴォン言わせて走るイメージがありました。 正直世間一般のおしゃれとかからは チョット距離を置いた感じの車両だと思っていました。 ですが今回の作品の演出で、 これまでとは違ったイメージを持つことが出来ました。 この頃のカワサキの車両って、 普通にお洒落バイクとしても通用する魅力持ってるんですね。 ウェアはさらっと着こなした。 ドミネーターかスポーツマンかと思っていたんですが、 チョット違うっぽい。 だいぶやれているのでヴィンテージ品かな? バイク降りても様になってるのが本当に羨ましかったです。 普通の人はあんなにかっこよく立ち回れないよ~。 東京を舞台とした作品なので、基本的に街乗りメイン。 峠に行くこともなく、高速道路を飛ばすこともなく、 日常の足としてZ1-Rで走る竹野内。 お使いにも行っちゃう。 高排気量と重さを持て余してしまうようなシチュエーションでも、 肩肘張らずに余裕を持って乗っていたのが印象的でした。 このバイクで、こんな使い方していいんだ~。 と改めて思わされ、ある種の固定観念で、この手のバイクをバイクを見ていた事に気付かされました。 最後のシーンではサイドカーになってるしね 笑 意外性の塊。 似合ってるかどうかは別として、 こんなことも出来るんだ!やっていいんだ! 半笑いながらもかなり衝撃を受けました。 背は高い。 スタイル抜群。 滲み出る大人の余裕。 ずるいぐらいにカッコイイおっさんです。 今自分は28歳です。 13年後、あんなかっこいい姿でバイクに乗っていられるかなぁ。 乗っていたいなぁ。 この作品で竹野内豊は、 ミズシマオートという旧車を扱う自動車整備工場に勤務しているという設定。 「赤い初代カローラをレストアする」という彼に与えられたお仕事も、 物語の重要なテーマになっていました。 もちろんメインテーマが奥さんの記憶喪失だったので、車やバイクはあくまでも脇役。 空気を読んででしゃばらない感じのいいスパイスになっていたと思います。 結構話の展開がゆっくり 悪く言えば間延び していて、 竹野内豊のルックスと、和久井映見の落ち着いた演技が引っ張っていた印象を受けた作品だったんですが、 車とバイクに魅せられて見てた人も少なからずいるんじゃないかな? 僕個人はそんな印象を受けました。 まとめ このご時世の連続ドラマで、 バイクがメインで登場する作品を見ることができるとは思いませんでした。 旧車イベントに参加すると結構エントラントを集めていたりするので、一部の人を熱狂させていた旧車ムーブメントが、徐々に市民権を得てきたのかも知れません。 広告会社も、こっち方面へも足を伸ばし始めているのでしょうか? いずれにしろ、こういった露出の多い媒体をキッカケにして、 バイク関連の市場が少しでも活性化してくれたら嬉しいです。

