コメダ。 「コメダ珈琲店」はなぜ客が長居しても儲かるのか

オーレカップ&ソーサー

コメダ

コメダ珈琲店を展開するコメダホールディングスが、三菱商事と業務提携すると発表した。 コメダは7日に唯一の空白だった青森県に出店を果たし、全国制覇を達成したところ。 次に見据えるのは海外市場で、総合商社である三菱商事とタッグを組んだ。 コメダ珈琲店は1968年に創業者、加藤太郎氏が名古屋市に店を構えたのがはじまり。 店員が客席に誘導して注文を聞き、配膳をするフルサービス型の喫茶店で、トーストやゆで卵などを無料で提供するモーニングサービスや、名物スイーツ「シロノワール」などを強みに拡大を続けてきた。 両社に接点ができたのは、昨年9月のこと。 児童労働や熱帯雨林の乱伐などを排除した、サステナブルなコーヒー豆を求めるコメダHDに、三菱商事が自身も出資するシンガポールの農産物商社「オラム・インターナショナル」を調達先として引き合わせたのがきっかけだ。 コメダは2017年度から海外進出をスタート。 現時点で中国で2店舗、台湾で3店舗の計5店舗を展開中で、19年度中には台湾でさらに7店舗を新規にオープンする予定だ。 ただ、「海外事業の担当部署は数人程度の小所帯。 非常に少人数で回しているのが現状」(担当者)で、進出の規模とスピードを上げるためには三菱商事との提携が有効だと判断した。 6月末に、保有する自己株式約8. 9億円分を第三者割り当てで三菱商事に売却する。 三菱商事の出資比率は0. 95%になる。 三菱商事からの人材派遣を受けるなどしながら、中国、台湾での出店加速や、東南アジアへの進出を目指す。 合わせて、三菱商事系の共通ポイント「Ponta(ポンタ)」の導入も視野に、データマーケティングを活用した商品や店舗展開の見直しも進める考えだ。 中国や台湾の店舗でも、内装やサービスは日本と同じで、価格もほとんど変わらない。 コメダの提供する「名古屋式」サービスは現地でも好評だという。 三菱商事というパートナーを得て、名古屋スタンダードはどこまで広がりを見せるのか。

次の

コメダ珈琲、スタバとはまるで違う愛され方

コメダ

・本部が入居する葵店 株式会社 市場情報 非上場 略称 コメダ 本社所在地 〒461-0004 葵三丁目12番23号 : 設立 1月 事業内容 事業、 ・の製造、 喫茶店経営、一般建築工事 代表者 () 資本金 1億9680万円 売上高 単独:262億4533万9千円(2018年2月期) 営業利益 単独:49億2158万0千円(2018年2月期) 経常利益 単独:48億1870万0千円(2018年2月期) 従業員数 社員258名(2018年2月末現在) 決算期 2月末 主要株主 株式会社コメダホールディングス 関係する人物 (創業者、前会長) 外部リンク 特記事項:上記のは日本基準に基づく 株式会社コメダホールディングス KOMEDA Holdings Co. ,Ltd. 株式会社 市場情報 2016年12月19日上場 略称 コメダHD 本社所在地 〒461-0004 葵三丁目12番23号 : 設立 11月28日 事業内容 珈琲所コメダ珈琲店チェーン等を運営する子会社の経営管理及びそれに付帯又は関連する業務等 代表者 () 資本金 4億9303万円(2018年8月末現在) 発行済株式総数 45,562,500株 売上高 連結:259億8433万4千円(2018年2月期) 営業利益 連結:72億0672万9千円(2018年2月期) 単独:25億5526万5千円(2018年2月期) 経常利益 単独:25億2912万1千円(2018年2月期) 純利益 連結:49億0464万0千円(2018年2月期) 単独:24億2410万4千円(2018年2月期) 純資産 単独:160億5822万9千円(2018年2月期) 総資産 単独:173億5004万2千円(2018年2月期) 従業員数 単独:社員10名(2018年2月末現在) 決算期 2月末 会計監査人 新日本有限責任監査法人 主要株主 7. コメダという名前は創業者のがで、「コメ屋の太郎」にちなむものである。 本項ではである 株式会社コメダホールディングスについても記述する。 第1号店にあたる菊井店(2014年4月) 1月に創業者・加藤太郎がで「コメダ珈琲店」を開店。 元々していた喫茶店だったが、から展開するようになり、8月にとして株式会社コメダ珈琲店を設立。 4月にフランチャイズチェーン運営を目的として株式会社コメダを設立した。 コメダ珈琲店のフランチャイズ展開を推し進める一方で、さまざまな実験店舗も展開している。 11月28日に株式会社コメダをとする単独株式移転により、である株式会社コメダホールディングス(コメダHD)が設立されている。 なお、2016年6月29日にコメダHDが市場第1部にした。 2月末現在、『』835店舗と、喫茶の『』9店舗を展開している。 更に、新しい業務形態として、ベーカリー型店舗『』を沖縄・に1店舗、オリジナルのを販売する『コメダ謹製やわらかシロコッペ』 を関東・東海で15店舗、コメダ初のセルフサービス型店舗『コメダスタンド』 を東京・に1店舗展開している。 