カラオケ マイマイク コロナ。 『昼カラオケ』対策は? 北海道ではクラスター発生… 1人1本「マイマイク」 ステージ前にはシートも

「100本以上売れた日も」カラオケ館、新型コロナ対策の“1800円マイク”が好評

カラオケ マイマイク コロナ

北海道では高齢者などが昼のカラオケいわゆる「昼カラ」で新型コロナに感染する例が目立っています。 長野市のカラオケ教室を取材しました。 カラオケを楽しむ高齢者。 長野市安茂里の「カラオケ会館」です。 元歌手でオーナーの高倉三郎さん(75)が週3回、昼間にカラオケ教室を開いています。 国の緊急事態宣言を受け、4月上旬から休んでいましたが、今月に入り再開。 この日は、地域の高齢者6人が参加しました。 生徒(80代): 「(Q. 歌ってみて気分は)いいじゃないですか。 力いっぱい練習するように歌ってみたが少し間違えた」 カラオケ会館オーナー・高倉三郎さん: 「やっぱり歌はなくちゃいけないと思う。 周りの感じで沈んでますから、気持ちが」 オーナーの高倉さんは新型コロナの感染防止対策に細心の注意を払っています。 北海道・札幌市では今月に入り、昼にカラオケを楽しめる店・「昼カラ」で高齢者を中心に感染が拡大。 クラスターも発生しました。 大声で歌うため飛沫が広がる上、マイクを使いまわしていたことも原因と考えられています。 そこでカラオケ会館では…。 1人1本「マイマイク」として使ってもらうことにしました。 また、生徒が歌うステージの前にはビニールシートも設置しています。 カラオケ会館オーナー・高倉三郎さん: 「3密とか飛沫に気を使ってマイクを気にする人は、店にはマイクが何本もあるので、その日はその人オンリーで、そのマイクを専門に使ってもらおうと」 生徒(80代): 「(対策は)先生がばっちりやってくれている。 心配することはないですね」 一方、感染のリスクは完全には拭えず、教室の参加者も感染拡大前の半数程度に減りました。 しかし、高倉さんは「こんな時だからこそカラオケでリフレッシュしてほしい」と対策を徹底して教室を開くことにしています。 カラオケ会館オーナー・高倉三郎さん: 「(新型コロナは)とっても怖いから、できる限りのことをして、みんなに安心して来ていただけるように」.

次の

『昼カラオケ』対策は? 北海道ではクラスター発生… 1人1本「マイマイク」 ステージ前にはシートも

カラオケ マイマイク コロナ

スポンサーリンク カラオケは一人ならコロナは大丈夫? ご報告 4月27日より店舗を休業して おりましたが、予定通り 明日5月7日より再開致します。 尚、営業中のコロナ対策については、 引き続き十分に配慮して、 対応致しますので、 ご理解の程、 宜しくお願い致します。 — カラオケCLUBDAMResort倉敷インター店 CLUBDAM55 カラオケ店は、以前のように大勢で行かずに、一人カラオケなら大丈夫なのでは?と思う方もいるのではないでしょうか。 カラオケ店は、公共施設なので、感染のリスクは上がります。 なので、我慢できるなら行かないべきだ、と言われています。 カラオケにはどんな感染リスクがあるのでしょう。 店舗に入店、受付から入室まで 店舗に入って、受付の店員さんに受付してもらうのは、 対面方式です。 無人受付のお店も登場していますが ジャンカラなど)、ほとんどは、さほど奥行きが無いカウンターを挟んで必ず店員と会話をすることになります。 カラオケ部屋の中 カラオケ中に、特に感染リスクが高いのは、マイクになります。 そして、かなりの確率で、歌っている最中にマイクに唇が振れていますので、ウイルスが付着していないわけがありません。 店員さんは、お客さんが出た後はマイク等は除菌するでしょうし、 コロナの感染対策として、以前よりも厳しい対策を取る必要が出てきます。 非常事態宣言で休業する前のカラオケ店では、アルコールスプレーを振りかける形で除菌をしていたお店がほとんどでした。 ですが、テーブルの整理整頓などとは違い、除菌をしたかしないかは見てもわかりません。 なので、さぼって除菌していない店員もいるかもしれません。 「除菌済み」の記載がある袋をただかぶせて終わりという雑な店員もいるかもしれません。 そして、選曲や音量など、楽曲操作で必ず使用する、機器もリスクがあります。 こちらも店員さんが、マイクと同じく、除菌するでしょう。 ただ、カラオケ店と言うのは基本的に学生さんを中心としたアルバイトです。 医療従事者レベルの除菌対策を、アルバイトの方々が負うかどうか?だと思います。 まずは、受付時の感染対策ですが、とにかく余計なところを触らないようにすることです。 次に、マイクからの感染対策として、 「 マイマイクを持参」「 マイクカバーをもっていく 」「 持参アルコール除菌する」が良いでしょう。 マイマイクを持参というのは、自分しか使ったことのないマイクを使用するのが一番良いです。 マイマイクはあまりなじみが無いかもしれませんが、こだわらなければそんなに高くない(2,000円程度)ので、買ってしまうのがいいです。 次は、マイクカバーを持参します。 使い捨てのマイクカバーがあります。 これを持参すればマイクに被せて、マイクにマスクをさせたような状態にできますので、効果的と思います。 無意識に唇がマイクに触れても安心です。 完全に感染を防ぐのは難しいかもしれませんが、ないよりはマシだと思います。 そして最後は、 アルコール除菌を持参することです。 しかし、振りかけるタイプでかけすぎるとマイクを故障させる危険性があるようです。 なので、拭くタイプで表面を拭いて除菌するのが現実的でしょう。

