クレアの秘宝伝3 終了画面。 クレアの秘宝伝3 設定判別ツール・終了画面・カード・設定差まとめ

クレアの秘宝伝2 REG中のカードやRT終了画面等には高設定パターンアリ!!

クレアの秘宝伝3 終了画面

打ち方 左リール上段付近に白BAR狙い• スイカが成立する可能性は高くありませんが、 スイカを示唆している演出が出ている場合は スイカを優先してフォローした方が良いでしょう。 掲示板での評価 自分もクレア初代・2好きだったので 機械割見た時はかなり残念でした 昨日夜打ちに行って4台中2台は上グラフで、 一台はずっと右上がりで差枚3000枚超えてました 最近のAタイプの中ではそこまでコイン持ち悪くはない(1k30ちょいは確実に回りそう。 あれ?コイン持ちいいのか?)なので、だらだら打てる可能性はあるような気がします ただ、ボーナス当選後のリプ確率が今までで一番上がってるっぽいのですぐに判別可能です 高確率入っても2Gリプ来ないだけでほぼないですね まぁ、クレア打つ人は出目で判断する人が多いので、そこまで気にはならないかもですが 中リール上段無効になったので2のときのような4コマずる滑りでの1確目出せないかと不安でしたが 中リール青ピラを下段にビタで中段に赤7 中リール白バーを中段にビタで中段にクレアでおそらく1確目です ただし、白バー狙う時はスイカ取りこぼすので気をつけてください 今日新台として入ったので朝一から打ちまして、約7000ゲームのB38R28でプラス5000枚でした。 前作までだと高確率に入れば結構当たりましたが、今回はボタンプッシュで通常キャラから高確率だと殆ど期待薄で、超高確率、クレア、キャラ群なんかこないと、例え連続演出で期待アップが出ても殆ど当たりませんでした。 高設定だからか、通常チェリーからの当たりが多かったです。 あとはRT終了画面は高設定アップ 1 が5回、 2 が3回だけ他は通常でした。 レギュラーは銀が15回、金が1回出ましたけど、確定演出は全然出ませんでした。 私以外の台は死んでましたが、高確の空気感がつらそうでした。 多分もう設定入らないと思うので、うち納めになるかと思います。 1の物足りなかったところ(RTがない) 2の不満なところ (リーチ目が美しくない、チャン目引いても種無がすぐ分かる) が 3では1、2の良いとこどりをしていて しっかりユーザー目線で作ってある印象でした。 スイカ重複が前作と比べて確率上がってる? とりあえずスイカが頻発してきて重複もするので 空気ではなかった印象です。 この機械割では差枚3000枚でたら大勝利レベルですね。 BIG中のPVにいろんな映像作品へのオマージュが ところどころに垣間見れました。 センスが良いと思います。 時代が悪いとはいえ、かなり凝って作ってる台だと思います。 時代が悪いが故に、ヒットしにくいとは思いますが 撤去までは遊技機として打っていきたい台だと思いました。 本日新台導入の店で朝から打ちに行って、 途中で5以上確定したので7000Gまで回してきました。 以下の結果でかなりきつかったです。 チェリー重複14回(BIG3REG11)、スイカ重複1回、単独2回(BIG1REG1) 投資25k 回収15k 収支ー15k とにかく300枚BIGが引けなさすぎてきつかったです。 最大ハマリは689Gで、このREGで赤カードが出たので、打ち切ることにしました。 5で104%なので、マイナス収支も普通にありえますね。 出玉を重視する方であれば、打つのはおすすめできないです。 演出に関してですが、高確率が1のシステムに戻りましたね。 重複特リプとNGゾーン以外(おそらくリプ後3,4ゲーム内)の非重複特リプで10GのRT(高確率)に突入します。 2の見た目の高確率はあまり好きではなかったので、個人的にはよかったです。 演出カスタムはかなり凝っていて、クレアの演出好きの人であれば楽しく打てると思います。 スイカ発展がけっこう外れるのは残念です。 とにかくいろんなクレアがかわいいので、打っていて飽きないですね。 以下は熱い(確定)演出で好きな演出です。 ・カスタムの台枠ランプ先チカ(番長の番長ランプ、吉宗の八大将軍ランプ、政宗の伊達漢ランプ、忍魂の月光の刻ランプなどがレバを叩いた瞬間に一瞬だけ点灯します) ・シェイク高確率中の無音 ・政宗高確率中の完全ナビ 個人的には演出はとても好みなので、5スロに入ったらまた打ち込もうと思います、20スロではちょっと無理です。 長文失礼しました。 打ってみたが、発想は大変面白い。 ボタンポチでカスタム変えられるのは有難い RTの方も打ち込めば新しいものが見つかりそう。 演出面はほんと頑張ってる。 ただこのスペックでは1日打てば6でも負けられそう。 ゴージャグ並に荒れる。 プチRTという概念がないので これが精一杯の作りになったのだと思います。 逆にクレア3は初代と同じく プチRTが搭載されるようになり、 プチRT中とボーナス当選状態では 滑りリプレイが出現する仕様になりました。 RT中の滑りリプはキヨハルさんの仰る通り ボーナス当選状態でなければ出現しなさそうですね!.