過去に、を展開していたが、2月28日に閉店した。 沿革 『フランチャイズ契約の要点と概説』の沿革などによる。 1月 - 創業者・加藤太郎が名古屋市西区に「コメダ珈琲店」を開店• 2月 - フランチャイズ1号店開店• 8月 - 株式会社コメダ珈琲店を設立• 2月 - コメダ珈琲店上山店(本店)がオープン• 4月 - 株式会社コメダを設立。 フランチャイズ展開を本格化。 この時のフランチャイズ加盟店85店舗• 2月 - 甘味喫茶「おかげ庵」をオープン• 8月 - 本社を名古屋市上山町から現住所に移転• 2月 - 高級喫茶「吉茶」をオープン• 3月 - 株式会社AP11が、株式会社コメダ、株式会社セントラルコメダ、株式会社尾張セントラルコメダ、株式会社コメダグリーン、コメダ不動産の5社を吸収合併し、株式会社コメダに商号変更• 3月 - 国内400店舗を達成• 2月 - 株式会社AP11及びが所有する株式を、 ()が出資する株式会社MBKP3に譲渡し事業承継• 2月28日 - 高級喫茶「吉茶」閉店• 3月 - 国内500店舗を達成• 6月1日 - 株式会社MBKP3が株式会社コメダ、株式会社フランスパンを吸収合併し、株式会社コメダに商号変更• 3月31日 - 創業第1号店だった菊井店が入居するビルの老朽化による解体のため閉店• 10月 - 国内600店舗を達成• 11月 - 単独株式移転により株式会社コメダの完全親会社として・株式会社コメダホールディングスを設立• 4月1日 - 専用プリペイドカード「KOMECA(コメカ)」を直営10店舗で取り扱い開始• 4月 - に海外第1号店である濾南公路店をオープン• 6月29日 - 株式会社コメダホールディングスが市場第1部に株式を上場• 8月 - 国内700店舗を達成• 12月19日 - 株式会社コメダホールディングスが市場第1部に株式を上場• 7月 - 国内800店舗を達成• 6月 - 第1号店開店。 これにより全都道府県への進出を達成 コメダ珈琲店 『 珈琲所 コメダ珈琲店』は、同社が展開しているチェーンであり、主力業態の一つである。 店舗はを中心に835店舗(2019年2月末現在)を展開しているが 、直営店舗は13店舗のみ(2019年1月8日現在)で 、現地のフランチャイズ会社に委託する形態が主である。 また、な店舗展開を行っているのも特徴である。 長年のみで店舗展開を行ってきたが、のを皮切りに全国展開を始め、の1号店オープンにより全都道府県への出店を達成した。 2016年4月にはに海外第1号店をオープンした。 2012年にはサービス産業生産性協議会による調査において「」部門の第1位を獲得している。 特徴 フランチャイズながら厳密なマニュアルがあるわけではなく、本部による最低限の指導は行われているもののオーナーの裁量となる部分が大きいので、メニューやサービスなどは店舗や地域によって多少の違いがあることがある(基本的には統一されている)。 店の目印は黒地にオレンジ色の文字の看板である。 これは評議員でもある書家の樽本樹邨が書いたもので、創業者が樽本の教え子だった関係で依頼されたものである。 なお、コメダのマークのおじさんは、常連のデザイン学校生から依頼されて誕生したもので、「中世のヨーロッパの紳士がを飲んでいる姿」をデザインしたものである。 内装はや、を多用している。 も木製である。 これは店内を一望した時に、視野に占める木肌の比率(木視率)が4割以上だと人間が落ち着きを感じるという建築業界の経験則に基づいている。 客の開放的な気分とを両立できるよう、とパーティションを高めに設計し、普段の生活の延長として来店する常連客を増やす戦略をとっている。 基本的に一部を除きコーヒーを店舗ではせず、自社工場で抽出したものを配達して加熱して提供しているため、店舗による味のバラ付きは最低限に抑えられている。 これにより厨房スペースなども抑えて効率をあげているという。 パンも一部地域を除いて自社製造のものが提供されている。 郊外店舗には広い駐車場が付属していることが多く、店内は調のゆったりとした作りで、自由に読める雑誌や新聞が店内に多数用意されている。 コーヒーそのものの味を楽しむことを主眼に置いた最近のカフェ店スタイルとは違い、昔ながらの喫茶店に近い雰囲気といえる。 店ではとも言われるサービスを提供している。 開店から午前11時まではドリンクを注文すると追加料金なしでとかかが付くを提供しており、それ以外の時間にコーヒー等のドリンク類を注文すると豆菓子などのお茶菓子がおまけでついてくる。 ちなみにコメダの本拠地であるは全国屈指の喫茶店激戦区であるため、こういったサービスは珍しくない(詳細はを参照)。 なお、創業者の実家が米屋なのにもかかわらず、一般的な喫茶店(カフェスタイルの店は除く)としては珍しくやといったメニューが存在しない。 メニュー 開業当初からの独特のスタイルを守り続けている一方、ユニークなメニューを発明し提供している。 