次の

『昼カラオケ』対策は? 北海道ではクラスター発生… 1人1本「マイマイク」 ステージ前にはシートも

カラオケ マイマイク コロナ

では、今クラスターが発生している 『昼カラオケ』とは? 私は、お昼にカラオケをすることだと思っていました。 そう思ってる人も多いはず。 『昼カラオケ』とは、カラオケボックスではなく、カラオケ機器を備えた喫茶店や日中に営業しているスナックなどで、昼間にカラオケを楽しむ事のようです。 関西地方の喫茶店で、『 コーヒーと歌を楽しんでもらおう』ということでカラオケ機器を設置したのが発祥とされているんだそうがです。 1人、1000円くらいで、歌い放題とソフトドリンクの飲み放題がセットになった料金を取るのが多いようです。 そういわれると、喫茶店やスナック以外でも、カラオケ歌い放題みたいな案内出てるの、見た事ありますね。 カラオケ自体は、『 ストレス発散』にとても効果的ですが、このコロナ禍では心身共に健康になるのに役立つはずが逆効果に。 カラオケボックスのように小さく密閉された空間ではないですが、不特定多数の人が集まって歌うためそれなりに密接になります。 そして、カラオケはつばが飛びやすいく感染リスクがあるようです。 大きな声で歌うとなおさらですね。 さらに、このようなお店に行くかたが60代以上の方が多く、余計にクラスターとなったようです。 カラオケボックスには休業要請がでていましたが、昼カラオケには出ていませんでした。 そのことも、感染拡大につながってるのかもしれません。 カラオケボックスの店舗では、消毒など徹底してくれていることでしょう。 使用する側も、 接触感染のリスクがあるところは、なるべく触らないようにする努力をする必要があると思います。 特にガイドラインで 消毒対策を念入りにするとされているところ(マイク、リモコン、タブレット端末、カラオケ機器、テーブル、椅子の背もたれ、電気のスイッチ、インターフォン、蛇ロ、手すり、エレベーターのボタン、エスカレーターのベルト、セルフドリンクコーナーの設備等)は、私たちも意識して触らないようにした方がよさそうです。 そして、飲食もなるべくしないようにとなっています。 何時間も歌う人はつらいかもしれませんね。 飛沫感染のリスクに関しては、小さな声だとそれほど飛ばないけれど、大声を出すと遠くに飛びやすいということです。 どうしても大声になりがちですが、そこは少し控えて。 歌う人と聞いてる人との間を2mとる必要があるようですね。 歌うときにはマスクをしたり、目や顔を覆うものをしたりして歌うこととなっています。 座席の間隔を2m(最低でも1m)開けることとなっていますし、正面には座らないことともなっています。 他店と違うなぁって思ったのが、 『ごみの持ち帰りにご協力ください』というもの。 なるほどな、と思う。 まねき猫でのマイクは、マイクカバー付き!ちょっとかわいいかも。 開店から12時までワンドリング制30分10円。 高校生に限って、カラオケルーム代が無料だったり、ヒトカラがあったり、色々変わったサービスがありますね。 カラオケボックスの感染対策のまとめ 昼カラオケやライブハウスでクラスターが発生していますが、カラオケボックスでのクラスターは発生していません。 ですが、3密になる可能性が大いにあり、今後クラスターが発生しないとは限りません。 各社オリジナルで、感染対策を施してくれています。 利用する側の私たちも、感染対策をして利用すれば、OKなのではないでしょうか。 そして、マイクシールド作成されている方もいらっしゃいます。 自粛期間中、こんな物を作ってみました! 「飛沫防止マイクカラー」 譜面もバッチリ! 組立て着脱も簡単! ワイヤレスマイクにも装着可能! 複数回使用も! ライブハウス活動開始に向けてボーカリストの方々、カラオケでも使って頂きたいです! 関心を持たれた方はmwm84931 gmail. com リツイート希望 — 宮下文一 bunsan1984.

次の