アマゾン セラー 登録。 【2020年版】Amazon出品者アカウント登録(作成)の方法・作り方の手順

出品用アカウントの解約

アマゾン セラー 登録

出品用アカウントを解約する場合は、まず以下の情報をお読みください。 北米統一アカウントを持っている出品者が出品用アカウントを解約すると、出品資格を満たしている他のすべてのアカウントが同時に停止します。 たとえば、米国のアカウントを解約した場合、カナダとメキシコのアカウントも解約されます。 北米統一アカウントかどうかは、出品用アカウントの上部にあるマーケットプレイススイッチャーが利用できるかどうかで簡単に判断できます。 詳しくは、をご覧ください。 税金計算サービスに登録している場合は、アカウントを解約する前に、ページで重要情報を確認してください。 解約後は、出品用アカウントに一切ログインできなくなります。 そのため、注文履歴の閲覧、返品の処理、返金、 への返答、購入者との連絡ができなくなります。 前回の販売から90日経過するまでは、アカウントを解約できません。 これにより、Amazonマーケットプレイス保証申請期間の履行が保証されます。 未解決のAmazonマーケットプレイス保証申請がある場合、解決するまでアカウントを開いたままにする必要があります。 アカウントを解約するには、アカウントの残高が0である必要があります。

次の

セラーセントラルAmazon出品者アカウント登録方法を解説!

アマゾン セラー 登録

左下の赤丸にはチェックをしておきましょう。 チェックをしておかないと毎回ログインするたびに、2段階認証を求められます。 ログインをタップして、ログインは完了となります。 アマゾンセラーアプリの使い方を徹底解説 店舗せどりで使うアマゾンセラーのアプリには意外と知られていない便利な機能があります。 この記事では、アマゾンセラーアプリの使い方を解説していきます。 カメラスキャンの使い方 店舗で商品のサーチを行うときに、バーコードや外箱のある商品には、アマゾンセラーアプリのカメラスキャンがおすすめです。 このカメラスキャン機能で、バーコードのスキャンと商品のパッケージ外観での画像スキャンができます。 これからカメラスキャンの使い方を説明しますね。 「出品者から出荷」または「Amazonから出荷」を押して、売りたい金額と仕入原価を入力すると、利益が算出されます。 FBAの活用がオススメなので、ここでは「Amazonから出荷」を選び、分かりやすいように売りたい金額も最安値で設定してみました。 その結果、今回のケースだと、売れたら2,279円の利益が出るようです。 商品の出品制限の確認ができる アマゾンでは 出品アカウントの登録時期や販売実績によって、出品できるものと、できないものがあります。 出品の制限は大きく分けて、• 新品しか出品できないもの• アマゾンの許可が必要なもの この2種類があります。 事例を混ぜながら、出品制限の確認方法を説明しますね。 新品しか登録できない商品の確認方法 美容器具や健康に関連する商品は 新品しか登録できない傾向があります。 つづいてコンディションの下の、赤枠で囲んだ「新品」をタップすると、以下のようにプルダウンメニューが表示されます。 赤枠中のプルダウンメニューで、出品できる条件が確認できます。 この体重計は、新品しか表示されていないので、中古は出品できないということになります。 アマゾンの出品制限がかかっている商品の確認方法 アマゾンの出品制限がかかっている商品は、新品も中古も出品することができません。 こういう商品を仕入れてしまうと、もうAmazonで販売することは不可能なので、ヤフオクやメルカリで売るしかなくなってしまいます。 なので、出品制限がかかっているか、しっかりとチェックする必要があります。 出品制限の確認方法ですが、例えば以下画像のように「リファ」でリサーチすると、この商品は新品も中古も出品が出来ないようです。 ちなみに出品できる商品は「出品する」のボタンが出ます。 売れると思って仕入れた商品が出品できなかったら、ヤフオク、メルカリなど他のサイトで売るしか無くなってしまいます。 そうなるとアマゾンで売ろうと思っていた価格よりも、安くなってしまうことがあるので注意が必要です。 また、ほかのサイトで売る手間を考えると、時間に限りのある副業の人には、大きな時間や資金のロスとなってしまうため、アマゾンで売る場合の出品制限の確認は必須です。 FBAに納品できない危険物扱い商品の確認方法 アマゾンが危険物と指定している商品はFBAに預けることが出来ません。 なので、危険物扱い商品なのか?を調べる必要もあります。

