練馬 区 粗大 ゴミ 料金。 練馬区で粗大ゴミを処分する「全ての方法」

練馬区の粗大ごみや不用品回収・出張処分の「練馬片付け110番」

練馬 区 粗大 ゴミ 料金

商店や事務所、会社などの事業所からの事業活動に伴って排出されるごみは、大きさや量などに関わらず、「事業系廃棄物」といいます。 事業系廃棄物は産業廃棄物と一般廃棄物に区分され、それぞれ出し方や処理ルートが異なります。 まず、自分の事業所から出るごみが産業廃棄物か一般廃棄物かを確認し、処理方法に合わせて適切に分別しましょう。 古紙・びん・缶などは資源化業者に委託するなどして、できるだけリサイクルルートに乗せるようにしましょう。 また、事業系廃棄物は、排出する事業者自らの責任で適正に処理することが法律で定められており(廃棄物の処理及び清掃に関する法律第3条第1項)、自ら処理施設に運搬するか、または廃棄物処理業者に委託しなければなりません。 ただし、区では、小規模事業者で排出量が少量(1回の排出量が30キログラム未満)の場合に限り、有料で収集を行っています。 契約は、排出事業者と処理業者が直接結ぶのが原則です。 契約の際には必ず練馬区長が交付した許可証の写しを確認してください。 一般廃棄物の処理料金は1キログラム当たり40円(税込)が上限と法令で定められています。 排出量は処理料金支払いの基礎にもなりますので、排出事業者自らがきちんと把握することが大切です。 一般廃棄物を一日平均100キログラム以上(月平均3トン以上)排出する事業者、および臨時に排出する事業者には、一般廃棄物管理票(マニフェスト)の作成が義務付けられています。 一日平均100キログラム以上(月平均3トン以上)排出する事業者で、清掃工場等に事業系一般廃棄物を搬入する場合は、事前申請が必要です。 マニフェスト適用対象事業者届を管轄の清掃事務所に提出してください。 産業廃棄物または事業系一般廃棄物は原則として区では収集しません。 廃棄物処理業者へ委託できない、1回の排出量が30キログラム未満の事業所については、例外的に有料で区のごみに出すことができます。 なお、事業系一般廃棄物と併せて、収集する産業廃棄物は、紙くず・木くず・ガラスくずおよび陶磁器くず・金属くず・廃プラスチックに限ります。 産業廃棄物の処理を委託している場合も同様となります。 家庭ごみと同じ分別をしたうえで、容量に見合った有料ごみ処理券をはって、ごみおよび古紙はごみ集積所に、びん・缶・ペットボトルは家庭系びん・缶・ペットボトルの回収かご(袋)の脇へお出しください。