コーヒー(ホット)• コメダブレンド 主力商品の一つ。 2019年9月末日まで名称は、「ブレンドコーヒー」だった。 かつての名称は「モーニングカップ」だった。 コメ黒• 豆乳オーレ• 小豆小町 葵• 小豆小町 桜• 小豆小町 菫• コーヒー(アイス)• 最初からが入っている店舗が多い(ガムシロップ抜きを希望する場合は注文時に伝える)。 アイスオーレ• アイスミルクコーヒー かつての名称は「アイスモーニング」だった。 アイスウインナー• 蜂蜜アイスコーヒー• クリームコーヒー をのせた。 ソフトクリームは、コメダにおいては様々な形で応用される。 クリームオーレ• 金のアイスコーヒー• アイス豆乳オーレ• カフェインレスアイスコーヒー• 小豆小町アイス 葵• 小豆小町アイス 桜• 小豆小町アイス 菫 一部のコーヒーには、レギュラーサイズを約1. 5倍増量した、たっぷりサイズも存在する。 デザート• 温かく甘口のの上にソフトクリームを載せた軽食兼デザートでコメダの名物。 別途が添えられ、好みで加えて食する。 名前の由来はの(「シロ」)とでを意味する「ノワール」を組み合わせたもので、冷えた白いソフトクリームと温めた黒っぽいデニッシュという対極の組み合わせになぞらえて付けられたものである。 ミニサイズも存在する。 ソフトクリーム• 珈琲ジェリー 新商品として発売時の名称は「コメダ珈琲ジェリー」だった。 スナック類 特製と、を指す。 ドミグラスバーガー• フィッシュフライバーガー• エッグバーガー 2019年9月末日まで名称は、「エッグ バンズ」だった。 コロッケバーガー 2019年9月末日まで名称は、「コロッケ バンズ」だった。 サンド• サンド• サンド• ミックスサンド• ミニサンド 用いられるを、通常状態のままにするかトーストした物にするかを選択可能。 トーストした場合は各々のパーツが大き目にカットされるため、一皿におけるサンドイッチの数自体は少なくなる。 あみ焼きチキンホットサンド• カツパン• エビカツパン• カツカリーパン 元々は、期間限定で発売されていた。 トースト• チリドッグ• たっぷりたまごのピザトースト かつての名称は「スクランブルエッグトースト」だった。 コメダ特製ピザ• コメチキ• コメダ• ミニコメバスケット• だいすきプレート ドリンク付• 「名古屋名物」• 「喫茶店の王道」• 「つぶつぶなめらか」めんたいクリーム• ドリンク(温・冷)• ジェリコ「元祖」• 螺旋状の蓋が付いた、ポット状の器を用いる(各種などにも用いられる)。 サマージュース• バナナジュース• シェーク コーヒー、ストロベリー• 長靴の形をしたコップを用いる(他にもなどで用いられる。 靴先に空気が入る時に内容物が噴出するため、飲む際には注意が必要である)。 生レモンスカッシュ• アイス・ド・ティーフロート• お伊勢さんの和紅茶「瑞」 ホット・アイス• 大皿・サラダ• ヒレカツミニプレート• コロッケミニプレート• ヤサイサラダ• ハムサラダ• エッグサラダ• ミニサラダ• サラダバゲット 過去に存在したメニュー• シナモンコーヒー• シナモンウイーン• ハンバーガー• フルーツソルト• アイスクリーム• プリンソフト• 甘味喫茶おかげ庵 『 甘味喫茶 おかげ庵』は、株式会社コメダが運営する和風喫茶店チェーン。 コメダ珈琲店の姉妹ブランドである。 店舗は2019年6月現在、名古屋市に6店舗、に1店舗、に2店舗のの計9店が存在する。 メニュー(おかげ庵) 甘味喫茶を謳っているものの、甘味以外にも各種フード、ドリンク、デザートとメニューは多岐にわたる。 コメダ珈琲店と同じブレンド珈琲を中心とする喫茶店メニューと、甘味処メニュー、及び和洋のいいとこどりをしたオリジナルメニューで構成される。 ドリンクとしては、コーヒーやカフェオーレ、クリーム珈琲(アイスコーヒーの上にソフトクリームの乗った物)、、等のほか、グリーンティー、グリーンティフロート、オーレ、抹茶シェイクなど抹茶系オリジナルドリンクを揃えている。 抹茶やといったも提供している。 をつかったきなこオーレなど、コメダ珈琲店にもないユニークなオリジナルドリンクも存在。 フードで人気なのはレトロで、熱々の鉄板に流し込まれたとき卵にをからめ、これにや・をお好みでかけて食べるものである。 このほかのフードメニューとしては、カレーうどん、、、ちからうどん、ちからそば、、、、焼茶漬け(焼おにぎりの)等をそろえている。 デザートとしては、(冷・熱)(栗・クリーム)や(抹茶・・ミックスクリームあんみつ)、(クリームみつまめ)、といった和のデザートがある。 また、(抹茶・チョコレート・フルーツヨーグルトパフェ、おかげ庵特撰おもてなしパフェ)や各種のトッピングと味の組み合わせが楽しめるソフトクリーム、抹茶というの独自のデザートもある。 おかげ庵特撰おもてなしパフェは、抹茶に手作り抹茶寒天ゼリー、抹茶アイス、わらび餅、等のオリジナル特製素材がふんだんに盛り込まれたパフェだが、ほかにも隠し味の仕掛けや、ときなこを好みで自由にトッピングして食べられるなど、ユニークな要素が多く、新発売以降話題となっている。 