寒中 見舞い メッセージ。 【文例付き】寒中見舞いの書き方を正しく理解しよう

寒中見舞いの書き方と文例

寒中 見舞い メッセージ

【この記事の所要時間 : 約 3 分】 寒中見舞いは、正月明けの小寒 1月5日頃 から立春(2月4日頃)までの期間に出すものですが、年始のあいさつに年賀状が一般的であるのでなかなか使いどころが難しいと考えている方もいるかと思います。 そんな寒中見舞いにも便利な使い方があります。 1.年賀状を出さなかった相手からもらった年賀状への返事 2.喪中にもらった年賀状への返事 3.喪中の人への挨拶 などですね。 何らかの事情で年賀状が出せなかった時に便利なのが寒中見舞いです。 もし立春(2月4日頃)を過ぎてしまった場合は、余寒見舞いという形で出すこともできるので、様々なフォローに利用できますね。 そのような役割を担っている寒中見舞いですので、やはり手書きで何かしらかの一言、メッセージ、コメントを入れる必要があると思います。 ではどのような一言がいいでしょうか?悩まれている方も多いかと思いますので、参考までに例文を考えてみました。 喪中の方にはお祝いの言葉やレジャー、遊びの話は慎む方がいいでしょう。 ・ばたばたしておりましてご挨拶が遅くなり申し訳ありません。 遅くなりましたが、今年も是非よろしくお願い申し上げます。 ・暖かくなりましたら、今年こそぜひこちらにもおいでください。 ・そちらは寒さが厳しいとのことで案じております。 ・風邪などお召しになりませぬようお気をつけてください。 ・外出するのも戸惑う今日この頃ですが寒さに負けずお過ごしください。 ・お元気を出されて暖かな春を迎えられますことを、お祈り申し上げます。 ・どうかお元気で乗り切られますよう、心からお祈りいたしております。 ・春の日射しが見られるようになりましたら、またお会いできればと思っております。 ・寒さがやらわぐ頃、お会いできればと思っております。 ・私の方は、おとそ気分もようやく薄れ、寒さに負けず気持ちを新たに頑張っています。 ・松の内の賑わいも過ぎ、寒さもひとしおの日々ではございますがどうかお体を大切になさってください。 年賀状を出さなかった相手からもらった年賀状への返事の場合、お詫びは必要だと思いますが、年賀状を出せなかった理由まで書くかどうかは非常に微妙なところですね。 相手との関係性などで判断した方がいいでしょう。 以下のサイトのように考えていいとは思います。 こちらが出さなかった年賀状への返事として出す場合には、年賀状のお礼やこちらが年賀状を欠いた理由やお詫びなども書くことになります。 この「年賀状を出せなかった理由とお詫び」が、マナー解説サイトや情報誌では必須項目として取り上げられていることがありますが、個人的には、お詫びはともかく理由は必ずしも書かなくてもよいように思います。 年末はずっと出張だった、プリンターが壊れた、出したつもりがカバンの中、などの「出せなかった理由」を相手に読ませるよりは、もらった年賀状の内容に触れたり、自身の近況報告をするほうが建設的ですし、相手にも喜んでもらえるのではないでしょうか。 どういった役割で寒中見舞いを出すのかを明確にしておく必要がありますね。 カテゴリー• 281• 1,418• 145• 179• 125• 129• 120• 100• 147• 242• 301• 237• 131• 361• 108• 157• 590• 120• 191•

