幸楽苑 テイクアウト メニュー。 cclab.collaborativeconsumption.com:幸楽苑、全429店舗でテイクアウトが可能に お得なセットメニューも販売

幸楽苑にテイクアウト弁当「幸弁(こうべん)」登場 ― ギョーザ&チャーハンみっしりワンコイン! [えん食べ]

幸楽苑 テイクアウト メニュー

幸楽苑は、5月21日から全店で全商品のテイクアウトを可能にした。 また、福島県郡山市で、配達料金をワンコイン 500円 でタクシーが商品を届けるサービスも開始する。 幸楽苑の国内全429店舗が対象。 新型コロナウイルスの影響で外出が困難な状況を受けて開始するもので、テイクアウトは創業以来初の試みとしている。 麺類は商品価格に60円の容器代がかかる。 麺類以外でも別途容器代がかかる場合がある。 また、ランチメニューなど一部商品は対象外。 同社の本社がある福島県郡山市で、西条タクシーグループ、フタセ交通と業務提携し、幸楽苑のテイクアウト商品をタクシーで配達するサービスも開始する。 配送料は500円。 1回の注文金額は2,000円以上。 受付時間は11時から20時までで、配達時間は注文後45分から1時間半としている。

次の

お持ち帰り(テイクアウト)

幸楽苑 テイクアウト メニュー

幸楽苑の「お持ち帰りメニュー」の種類は? お持ち帰りメニューは• 幸弁(持ち帰り限定) となっています。 また2020年5月21日(木)より• セットメニュー• 店内メニュー も持ち帰り可能となりました。 基本的には「ランチメニュー以外全商品」持ち帰り可能となります。 実施期間• 時間指定も可能なので「電話注文」がオススメですね。 電話番号は「」より検索出来ます。 kourakuen. jp 値段• 税込240円 おみやげ焼きベジタブル餃子 値段• kourakuen. jp 値段• 税込630円 冷凍ベジタブル餃子 値段• kourakuen. jp 餃子は餃子『極』・ベジタブル餃子・ハーフ&ハーフより選択可能です。 餃子・チャーハン弁当:税込550円• 餃子弁当:税込500円• W餃子弁当:税込650円• W餃子・チャーハン弁当:税込700円• カレー弁当:税込600円 幸楽苑の「セット テイクアウト 」 ファミリーセット3人前 価格• 税込2,700円 セット内容• 税込3,600円 セット内容• 税込880円 セット内容• シングル半らー定食• とろけるプリン お一人様セット チャーハンデザートセット 価格• 税込960円 セット内容• 中華そば• 絶品半チャーハン• kourakuen. 中華そばプレミアム:税込740円• ねぎらーめん:税込540円• 煮卵らーめん:税込540円• 減塩中華そば:税込440円• kourakuen. 味噌らーめんプレミアム:税込740円• 辛し味噌野菜たんめん:税込740円• 味噌野菜たんめんこってり:税込740円• 味噌野菜たんめんプレミアム:税込840円• 味噌野菜たんめんプレミアムこってり:税込940円• 辛し味噌野菜らーめん:税込640円• 味噌野菜らーめんプレミアム:税込740円• 味噌ねぎらーめん:税込540円• 味噌野菜らーめん:税込540円• 味噌野菜たんめん:税込540円• 煮卵ラーメン:税込540円• kourakuen. 塩らーめんプレミアム:税込740円• 塩野菜たんめんこってり:税込740円• 塩野菜たんめんプレミアム:税込840円• 塩野菜たんめんプレミアムこってり:税込940円• 塩野菜らーめんプレミアム:税込740円• 塩ねぎらーめん:税込540円• 塩野菜らーめん:税込540円• 塩煮卵らーめん:税込540円• 塩野菜たんめん:税込440円• kourakuen. kourakuen. つけめんプレミアム:税込740円• 濃厚魚介つけめんプレミアム:税込740円• つけめん:税込540円• kourakuen. チャーシュー丼プレミアム:税込440円• 全部のせおつまみ:税込440円• 単品チャーシュープレミアム:税込440円• ライス:税込170円• チャーシュー丼:税込320円• ちょっとおつまみ:税込330円• 玉丼:税込320円• 絶品半チャーハン:税込340円 カテゴリー• 203• 126• 146•

次の

お持ち帰り(テイクアウト)

幸楽苑 テイクアウト メニュー

ラーメンチェーンの「幸楽苑」が新たに麺類のテイクアウトも開始したので注文してみた。 同店はこれまで、チャーハンと餃子のセット商品などのお弁当メニューをテイクアウトととして提供していたが、21日からは全メニューがテイクアウト対象に。 ということはメインメニューのラーメンも持ち帰ることができるようになったわけだ。 外出自粛の影響で、なかなかラーメンを食べることができずにやきもきしていた人も多いだろう。 ざまざまなラーメン店のメニューをチェックしてみても、せいぜい汁なし担々麺くらいしかなく、汁物のラーメンはめったに見つけることができなかった。 今回筆者が注文したものは、「中華そばプレミアム」(740円)「味噌野菜たんめんプレミアム」(840円)「餃子・チャーハン弁当」(500円)。 麺類は容器代60円がプラスでかかる。 不安だったのが、家に着くまでの間に麺がのびきってしまうのではないかということだったが、写真を見てわかる通り、汁と麺が容器で分類されており、なるべくのびないように配慮されいた。 出来たてというわけにはいかないが、チャーシュー、メンマとともに美味しく食べることができた。 《RBB TODAY》.

次の