さらに、「お茶の子」と呼ばれる、季節ごとの和菓子やユニーク茶菓子、珈琲にも抹茶にも合う菓子など、常時数種類のお菓子を備えている。 また、一年中を通して(せんじ・宇治・黒蜜・小倉)(ミルク・クリーム・ミルククリーム)を提供している。 人気のデザートはコメダ珈琲店でもシロノワール(ミニシロノワール)だが、コメダ珈琲店で使用するソフトクリームとは異なった分が多いものを使用しているほか、コメダ珈琲店では提供されない抹茶ソフトクリーム、抹茶とバニラの両方を楽しめるミックスソフトクリームを提供している。 シロノワールに黒蜜をかけて食べられる点もコメダ珈琲店にない事柄である。 また、ころんぱんシリーズとして、ふわふわの抹茶パンにをつけて食べる抹茶ころんぱんや、黒糖ころんぱん、季節に応じて桜ころんぱんなど、茶菓子にも食事にもなり、珈琲にも抹茶にも合うオリジナルのパンが展開されている。 このほか、焼き台を使い、卓上で自分で好みに焼いて食べることができるや、きなこだんご、あんこだんご、味のバラエティのあるだんご三昧といった焼き物メニューが個性の一つとなっている。 セットメニューとして、甘味ラインアップから2種を選べるダブル甘味セット、各種ドリンクと選べる甘味のドリンクセット、うどん・そば等と甘味のお食事セット、ハーフサイズのかき氷とドリンクのハーフ氷セット、といった各種の多様な選択肢があるセットメニューを提供している。 モーニングサービスとして、ドリンク料金のみを支払えば、ドリンクにトーストと卵がついてくるコメダ珈琲店と同様のサービスのほか、トーストと卵のかわりにころんぱんとあんこの組み合わせ、または煎茶や抹茶とお茶の子各種から1品の組み合わせ、の3パターンの中から選ぶことができる。 石窯パン工房ADEMOK 『 石窯パン工房ADEMOK』(いしがまパンこうぼう アデモック)は、株式会社コメダが運営するベーカリー型の店舗。 2019年10月に1号店としてに南風原店がオープンしている。 店名のADEMOKは「KOMEDA」を逆さに呼んだもの。 販売するパンは生地作りから焼き上げまでを一貫して行うスクラッチ方式によって作られており、焼き上げにはスペイン製の石窯を使用している。 店内にはイートインスペースが用意されており 、パンの他にセルフサービスのコーヒーも販売している。 なお、南風原店は沖縄県内のコメダ珈琲店にパンを供給するパン工場としての役割も担っている。 高級喫茶・吉茶 『 高級喫茶 吉茶』(こうきゅうきっさ きっちゃ)は、株式会社コメダが実験的店舗として直営していた高級指向の喫茶店。 コメダ珈琲店本店(上山店)に隣接して2月にオープン。 2013年2月28日閉店。 小学生以下は入店出来なかった。 当初は靴を玄関で預けていたが、後に靴のまま上がるようになった。 接客係がテーブル席へ案内したが、基本的に客が好きな席を選ぶことができた。 全席、様々なソファ席になっており、好みのソファーで静かに寛ぐことができた。 コーヒー一杯1,200円より各種。 その他• 2013年6月16日の『』にて、コメダ珈琲店の特集が組まれた。 にあった『ナカダ珈琲店』は、に閉店したコメダ珈琲店土岐泉店の建物をそのまま利用して開店した。 看板の配色も「青地に黄色の文字」で、コメダの「黒地にオレンジの文字」に似た色合いになっており、カタカナ3文字の屋号と相俟って、一見するとコメダ珈琲店と非常に酷似した外観となっていた。 しかし、メニューにはご飯もの・パスタ・焼そば等の軽食や定食類といった、コメダでは扱われていない料理もあった。 2018年1月30日を以って閉店し、現在は『KURO珈琲 土岐店』として同年8月3日より営業している。 この店舗以外にも、かつてはコメダ珈琲店だった建物をそのまま別の喫茶店として営業する例はある。 脚注 []• 、株式会社コメダホールディングス、2016年5月• 朝刊12版: p. 2014年4月1日• [ ]、中日新聞、2016年5月26日• 、現代ビジネス、2016年6月7日• 、ファッションプレス、2018年3月19日• 名古屋市瑞穂区上山町3丁目13-2にある店舗は、個人に売却されて上山店に改名されたが、公式上では本店として検索・表示される。 、アドバンテッジ パートナーズ• [ ]、ポッカコーポレーション、• 社団法人日本フランチャイズチェーン協会(法定開示事項 株式会社コメダ、2010年5月)による• 、株式会社コメダ、2013年1月15日• 、アドバンテッジパートナーズ有限責任事業組合、2013年1月15日• 、、2013年1月15日• 『フランチャイズ契約の要点と概説』、9頁• 、日本経済新聞、2013年5月30日• 2018年現在、最古の店舗は1972年(昭和47年)2号店として開店した高岳店である。 、JCBプレスリリース、2015年9月1日• 名古屋証券取引所. 2019年2月8日閲覧。 