次の

クレアの秘宝伝 女神の夢と魔法の遺跡 設定判別・天井

クレアの秘宝伝3 終了画面

9 98. 1 99. 2 104. 0 108. 公式サイト・PV動画 公式サイト: 天井恩恵 新台のクレアの秘宝伝3には天井が搭載されてません。 天井狙い目 今までのクレアの秘宝伝シリーズと同じく天井が搭載されていない以上、 天井狙いは不可能です。 ゾーン振り分け スロット「クレアの秘宝伝3 女神の夢と魔法の遺跡」は、天井を含めて規定ゲーム数到達時(ゾーン)に何かしらの抽選が行われるといった仕様はありません。 ゾーン狙い目 ボーナス当選に関わるゾーンは存在しないため、 ゾーン狙いはできません。 やめどき 通常時かつボーナスが成立していなければいつやめてもOKです。 通常時の打ち方 1. 左リール上段付近に BAR狙い。 角チェリー停止時は、中&右リールに ピラミッド絵柄を狙う。 上段スイカ停止時も、中&右リールには ピラミッド絵柄を目安にしてスイカをフォロー。 上段ピラミッド絵柄停止時も、中&右リールは ピラミッド絵柄を狙えばOK。 下段BAR停止時は、中&右リールは適当打ちで消化する。 チェリーフラグは中&右リールの中段にピラミッド絵柄が止まるかどうかで判別でき、どちらかにピラミッド絵柄が止まればチャンスチェリーとなります。 スイカに関しては右下がりに揃うスイカがスイカA、中段に揃うスイカがスイカBとなっており、スイカハズレはチャンス目。 ピラミッドハズレもチャンス目となり、ピラミッド揃いは強チャンス目となります。 ボーナス察知(最速入賞)手順 1. ボーナス成立を察知したら、右リール中段付近に BAR狙い。 中段BARorクレア絵柄停止時は、左&中リールは適当打ちで消化。 枠下BAR停止時も、左&中リールは適当打ち。 下段BAR停止時は左リール上段付近に 赤7を狙い、停止形に応じて中リールを打ち分ける。 左リール上段or下段にBAR停止時は、中リールにも 赤7を狙う。 中段赤7停止時は中リールに スイカを狙い、次ゲームで REGを揃える(狙う)。 右リール上段にクレア絵柄停止時は、左リール上段付近に 赤7狙い。 スイカテンパイ時は、中リールにも スイカを狙う。 角チェリー停止時は中リールは適当打ちで消化し、次ゲームで クレア揃いBIGor 赤異色BIGを狙う。 下段赤7停止時は、中リールにも 赤7を狙う。 ボーナス中の打ち方 【BIG中】 1. 1手順を 2回成功させたら、順押し適当打ちで消化する。 【REG中】 1. 1手順を 1回成功させたら、順押し適当打ちで消化する。 技術介入回数に注意 クレアの秘宝伝3のボーナス中には簡単な技術介入要素が盛り込まれており、技術介入に成功することで10枚役を獲得できます。 REG中に関しては技術介入を1回成功させれば枚数調整が完了し、最大枚数を獲得することができますが、 BIG中は技術介入を2回成功させなければ最大枚数を獲得できない点に注意してくださいね。 強チャンス目は設定差が大きいですが、分母が大きくサンプルを集めづらいのがネックになりますね。 また、RT中のハズレ確率にも設定差が付けられており、設定が上がるにつれて段階的に出現率がアップします。 9 設定判別要素 クレアの秘宝伝3のボーナス確率は、設定1と設定6の差は約1. 2倍と大きくはないので、ボーナス確率だけを参考に設定を絞り込むのは難しいです。 6 クレア頭ボーナスは偶数設定で、赤7頭ボーナスは設定5で出現しやすいといった特徴あり。 