マジック テープ 縫い 方。 【簡単にできる】子供靴のマジックテープがくっつかないので交換してみた

「マジックテープ」のオス・メスはどっちの付け方が正解?

マジック テープ 縫い 方

マジックテープとは、実は商品名で一般名称は面ファスナーといいます。 面ファスナーはザラリと硬い面と、柔らかい面の2つが1セットになっています。 硬い面を「フック・A面・オス」などと言い、柔らかい面を「ループ・B面・メス」などと言います。 よく見ると、硬い面は繊維がフック状になっていて、柔らかい面はループ状になっています。 2つの面を合わせると、お互いが絡み合ってくっつく仕組みになっているのです。 一般的には、上にかぶさることになる動かす方をフック面にします。 洋服や小物に使用する際には、フック面は肌に当たると痛いというのが理由です。 しかし、例外もあります。 帽子や手袋などにマジックテープを使用するときには、動かす方をループ面にすることが多いです。 特に帽子は動かす方をフック面にすると、髪が絡んでしまうので注意しましょう。 もしどちらを上下にするか迷った場合には、肌に触れさせたくない側をフック面にすることをおすすめします。 手縫いの場合は、まつり縫いをします。 波縫いのほうが、針の動かし方が簡単なのですが、マジックテープはナイロン製が多く、かなり強度がある素材です。 ですので、しっかりと面を捉えて針を刺す波縫いでは、硬すぎて針が通りにくくなってしまいます。 また、針をしっかりさすことができても、波縫いでは糸がループに引っかかりやすく、見た目があまりきれいに仕上がりません。 ですので、あまり表から糸が見えないまつり縫いをするほうがおすすめです。 マジックテープは、固定する場所がずれてしまうと、ハンドメイド作品の仕上がりの見栄えが悪くなってしまうので、ずれないようにまち針でしっかりと固定しましょう。 マジックテープは素材が固く、針が刺しにくいので、怪我をしないように注意してください。 また、マジックテープの縫い付けはハンドメイド作品の布が2枚重なっている部分を選んでください。 布が重なっている部分だと、上の布とマジックテープを縫うことで下の布(外側から見える部分)に響かず仕上がりが綺麗になります。 まつり縫いは流しまつりなど、縫いつけ方にいくつか種類がありますが、今回は糸が表から目立ちにくく、比較的強度があるたてまつり縫いで縫い付けます。 まつり縫いでも、硬いので縫いにくいですが、指ぬきやシンブルを使って工夫してください。 まつり縫いの手順• 1たまむすびをマジックテープの後ろ側に作る。 21針目を、マジックテープに通す。 32針目は、1針目の真上に針を入れる。 41針目の横から針を出す。 52から4を繰り返し、角にきたら針を横に出す。 6以上を繰り返し、一周回ったら玉止めをする。 7マジックテープの後ろ側に、針を通して玉結びを隠し、糸を切る。 粘着タイプのマジックテープは、手縫いにもミシン縫いにも、向いていません。 粘着タイプのマジックテープを使えば、まち針での固定がいらず、楽に付けられると思うかもしれませんが、実はシールが針にまとわりつき、かなり縫いにくくなってしまいます。 手縫いやミシンでマジックテープを付ける場合は、シールタイプではない普通の物を選びましょう。 もしミシンで使用すると、粘着シールのせいで故障の原因になりかねません。 ミシン縫いの場合は、ミシンの針がマジックテープのフックに引っかかってしまうのを防ぐために、あらかじめハサミなどでカットします。 カットするのは、ミシンで縫う部分なので、端から2列ほどを目安にして、丁寧にカットしていきます。 少し面倒ですが、これをやっておくとミシンがフック面に引っかかり、縫い上がりがおかしくなるのを防ぐことができます。 特に初心者の方は、面倒がらずに処理しておくことをおすすめします。 マジックテープは硬いので、ミシンの針は太いものを用意します。 手縫いのときと同様に、マジックテープをまち針で固定したら端から縫い始めます。 このときゆっくりと動かすと、マジックテープのあらかじめ端をカットした部分を縫い進めやすくなります。 こちらも事前にマジックテープの端の処理をし、まち針で固定しておきます。 そして、まず四隅をゆっくりと縫い進め、一周回ったら今度は対角線上に縫い進めます。 真ん中の部分は、針がマジックテープに絡みやすいので慎重にミシン操作を行います。 対角線に2回縫い、線がクロスできたら完成です。 四隅を縫い付ける方法より難しいですが、このほうがマジックテープの固定の強度が増します。 縫い目を目立たせたくない場合や、お裁縫が苦手な方にオススメです。 つけ方は、まずアイロンを中温設定にします。 必要な大きさにカットしたマジックテープを、付けたい箇所に置き、あて布をしてゆっくりアイロンをかけると完成です。 このとき、アイロンを高温設定にしてしまうとナイロン製のマジックテープが溶けてしまうことがあるので注意しましょう。 中温設定で、できればマジックテープにくっつかない素材のあて布をすると安心です。 さきほどご紹介した、アイロンを使う方法よりも手軽なのでお子さんと一緒に手芸をするときに便利です。 つけ方は、まず必要分のマジックテープをカットします。 次に、マジックテープを付けたい部分に手芸用のペンシルなどで印をつけます。 印がついたら、マジックテープの裏面に手芸用の接着剤を塗ります。 このとき、しっかり付けたいからとたくさん塗りすぎるとはみ出してしまい、仕上がりが悪くなるので注意しましょう。 印をつけた箇所に貼り付けたら、接着剤が乾くまで待って完成です。 手芸用のボンドは、布に使えないものもあるので、使用前に確認しておきましょう。 接着剤は乾いてから、固くなるタイプ・柔らかくなるタイプなど種類があるので、作品の仕上がりや使用感に合うものを選んでください。 1シリーズ)」です。 手縫い・ミシン・刺繍からボタン付けや裾上げといった、生活するときに必要なちょっとしたお裁縫を学ぶことができます。 エプロンや雑巾などの作り方もあるので、保育園などで準備が必要な手芸初心者のお母さんにおすすめです。 」です。 その名の通り、通園や通学時に「作ってきてください」とお願いされるお道具袋などの作り方を丁寧に教えてくれます。 全くの初心者でもわかりやすいように、写真が多く使われています。 ソーイングは、型紙作りが面倒ですが、こちらはそのまま切って使えるタイプの型紙がついている親切設計となっています。 また掲載されているアイテムの内容も、防災ずきん収納座布団や紐付きハンドタオルなど最新の入園事情に合わせてあるのもおすすめのポイントです。 こちらは、基本すぎて人に聞きにくい、ミシン操作の基礎から丁寧に教えてくれる初心者向けの本です。 オールカラーでとても見やすく、手順の写真もたくさんあるので、全く経験がなくてもこの本を見るだけでミシン縫いをすることができます。 また、すでにミシン経験がある人でも、「きれいに仕上げる・うまく縫う」といったコツも掲載しているので、一読の価値があります。 手芸では専門用語も多く、そこにつまづくひともいますが、こちらは用語を目次で調べることができるので、そういった心配もありません。 「まさに教科書」と手芸初心者に人気の一冊です。 マジックテープの付け方をマスターして、ハンドメイドを楽しもう マジックテープは、手縫いではまつり縫いがおすすめです。 またミシンでの縫い付けはちょっとした準備をすることで、作業がスムーズになります。 ほかにも、アイロンや接着剤など手軽な付け方があるので、自分に合った方法で、マジックテープの付け方をマスターして、ハンドメイドを楽しんでください! マジックテープの使い方をマスターできれば、ハンドメイドはぐっと楽になります。 こちらの記事では、ソーイングを含めた気軽にできるハンドメイドを紹介しているので、ぜひ参考にご覧ください。

