2015 コカイン タレント。 コカインアイドル・高部あいのキメセク疑惑に「SMプレイには向いてない」と助言|トレンド、アングラ、ビジネス、カルチャー R

【スクープ】『有名女性ハーフタレントX』コカイン逮捕直前か…「炎上では済まない」別の容疑も

2015 コカイン タレント

覚醒剤薬物で逮捕された清原和博容疑者(48才)が大物司会者レントの薬物疑惑を暴露していたことがわかりました。 いったいその大物司会者タレントとは誰なのでしょうか。 清原和博容疑者は逮捕前、仲間の店でよく「ヤク中」の名前を3人挙げていました。 その薬物中毒者は「球界の先輩OB」「大物歌手N」そして最後の1人が「大物司会者タレント」でした。 清原和博容疑者の覚醒剤薬物事件と関連して、これまで「球界の先輩OB」「大物歌手N」「人気グループのメンバー」といったメンバーらが週刊誌やスポーツ新聞などで報じられ、誰だ誰なんだとネットで話題になっています。 清原和博暴露 大物司会者タレントは誰? 清原和博容疑者は逮捕される前、信用できる仲間の店に行った際、「ヤク中」の名前を3人挙げていました。 酒に酔っているのか、覚醒剤薬物でキマっているのか不明でしたが、何人かの「ヤク中」の名前を大声で聞こえよがしに話していました。 もっぱら話に出てくるヤク中は3人で「球界の先輩OB」「大物歌手N」残る1人はテレビで活躍する男性大物司会者タレントでした。 大物タレント プロフィール この大物司会者タレントは、長年に渡りテレビのバラエティー番組でメインMCを務めており、芸能界での位置づけは「超一流」。 現在でも少し動きを見せただけで大きな話題になる現役バリバリです。 そんな大物司会者タレントの彼が、清原和博容疑者と覚醒剤薬物仲間だったかまでは不明ですが、何らかの接点があったのは間違いないでしょう。 この大物司会者タレントをテレビで拝見すると、覚醒剤とは全く無縁の存在に思えるといいます。 しかし水面下ではかなり長期間に渡り覚醒剤薬物の疑惑がくすぶり続けていました。 大物タレント 最初の薬物疑惑 大物司会者タレントの彼に最初の薬物疑惑が浮上したのは、誰もが衝撃受けた「のり塩事件」の2009年でした。 「のり塩事件」とは、「のりピー」こと女優の酒井法子(45才)と、ネットで「お塩先生」と称される押尾学(37才)が違法薬物関連で立て続けに逮捕された事件の総称です。 この事件により芸能界の薬物汚染が大きな社会問題にまでなりました。 当時は逮捕まで至らなかったものの次から次へと薬物疑惑の芸能人の名前が浮上しました。 その中に、今回の大物司会者タレントの名前も挙がっていたのです。 大物タレントは押尾学に近い? 特に押尾学の周辺から、この大物司会者タレントの情報が漏れていました。 押尾学に近い人物が、ヤク中として大物司会者タレントの名前を口にしていたのです。 ヤク中といっても、ちょっとやそっとのレベルではなく、完全な中毒者というレベルでした。 大物タレントプロフィール ・男性 ・テレビで活躍 ・長年バラエティー番組でMC ・芸能界では超一流 ・少しの動きが大きな話題になる ・テレビでは覚醒剤と無縁に見える ・「2009のり塩事件」で薬物疑惑が浮上 ・押尾学に近い ・2009年は完全な薬物中毒者だった [スポンサードリンク] 大物タレントは誰?岡村隆史説 岡村隆史さんは2010年に「体調不良」を理由に 5ヶ月間芸能活動を休養しました。 状況からして多忙による「うつ病」だったといわれていますが、 岡村隆史さん本人は、何の病気だったのか名言していません。 「頭がパッカーン」だったなど発言しただけです。 週刊誌が報じた薬物疑惑の記事によれば 覚醒剤で逮捕間近と噂だったタレントAが経営する 六本木界隈のキャバクラに 岡村隆史さんが出入りしていたので、 覚醒剤仲間ではないかという疑惑が持ち上がりました。 また、岡村隆史さんが精神的に追い詰められて 発した不審な発言・行動などが 覚醒剤中毒者の症状と似ていたので、 余計に薬物疑惑が濃くなったようです。