設定1のみ出現率が均等となっている点には注意しなければいけませんが、ある程度サンプルを集められれば補助的な奇数or偶数設定判別要素として活用できますね。 各ボーナス確率解析は「」を参照。 7 チェリー、スイカA、強チャンス目とボーナスの同時成立確率に設定差あり。 なお、スイカAは右下がりに揃うスイカです。 設定差のある小役確率 設定狙いの際にはベルとチェリー確率を要チェック! ベル確率はサンプルを集めやすく設定1と設定6では 約1. 1倍の差が付けられており、チェリー確率は設定1と設定6で 約1. 2倍の差が付けられています。 小役確率の詳細解析は「」を参照。 設定示唆演出 ・クレアの秘宝伝3では、REG消化中のキャラカードやRT終了画面で設定を示唆。 REG消化中 REG中のキャラクターカードの色で設定を示唆しており、赤カードは出現時点で 設定5以上確定。 キャラカードの詳細解析は「」を参照。 RT終了画面 RT終了画面には複数のパターンが存在し、中には出現時点で特定設定以上が確定となる終了画面もあり。 終了画面の詳細解析は「」を参照。 通常時 スロット「クレアの秘宝伝3」の基本的なゲーム性は前作と同じ。 チャンス目成立を契機に移行する プチRT【高確率】は健在で、高確の種類によってボーナス期待度が異なる点も引き継がれています。 高確率 ・チャンス目を契機に突入する、クレアの秘宝伝シリーズではお馴染みのプチRT状態。 ボーナス スロット「クレアの秘宝伝3」のボーナスは、大きく分ければBIGボーナスとREGボーナスの2つ。 ただ、BIGボーナスは揃った絵柄によって獲得枚数が異なり、クレア揃いと赤7揃いの獲得枚数は最大302枚、「クレア・クレア・赤7」揃いと「赤7・赤7・クレア」揃いの獲得枚数は最大203枚となっています。 また、全てのボーナス中に技術介入要素が盛り込まれており、技術介入に成功することで最大枚数を獲得することができます。 REG終了後にはRTに突入しないのも、前作と同じですね。 BIGボーナス ・揃った絵柄によって獲得枚数が異なり、クレア揃いor赤7揃いなら最大302枚獲得可能、「クレア・クレア・赤7」揃いと「赤7・赤7・クレア」揃いは最大203枚獲得可能。 ・消化中には技術介入要素あり。 ・消化後はRTに突入する。 ・BIG突入時にはストーリーBB、ミュージックBBのいずれかを選択可能。 REGボーナス ・最大105枚獲得可能のボーナス。 ・消化中には技術介入要素あり。 REG中のキャラカード カードの色 示唆内容 銅 基本パターン 銀 高設定示唆(弱) 金 高設定示唆(強) 赤 設定5以上確定 オール銀以上 設定5以上濃厚 クレアの秘宝伝3のREG中は、前作までのようにキャラカードの色によって設定を示唆します。 赤カードに関しては、1度でも出現すればその時点で 設定5以上確定です! また、カードの出現はシナリオで管理されており、 1回のREGですべて銀以上のカードが出現した場合は設定5以上濃厚となります。 ハイモードは設定5以上でのみ選択されますが、どちらのモードでも全て銀カードが出現する可能性があるため、設定5以上が確定するのは赤カード出現時のみ。 しいて言えば、通常モードの5G目に出現することのある神秘の秘湯の選択率は、低設定と高設定で2倍の差が付けられているため、確認できるほど高設定期待度が上がりますね。 また、5G目に教授が出現すれば設定6期待度が大幅アップします。 通常モード 通常モード・1G目 設定 子供 クレア (通常) 大人 クレア (通常) オールド レオン (通常) 1 19.

