サントリー ボス 回収。 サントリー/「クラフトボス ミルクティー」170万本回収

サントリー、ペットボトル入り紅茶を回収=微生物混入の恐れ:時事ドットコム

サントリー ボス 回収

お知らせ• サントリーお客様センターでは、新型コロナウイルス対策のため、電話受付体制を縮小し、 受付時間を短縮して運営しております。 このため、つながりにくい場合がございますが、 何卒ご理解を賜りますようお願い申し上げます(お客様センター受付時間:平日10:00~15:00)。 なお、メールでも受け付けておりますので、ご利用ください。 suntory. suntory. (2020年6月24日)• よくいただくご質問• ソフト ドリンク• 目的別 サントリーお客様センターでは、新型コロナウイルス対策のため、電話受付体制を縮小し、受付時間を短縮して運営しております。 なお、メールでも受け付けておりますので、ご利用ください。 suntory. つながりにくい場合もございますので、 上記メール受付もご利用ください。 suntory. 電話機が非通知設定の場合は、恐れ入りますが電話番号の最初に「186」をつけておかけください。 要配慮個人情報をお伝えいただく場合、事前に、ご本人様の同意を得ていただきますようお願いいたします。 お手紙 〒135-8631 東京都港区台場2-3-3 サントリーお客様センター 宛.

次の

「クラフトボス ミルクティー」170万本を自主回収:朝日新聞デジタル

サントリー ボス 回収

サントリーのクラフトボスミルクティーの健康被害や体調不良は? 公式サイトでは自主回収がかかった クラフトボスについての健康被害(影響) について次のように言及しています。 このたび、「サントリー クラフトボス ミルクティー 500mlペットボトル」に、中味成分が分離し、香味変化が認められた商品があることが判明しました。 これまで健康被害は確認されておりませんが、万全を期すために、対象ロットを自主回収することとしました。 suntory. html? ですが、実際腹痛や下痢を訴える 人が多くいました。 サントリーのこいつしか飲まないし、でもラベル表記まで見てないからなぁ。 なんとも言えない。。 — なた kiriu09ro このような声がたくさんある中、 健康被害がないと言い切るのは 少し信憑性にかけますよね。 回収に至った原因の1つに微生物の 残存がありました。 この微生物が悪さして下痢や腹痛 などを引き起こしているのではないか と考えます。 なので、この微生物について 調査しました。 サントリーのクラフトボス500mlの微生物は何?身体への影響は? クラフトボスに残存していた微生物は 「 セレウス菌」と呼ばれるものです。 このセレウス菌ってなに?と 気になると思いますので調べました。 セレウス菌とは? セレウス菌セレウス菌は、河川や土の中 など自然界に広くいる細菌です。 一般的な菌は加熱すると消滅しますが、 この菌はやっかいで加熱しても 生き続けます。 saraya. html そして、この菌は「嘔吐型」と「下痢型」 の2種類存在するらしく、これらを 取り込んでしまうと起こりうる症状が、 ・嘔吐型は激しい吐き気や嘔吐 ・下痢型は腹痛や下痢など です。 今回のクラフトボスで検出されたのは 下痢型のセレウス菌とのこと。 この症状は一過性のものですが、 菌の潜伏期間が8〜16時間なので、 その期間は下痢や腹痛が襲ってくる 可能性があります。

次の

サントリーのクラフトボスミルクティー 500ml(ペットボトル)の健康(身体)への影響(被害)は?

サントリー ボス 回収

【サントリー クラフトボス ミルクティー 500mlペットボトル】およそ170万本を自主回収…いったい何があった? 【サントリー クラフトボス ミルクティー 500mlペットボトル】およそ170万本を自主回収となりました。 いったい何があったのでしょうか? 製造元の【サントリー食品インターナショナル】曰く、 ペットボトル入りのミルクティーの成分が分離して味が変化した商品が見つかった とのこと。 自主回収量はおよそ170万本と発表しました。 これまでに健康被害は確認されていないとのことです。 健康被害がないことを祈ります。 自主回収の対象商品は? 【サントリー クラフトボス ミルクティー 500mlペットボトル】が自主回収となるのですが、 対象商品は、青いキャップの下の部分に 賞味期限「2020年08月」、末尾の製造所固有記号が「/JJ」 と記載されている商品とのことでした。 皆さまよく見てくださいね! どうして今回発覚し、【自主回収】至ったのか? 製造元の【サントリー食品インターナショナル】の発表では、 先月、商品を購入者から店舗宛てに 味が「酸っぱく感じる」 という指摘があったとのこと…。 製造元が、調べると 「紅茶と乳成分が分離し味が変化していた」 ことが判明したようです。 これに気づいた購入者の方は本当にすごいです。 味覚障害の人間が増えている日本でこのように気づかれる方もいらっしゃるんですね…。 私は気づけないだろうな…と思いました。 考えられる原因は? 製造元の【サントリー食品インターナショナル】考えられる原因として、以下を述べています。 今の所、健康被害はないとのこと。 よかったです。 製造元も衛生面には十分気を付けているかと思います。 それでも起きてしまった今回のトラブル…。 対象のおよそ170万本を回収するそうです。 私も結構この商品は飲みました。 最近はホットを購入していたので、対象商品は飲んでいないかと思っていますが…。 消費税増税でネットで大量購入している方もいるかと思いますし、全国に出回っているので、今回の回収は製造元も大変かもしれませんね…。 今回改めて【微生物混入】について考えた。 異物混入であれば、目に見えたり、口に入れた段階で気づくかもしれませんが、【微生物】となるとわかりません。 【清涼飲料水製品の微生物的危害要因】について全国清涼飲料連合会がまとめているものを見ることができました。 以下リンクです。 清涼飲料水製品の代表的な生物的危害要因とは? 清涼飲料水製品の代表的な生物的危害要因としては、微生物に起因する食中毒発症 とのこと。 自然界には多くの微生物が存在しており、清涼飲料水の製造時において付着すると考えられる微生物は 細菌類と真菌類 カビ・酵母 とのことでした。 要因としては【土壌】が最も多いと考えられているとか…。 他には以下の場合も考えられるようです。 本当に製造元は大変ですね…。 上記内容を聞いただけで頭がおかしくなりそうです。 どうやって防ぐのか? このような微生物発生の原因は 加熱殺菌不足 とのこと。 加熱殺菌不足によって微生物の生残と密封不良による微生物の混入につながるそうです。 簡単にコンビニでペットボトル飲料を購入していましたが、このような大変な作業と努力の上に出来上がったものかと思うと、気持ち的に簡単に飲めなくなりそうです。 しかし、このような食品製造業の方々はすごい大変なお仕事をされていますね…。 感服いたします。 今回の回収を巡って…。 本当に今回の回収にあたって、味の変化に気づかれた消費者の方は本当にすごいと思いました。 あと、大量生産という製造作業のなかで衛生面に気をつけながらの大変なお仕事をされている清涼飲料の製造工場の方々もすごいと思いました。 私たち人間の口に入り、体内に影響する食物のこと、あらためてキチンと考え直し、自分がどういったものを口にするのか考えなくてはとも思いました。 いろいろ考えていくと、ペットボトルのようなプラスチック製品のごみ問題までにつながりますね…。 しかし、170万本も回収…たいへんです。 以下リンクは製造元の【サントリー食品インターナショナル】です。 回収方法等詳しく載っていますので、必要のある方は参照されてください。 最後までお付き合いいただきありがとうございました。 suntory. html.

次の