次の

タレントの高部あい容疑者を逮捕 自宅でコカイン所持か:朝日新聞デジタル

2015 コカイン タレント

11月には、冬季五輪にも出場したプロスノーボーダーの国母和宏まで大麻所持でしたのだ。 「マトリに負けじと、薬物犯罪を取り締まるの組対5課も女優の沢尻エリカや仮想通貨トレーダーのKAZMAX カズマックス を逮捕して存在感を示しました。 一連の報道では、Aは現在30代で、紅白の出場経験もあるとされていた。 「この報道が出た途端、ネット上では、元モーニング娘。 の加護亜依だ、と断定的に論じられ、1月18日に加護亜依本人が自身のツイッターで〈皆さま、あれは私ではありません。 私は薬物とは一切関係がありません〉とコメントを発表。 疑惑をかけられた本人が全否定するという異例の事態に発展しました」 同 本誌もすぐに裏取り取材に入ったところ、元国民的アイドルグループのメンバーではなく、もっと意外な人物の名前が飛び出したのである。 芸能界の薬物事情に詳しいDJが言う。 「確かに、薬物絡みで加護の話は聞きませんね。 むしろ、今年最初にパクられるとしたら、ハーフの女性タレントXじゃないですか? 彼女がハマっている薬物はコカイン。 ドラッグ好きが集まる西麻布や六本木の会員制のバーの常連で、かなり派手にやっているって噂になってますからね」 Xはモデル出身で、スポーツも語学も堪能。 大物司会者にも怯まぬ毒舌キャラで鳴らし、バラエティー番組では重宝される存在だ。 「SNSでも、ぶっちゃけ発言で度々炎上しているXは、スポーツ選手やお笑い芸人との熱愛を報道されたこともあります。 よくも悪くも奔放に生きているのが彼女のイメージですから、薬物疑惑が持ち上がっても不思議ではありませんね」 芸能リポーター 本誌がXの友人に接触すると、生々しい実態を暴露してくれた。 「Xちゃんは、お店 会員制のバー で透明のパケ袋を持ってトイレに消えるのがお約束。 家の鍵でコカインの粉末をすくうように吸引してる。 いつもトイレから戻ってくると『ひゃっは~!』と声に出して叫び、ハイテンションになっている。 Xちゃんは、あまりにもトイレに行く頻度が多いから、さすがにドラッグをやらないお客さんにも感づかれていると思う」 コカインは隠語で「チャーリー」と呼ばれており、そこからチャリ=などと呼ばれている。 超アガる~』って目を輝かせてました」 同 Xがハマっているコカインは、粒子をクレジットカードなどで細かく砕き、筋状に並べてから、紙幣などを丸めた筒やストローで鼻から吸引する。 Xが言った「太いの」とは、その1本の筋が太いことを意味する。 ドラック事情に詳しいライターの解説。 「直接、歯茎にコカインをすり込むジャンキーもいますが、ほとんどの使用者は鼻から吸引するため、鼻の内部の粘膜などを痛めます。 ひどい場合は鼻の間の隔壁が溶けて鼻の穴が内部で1つになったりしますが、そこまでいかなくても鼻水が止まらなくなったりします」 Xも、鼻水を気にしているという。 前出の友人が続ける。 「Xちゃんは、コカインを吸いまくったあとで『明日収録なんだけど、鼻水だいじょうぶかな?』なんて言ってた。 オンエアを見たら全然しゃべってないし、鼻水をすする場面も目立った。 顔にも疲れがモロに出ちゃってたし、あれじゃあ、見る人が見れば、すぐに分かっちゃうと思う」 彼女の入手ルートにはオトコの影もチラついている。 「Xちゃんがコカインやってるときは、必ずと言っていいほど男の人が一緒。 西麻布界隈では名の知れた遊び人で、おそらく彼がコカインを調達しているんだと思う。 盛り上がってくると、彼の膝の上に乗ったりして、露骨にイチャつき始める。 それで2人で店を出て、彼の家に行って…っていうのがパターン。 「コカインを使ったキメセクでは、男性は勃たなくなってしまいがち。 バイアグラやシアリスなどの勃起薬を同時服用してカバーしている男が多い。 一方、女性はコカインがもたらす性的興奮で盛り上がり、よりたくさんのネタを吸いたくなります。 覚醒剤ほどではないが、2時間、3時間とキメセクに耽るカップルの話もよく聞きますね」 前出・ライター Xも一晩中キメセクに耽り、一睡もせずに仕事に向かうことがあるという。 「そういうダルくなった体で仕事をこなすために、覚醒剤に走ってしまうケースも多い。 カジュアルな気持ちでコカインに手を出し、最終的には覚醒剤の沼にハマるパターンですね」 同 体だけでなく、精神をも蝕むのがドラッグの真の恐ろしさだ。 手遅れになる前に、捜査当局に逮捕されたほうが、Xにとってはマシなのかもしれない。 あわせて読みたい•