次の

竹野内豊の性格は人間離れしている?!元恋人ブレンダの今

竹野内 豊 奥さん

(写真) 最初に脚本を読まれた感想を教えてください。 突然、妻の記憶がなくなるところから始まるので、いきなり大きな枷をはめられたようで重たいのかな、と思ったのですが、第1話を読み終わった時、とても前向きで、自分も一視聴者として波留と可南子を応援したいと思いました。 今回、ドラマの中で、桜の樹が象徴的に描かれているのですが、桜でいえば、つぼみの状態というか、桜の開花を楽しみに待つような、そんな気持ちになったんです。 自分が感じたそういう期待感、新しいことを始めようという気持ちを、物語で表現できていければと思います。 演じていらっしゃる波留さんは、どんな人ですか? 実は、波留という人がどういう人物なのかまだ模索中で、撮影しながら少しずつ作っています。 以前は「こういうキャラクターでいこう」と自分で枠を決めて、そこから出ないように守りの姿勢でやっていたんですけれど、今はまず感じたことをやってみて、そこから監督と話し合うようにしています。 でも、最近は何でも、数年で買い換えたり使い捨ててしまったりする人も多い中、波留やミズシマオートの人たちは、古いものを大事に直して、長く使います。 「俺は絶対にこれだ!」と決めたら、とことんそれを大事にしていそうで、そういうところはとても共感しています。 (写真) 奥さんの可南子さんが波留さんと過ごした時間だけなくしてしまいますが… 波留は「なんで思い出してくれないんだ」と考えるでしょうし、思い出して欲しいというのが本音だと思います。 でも、自分がそれを望んでしまうと可南子を傷つけてしまう、だから明るく振舞って、無理にでも笑っているんだと思います。 今、無理に笑っている波留が、本当の笑顔になれればいいですね。 片想いではなく、自分の奥さんが相手なので、演じていて、そこがすごく難しいです。 波留にとって目の前にいるのは、5年間一緒にいた妻ですけれど、可南子にとっては波留は夫ではなく、知らない人なんです。 和久井さんが「演じていて、わからなくなったら竹野内さんを見ます」とおっしゃったので、自分もわからなくなったら、和久井さんをしっかり見ようと。 目の前の現実を見れば、きっとそこに答えのようなものがある、それがそのまま波留の気持ちなのかも知れない、そう思うことにしました。 無理に思い出させることは苦しいことです。 可南子にとっても、波留にとっても、そのままのほうがお互いに幸せかもしれないし、何がみんなにとっていいことなのかと考えてしまいますね。 もし、ご自分の大切な人が竹野内さんのことだけを忘れてしまったら、どう思われますか? そんなに俺のことを忘れたかったのかな、とまず思います(笑)。 でも、忘れたいことをうまく忘れられればいいけれど、忘れたくない大切なことまで忘れてしまうことは悲しいというより怖いですよね。 「自分は記憶を失ってしまったんだ」ということが分かった瞬間から、どんどんのしかかってくるんだと思います。 最初は波留の目線で話が進んでいますが、この先、可南子の内面がどう出てくるのか楽しみです。 (写真) 可南子さんはマンネリ感を抱いているようですけれど、夫婦とはどうあって欲しいと思いますか? 家族は、自分らしくいられる場所、正直でいられる場所だと思います。 それがすごく大切なことで、夫婦もお互いの存在を「当たり前」と思ってはいけないのかなと。 お互いに生まれも育ちも違う人たちが一緒になるというのは、覚悟も努力も必要なのではないでしょうか。 二人の出会ったこと自体が奇跡です。 もう一度ゼロからスタートして、新たに二人が想い合って一歩を踏み出せたとき、それは奇跡ではないんだ、ということを波留にわかってもらいたいですね。 撮影現場の雰囲気はいかがですか? 今回、和久井さんと共演できて嬉しい反面、中途半端では和久井さんに臨むことは出来ない、という覚悟で撮影に入りました。 和久井さんは表情、何より目にウソが一切ないんです。 可南子が病院で目を覚ましたとき、きょとんとして、お母さんに小さな声で「誰?」と言うシーンがあるのですが、とても淋しかったですし、波留に対して「あなた誰?」というときの表情を見て、台本にないのに「俺だよ、俺」と、つい言ってしまいました。 ミズシマオートの人たちは、家のシーンと全くトーンが違うので、最初ちょっとぎくしゃくしてしまいましたが、気持ちの中で整理をつけて、意識せずに「波留」でいられたらいいなと思いますね。 ご覧の皆さまにメッセージをお願いします。 出来る限りウソのない、本当の気持ちでやりたいと思っています。 ドラマが終わったあとも波留や可南子、まわりの人たちが一人歩きして、どこかに存在し続けていると思っていただけるように頑張りたいです。 うまく言えないのですが、そのうまく言えないところをきちんと演じて表現出来たらいいと思います。 お互いに当たり前だと思っていたことが当たり前でなくなったときの二人の未来を、最後まで見届けていただきたいと思います。