次の

知らないと恥をかくかも!? 寒中見舞いの出し方や時期

寒中 見舞い メッセージ

寒中見舞いの役目は案外多い 本来は寒さが厳しい時期のお見舞い状 寒中見舞いも本来は暑中見舞いと同じで、気候が厳しい時期にお相手を気遣うためのあいさつ状です。 ただし、暦の上で一年のうち最も寒さが厳しいとされる1月から2月初旬に出すのがマナーとされていますから、実際は寒さが厳しくても、12月に寒中見舞いを出したりすることはありません。 さまざまな理由で年賀状を出せなかった相手へのあいさつにも このように寒中見舞いが1月から2月初旬に出すものであるため、最近では、年賀状を出せなかった相手へのごあいさつに寒中見舞いを送ることが多くなっています。 例えば自分やお相手が喪中の時や、年賀状またはそのお返事が遅れてしまった時、喪中と知らずに年賀状をくださった方がいた時などには、黙ってそのままにせず寒中見舞いを出すようにしましょう。 マナーだからというだけでなく、お相手もこちらの近況がわかると安心するはずです。 寒中見舞いの出し方は? 松の内が明けてから立春までの間に出す 寒中見舞いの時期は、松の内が明ける日から立春までとされています。 2017年で松の内が明けるのは、関東地方では1月8日(日)から、それ以外の地方では1月16日(月)から、どちらも2月4日(土)までということになります。 ちなみに、寒中見舞いはお相手に届くのが1月8日・16日以降であればよいので、1月7日・15日に投函(とうかん)しても構いません。 むしろ、早めにごあいさつをしておく方が、お相手にも喜ばれるでしょう。 いわゆる残暑見舞いと同じですね。 余寒見舞いは寒さが続くうちに出すといわれ、いつまでに出すものか厳密には決まっていません。

次の

寒中見舞いの文例、友達に送る時に!時期や喪中のときは?

寒中 見舞い メッセージ

年賀状と時期が終わったころに「寒中見舞い」を書いたり、もらったりする人も多いと思いますが、「寒中見舞い」の意味や出す時期はいつからいつまでなのでしょうか? また、「寒中見舞い」には印刷されたハガキを使うことが多いですが、印刷だけですと、もらった側は少し寂しいですよね。 今回は、寒中見舞いに一筆書き加える利いた一言や、メッセージ、添え書きの例文を紹介します。 寒中見舞いの意味とは? 寒中見舞いは、一年で一番寒い時に相手の健康を気遣って出す便りのことですが、以下のような目的で出すことが一般的です。 関東では1月8日~2月3日頃 関西では1月16日~2月3日頃 ということになりますね。 年賀状への返礼の場合、遅くなると相手に対して失礼だということもあり、松の内が過ぎたらなるべく早く出すようにしましょう。 はがきの種類は? 寒中見舞いのはがきには、郵便局で販売されている、 切手の部分に「ヤマユリ(普通の紙面)」「胡蝶蘭(普通の紙面・インクジェット用)」「山桜(インクジェット用)」のデザインの通常はがきを使用するのが一般的です。 喪中の場合は、 お悔やみなどで用いられる落ち着いたデザインの胡蝶蘭を選ぶのが無難です。 「ヤマユリ」や「山桜」は華やかなデザインのため、喪中の際は避けた方が良いようです。 外部リンク: また、切手のデザインが印刷されていないはがき(絵葉書など)の場合は特にデザインを気にする必要はなく、自分が好きなものを用いても問題ありません。 但し、 喪中の場合は、華やかなデザインのはがきや切手を選ばないよう気を付けましょう。 「弔事用63円普通切手花文様」という切手があるのでそれを使用するといいでしょう。 気の利いた一言・メッセージ・添え書き 基本的な文章が印刷されたはがきを使用する場合、一筆添えるともらった人もうれしいですよね。 ここでは、例文を紹介いたします。 ただし、 喪中の場合は添え書きなどをするのはマナー違反という考えもありますので、一筆添えることは避けた方が無難です。 みなさまお変わりありませんか」 「お久しぶりです。 お近くにおいでの際はお知らせください」 「〇〇ちゃんもいよいよ春から小学生ですね!」 「娘が今年は受験生です。 温かく見守ってくださいね」 「暖かい季節になったら、ぜひ我が家へ遊びにいらしてください」 「今年は長期休暇に遊びにいかせていただきます!」 「子どもたちがすくすく成長するよう願っています」 「久しぶりにお会いしたいですね」 「春に家族で帰省します。 そのときはぜひお会いしましょう」 「いつも気にかけてくださり、感謝の気持ちでいっぱいです」 「旅行はいかがでしたか?今度お土産話を聞かせてくださいね」 「息子が水泳を習い始めました。 昨今は、メールやSNSでのやりとりが増え、はがきで季節の挨拶をすることは減ってきていますし、印刷だけのはがきも多いですよね。 しかし、届いたはがきに手書きの一言が添えられているだけで、その人が自分のことを想いながら一筆添えてくれたんだな~と心が温かくなりませんか? 自分が出す立場でも、相手の事を思い出し、考えながら一筆添えると、きっと気持ちも相手に伝わるのではないでしょうか。 関連: 関連: 関連: -.

次の