次の

タレントの高部あい容疑者を逮捕 自宅でコカイン所持か:朝日新聞デジタル

2015 コカイン タレント

覚醒剤薬物で逮捕された清原和博容疑者(48才)が大物司会者レントの薬物疑惑を暴露していたことがわかりました。 いったいその大物司会者タレントとは誰なのでしょうか。 清原和博容疑者は逮捕前、仲間の店でよく「ヤク中」の名前を3人挙げていました。 その薬物中毒者は「球界の先輩OB」「大物歌手N」そして最後の1人が「大物司会者タレント」でした。 清原和博容疑者の覚醒剤薬物事件と関連して、これまで「球界の先輩OB」「大物歌手N」「人気グループのメンバー」といったメンバーらが週刊誌やスポーツ新聞などで報じられ、誰だ誰なんだとネットで話題になっています。 清原和博暴露 大物司会者タレントは誰? 清原和博容疑者は逮捕される前、信用できる仲間の店に行った際、「ヤク中」の名前を3人挙げていました。 酒に酔っているのか、覚醒剤薬物でキマっているのか不明でしたが、何人かの「ヤク中」の名前を大声で聞こえよがしに話していました。 もっぱら話に出てくるヤク中は3人で「球界の先輩OB」「大物歌手N」残る1人はテレビで活躍する男性大物司会者タレントでした。 大物タレント プロフィール この大物司会者タレントは、長年に渡りテレビのバラエティー番組でメインMCを務めており、芸能界での位置づけは「超一流」。 現在でも少し動きを見せただけで大きな話題になる現役バリバリです。 そんな大物司会者タレントの彼が、清原和博容疑者と覚醒剤薬物仲間だったかまでは不明ですが、何らかの接点があったのは間違いないでしょう。 この大物司会者タレントをテレビで拝見すると、覚醒剤とは全く無縁の存在に思えるといいます。 しかし水面下ではかなり長期間に渡り覚醒剤薬物の疑惑がくすぶり続けていました。 大物タレント 最初の薬物疑惑 大物司会者タレントの彼に最初の薬物疑惑が浮上したのは、誰もが衝撃受けた「のり塩事件」の2009年でした。 「のり塩事件」とは、「のりピー」こと女優の酒井法子(45才)と、ネットで「お塩先生」と称される押尾学(37才)が違法薬物関連で立て続けに逮捕された事件の総称です。 この事件により芸能界の薬物汚染が大きな社会問題にまでなりました。 当時は逮捕まで至らなかったものの次から次へと薬物疑惑の芸能人の名前が浮上しました。 その中に、今回の大物司会者タレントの名前も挙がっていたのです。 大物タレントは押尾学に近い? 特に押尾学の周辺から、この大物司会者タレントの情報が漏れていました。 押尾学に近い人物が、ヤク中として大物司会者タレントの名前を口にしていたのです。 ヤク中といっても、ちょっとやそっとのレベルではなく、完全な中毒者というレベルでした。 大物タレントプロフィール ・男性 ・テレビで活躍 ・長年バラエティー番組でMC ・芸能界では超一流 ・少しの動きが大きな話題になる ・テレビでは覚醒剤と無縁に見える ・「2009のり塩事件」で薬物疑惑が浮上 ・押尾学に近い ・2009年は完全な薬物中毒者だった [スポンサードリンク] 大物タレントは誰?岡村隆史説 岡村隆史さんは2010年に「体調不良」を理由に 5ヶ月間芸能活動を休養しました。 状況からして多忙による「うつ病」だったといわれていますが、 岡村隆史さん本人は、何の病気だったのか名言していません。 「頭がパッカーン」だったなど発言しただけです。 週刊誌が報じた薬物疑惑の記事によれば 覚醒剤で逮捕間近と噂だったタレントAが経営する 六本木界隈のキャバクラに 岡村隆史さんが出入りしていたので、 覚醒剤仲間ではないかという疑惑が持ち上がりました。 また、岡村隆史さんが精神的に追い詰められて 発した不審な発言・行動などが 覚醒剤中毒者の症状と似ていたので、 余計に薬物疑惑が濃くなったようです。

次の