次の

マジックテープ(面ファスナー)の種類と使い方

マジック テープ 縫い 方

スポンサーリンク マジックテープのオスメスとは? 取り付け方向を決める前に、先ずは基本の呼び方の説明から・・ ちなみにマジックテープは商品名で一般名称は 「面ファスナー」と呼び、多くのタイプは 「フック」と 「ループ」に分かれています。 画像では密集していて見にくいのですが、拡大すると下記のような感じになっています。 こうして見ると、フックとループの言葉の意味が分かりやすいですね。 ループは柔らかくて細いものが何本も合わさるように付いていて、フックは固いものがいろいろな方向を向いて付いています。 (例外は後程紹介します) フックとループには、それぞれA面・B面、またはオス・メスなどの呼び方もありますよ。 フック(チクチクする硬い方) 別名:A面、オス、凸面• ループ(ふわふわした柔らかい方) 別名:B面、メス、凹面 フックがループに引っかかることにより、互いの面がくっついたり離れたりする仕組みです。 当然ループ同士、フック同士ではくっつくことが出来ません。 また、それぞれの形状や材質を変えることにより、強力なタイプや、少しの力で剥がれるタイプなどがあります。 ところでちょっと身の回りを眺めただけでも、マジックテープはいろいろな所に使われていますね。 シューズの紐の代わり• 帽子のサイズ調整部• バッグのフタの留め口• ゴルフやスキーの手袋• 作業ズボンのポケット口• 着物を着る時に使う和装バンド• 電源コードを止めるバンド• 布財布の留め具 ・・・・・などなど 当店では子供向けの商品を扱っている為、より多くのものがあります。 子供向けにはマジックテープはやさしいですからね。 封筒型お弁当袋のフタ• 座布団カバー出し入れ口• ショルダーバッグのフタ• ピアニカ入れのフタ• スタイの留め口 ・・・・・などなど これらの場合、オスとメスの付ける方向は大体決まっているんですよ。 オス・メスどっちに付けるのが正解なの? マジックテープを付ける際は、 一般的には動かす方(上にかぶさる方)にオスを使用します。 ループ面側が固定され、フック面側を手で動かすイメージです。 その理由は、オスには下記のような特徴があるからです。 オスの方が触ると痛い!• オスの方が他のものに絡まりやすい!• オスの方がゴミが付きやすい! でも、上の特徴からするとケースバイケースで、あえて逆にした方が良い場合もあります。 例えば手袋やキャップなど・・。 手袋の場合は、肌に触れるリスクの高い可動部にあえてメスを使っていますね。 キャップの場合は、オスが髪の毛に絡まったり、うなじに触れないように意識して外側に向けています。 他にも例外はたくさんありますよ。 例えばドール服を作製する場合などもそうですね。 人形は人間のように痛みを感じる訳ではありませんが、他のものに触れてモサモサになってしまうリスクがあります。 ウールや綿などの素材もループと同じような効果がある為、オスが絡んでしまうからです。 具体的にはズボンをはかせるとき、中のパンツにオスが触れるとモサモサになってしまいますね。 その為同じように固定部にオスを付けて触れにくいようにすることが多いです。 こうしてみると案外、例外の付け方の方が多いような気もしてきます。 つまり迷ったときには、• 肌に触れる可能性の少ない面• 脱着時等に他のものに触れにくい面 にオスを使用するイメージで良いでしょう。 ちなみに私も封筒型お弁当袋を作る時などは、 フタ側に柔らかいメスを付けるようにしています。 セオリーとは逆ですね。 入れる時に肌やナフキンなどが当たるリスクを考えての事です。 またキルティングのようなステッチの入ったものには、オスのフックが引っかかる事があります。 その為、片面にキルト、反対面が普通地のショルダーバッグなどの場合には、 キルト側にオスを付けるようにしています。 用途別に選べるマジックテープ ちなみに今は、いろいろな面ファスナーが市販されています。 100均でも一般的な物は売られていますが、割とオス面がザラザラしていて硬いものが多いですね。 大きな手芸店やネット通販では用途別に専門の面ファスナーが販売されています。 これらの中には、オス側の特徴であった、硬さが改善されているものもあります。 ちょっとした違いですが、使い勝手が全然変わってきますよ。 ソフトマジックテープ オス面が柔らかいため、ベビー服やスタイなど赤ちゃん用品をはじめ、介護服などにもおすすめです。

