ハイイロ アザラシ。 ハイイロアザラシ、英生物写真2012

ハイイロアザラシとは

ハイイロ アザラシ

バルト海の汚染とともに激減したアザラシ バルト海の汚染とともに激減したアザラシ バルト海のアザラシは、過去30年間で少しずつ消えていった。 その長い間アザラシは海の汚染に苦しんでいたが、ほとんどの人はそれに気付くことなく生活してきた。 そんなときに突然、北海の大量死が起きたため人々の間では大きな話題になった。 しかし、気付いたときには遅く、バルト海のアザラシは汚染に蝕まれ、ぼろぼろになり、静かに死んでいたのであった。 皮肉な話だが、このような大きな事件がなかったら人々は海の汚染に苦しんでいるアザラシや多くの海洋生物のことに気付かないでいたに違いない。 アザラシたちの長い苦しみはバルト海の汚染、とくにPCBによってもたらされたものだった。 つまり、人間が生活を楽にしようとして作ったものがいつのまにかアザラシや他の動物を痛めつけていたことになる。 このバルト海には3種類のアザラシが生息している。 、 ワモンアザラシ 、そして北海で大量死したのと同じ ゼニガタアザラシ だ。 これらのアザラシは、1900年にはバルト海全体で 35万頭 が生息していたものと推定されている。 その後アザラシは急速に減少し、今では わずか2000頭 が生息しているだけだという。 アザラシの減少していた理由の1つとして1960年代まで狩猟が行われていたことが挙げられる。 この頃は、狩猟が大きな割合を占めているといえる。 狩猟が禁止された直後にはアザラシの数は著しく増えていたという報告があったが、少したつと狩猟の禁止にもかかわらず、アザラシの数は減少しているという事実が出てきた。 そこでヨーロッパの研究者が詳しく調査をしていると、バルト海のアザラシたちの繁殖率が低下していることがわかった。 実際には、アザラシの生殖能力が低下していたのではなく、破壊されていたというのが実情である。 この調査によって、アザラシの繁殖能力は通常の50%以下になっていたという。 今ではこの繁殖能力は20%下回るところまできている。 このことから、アザラシが絶滅するのも時間の問題になっているといえる。 研究者がアザラシの子宮を調べたところ、排卵管に異常が見られた。 この症状が年齢の高いアザラシだけでなく、若いアザラシの間にも見られたことにより、一時的な症状ではないということがわかる。 これは、ホルモンの異常によって引き起こされたと考えられている。 アザラシが妊娠した際、ホルモンの異常によって胎児が早い段階で死亡し、これが腐って卵管の癒着などを引き起こすものだった。 こうした症状はバルト海のメスのアザラシの50%以上に起きていた。 この原因としてはPCBの汚染が考えられている。 これを確かめるために、アザラシに蓄積されているのと同じ量のPCBをミンクに投与するという実験が行われた。 実験結果はアザラシもミンクと同じ症状がでてきた。 結果を裏付けたのはバルト海のアザラシだったという。

次の

アザラシ全19種類を画像付きで徹底解説!あなたのお気に入りはどの子?

ハイイロ アザラシ

Contents• アザラシが見られる水族館の地域別一覧リスト アザラシを見ることのできる水族館をご紹介します。 リンクになっている水族館については、 当サイトの水族館紹介ページへのリンクとなっています。 (1)アザラシの種類別一覧 現在、 日本の水族館で見ることのできるアザラシは以下の9種類です。 以下のリンクをクリックすると、種類別の 水族館リスト(地域別)と、 主な見分け方をご紹介するページに飛びます。 下線の個別ページも、これから順次に作成する予定です。 アゴヒゲアザラシ• ハイイロアザラシ• ワモンアザラシ• クラカケアザラシ• キタゾウアザラシ• カスピカイアザラシ (2)アザラシの代表的な種類と分類 アザラシは世界で19種類が確認されていますが、 日本の水族館で観られるのは9種類です。 かつては タテゴトアザラシやミナミゾウアザラシといった種類も飼育されていましたが、現在は前述の9種類となっています。 日本の水族館で最も多く観られるのが、その名の通り「ゴマ」のような黒い斑点が特徴の ゴマフアザラシです。 某アニメの「ゴマちゃん」のモデルとして有名ですが、なぜか最大の特徴であるゴマ模様が無い真っ白な姿だったので誤解があるかもしれませんね。 また、日本での飼育の歴史は古く、 世界に先駆けて日本ではじめてゴマフアザラシの繁殖に成功しています( ワモンアザラシやバイカルアザラシも日本での繁殖が世界初です)。 また、同じく身体の模様が特徴的な ゼニガタアザラシも多くの水族館で観られます。 毛の白い部分が 真ん中に穴の開いた昔の「銭」の形をしています。 さらに、意外と多くの水族館で観られるのがこちらの バイカルアザラシ。 初めて観た時にはその黒目の大きさに驚かれるかもしれませんが、日本の水族館では比較的多く観ることのできるアザラシです。 何気なくアザラシを観ていたという方も、こうして比較すると、色々な種類のアザラシがいることにお気づきになったと思います。 全国の水族館の中から、一度により多くの種類と出会える水族館を ご紹介します。 1:【4種類】おたる水族館(北海道) 日本で最も多くの種類・数のアザラシに出会いたい時には、 おたる水族館がオススメです。 ほとんどの種類が屋外の広い「プール」にいて、餌やり体験などでコミュニケーションを楽しむことができます。 おたる水族館は、 種類の多さだけでなく、数もかなりたくさんいるので、アザラシ好きにとっては大満足できること間違いありません! 【おたる水族館で観られるアザラシの種類】• ゴマフアザラシ• ゼニガタアザラシ• アゴヒゲアザラシ• ワモンアザラシ アザラシの生態 アザラシは種類によって特徴の違いはありますが、魚やイカなどを食べる肉食性である点では概ね共通しています。 日本近海には、北海道周辺を中心として、以下の5種類が生息しています。 ゴマフアザラシ• ワモンアザラシ• ゼニガタアザラシ• クラカケアザラシ• アゴヒゲアザラシ アザラシは普段はボーッとしている可愛い姿が注目されがちですが、 意外と鳴き声は低く激しいので、驚かれるかもしれません。 また、 海を深く潜水して獲物を狩るハンターとしての一面のあるアザラシもいます。 必ずしも群れで行動する種類ばかりでもなく、生活スタイルは様々です。 水族館へ行かれた際には、どんな種類のアザラシがいて、どんな特徴を持つのか、ぜひ展示パネルなどにも目を通してさらに楽しんでみてください!.

