台湾 と 中国 の 関係。 中国・台湾・香港の違いをサルでも分かるように解説

中国はなぜ「2020年、台湾武力統一」を目指すか:日経ビジネス電子版

台湾 と 中国 の 関係

中国・台湾・香港の「場所と人口」 それぞれの国の位置は、以下の地図の通りです。 中国の場所と人口 面積:約960万平方キロメートル(日本の約26倍) 人口:約13. 90億人 台湾の場所と人口 面積:3万6千平方キロメートル(九州よりやや小さい) 人口:約2,359万人(2018年12月) 香港の場所と人口 面積:1,106平方キロメートル(東京都の約半分) 人口:約734万人(2016年) 中国・台湾・香港の「歴史」 中国の歴史 中国には1616~1912年の間、清という国がありました。 清はヨーロッパや日本との戦争に負け、ペナルティーとして勝った国へ罰金や領土の譲渡していました。 国は領土や財力が失っていくことを阻止するため、増税という形で民衆から賠償金を払っていましたが、不満に思った民衆は大きな反乱を起こしました。 そこへ孫文という男が革命を起こし清は滅亡、中華民国という国を作りました。 台湾の歴史 17世紀以降にオランダの貿易拠点として占領、中国の清朝が支配、日本が植民地にするなど支配されていました。 日本が統治していたのは第2次世界大戦が終わるまでの50年間もあったため、日本語を話せる人が多いのはそのような理由からです。 香港の歴史 もとは中国南部の小さな漁村だった香港は、アヘン戦争後の1842年~1997年までの約150年間イギリスの植民地になり、その後香港の全領域を中国に一括返還することになりました。 イギリスは統治していた長期間香港の地で関税をかけずに自由貿易港として整備していたことなど、中国本土とは経済や制度が全く異なっていました。 同じ中国国籍だけれども社会的・経済的・考え方・文化などが中国とは異なるということで、うまく統治するよう「一国二制度」を採用しています。 そのおかげで香港経済は飛躍的に伸びていっているのです。 中国・台湾・香港の「言語」 中国の言語 第一言語に中国語(北京語・普通話・マンダリン)、第二言語に北京語などの地方言葉を話します。 中国の人口約94%を占める漢民族が使用している言語で、12億人以上と推測されています。 特に台湾語はご年配の方に多い傾向があります。 しかし近年の香港の学校授業では中国語を教えているため、若い世代のみは話せる人も増えてきています。 中国・台湾・香港の「通貨(お金)」 中国のお金 人民元(1元=約15. 59円 2019年12月現在) 中国の中央銀行(中国人民銀行)が発行している通貨です。 なので国別通貨コード(ISO)では「CNY=Chinese yuan」となっています。 台湾のお金 ニュー台湾ドル(1新台湾ドル=約3. 62円 2019年12月現在) 中華民国中央銀行が発行している通貨です。 香港のお金 香港ドル(1香港ドル=約14. 01円 2019年12月現在) 香港特別行政区の法定通貨です。 現地では「港幣」「港紙」と呼ばれている香港ドルは、お隣マカオでも流通しています。 中国・台湾・香港の「宗教」 中国の宗教 無宗教・道教・儒教・仏教・イスラム教・キリスト教・その他 無宗教や民俗信仰が全体の73. 56%を占めています。 台湾の宗教 儒教仏教・道教・仏教 民間信仰が全体の66. 3%を占めています。 香港の宗教 仏教・道教・プロテスタント・カトリック・イスラム教・ヒンドゥー教・シーク教・ユダヤ教 中華系以外にも多くの国の人が住んでいるため、街には寺院・教会・モスクなどが建てられています。 中国・台湾・香港の「文化や風習」 中国の文化・風習• 中国ではモバイル決済が進化を遂げ、現金を持っている人が少なく多くのお店でキャッシュレス文化がほとんどです。 一般道には清掃員が仕事をしているので、ポイ捨てが当たり前です。 掃除する人の仕事のためにゴミを捨てるという認識の人もいるようです。 食事では食べ散らかすことがマナーです。 しかし全てのお店ではなく、高級店などの綺麗なお店では汚さずに綺麗に食べる人もいます。 台湾の文化・風習• 数多くの天然温泉があるため、日本同様に温泉好きが多いです。 麺料理は音を立てず静かに食べるのがマナーです。 ホテルやレストラン内では基本的に喫煙はできません。 歩きたばこをした場合には、罰金を支払うことになります。 香港の文化・風習• 普段の生活・人生の大きな決断の際・街全体の建造物にも風水を取り入れるほど、香港人は風水に影響しています。 そのため運気を上げるパワースポットもたくさんあります。 ゴミのポイ捨て・喫煙禁止エリアでの喫煙に罰金が課せられます。 また公共の場で唾を吐くことも罰金の対象になります。 中国・台湾・香港の「政治」 中国の政治 中国の政治は共産党による社会主義で、経済は社会主義と資本主義が混合されています。 選挙はなく優秀な推薦したい人材がいる際に、共産党員がスカウトするという入党システムになっています。 台湾の政治 日本と同様民主主義で、経済は資本主義です。 行政院も同じく、日本同様選挙によってえらばれます。 国連への加盟が認められていないので、国際社会に関わる外交関係の舞台に参加することはできません。 香港の政治 香港は民主主義です。 香港と中国政府による有権者の問題で、香港には行政長官を決める権利はなく大きなデモ講義が多数行われています。 中国・台湾・香港の「国同士+日本の関係」 中国と日本の関係 輸出国として第1位のアメリカに次ぎ、第2位に日本という貿易相手国として重要なポジションになっています。 「近くて遠い国」中国として言われているのには、歴史的・経済的に濃い関係でありながら互いの理解が深まらないということがあります。 また大気汚染での環境問題が未だ原因で、つながりを深めるにはまだ多くの課題が残っています。 台湾と日本の関係 国連への加盟が認められていないため、国際社会では日本を含み多くの国が直接的外交関係を築くことはできません。 しかし年間数百万人の観光客が訪れているよう、互いの国を観光するなどして経済交流を交わし、電子部品の輸出などの経済交流があります。 香港と日本の関係 日本人アーティストによるコンサート、日本文化である漫画・アニメ・相撲・合気道・茶道日本舞踊などいくつもの交流があります。 また互いに輸出入国相手として、電子機器・家電・ファッションなど大事な貿易相手先となっています。 三国は似ているようで、まったく異なった文化を持っている 今回は中国・台湾・香港の異なる文化の違いや日本との関係を紹介していきました。 一度交わったことがある国でも歴史が異なれば文化も異なり、さらに疑問が増えてくる場面もあったかと思います。 今後その差は広がって行くのか、関係性は縮まるのか、いずれにせよ良好な関係になることを期待したいものです。