次の

クレアの秘宝伝 女神の夢と魔法の遺跡 RT終了画面の設定示唆【スロット・パチスロ】

クレアの秘宝伝3 終了画面

現地点では設定6のデータしかなくはっきりとは言えないが、新搭載された赤ピラビッグは(出玉的に特別な恩恵がないことを考えると)確率に大きな設定差が設けられていると予想される。 また、小役や特定ボーナスなど、前作で設定差があった部分は引き継がれている可能性が高いので、新装の際はこれら設定6の実戦値と比較しつつ設定推測を行うのがいいだろう。 REG中のキャラ紹介・・・通常キャラ&金キラは高設定ほど出やすいと思われる。 金キラカードが出現したらしばらく様子をみたい! RT中の演出・・・番長RT中に2回ビッグを引いて1回確定演出が発生! 吉宗の特殊画面や鏡の青頂RUSHは偶数or高設定示唆か? 設定1・5・6の実戦値を徹底比較 2種類のボーナスとビッグ後に突入する30GのRTが程よいスパイスとなっている、大都技研の『クレアの秘宝伝~眠りの塔と目覚めの石~』。 本機はノーマルタイプながら多彩な設定推測要素があるため、設定が読みやすいのも魅力のひとつ。 まず注目したいのがスイカおよびチェリー重複出現率。 どちらも高設定ほど重複率がアップしていくため、実戦中は常にチェックしておきましょう。 なかでもスイカ重複のREGが確認できれば激アツ。 スイカ重複REGは設定5以上でしか成立しないため、確認できれば全ツッパでOKとなるわけですよ。 また、REG中にもポイントがあり、高設定ほどレア以上のカードが出現しやすくなるという特徴アリ。 早い段階で金レアが確認できれば追ってみる価値ありとなるわけです。 出現頻度は低いけど、赤レアが出現すれば設定4以上となるため覚えておいてくださいな。 銀レア:設定1でもけっこう出現する 金レア:複数回出現は高設定に期待! 赤レア:設定4以上確定! その他に押さえておきたいのが赤ビラビッグ出現率。 設定1だと約7200分の1なのに対し、設定6では約2000分の1と大きな設定差アリ。 複数回確認でいれば高設定の可能性が飛躍的に高まるので、その他の要素と併せてチェックしておきましょう。 最後にビッグ後に突入するRT中の注目ポイントについて。 RT中の演出はビッグ中の楽曲と連動しているため、どの要素を知りたいかを決めてからセレクトするのが無難ですかね。 もちろん、より設定に肉薄した内容のものほど出現しにくくなっているわけですが…。 なので、序盤はギラ爺RTを選んで設定2以上を確定させるといった戦略を練ることも可能なわけですよ。 で、2以上が確定したらクレアRTで5・6かどうかをチェックというように絞り込んでいくのも楽しみのひとつかと。 (C)DAITO GIKEN, INC. 「クレアの秘宝伝 ~眠りの塔と目覚めの石~」に関連する機種一覧.

次の