2019年6月7日• 、サービス産業生産性協議会、2012年7月25日• 、『』、• 高井尚之『なぜ、コメダ珈琲店はいつも行列なのか?』()、臼井興胤コメダ社長インタビュー『APPLE TOWN』2017年7月号、p. 、コメダ珈琲店• ()、2011年12月5日• 、コメダ珈琲店• 一部の店舗を除く。 、コメダ珈琲店• 一部、として売る店舗がある。 開店閉店. com 2019年10月28日. 2020年1月28日閲覧。 2019年10月30日. 2020年1月28日閲覧。 Press 2019年10月8日. 2020年1月28日閲覧。 - TBSテレビ 参考資料• (、株式会社コメダ、• 、株式会社名古屋証券取引所 自主規制グループ、2016年12月12日 関連項目• 外部リンク ウィキメディア・コモンズには、 に関連するカテゴリがあります。 KomedaOfficial -• フランチャイジー• (グループ)• (太田商事グループ)• (グループ)• (絆グループ)•

次の

「コメダ珈琲」が全国制覇も、青森では“一筋縄”ではいかない理由

コメダ

・本部が入居する葵店 株式会社 市場情報 非上場 略称 コメダ 本社所在地 〒461-0004 葵三丁目12番23号 : 設立 1月 事業内容 事業、 ・の製造、 喫茶店経営、一般建築工事 代表者 () 資本金 1億9680万円 売上高 単独:262億4533万9千円(2018年2月期) 営業利益 単独:49億2158万0千円(2018年2月期) 経常利益 単独:48億1870万0千円(2018年2月期) 従業員数 社員258名(2018年2月末現在) 決算期 2月末 主要株主 株式会社コメダホールディングス 関係する人物 (創業者、前会長) 外部リンク 特記事項:上記のは日本基準に基づく 株式会社コメダホールディングス KOMEDA Holdings Co. ,Ltd. 株式会社 市場情報 2016年12月19日上場 略称 コメダHD 本社所在地 〒461-0004 葵三丁目12番23号 : 設立 11月28日 事業内容 珈琲所コメダ珈琲店チェーン等を運営する子会社の経営管理及びそれに付帯又は関連する業務等 代表者 () 資本金 4億9303万円(2018年8月末現在) 発行済株式総数 45,562,500株 売上高 連結:259億8433万4千円(2018年2月期) 営業利益 連結:72億0672万9千円(2018年2月期) 単独:25億5526万5千円(2018年2月期) 経常利益 単独:25億2912万1千円(2018年2月期) 純利益 連結:49億0464万0千円(2018年2月期) 単独:24億2410万4千円(2018年2月期) 純資産 単独:160億5822万9千円(2018年2月期) 総資産 単独:173億5004万2千円(2018年2月期) 従業員数 単独:社員10名(2018年2月末現在) 決算期 2月末 会計監査人 新日本有限責任監査法人 主要株主 7. コメダという名前は創業者のがで、「コメ屋の太郎」にちなむものである。 本項ではである 株式会社コメダホールディングスについても記述する。 第1号店にあたる菊井店(2014年4月) 1月に創業者・加藤太郎がで「コメダ珈琲店」を開店。 元々していた喫茶店だったが、から展開するようになり、8月にとして株式会社コメダ珈琲店を設立。 4月にフランチャイズチェーン運営を目的として株式会社コメダを設立した。 コメダ珈琲店のフランチャイズ展開を推し進める一方で、さまざまな実験店舗も展開している。 11月28日に株式会社コメダをとする単独株式移転により、である株式会社コメダホールディングス(コメダHD)が設立されている。 なお、2016年6月29日にコメダHDが市場第1部にした。 2月末現在、『』835店舗と、喫茶の『』9店舗を展開している。 更に、新しい業務形態として、ベーカリー型店舗『』を沖縄・に1店舗、オリジナルのを販売する『コメダ謹製やわらかシロコッペ』 を関東・東海で15店舗、コメダ初のセルフサービス型店舗『コメダスタンド』 を東京・に1店舗展開している。 過去に、を展開していたが、2月28日に閉店した。 沿革 『フランチャイズ契約の要点と概説』の沿革などによる。 1月 - 創業者・加藤太郎が名古屋市西区に「コメダ珈琲店」を開店• 2月 - フランチャイズ1号店開店• 8月 - 株式会社コメダ珈琲店を設立• 2月 - コメダ珈琲店上山店(本店)がオープン• 4月 - 株式会社コメダを設立。 フランチャイズ展開を本格化。 