次の

ハイイロアザラシと会える水族館|WEB水族館

ハイイロ アザラシ

スポンサードリンク ハイイロアザラシの基本情報 学名 Halichoerus grypus 英名 Gray Seal 分類 ネコ目(食肉目)アシカ亜目アザラシ科ハイイロアザラシ属 分布・生息域 北大西洋 大きさ 雄:体長2. 5m~3. 3m体重最大300kg、雌:体長1. 6m~2m体重100~150kg ハイイロアザラシは一部地域で毛皮目的の狩猟が行われていますが、海洋動物が手厚く保護されているアメリカの沿岸などではむしろ個体数が増加傾向にあります。 IUCN 国際自然保護連合 のレッドリストでも、ハイイロアザラシが絶滅する恐れは小さいと評価されていて、カナダでは増えすぎたハイイロアザラシの駆除の要望も出されていますが、未だに実行はされていません。 分類 ハイイロアザラシ Halichoerus grypus は食肉目アシカ亜目アザラシ科ハイイロアザラシ属に属する海洋動物です。 食肉目はネコ科やイヌ科など、捕食者に特化した動物からなるグループです。 アザラシ科はアシカ科、セイウチ科と共にアシカ亜目 鰭脚類とも を構成しており、クマ科と近縁であることが判明しています。 クマ類との共通祖先のうち、海での暮らしに適応する形に進化したグループと言えるでしょう。 アザラシ科は世界で10属19種が知られていて、ハイイロアザラシ属はハイイロアザラシ1種のみからなります。 特徴 ハイイロアザラシは、雄が体長2. 5mから3. 3m、体重最大300kgで、雌が体長1. 6mから2m、体重100~150kgとなり、雄の方が大きくなります。 アザラシ科の中では中型の大きさと言えるでしょう。 体型は首が短く、ずんぐりとしている上、四肢の5本指の間には水かきが発達して鰭と化している、典型的なアザラシ科の形態を示しています。 ハイイロアザラシの体色は個体によって変化が大きいものの、基本的には灰色から黒色の地に、白灰色や茶灰色の斑が全身に点在しています。 また、雄より雌の方が毛色が濃い傾向が見られるのも特徴です。 産まれたばかりの仔アザラシは、密集した柔らかな白い毛に覆われているため、全身真っ白です。 心が通じた瞬間。 東側のヨーロッパでは、スカンジナビア半島周辺からバルト海、北海、ブリテン諸島、アイスランドにかけて見られ、西側の北米東海岸ではカナダのニューファンドランド島周辺からアメリカのバージニア州沿岸までで見られるアザラシです。 2006年には日本の秋田県でハイイロアザラシの幼体が観察されましたが、通常太平洋には現れない種であるため、迷入個体であったと考えられます。 ハイイロアザラシは沿岸性で、繁殖期に特定の営巣地 コロニー に集まり、それ以外の時期には沿岸の岩礁海岸や小島を棲みかとし、浜辺で休息している姿がよく見られます。 食性については、タラ類などの魚を主に捕食していると長年考えられていましたが、 近年の目撃報告や解剖結果から、ネズミイルカやゼニガタアザラシ、海鳥類などより大きな生物を捕食していることが明らかになってきています。 これほど大きな生物を襲う例としては、同じアザラシ科では他に、南極大陸周辺に分布しているヒョウアザラシが知られているぐらいです。 繁殖期になると、ハイイロアザラシは営巣地に集まって縄張りを形成しますが、それほど激しい争いは起こしません。 出産は東大西洋で秋に行われるのに対して、西大西洋では冬に行われるという違いがあります。 産まれた直後は白く貧弱な体躯の仔アザラシですが、母親の濃厚な母乳を飲むことで休息に成長し、生後1ヶ月ほどで毛が生え変わって、大人と同じ撥水性の密集した灰色の毛に覆われます。 そして自ら餌を求めて海に入るようになるのです。

次の