ワイヤー ハーネス シェア。 ワイヤーハーネス特集

ワイヤーハーネス業界の世界シェアと市場規模 : 一目でわかる業界別市場シェア

ワイヤー ハーネス シェア

住友電気工業は2018年3月期にワイヤハーネス(組み電線)を中心とする自動車事業の売上高で過去最高の1兆5800億円を計画する。 車の電動化や電装化の波に乗り、事業領域は情報・電源機器にも広がる。 今後の目標を「メガサプライヤー」とする西田光男副社長に話を聞いた。 「自動車用ワイヤハーネスで世界首位を目指してきたが、今後は製品が電子制御ユニット(ECU)などにも広がる。 競争相手はデンソー、独ボッシュ、独コンチネンタルなどメガサプライヤーだ。 「サプライヤーで10位以内、売り上げ規模で2兆円がターゲットになる。 「18年3月期は過去最高の売上高になる見通しだ。 車の軽量化に役立つアルミニウム製ハーネスは25年をめどに、ハーネス全体に占める割合を現在の約13%から約60%に高める。 動力系ハーネスはすべて銅製から置き換える。 「高圧系の需要が間違いなく増える。 例えば、車後部の高圧バッテリーと前部のモーターをつなぐ床下パイプハーネスは、すべての電動車両に使える。 低ノイズ、耐外傷性、高放熱など独自技術がある。 車300万台分以上を販売済みで、さらに増える。 「今は車が大きく変化し、手を抜けない。 車載機器関連の研究所を中心に年100億円以上投じている。

次の

かつての「電線御三家」、なぜ今絶好調なのか

ワイヤー ハーネス シェア

出典: 日本の電線ケーブルの市場規模は、各種公表統計によれば、概ね1兆~2兆円程度で推移しています。 また、Grand View Researchによれば、電線・ケーブルの市場規模は、2017年で1,861億ドルと推計されています。 ネクサンスの2018年のアニュアルレポートによれば、ケーブルの市場規模は2200億ユーロと推計されています。 本ページでは、市場シェアの計算にあたり1,861億ドルと採用し、また各社の売上高については、 電線・ケーブル製造会社の世界売上高ランキングに記載されている2017年~2018年の売上高を採用しています。 電線・ケーブル業界の世界市場シェア電線・ケーブルの2018年の世界市場シェアは以下の通りとなります。 1位 プリズミアン 6. 電線・ケーブル業界の再編の歴史にはシーメンス、プリズミアン、ネクサンス、住友電気工業、古川電気工業、フジクラ等の合併や買収といった電線・ケーブル業界の再編の歴史の情報がまとまっています。 電線の種類電線には、大きく分けて電力用電線、通信用電線、電子機器用の電線の3種類があります。 出典:光ファイバーや電話線も広い意味では電線です。 電力用も高圧と低圧による電線の構造が異なります。 電機を生み出すコイルとして利用される等もあります。 国際電気標準会議が定める、米国の等、電線は電気事故を防ぐために各種規格による規制が存在します。 アルミ電線電線と言えば銅でしたが、最近ではコスト面や性能面からアルミ化の動きもあるようです。 出典: 電線・ケーブル業界の参考書電線・ケーブル業界のページを作成するにあたり、以下の書籍を参考にさせて頂きました。 主要電線・ケーブルメーカーの動向 Prysmian(プリズミアン) イタリアのミラノ証券取引所に上場する世界大手の電線メーカー。 イタリアのタイヤメーカーのピレリとドイツのの電線事業が発祥。 にも強み。 英国の電線大手BICCやオランダの同業でフィリップス発祥のDraka(ドラカ)社を買収し、英独伊蘭に地盤を持つ電線メーカー連合体として、更なる事業拡大を狙う。 2017年には北米大手のジェネラル・ケーブルを買収。 Nexans(ネクサンス) フランスに本拠を置く世界大手の電線メーカー。 2000年にフランスの大手テクノロジーメーカーの名門Alcatel-Lucent(アルカテル・ルーセント)より独立。 現在はユーロネクスト証券取引所に上場。 南米や北米の電線メーカーを買収し世界展開を狙う。 住友電気工業 日本の大手非鉄金属メーカー。 電線のみならずや光ファイバーの分野でも世界大手。 2001年日立電線(日立金属)と電力用ケーブルのジェイ・パワーシステムズを設立。 2014年に住友電気工業が完全子会社化。 General Cable(ジェネラル・ケーブル) 米国に本拠を置く電線メーカー。 、通信、建設業界向けの電線・ケーブルに強み。 2017年に伊プリズミアンが買収を発表。 買収額は、総額で約30億ドル(約3400億円) 古河電気工業 古河財閥の中核。 住友電気、フジクラとともに電線御三家。 ハードディスク用アルミ基板やリチウム電池用電材等の分野にも強み。 2001年フジクラと電力用ケーブルの合弁会社のビスキャスを設立。 元々は韓国のLGグループ。 2005年にLSケーブル&システムとしてLGグループより分離独立を果たす。 2008年に米電線大手のSuperior Essexを買収。 レオニ(LEONI) ドイツに本拠を置く自動車用電線メーカー。 シーメンスのケーブル事業や米自動車部品大手のTRWグループワイヤリングシステム事業を買収し事業を拡大。 フジクラ 日本の大手電線メーカー。 フレキシブルプリント基板や光ファイバーにも強み。 2005年に三菱電線工業、西日本電線とともにフジクラ・ダイヤケーブルを設立。 CommScope 米国に本拠を置く大手通信ケーブルメーカー。 同軸ケーブルやLAN等の分野でも有力。 Southwire(サウスワイヤー) 米国に本拠を置く大手ケーブルメーカー。 電力や建設業界向けのケーブルに強み。 Elsewedy Electric(エルスウェディ・エレクトリック) エジプトに本拠を置く大手電線・ケーブルメーカー。 1938年にエルスウェディ氏によって設立。 Taihan Electric Wire(テハン・エレクトリック・ワイヤ) 韓国に本拠を置く大手電線・ケーブルメーカー。 米国に本拠を置く大手電線メーカー。 電線ケーブルの業界団体•