次の

【簡単にできる】子供靴のマジックテープがくっつかないので交換してみた

マジック テープ 縫い 方

マジックテープがくっつかない くっつかない原因 マジックテープの ループ面が劣化でダメになり、フックがかからなくなってしまったんです。 あっ、ループ面ってケバケバしている方ね。 マジックテープがくっつかなくなる原因っていろいろあるのですが、これが1番多いです。 歩くとピカピカ光る靴で結構高かったんですよね。 子供も結構気に入っているみたいで捨てるわけにもいかないので、マジックテープを自分で交換してみたいと思います。 マジックテープを交換する 用意する物 ダイソーですべてそろっちゃいますよ。 ダイソーのマジックテープは 縫製タイプっていう奴の方が使いやすいです。 ただね、ダイソーではファスナーテープという名前で売られているので覚えておいてくださいね。 マジックテープじゃねぇのかよ… あとは、お裁縫セットとハサミがあれば準備完了です。 マジックテープを外す マジックテープが縫い付けてある糸をハサミで切ります。 今回はマジックテープをすべて交換しないので、ダメになった部分の糸のみを切ります。 ほら、全部やるとめんどくさいじゃん… 糸を切りながらマジックテープを引っ張って剥がしていきます。 ダメになった部分を剥がし、ハサミで切り取りました。 ここにダイソーで買ってきたマジックテープをカットして縫い付けてやります。 あっ、ちなみに「お裁縫レベル2」くらいのド素人の私でも何とかなるので大丈夫ですよ。 さぁ、どんどん先に進みましょう! マジックテープをカット 先ほど取り除いたダメになったマジックテープに合わせて、同じ形になるようにダイソーで買ってきたマジックテープをハサミでカットします。 結構おおざっぱでも問題ありません。 鼻歌でも歌いながら気楽に作業してくださいね。 ここからが正念場ってところなんですよね。 マジックテープを縫い付ける前に、両面テープで貼りつけておくと作業がしやすいですよ。 糸で縫い付ける チクチク針で縫います。 靴の方にもともと糸が通っていた穴が空いているので、そこに針を入れて縫い付けていけば簡単にいけますよ。 穴にそって縫っていけば、曲がってしまうこともないのでキレイに出来上がります。 出来上がり! 出来栄えは? はい。 完成しました。 見た目こそいまいちですが、ボタンの縫い付けくらいしかできない おっさんでもそれなりにできちゃいました。 トータル作業時間は30分です。 おっさんだからね… お裁縫が得意のママさんでしたら、もっと短い時間でできるかと思います。 ほら、表から見ると違和感がまるでないですよね。 そして、肝心のマジックテープのくっつき具合なんですが、、、 バッチリです! めちゃくちゃくっつくようになりました。 これでしばらくは大丈夫です。 まとめ 「マジックテープの交換」 素人のおっさんでも普通にできることが分かりました。 マジックテープがダメになったくらいで捨てちゃうのってもったいないですよね。 めんどくさいかな…って思っていたのですが、意外と簡単に交換できるみたいです。 「マジックテープの復活」とか「マジックテープの補修法」なんてのがよく紹介されてるけど、くっつかなくなったら交換しちゃった方が間違いないです。

次の