次の

台湾はなぜ、WHOにとって頭痛の種なのか?

台湾 と 中国 の 関係

台湾の人々は、中華人民共和国 中国本土 のことを「大陸」と呼びます 英語だとMainland。 その言葉のニュアンスに、あまり好意的なものはありません。 台湾人の中国人に対する感情は単純に語れるものではありません。 「一つの中国」を主張する中国政府と、台湾内で台湾独立を主張する人々との摩擦で、一触即発の雰囲気にひやひやの時代もありましたが、今は比較的落ち着きつつあります。 台湾と中国との問題は、常に両国の微妙な力関係の中で揺れ動いています。 台湾という小さな島の歴史を紐解けば、台湾のアイデンティティーの複雑さを少し理解できるかもしれません。 延平郡王祠内の鄭成功像 台南市 【鄭成功と本省人】 もともと台湾にはマレーポリネシア系の先住民が住んでいました。 17世紀に入って、スペインやオランダの植民地になりましたが、、1661年、中国人と日本人のハーフ、鄭成功がオランダ人を追い払いました。 鄭氏による台湾支配はその後の清朝の攻撃によって短期間で終わり、台湾は清朝の支配を受けることになります。 このころ中国福建省、広東省から多くに人々が台湾に移住し、今日の台湾における、いわゆる 「本省人」の基礎となりました。 日本台湾統治時代に建築された建物がならぶ台北市博愛地区 【日本の統治と敗戦】 1894年、清朝が日清戦争に敗北したため、台湾は日本に割譲され、 その後1945年まで日本政府の台湾統治が行われました。 この時、日本同化政策として日本語教育が施行されたため、この時代に教育を受けた人たちの中には今でも日本語を話す人がいます。 1945年、第2次世界大戦の日本敗戦をもって、日本の台湾支配は終わります。 だたし、日本が連合国側諸国と締結したサンフランシスコ平和条約において、台湾の主権移転対象 帰属先 については明記されておらず、これが台湾の国際的地位をちゅうぶらりんなものにしているとも言えます。 蒋介石の座像がある、中正記念堂 台北市 【蒋介石と外省人】 このころ中国本土では、蒋介石率いる中華民国政府と毛沢東を中心とする中国人民解放軍との内戦が激化し、1949年になると中華民国政府は首都の南京から台湾へと撤退しました。 これ以降台湾に移住してきた人たちが、 「外省人」と呼ばれます。 中華民国は、中国共産党との内戦に敗れ、台湾に逃れてきて以来、中国と敵対してきました。 当初、アメリカや日本は台湾を正式な国家とみなしていましたが、中国の台頭によって状況が変化、1979年にはアメリカは中国と正式に国交を結びます。 日本も田中首相時代に中華人民共和国との国交を開始して以来、現在においても台湾との間に正式な国交はありません。 【台湾独立運動と今】 「一つの中国」という思想は1970年代当時、中国・台湾両サイドとも持っていた概念で、、それぞれ自分こそが中国の正当な政府であると主張していました。 双方とも、ゆくゆくはお互いを取り込んで一つの国家を築くと思っていたわけです。 1980年代後半からの李登輝総統時代に入ると、台湾は北京政府を容認した上で、台湾は台湾として独立した国家だという姿勢を取り始めます。 その後2000年代前半にかけては、「台湾は中国の一部だ」と主張する中国政府からの軍事的プレッシャーを受けることも度々ありました。 しかし、 ここ10年で中国が躍進し世界的大国になってきたことで、台湾人の意識も変化してきました。 中国が途上国だった時代には台湾のほうが圧倒的に経済力を持っていましたが、昨今台湾と中国の経済帝に立場は完全に逆転し、台湾内の独立運動は下火になってきています。 中国と仲良くしておいたほうが、経済的には得だという計算です。 現在、台湾政府としては、現状維持がもっとも現実的だという姿勢です。 台湾人と一口に言っても、九州と同じ面積しか持たない小さな島に、 本省人、外省人に加えてそれぞれ独自のの言語を話す土着の少数民族たちが住んでいます。 中国本土に対して帰属意識を持っている人々もいて、本省人と外省人との間でも、独立に対する気持ちに温度差があります。 かれらのアイデンティティーはどこに帰属するのか、「台湾」としてのアイデンティティーは今後どのように確立されるのか、そんなことを考えながら台湾を旅するのもおもしろいのではないでしょうか。