次の

電線業界の動向とランキング、シェア(2019

ワイヤー ハーネス シェア

> > > ワイヤーハーネス ワイヤーハーネス(自動車用組電線)は、自動車の神経・血管に例えられる電線の束です。 近年の自動車は、走る、曲がる、止まるといった基本性能だけでなく、安全性や利便性を確保するための各種機能を実現するために、数多くの電気・電子機器が使用されています。 ワイヤーハーネスはこれら電気・電子機器を確実に「つなぐ」役割を担い、電力を供給し、信号と情報を伝送します。 モーターを動力として使用する電動化車両(HEV、PHEV、EV)は、バッテリーからモーターなどに高い電圧を安全・確実に供給する高電圧ワイヤーハーネスが必要です。 矢崎の高電圧ワイヤーハーネスは、数多くの電動化車両(HEV、PHEV、EV)に採用され、高いシェアを獲得しています。 また、原料の製造から、設計、生産、工法、最終製品の製造まで、全ての工程を自社で行うことも矢崎グループの特長のひとつです。 矢崎グループは、ワイヤーハーネスの生産を1939年に開始し、現在では国内すべての自動車メーカーに採用され、現在走っているクルマの多くの車種に矢崎グループのワイヤーハーネスが使用されています。 日本をはじめとした各国の主要自動車メーカーから高い評価を受け、現在では世界トップクラスのシェアを誇っています。 この技術は、クルマの高機能化に伴う高度な電装システムを実現するために、クルマの中の電力、信号を最適に分配しつなぐEEDSと、車内外のさまざまな情報を最適な方法でドライバーに伝えるHMIとで構成されています。 このEEDSとHMIを融合させたEEDDSは、クルマの中だけではなく、クルマと人、クルマとくらしもつないでいます。 原料の製造から、設計、生産、工法、最終製品の製造まで、すべての工程を自社で行うことで、ワイヤーハーネスの特性に応じた製品開発を実現しています。 新素材の開発により、新しい価値や新製品を生み出し、安全・快適なクルマ社会に貢献します。 バーティカルインテグレーション Vertical Integration … 垂直統合 矢崎グループでは、高電圧系の電源分配システムの生産に十年以上の実績をもち、これらの経験を活かした部品やシステムの開発および外部電源からの充電用部品の開発を通して、電動化車両(HEV、PHEV、EV)の発展と普及に貢献していきます。 電動化車両(HEV、PHEV、EV)には、通常の12ボルトのバッテリーとは別に、高出力モーターの駆動用として200ボルトを超える高電圧バッテリーが搭載されます。 さらに車種によっては、駆動系の機器などに対し、さらに電圧を数倍に昇圧し供給します。

次の