この時のフランチャイズ加盟店85店舗• 2月 - 甘味喫茶「おかげ庵」をオープン• 8月 - 本社を名古屋市上山町から現住所に移転• 2月 - 高級喫茶「吉茶」をオープン• 3月 - 株式会社AP11が、株式会社コメダ、株式会社セントラルコメダ、株式会社尾張セントラルコメダ、株式会社コメダグリーン、コメダ不動産の5社を吸収合併し、株式会社コメダに商号変更• 3月 - 国内400店舗を達成• 2月 - 株式会社AP11及びが所有する株式を、 ()が出資する株式会社MBKP3に譲渡し事業承継• 2月28日 - 高級喫茶「吉茶」閉店• 3月 - 国内500店舗を達成• 6月1日 - 株式会社MBKP3が株式会社コメダ、株式会社フランスパンを吸収合併し、株式会社コメダに商号変更• 3月31日 - 創業第1号店だった菊井店が入居するビルの老朽化による解体のため閉店• 10月 - 国内600店舗を達成• 11月 - 単独株式移転により株式会社コメダの完全親会社として・株式会社コメダホールディングスを設立• 4月1日 - 専用プリペイドカード「KOMECA(コメカ)」を直営10店舗で取り扱い開始• 4月 - に海外第1号店である濾南公路店をオープン• 6月29日 - 株式会社コメダホールディングスが市場第1部に株式を上場• 8月 - 国内700店舗を達成• 12月19日 - 株式会社コメダホールディングスが市場第1部に株式を上場• 7月 - 国内800店舗を達成• 6月 - 第1号店開店。 これにより全都道府県への進出を達成 コメダ珈琲店 『 珈琲所 コメダ珈琲店』は、同社が展開しているチェーンであり、主力業態の一つである。 店舗はを中心に835店舗(2019年2月末現在)を展開しているが 、直営店舗は13店舗のみ(2019年1月8日現在)で 、現地のフランチャイズ会社に委託する形態が主である。 また、な店舗展開を行っているのも特徴である。 長年のみで店舗展開を行ってきたが、のを皮切りに全国展開を始め、の1号店オープンにより全都道府県への出店を達成した。 2016年4月にはに海外第1号店をオープンした。 2012年にはサービス産業生産性協議会による調査において「」部門の第1位を獲得している。 特徴 フランチャイズながら厳密なマニュアルがあるわけではなく、本部による最低限の指導は行われているもののオーナーの裁量となる部分が大きいので、メニューやサービスなどは店舗や地域によって多少の違いがあることがある(基本的には統一されている)。 店の目印は黒地にオレンジ色の文字の看板である。 これは評議員でもある書家の樽本樹邨が書いたもので、創業者が樽本の教え子だった関係で依頼されたものである。 なお、コメダのマークのおじさんは、常連のデザイン学校生から依頼されて誕生したもので、「中世のヨーロッパの紳士がを飲んでいる姿」をデザインしたものである。 内装はや、を多用している。 も木製である。 これは店内を一望した時に、視野に占める木肌の比率(木視率)が4割以上だと人間が落ち着きを感じるという建築業界の経験則に基づいている。 客の開放的な気分とを両立できるよう、とパーティションを高めに設計し、普段の生活の延長として来店する常連客を増やす戦略をとっている。 基本的に一部を除きコーヒーを店舗ではせず、自社工場で抽出したものを配達して加熱して提供しているため、店舗による味のバラ付きは最低限に抑えられている。 これにより厨房スペースなども抑えて効率をあげているという。 パンも一部地域を除いて自社製造のものが提供されている。 郊外店舗には広い駐車場が付属していることが多く、店内は調のゆったりとした作りで、自由に読める雑誌や新聞が店内に多数用意されている。 コーヒーそのものの味を楽しむことを主眼に置いた最近のカフェ店スタイルとは違い、昔ながらの喫茶店に近い雰囲気といえる。 店ではとも言われるサービスを提供している。 開店から午前11時まではドリンクを注文すると追加料金なしでとかかが付くを提供しており、それ以外の時間にコーヒー等のドリンク類を注文すると豆菓子などのお茶菓子がおまけでついてくる。 ちなみにコメダの本拠地であるは全国屈指の喫茶店激戦区であるため、こういったサービスは珍しくない(詳細はを参照)。 なお、創業者の実家が米屋なのにもかかわらず、一般的な喫茶店(カフェスタイルの店は除く)としては珍しくやといったメニューが存在しない。 メニュー 開業当初からの独特のスタイルを守り続けている一方、ユニークなメニューを発明し提供している。 コーヒー(ホット)• コメダブレンド 主力商品の一つ。 2019年9月末日まで名称は、「ブレンドコーヒー」だった。 かつての名称は「モーニングカップ」だった。 コメ黒• 豆乳オーレ• 小豆小町 葵• 小豆小町 桜• 小豆小町 菫• コーヒー(アイス)• 最初からが入っている店舗が多い(ガムシロップ抜きを希望する場合は注文時に伝える)。 アイスオーレ• アイスミルクコーヒー かつての名称は「アイスモーニング」だった。 アイスウインナー• 蜂蜜アイスコーヒー• クリームコーヒー をのせた。 ソフトクリームは、コメダにおいては様々な形で応用される。 クリームオーレ• 金のアイスコーヒー• アイス豆乳オーレ• カフェインレスアイスコーヒー• 小豆小町アイス 葵• 小豆小町アイス 桜• 小豆小町アイス 菫 一部のコーヒーには、レギュラーサイズを約1. 5倍増量した、たっぷりサイズも存在する。 デザート• 温かく甘口のの上にソフトクリームを載せた軽食兼デザートでコメダの名物。 