田町 居酒屋 一人。 分福 ぶんぶく|【田町・居酒屋・個室・日本酒・海鮮】銭湯を大胆に改装した和風居酒屋

田町 創作(居酒屋)の予約・クーポン

田町 居酒屋 一人

浜松での一人飲みにおすすめな居酒屋をまとめました。 静岡にお住まいの方だけではなく他県から訪れた人が利用しやすい居酒屋を集めています。 浜松は太平洋に面していることから魚の流通が非常に盛んな地域。 日夜港から新鮮な魚が届けられているため、新鮮な素材を使った料理を看板商品にする居酒屋さんも少なくありません。 刺身、焼き物、揚げ物等様々なバリエーションでお腹と心を満たしてくれます。 また、浜松は比較的気温の差が激しくない地域なので野菜等の収穫も盛ん。 一見素朴な料理に見えても口に含めばご当地素材ならではの美味しさが広がります。 もちろん料理に負けず劣らずお酒の流通に関しても優れているので、浜松は飲み食いするのに適した場所だと言えるでしょう。 今回はそんな浜松の一人ぼっち飲みにぴったりな居酒屋を以降より紹介していきます。 【浜松で一人飲みにおすすめな居酒屋】旬肴 貴田乃瀬 浜松で一人飲みにおすすめな居酒屋2件目は旬肴 貴田乃瀬。 遠州鉄道鉄道線遠州病院駅から南へ徒歩3分の位置にあるため、交通の便は良いと言えるでしょう。 おすすめは「黒豚の黒胡麻煮」「旨いしめ鯖」「ワインで美味しい刺身の盛り合わせ」。 料理名がユニークなものが多いですが、実際の料理にも創意工夫が十分に施されています。 店主の和・洋を超えたクリエイティブさから作られた料理は浜松に来たら例えぼっちでも是非味わうべきです。 日本酒を飲んでいても、次はワインを試してみようかな?と思ってしまうような、その味のバリエーションはまさにお見事の一言。 洗い場以外は夫婦で行っておりその仲睦まじい姿には微笑ましいものを覚えるでしょう。 【浜松で一人飲みにおすすめな居酒屋】居酒屋 なごみ 浜松で一人飲みにおすすめな居酒屋6件目は居酒屋 なごみ。 浜松駅北口より徒歩8分、鍛冶町通りを東に進み有楽街へ右折後2分ほど歩くと左手に見えてきます。 店内は古民家風の印象を与える温かみのある空間。 ぼっち飲みをするにはぴったりの雰囲気です。 こちらのおすすめは「豚角煮の串焼き」「浜名湖蒸し」「お刺身盛り合わせ」。 地元の漁師から仕入れる海鮮物や地元の無能薬野菜というように、この土地の素材にこだわっているため、鮮度の良さや味わいは申し分ありません。 酒類においても日本酒、焼酎、果実酒、ワイン等様々な表情を見せてくれます。 和やかでほっと安心できる居酒屋 なごみで静岡らしさを堪能してみては如何でしょうか。 【浜松で一人飲みにおすすめな居酒屋】一無尽うまもん家 りょうま 浜松で一人飲みにおすすめな居酒屋7件目は一無尽うまもん家 りょうま。 遠州鉄道線第一通り駅から徒歩4分、鍛冶町大通りから肴町通りに入って100m先右手にあります。 名前から分かるとおり。 この居酒屋さんは坂本龍馬をイメージしています。 坂本龍馬の地元高知料理も味わうこともできます。 おすすめは「飛騨直送 飛騨牛ぷりぷりホルモン焼き」「鰹の塩たたき」「軍鶏鍋」。 素材の良さもさることながら注文を受けてから丁寧に調理を始めるその姿勢も美味しさの秘密。 常時数十種類ある日本酒や焼酎と共にお楽しみください。 和の基調とした空間に店主の人情味が滲み出る店内、ぼっちでも暖かい気持ちでの一人飲みが行えるはずです。 【浜松で一人飲みにおすすめな居酒屋】和根洋彩 園次 浜松で一人飲みにおすすめな居酒屋8件目は和根洋彩 園次。 JR浜松駅より徒歩8分、 浜松駅北口より鍛治町通りを東に進み、有楽街を右折して200m左手にお店があります。 おすすめは「軍鶏もも肉のオーブン焼き」「軍鶏タタキ3種盛り」「軍鶏串盛り合わせ」といった軍鶏料理の数々。 さっくりした歯ごたえとジュシーな味わいが一人飲みの時間を優雅なものに変えてくれます。 一羽まるごと仕入れた上で捌いているのでフレッシュな美味しさがお手軽に楽しめるでしょう。 お酒類は地酒をメインに、各蔵の限定品があつめられていため、居酒屋上級者の方でもしっかり満足できるはず。 店内は清潔感のあるモダンな雰囲気、暖かみのある照明がぼっちの心を落ち着かせてくれます。 地元の一人飲みの客御用達とも言えるお店です。 【浜松で一人飲みにおすすめな居酒屋】玄品ふぐ 浜松の関 浜松で一人飲みにおすすめな居酒屋10件目は玄品ふぐ 浜松の関です。 遠州鉄道第一通り駅から徒歩4分の場所にあります。 有楽街のそば、向かいのかに道楽が目印です。 こちらはふぐ料理をメインにしているお店。 比較的リーズナブルな価格で提供されているので地元でも多くの人が利用しています。 おすすめ「ひれ酒」「名物ぶつ刺し」「唐揚げ」。 素材の産地はもちろん、ポン酢等の調味料にも拘っているから、味は良いのに調味料で台無し・・・・・・なんてこともありません。 ふぐの特性を知り尽くしているからこそできるその料理の数々をお楽しみください。 近代日本をイメージしたような店内は、ちょっとした非日常を感じるのにぴったり。 接客も上々です。 ぼっち飲みでもこのお店ならば癒しや味の発見が期待出来るでしょう。