次の

中国はなぜ「2020年、台湾武力統一」を目指すか:日経ビジネス電子版

台湾 と 中国 の 関係

台湾経済の最新状況と、2020年時点での台湾経済の成長率、およびその見通しについて解説します。 2020年1月21日、台湾の行政院(内閣)は、2019年10~12月期の実質経済成長率(速報値)が前年同期比3. 2019年11月時点での予想を0. 対中強硬路線を掲げる蔡氏の再選によって、今後、台湾経済の成長率がどのような動きを見せるかが注目されています。 2016年の時点で「新南向政策」を掲げることで、さらなる経済成長を目指している蔡政権が率いる台湾。 台湾という国自体が随一の親日国としても知られており、日本製品の需要も高いことでも有名です。 ただ、台湾経済は電子機器関連を輸出の主要品目としており、その特徴である輸出依存度が高い性格は、2018年の始めより勃興した中国・アメリカの米中貿易戦争の悪影響も受けていることは否ません。 本テキストでは、台湾経済の最新動向と、基本情報も踏まえながら、主要国との関係、さらには日本企業が台湾に進出する際のメリットについても詳しく解説します。 2019年11月時点での予想を0. 2019年2月の時点では、2019年の実質GDP成長率が前年比2. 蔡政権の経済政策として特徴的なのは「新南向政策」です。 これは、蔡総統就任後の2016年に打ち立てられた政策で、経済発展が著しいASEAN10ヵ国、南アジア6ヵ国、オーストラリアとニュージーランド、計18ヵ国との関係を強化し、台湾の経済発展を目指すといった政策です。 この政策では、下記4つの軸を主軸として、経済成長を目指すとしています。 (1)経済貿易協力 (2)人材交流 (3)資源の共有 (4)地域の連携 経済貿易協力では、ターゲット国のインフラ建設協力や、スマート医療、IoTシステムの輸出、さらにはEコマースでの台湾製品の発信、教育やヘルスケア分野での輸出の推進を目指しています。 人材交流では、専門性の高い人材を育成・交流を図るとしています。 具体的には、台湾の大学の海外分校の設立、台湾専門のクラスの設立をすることで、台湾の専門家の育成の強化を目指します。 また、交流促進の為にビザ申請等の手続きを簡素化する計画があります。 台湾で働いている外国人専門家や技術者には、評価制度を設け、一定の基準を満たした場合にビザの延長許可措置が可能になる施策も盛り込まれています。 資源の共有では、文化や観光、医療等のターゲット国の生活の質向上を目指すとしています。 文化面では、メディアやゲームを利用した台湾のブランディングの向上、観光分野では、ターゲット国からの旅行者へのビザ規制緩和、医療分野では、医薬品の認証、新薬、医療機器の開発の協力を目指しています。 最後に地域の連携では、ASEANやインドとの経済連携協定締結を積極的に図るとしています。 これにより、台湾からのターゲット国への投資を期待しています。 また、南アジアへの進出も第三国との連携で目指すとしています。 初の女性総統が担う台湾 この項からは、改めて台湾の基本情報について解説します。 台湾は、約2,400万人の人口で、面積は九州より少し小さく、主要都市は、台北市や高雄市があり、経済や観光の拠点となっています。 主要言語は、中国や台湾語、客家語となっています。 台湾では、中国国民党の流れを汲んでいることから、「三民主義(民族独立,民権伸長,民生安定)」による民主共和制が敷かれており、更には、五権分立(行政,立法,監察,司法,考試)という制度があります。 