次の

粗大ごみ処理手数料表(品目別) 横浜市

練馬 区 粗大 ゴミ 料金

練馬片付け110番では、粗大ゴミ1~3点などの少ない不用品を処分したい方にオススメのプラン 「個別回収プラン」と、各サイズのトラック 軽トラック、2トントラック で伺い、規定量満載になるまで積み込むことが可能な 「トラック積み放題プラン」をご用意しております。 ご相談者さまのおかれている状況、ご予算、ご都合に合わせたプランをご用意しております。 粗大ゴミの処分を検討する際はお気軽にご相談ください。 個別回収プラン という形でご案内させていただいております。 リサイクル家電の処分に困っている…• 男手がなく、大型の粗大ゴミを運び出せない!• 特殊なものなので何処に出して良いのかわからない! といった方にオススメしております。 特に、 粗大ゴミの処分量が1~3点程度の方に最適な回収プランです。 1 基本料金 粗大ゴミ回収処分には、少量回収プランの場合に限り 一律3,000円の基本料金 軽トラック いただいております 練馬区内。 3 オプション料金 「トラックの駐車位置が遠方」、「2階以上高所からの搬出」、「作業員2名以上」、これらの場合は「別途オプション料金」をいただいております。 オプション料金は1,000円~となっております。 状況によって料金が変動しますので、詳しい料金については電話オペレーターにご相談ください。 トラック積み放題プラン• 身体が不自由のため、片付けができない…• リフォームのため、大規模なゴミ処分が必要になった!• 家族が高齢のため自分達では遺品の整理ができない! といった方にオススメしております。 トラック積み放題プランは、 粗大ゴミをまとめて不用品を処分したい方に最適な回収プランとなっております。 お客様の抱える不要品の量、状況によって2段階のプラン設定をご用意しております。 お好きなプランで、いっぱいになるまで粗大ゴミを詰め込んでください。 軽トラック積み放題プラン 「軽トラックに積み放題プラン」は、「通常の軽トラック」でお伺いいたします。 2トントラック積み放題プラン 「2トントラックに積み放題プラン」は、「通常の2トントラック」でお伺いいたします。 上限金額は最終処分料金によって異なりますので、詳しくは電話オペレーターまでご相談ください。 お気軽にご相談ください! どのプランが安く処分できるかな?都合に合わせた処分を検討している…など、ご不明な点がありましたらお気軽にご相談ください。 ご相談からお見積りも無料となっております。 回収作業は、 事前に明確なお見積りをさせていただきます。 提示金額にお客様が納得して頂いた上で作業に入らせていただいておりますのでご安心ください。 不用品1点から、お部屋まるごと、ゴミ屋敷の片付け、遺品整理まで迅速に対応しております。

次の

粗大ごみ(有料・申込制):練馬区公式ホームページ

練馬 区 粗大 ゴミ 料金

商店や事務所、会社などの事業所からの事業活動に伴って排出されるごみは、大きさや量などに関わらず、「事業系廃棄物」といいます。 事業系廃棄物は産業廃棄物と一般廃棄物に区分され、それぞれ出し方や処理ルートが異なります。 まず、自分の事業所から出るごみが産業廃棄物か一般廃棄物かを確認し、処理方法に合わせて適切に分別しましょう。 古紙・びん・缶などは資源化業者に委託するなどして、できるだけリサイクルルートに乗せるようにしましょう。 また、事業系廃棄物は、排出する事業者自らの責任で適正に処理することが法律で定められており(廃棄物の処理及び清掃に関する法律第3条第1項)、自ら処理施設に運搬するか、または廃棄物処理業者に委託しなければなりません。 ただし、区では、小規模事業者で排出量が少量(1回の排出量が30キログラム未満)の場合に限り、有料で収集を行っています。 契約は、排出事業者と処理業者が直接結ぶのが原則です。 契約の際には必ず練馬区長が交付した許可証の写しを確認してください。 一般廃棄物の処理料金は1キログラム当たり40円(税込)が上限と法令で定められています。 排出量は処理料金支払いの基礎にもなりますので、排出事業者自らがきちんと把握することが大切です。 一般廃棄物を一日平均100キログラム以上(月平均3トン以上)排出する事業者、および臨時に排出する事業者には、一般廃棄物管理票(マニフェスト)の作成が義務付けられています。 一日平均100キログラム以上(月平均3トン以上)排出する事業者で、清掃工場等に事業系一般廃棄物を搬入する場合は、事前申請が必要です。 マニフェスト適用対象事業者届を管轄の清掃事務所に提出してください。 産業廃棄物または事業系一般廃棄物は原則として区では収集しません。 廃棄物処理業者へ委託できない、1回の排出量が30キログラム未満の事業所については、例外的に有料で区のごみに出すことができます。 なお、事業系一般廃棄物と併せて、収集する産業廃棄物は、紙くず・木くず・ガラスくずおよび陶磁器くず・金属くず・廃プラスチックに限ります。 産業廃棄物の処理を委託している場合も同様となります。 家庭ごみと同じ分別をしたうえで、容量に見合った有料ごみ処理券をはって、ごみおよび古紙はごみ集積所に、びん・缶・ペットボトルは家庭系びん・缶・ペットボトルの回収かご(袋)の脇へお出しください。

次の