次の

【2020年】【6月の話題店!】田町の居酒屋おすすめ30店

田町 居酒屋 一人

izakayaにし季 公式HPによれば居酒屋ではなくizakayaとのこと。 文字が表す通り、とってもおしゃれなモダン居酒屋です。 お店の前にはたくさんのお祝い花。 ありゃ、さんのもあるじゃないですか。 これは期待大。 秒速で入店しました。 営業時間は? 場所:高崎市田町110ー1 営業時間: 月~木: 17:00-0:00 金、土、祝前日: 17:00-2:00 日曜・祝日定休 月曜日が祝日の場合は日曜日も営業、翌月曜休み レイアウト 一人であることを告げてカウンターへ。 にし季さんですが、もともと居酒屋であった店舗に居抜きで入ったようです。 1Fはカウンターのみ、2Fがソファ席とテーブル席です。 日本酒の一升瓶が並びます。 入り口足元にもお花。 すぐ近くのさんの花もあります。 普通なら居酒屋同士なので競合です。 しかしながらお花を送りあってお互いをリスペクト。 みなさん、一大決心してお店を始めた仲間なのでしょう。 頭が下がりますね。 カウンターの背後にも日本酒のオブジェ。 和風でありながらモダンな雰囲気。 ピカピカの店内はとっても気分がいいですね。 カウンター頭上には間接照明。 そこにたくさんのお酒のボトルが並びます。 もっとお店の雰囲気を知りたい方は。 メニュー こちらはおすすめのメニュー。 白子ポン酢が680円、上州牛のたたき刺しは1,280円 お刺身盛り合わせが980円です。 こちらは本日の日本酒。 1合で800円程度。 そのほかににも多数の種類あり。 お店の雰囲気と価格設定からある程度年齢を重ねたサラリーマンがターゲットでしょう。 実食 とりあえず上州牛のたたき刺し 1,280円 を注文。 程よい赤身とサシ。 天面には茗荷とネギがのっています。 うまそ! 食感はとっても柔らか。 この値段であれば逆に安いくらいです。 そして白子ポン酢 680円 こちらも新鮮。 くどさがなくクリーミー。 さらに日本酒を注文するとお猪口が選べます。 その日の気分で変えるのもいいでしょう。 カウンターで店長・副店長と談笑。 「にし季」という名前は「故郷に錦を飾る」のにしきからとったものだとか。 とっても対応が丁寧。 ずいぶんと修行されたのかな〜といった感想。 店長・副店長からもらった名刺。 裏返して合わせるとにし季さんのマークになります。 正味1時間の滞在。 楽しめました。 ご馳走さまでした。 まとめ 2020年1月にオープンしたばっかりの居酒屋にし季さん。 これから欲しいのは知名度。 もありますがまだ投稿はないようです。 これからですね。 皆さんもお試しあれ。 それでは。