次の

「この声をきみに」竹野内豊 出演ドラマ、映画おすすめ5選 若かりし頃から現在までをたどる

竹野内 豊 奥さん

竹野内豊さんプロフィール 1971年1月2日生まれ。 東京出身で46歳。 モデルの経験もあります。 1994年に放送されたドラマ「ボクの就職」で俳優デビューされ、その後はドラマに映画に、CMにと現在まで活躍中です。 ちまたでは「逃げるは恥だが役に立つ」で ゆりちゃんに思いを寄せる風見涼太を演じた俳優・大谷亮介さんと竹野内豊さんが似すぎてて、見分けがつかない?と噂になっています。 竹野内豊と大谷亮平の絶対的な違いがうまく説明出来なくてぐぬぬ…ってなってる(声と演技力) — 無糖 mmmuiiiii 竹野内豊出演ドラマ、映画おすすめ5選 ドラマ「ロングバケーション」 1996年4月から6月まで放映されました。 木村拓哉さん演じる、売れないピアニスト瀬名秀俊と、 山口智子さん演じる年上の崖っぷち売れないモデルで 婚約者に結婚式をドタキャンされた葉山南が、 ひょんなことからルームメイトになります。 そこから2人に関係する人たちを巻き込んで物語が展開します。 このドラマで竹野内豊さんは、葉山南の弟・葉山真二を演じています。 「この声をきみに」で演じる穂波孝とは、ほぼ正反対。 知り合った女性と駆け落ちを繰り返すチャラい男。 雇われオーナー兼バーテンダーの職業という、数学講師からは程遠い役柄でした。 本当にこのドラマでの竹野内豊さんは、チャラ男でした。 ロングバケーションがこの世で一番好きなドラマなので聞いて ネタバレしかないよ — さそです。 — さそ mmmmmmmmmm222 最近、竹野内豊が露出多い気がする、と思って「しかしこの人も変わらないよなぁ」と。 ロンバケの頃の写真を検索してみる。 やっぱり若いわ。 — 斉藤一博 fns124 ドラマ「ビーチボーイズ」 1997年7月から9月まで放送されました。 主演は反町隆史さんと竹野内豊さん。 1997年12月には総集編、1998年にはスペシャルが放送されました。 男同士の友情を描いたドラマです。 竹野内豊さんは、大企業に勤めながらもミスで仕事から外され、 休息を求めて行った海の見える土地で出会った人たちに影響を受け、会社を退職。 反町隆史さん演じる桜井広海とともに、同じ民宿にたどり着きます。 NHKの朝の連続テレビ小説「ひよっこ」にその名残を見ている人もいます。 ビーチボーイズ時代の反町隆史と竹野内豊は正面から歩いてきたらここは2次元かと錯覚するレべル — Nico nico1213nico 時子が名乗ることになった芸名・和泉真琴(いずみまこと)の名前は1997年夏にフジテレビ月9枠で放送された反町隆史&竹野内豊コンビのドラマ「ビーチボーイズ」で、広末涼子さんが演じたヒロインの役名と同じ。 と同じ岡田惠和氏が脚本を担当していることから、彼なりのお遊びだろう。 — ひぞっこ musicapiccolino ドラマ「もう一度君に、プロポーズ」 2012年4月から6月まで放送されました。 竹野内豊さんは、このドラマでは主演で宮本波留の役です。 和久井映見さん演じる波留の妻・宮本可南子が原因不明の病のために、 波留に会ってからの5年間の記憶が失われ、波留の記憶が無くなります。 それでも可南子を愛する波留の苦悩と、可南子の愛を取り戻そうとする奮闘が描かれる感動ドラマです。 桜のシーンは、いつまでも心に残ります。 1999年に出版された辻仁成と江國香織による、 女性と男性のそれぞれの立場や視線によって書かれた恋愛小説が原作です。 フィレンツェの工房で絵画の修復士の勉強をしていた、 竹野内豊さん演じる阿形順正と、 」日本で大学生時代を送っていた頃の彼の恋人・香港留学生のあおいとの長きにわたる出会いと別れ、再会を描いた映画です。 それぞれの視点で描かれる物語が、当時は新鮮でした。 映画「ニシノユキヒコの恋と冒険」 2014年公開の映画です。 監督は井口奈己さん。 2003年に出版された川上弘美さんの小説が原作です。 尾野真千子さん、成海璃子さん、木村文乃さん、 そして「この声をきみに」でも共演の麻生久美子さんなどと共演されています。 御茶ノ水でトークショー始まりました。 オシャレな会場です。 そのニシノユキヒコを中心として、彼を取り巻く女たちと繰り広げられる物語です まとめ いかがでしたか?「この声をきみに」では、 朗読教室に通うようになる、孤独で偏屈な数学講師を演じておられる竹野内豊さんには、 これだけの歴史があります。 俳優さんの歴史を感じながら見るドラマも、また感慨深くなりそうです。

次の