次の

Amazonビジネス

アマゾン セラー 登録

Amazonへの出品方法 Amazonで商品を販売するためには、Amazonに商品を出品する必要があります。 出品するためには、Amazonの出品者用アカウント(セラーアカウント)を作成する必要があります。 セラーアカウントには以下の2つの種類があります。 ・小口出品者 ・大口出品者 ここでは大口出品用アカウントの作成を前提に説明します。 Amazon出品用アカウントの手数料 小口出品、大口出品それぞれのセラーアカウントの料金について解説します。 2-1. amazon. html? amazon. html 販売手数料とカテゴリー料金の詳細は以下を参照して下さい。 2-2. amazon. html? ・月額費用4,900円(最初の3ヶ月間は無料) ・販売手数料とカテゴリー成約料が課金される ・1点毎の基本成約料100円は免除される ・Amazonに登録されていない商品も出品できる ・購入者が複数の支払いオプションを選択できる ・出品可能な商品のカテゴリーが多い ・Amazonへの出品や商品管理を効率化できるツールが無料で利用できる 小口出品用アカウントと大口出品用アカウントの機能の違いは以下の通りです。 amazon. Amazon大口アカウントの登録方法 次にAmazon大口アカウントの登録方法について説明します。 まず出品用アカウント登録画面を表示します。 ページ中央の下部にある、「今すぐ登録する」をクリックします。 amazon. html? すでにAmazonのアカウントを作成している場合はAmazonに登録しているメールアドレスとパスワードを入力してログインします。 amazon. amazon. 必要な項目を入力していきます。 amazon. 個人の場合には住んでいる国を選択します。 正式名称・販売業者名 個人の場合は自分の名前を入力します。 法人で登録する場合には、法人名と自分の名前を「、」で区切って両方入力します。 出品規約 規約を確認したらチェックを入れましょう。 以上の項目を入力したら、一番下にある「次へ」をクリックします。 出品者情報の入力画面になります。 amazon. 店舗名は自由に設定できます。 また、後で変更も可能ですので、自分で良さそうな名前を付けましょう。 国 日本を入力します。 電話番号認証に使用するPINの受け取り方法 Amazonから確認のPINコードを受ける方法を選択します。 電話の音声で受けるか、SMSでPINコードを受信するか選択できます。 都合の良い方法を選びましょう。 ここではSMSでPINコードを受信してみます。 「すぐにSMSを受信する」をクリックするとAmazonからのPINコードが届きますので フォームに入力して「認証する」をクリックします。 正常に認証されると、「認証が正常に完了しました」と表示されます。 認証が完了すると、運営責任者名を入力するフォームが表示されますので入力します。 個人の場合には自分の名前を入力すると良いでしょう。 入力が済みましたら最下部の「次へ」をクリックします。 amazon. こちらも必要な情報を入力したら「次へ」をクリックします。 amazon. すぐにAmazonに出品する場合には商品情報を入力します。 取りあえずアカウントの登録だけしたい場合には「スキップする」をクリックします。 ここではアカウントの登録だけしますので商品情報の入力をスキップします。 amazon. ここでもスキップをクリックするか出品したい商品のカテゴリーを選択して最下部の「登録完了」をクリックします。 amazon. amazon. amazon. ここでは第一手段として「テキストメッセージ」を選択します。 コードを受信する電話番号を入力して、「コードを受信する」をクリックします。 AmazonからSMSでコードが届きますので入力して認証します。 「音声通話」を選択した場合にはAmazonから電話がかかってきますので認証コードを確認して認証します。 amazon. ここでも受信方法を「テキストメッセージ」又は「音声通話」のどちらか選択します。 コードを受信する電話番号は先程 第一手段で登録したものと違う番号を入力するようにします。 電話番号の入力が済みましたら「コードを受信する」をクリックすると第一手段の時と同様にAmazonからコードが届きますので入力して認証します。 又は「セキュリティコードを受け取らずに番号を登録します。 」にチェックを入れて「保存する」をクリックします。 amazon. 表示されている内容を確認したら、最下部の「2段階認証を設定」をクリックします。 amazon. amazon. amazon. amazon. 画像の赤で囲ってある部分が「大口出品」になっていることを確認します。 これで大口出品アカウントの登録が完了しました。 amazon. この記事の他にも、「大口アカウントと小口アカウントで迷ったら」の記事もありますので ぜひご覧ください。 ふじもんのブログ、せどり工房ではせどりツールも多数紹介していますので是非ご覧下さい。 はじめまして!せどり工房の『ふじもん』です。 このブログでは、せどり・アフィリエイトに役立つ情報を書き綴って行きます。 ネットショップ仕入れを攻略するせどりアカデミーを主催し、 100人以上を指導。 僕は自作のせどりツールで、 仕入れを自動化させているので、 読者のみなさんにもせどりに役立つツールやアプリなどを配布しています。 最近の投稿• 最近のコメント• に ふじもん より• に あなぐま より• に より• に ふじもん より• に ふじもん より アーカイブ• カテゴリー•

次の