次の

田町の居酒屋にはお一人様でもゆっくりと楽しめるカウンター席がございます

田町 居酒屋 一人

謎の店シリーズ2 「焼肉はるみ(芝浦ホルモン)」 田町(移転先) 生ビール(アサヒスーパードライ)500円 田町駅から芝浦側にまっすぐ行ったところに突如できた「創業昭和二十九年 芝浦ホルモン」。 真新しいビルなのに、なんで創業昭和29年なのって?それは以前、田町駅と品川駅のちょうど真ん中の芝浦・高浜橋のあたりにあったふる~い店がこちらに移転してきたからだ。 こちらは移転先の「芝浦ホルモン」。 「ホルモンはるみ」は「焼肉はるみ」として2階の一角に入店している。 (移転前) 芝浦のあたりに東京都心とは思えないバラック小屋が立ち並ぶ不思議な一帯があり、そこにあるホルモン焼肉屋数店が東京都の立ち退き(おそらく山手線新駅開発の一環) で徐々になくなっていた。 そしてその最後の一店だったのが「ホルモンはるみ」。 これがその「はるみ」。 東京都心のビル街の一角にあるとは思えない。 移転前の「はるみ」に行ったら、移転先の「はるみ」も行ってみたい気になるのが人情ってものだ。 なので、さっそく行ってみた。 「ホルモンはるみ」は「焼肉はるみ」にかわっていた。 店主のはるみさん?はおなじみ。 こちら飲み物メニュー。 生ビールは500円。 生ビールは銅かなんかの器ででてくる。 銘柄は・・・忘れた。 たしかアサヒスーパードライだったような・・ こちら焼肉、ホルモン、串のメニュー。 さあさっそく注文します。 「ガツ刺し」580円(左)と「センマイ刺し」680円(右) 「牛マルチョウ」560円(左)と右は忘れた! 「チョレギサラダ」680円。 チョレギって聞くと、毎回キムタクの「チョ待てヨ!」を思い出してしまう(そのドラマを実際は見たことないんだけど笑)。 そういえば、移転前の「ホルモンはるみ」はキムタク主演の「HERO」のロケ地になったそうですヨ! 「タン塩」1280円。 焼肉なんでヤキヤキしちゃいましょう。 「カルビ」1280円。 カルビもヤキヤキ。 「ハラミ」980円。 ハラミもヤキヤキ。 「ホルモン」900円。 前身はホルモン屋なので、ホルモンもヤキヤキ。 これは「つくね」560円。 玉子付き。 肉に飽きたので野菜系にいく。 「チャンジャ」500円と「ナムル」500円。 同じ500円ならナムルの量の多さはお得感がある。 「焼きおにぎり」250円。 嬉しいタクアン付き。 「もつ煮込豆腐」480円。 「なんこつ」300円。 鶏じゃなくて豚のなんこつ? 「そぼろ丼」480円(左)と「辛そば」480円(右)。 思ったほど辛くなかった。 ホルモン女子と乾杯!誕生日3日前だったので誕プレたくさんいただきました~~~ 移転前の店と比べると値段がだいぶあがったのだろうか。 一人あたりの金額も2倍近くになっていた。 田町駅前という立地もあるだろうが、ちょっと高かった印象~~ 【今日の会計】一人5000円くらい 上記料理 生ビールたくさん 「焼肉はるみ(芝浦ホルモン)」 田町 生ビール(アサヒスーパードライ) 500円.

次の