別途が添えられ、好みで加えて食する。 名前の由来はの(「シロ」)とでを意味する「ノワール」を組み合わせたもので、冷えた白いソフトクリームと温めた黒っぽいデニッシュという対極の組み合わせになぞらえて付けられたものである。 ミニサイズも存在する。 ソフトクリーム• 珈琲ジェリー 新商品として発売時の名称は「コメダ珈琲ジェリー」だった。 スナック類 特製と、を指す。 ドミグラスバーガー• フィッシュフライバーガー• エッグバーガー 2019年9月末日まで名称は、「エッグ バンズ」だった。 コロッケバーガー 2019年9月末日まで名称は、「コロッケ バンズ」だった。 サンド• サンド• サンド• ミックスサンド• ミニサンド 用いられるを、通常状態のままにするかトーストした物にするかを選択可能。 トーストした場合は各々のパーツが大き目にカットされるため、一皿におけるサンドイッチの数自体は少なくなる。 あみ焼きチキンホットサンド• カツパン• エビカツパン• カツカリーパン 元々は、期間限定で発売されていた。 トースト• チリドッグ• たっぷりたまごのピザトースト かつての名称は「スクランブルエッグトースト」だった。 コメダ特製ピザ• コメチキ• コメダ• ミニコメバスケット• だいすきプレート ドリンク付• 「名古屋名物」• 「喫茶店の王道」• 「つぶつぶなめらか」めんたいクリーム• ドリンク(温・冷)• ジェリコ「元祖」• 螺旋状の蓋が付いた、ポット状の器を用いる(各種などにも用いられる)。 サマージュース• バナナジュース• シェーク コーヒー、ストロベリー• 長靴の形をしたコップを用いる(他にもなどで用いられる。 靴先に空気が入る時に内容物が噴出するため、飲む際には注意が必要である)。 生レモンスカッシュ• アイス・ド・ティーフロート• お伊勢さんの和紅茶「瑞」 ホット・アイス• 大皿・サラダ• ヒレカツミニプレート• コロッケミニプレート• ヤサイサラダ• ハムサラダ• エッグサラダ• ミニサラダ• サラダバゲット 過去に存在したメニュー• シナモンコーヒー• シナモンウイーン• ハンバーガー• フルーツソルト• アイスクリーム• プリンソフト• 甘味喫茶おかげ庵 『 甘味喫茶 おかげ庵』は、株式会社コメダが運営する和風喫茶店チェーン。 コメダ珈琲店の姉妹ブランドである。 店舗は2019年6月現在、名古屋市に6店舗、に1店舗、に2店舗のの計9店が存在する。 メニュー(おかげ庵) 甘味喫茶を謳っているものの、甘味以外にも各種フード、ドリンク、デザートとメニューは多岐にわたる。 コメダ珈琲店と同じブレンド珈琲を中心とする喫茶店メニューと、甘味処メニュー、及び和洋のいいとこどりをしたオリジナルメニューで構成される。 ドリンクとしては、コーヒーやカフェオーレ、クリーム珈琲(アイスコーヒーの上にソフトクリームの乗った物)、、等のほか、グリーンティー、グリーンティフロート、オーレ、抹茶シェイクなど抹茶系オリジナルドリンクを揃えている。 抹茶やといったも提供している。 をつかったきなこオーレなど、コメダ珈琲店にもないユニークなオリジナルドリンクも存在。 フードで人気なのはレトロで、熱々の鉄板に流し込まれたとき卵にをからめ、これにや・をお好みでかけて食べるものである。 このほかのフードメニューとしては、カレーうどん、、、ちからうどん、ちからそば、、、、焼茶漬け(焼おにぎりの)等をそろえている。 デザートとしては、(冷・熱)(栗・クリーム)や(抹茶・・ミックスクリームあんみつ)、(クリームみつまめ)、といった和のデザートがある。 また、(抹茶・チョコレート・フルーツヨーグルトパフェ、おかげ庵特撰おもてなしパフェ)や各種のトッピングと味の組み合わせが楽しめるソフトクリーム、抹茶というの独自のデザートもある。 おかげ庵特撰おもてなしパフェは、抹茶に手作り抹茶寒天ゼリー、抹茶アイス、わらび餅、等のオリジナル特製素材がふんだんに盛り込まれたパフェだが、ほかにも隠し味の仕掛けや、ときなこを好みで自由にトッピングして食べられるなど、ユニークな要素が多く、新発売以降話題となっている。 さらに、「お茶の子」と呼ばれる、季節ごとの和菓子やユニーク茶菓子、珈琲にも抹茶にも合う菓子など、常時数種類のお菓子を備えている。 また、一年中を通して(せんじ・宇治・黒蜜・小倉)(ミルク・クリーム・ミルククリーム)を提供している。 人気のデザートはコメダ珈琲店でもシロノワール(ミニシロノワール)だが、コメダ珈琲店で使用するソフトクリームとは異なった分が多いものを使用しているほか、コメダ珈琲店では提供されない抹茶ソフトクリーム、抹茶とバニラの両方を楽しめるミックスソフトクリームを提供している。 シロノワールに黒蜜をかけて食べられる点もコメダ珈琲店にない事柄である。 また、ころんぱんシリーズとして、ふわふわの抹茶パンにをつけて食べる抹茶ころんぱんや、黒糖ころんぱん、季節に応じて桜ころんぱんなど、茶菓子にも食事にもなり、珈琲にも抹茶にも合うオリジナルのパンが展開されている。 