現在、台湾の元首である総統には、蔡英文(さい えいぶん)氏が務めており、台湾初の女性総統として話題になりました。 現在、3年目の任期を迎えていますが、中国との両岸政策や経済政策で、大きな成果が見られないことから、国内では支持率が下落しており、不支持率が支持率を上回っている状態が2017年の11月から続いています。 また、近年では2018年6月の大阪北部地震や7月の西日本豪雨の際に、蔡英文総統がtwitterに投稿した日本語のお見舞い文が注目を浴びました。 西日本豪雨では、2,000万円の義援金を台湾政府が寄付しています。 切っても切れない中国との関係 中国と台湾は、政治的な関係は非常に悪いですが、経済的にみると、2017年度も中国への輸出が台湾全体の約3割を占めており、中国の存在感は大きいといえます。 今後も蔡政権は、中国との経済関係を維持していくとの見方もありますが、政治と経済のダブルスタンダードとなっており、両国関係は、不安定であると見ることもできます。 特に両国では、「92年合意」を巡って対立しています。 この「92年合意」は、「中国と台湾は一つの中国である」というもので、中国側としては、「台湾は中国の一部である」という前提の下で、経済活動、外交活動を継続しています。 最近では、中国当局が各国の航空会社に「台湾」の表記を改めるように強制したこともあり、「92年合意」問題が再び世界的に取り上げられるようになりました。 御社にピッタリの台湾進出サポート企業をご紹介します 今回は台湾経済の最新動向を見てきました。 台湾は、日本との国交は持っていないものの、日本に関心がある人が多く、ジャパンブランドも受け入れられやすいと考えられます。 また、個人消費も堅調なことから、外食や飲食産業にも需要があるかもしれません。 一方で、訪日台湾旅行客も多いため、国内のインバウンド市場にも需要があるといえます。 従来より親日で潜在性が高い台湾ですが、現地に進出する際には、もちろん現地のパートナーを探すことがもっともスムーズです。 その際に必要なのは、そのような手続きのサポートです。 「Digima〜出島〜」には、厳選な審査を通過した優良な台湾進出サポート企業が多数登録しています。 当然、複数の企業の比較検討も可能です。 「台湾進出の戦略についてサポートしてほしい」「台湾での事業計画立案のアドバイスがほしい」「台湾に進出したいが何から始めていいのかわからない」…といった、多岐に渡る台湾進出におけるご質問・ご相談を承っています。 ご連絡をいただければ、海外進出専門コンシェルジュが、御社にピッタリの台湾進出サポート企業をご紹介いたします。 まずはお気軽にご相談ください。 失敗しない台湾進出のために…! 最適サポート企業を 無料紹介 (参照文献) ・」 外務省 ・ 台北駐日経済文化代表処(2016年10月14日) ・」野村総合研究所(2016年12月) ・ みずほ総合研究所(2017年6月) ・ Newsweek(2018年3月2日) ・ フォーカス台湾(2018年5月20日) ・ 日本経済新聞(2018年7月12日) (当コンテンツの情報について) 当コンテンツを掲載するにあたって、その情報および内容には細心の注意を払っておりますが、掲載情報の安全性、合法性、正確性、最新性などについて保証するものではないことをご了承ください。 本コンテンツの御利用により、万一ご利用者様および第三者にトラブルや損失・損害が発生したとしても、当社は一切責任を負わないものとさせていただきます。 海外ビジネスに関する情報につきましては、当サイトに掲載の海外進出支援の専門家の方々に直接お問い合わせ頂ければ幸いです。

次の