このほか、焼き台を使い、卓上で自分で好みに焼いて食べることができるや、きなこだんご、あんこだんご、味のバラエティのあるだんご三昧といった焼き物メニューが個性の一つとなっている。 セットメニューとして、甘味ラインアップから2種を選べるダブル甘味セット、各種ドリンクと選べる甘味のドリンクセット、うどん・そば等と甘味のお食事セット、ハーフサイズのかき氷とドリンクのハーフ氷セット、といった各種の多様な選択肢があるセットメニューを提供している。 モーニングサービスとして、ドリンク料金のみを支払えば、ドリンクにトーストと卵がついてくるコメダ珈琲店と同様のサービスのほか、トーストと卵のかわりにころんぱんとあんこの組み合わせ、または煎茶や抹茶とお茶の子各種から1品の組み合わせ、の3パターンの中から選ぶことができる。 石窯パン工房ADEMOK 『 石窯パン工房ADEMOK』(いしがまパンこうぼう アデモック)は、株式会社コメダが運営するベーカリー型の店舗。 2019年10月に1号店としてに南風原店がオープンしている。 店名のADEMOKは「KOMEDA」を逆さに呼んだもの。 販売するパンは生地作りから焼き上げまでを一貫して行うスクラッチ方式によって作られており、焼き上げにはスペイン製の石窯を使用している。 店内にはイートインスペースが用意されており 、パンの他にセルフサービスのコーヒーも販売している。 なお、南風原店は沖縄県内のコメダ珈琲店にパンを供給するパン工場としての役割も担っている。 高級喫茶・吉茶 『 高級喫茶 吉茶』(こうきゅうきっさ きっちゃ)は、株式会社コメダが実験的店舗として直営していた高級指向の喫茶店。 コメダ珈琲店本店(上山店)に隣接して2月にオープン。 2013年2月28日閉店。 小学生以下は入店出来なかった。 当初は靴を玄関で預けていたが、後に靴のまま上がるようになった。 接客係がテーブル席へ案内したが、基本的に客が好きな席を選ぶことができた。 全席、様々なソファ席になっており、好みのソファーで静かに寛ぐことができた。 コーヒー一杯1,200円より各種。 その他• 2013年6月16日の『』にて、コメダ珈琲店の特集が組まれた。 にあった『ナカダ珈琲店』は、に閉店したコメダ珈琲店土岐泉店の建物をそのまま利用して開店した。 看板の配色も「青地に黄色の文字」で、コメダの「黒地にオレンジの文字」に似た色合いになっており、カタカナ3文字の屋号と相俟って、一見するとコメダ珈琲店と非常に酷似した外観となっていた。 しかし、メニューにはご飯もの・パスタ・焼そば等の軽食や定食類といった、コメダでは扱われていない料理もあった。 2018年1月30日を以って閉店し、現在は『KURO珈琲 土岐店』として同年8月3日より営業している。 この店舗以外にも、かつてはコメダ珈琲店だった建物をそのまま別の喫茶店として営業する例はある。 脚注 []• 、株式会社コメダホールディングス、2016年5月• 朝刊12版: p. 2014年4月1日• [ ]、中日新聞、2016年5月26日• 、現代ビジネス、2016年6月7日• 、ファッションプレス、2018年3月19日• 名古屋市瑞穂区上山町3丁目13-2にある店舗は、個人に売却されて上山店に改名されたが、公式上では本店として検索・表示される。 、アドバンテッジ パートナーズ• [ ]、ポッカコーポレーション、• 社団法人日本フランチャイズチェーン協会(法定開示事項 株式会社コメダ、2010年5月)による• 、株式会社コメダ、2013年1月15日• 、アドバンテッジパートナーズ有限責任事業組合、2013年1月15日• 、、2013年1月15日• 『フランチャイズ契約の要点と概説』、9頁• 、日本経済新聞、2013年5月30日• 2018年現在、最古の店舗は1972年(昭和47年)2号店として開店した高岳店である。 、JCBプレスリリース、2015年9月1日• 名古屋証券取引所. 2019年2月8日閲覧。 2019年6月7日• 、サービス産業生産性協議会、2012年7月25日• 、『』、• 高井尚之『なぜ、コメダ珈琲店はいつも行列なのか?』()、臼井興胤コメダ社長インタビュー『APPLE TOWN』2017年7月号、p. 、コメダ珈琲店• ()、2011年12月5日• 、コメダ珈琲店• 一部の店舗を除く。 、コメダ珈琲店• 一部、として売る店舗がある。 開店閉店. com 2019年10月28日. 2020年1月28日閲覧。 2019年10月30日. 2020年1月28日閲覧。 Press 2019年10月8日. 2020年1月28日閲覧。 - TBSテレビ 参考資料• (、株式会社コメダ、• 、株式会社名古屋証券取引所 自主規制グループ、2016年12月12日 関連項目• 外部リンク ウィキメディア・コモンズには、 に関連するカテゴリがあります。 KomedaOfficial -• フランチャイジー• (グループ)• (太田商事グループ)• (グループ)• (絆グループ)•

次の