猫 馬肉。 ローフード

『馬肉は犬猫ちゃんに最適のお肉ですか? 』

猫 馬肉

【目次】 猫は魚が好き?その理由は? ご家庭で食事に魚が出ると、猫達がソワソワし始める事はありませんか? 我が家でも焼き魚の日には、愛猫が目を丸くして尻尾もやや膨らんだ興奮状態で「なんですか!この美味しそうな匂いは!」といった様子でテーブルの周りを徘徊します。 魚が好きな猫も多いので、猫は魚が大好物というイメージもありますね。 猫の先祖が暮らしていた砂漠にはまず水が少ないので、当然魚はいません。 という事は、 猫は元々魚が大好物だった訳ではないんですね! では、どうして猫は魚を食べるようになったのでしょうか?その答えは、私達日本人の食生活が関係していました。 日本食のイメージも、ステーキやパンではなく、焼き魚とお味噌汁と白米といったものが和食と呼ばれますよね。 大昔は当然現在のようにキャットフードなどは出回っていなかったので、猫が食べるものも自分で捕まえた獲物以外は、その地域の人間が食べているものの残飯などでした。 つまり、元々肉食の猫が魚を食べるようになったのは、 その地域の人間の食生活の中心が魚であったことが影響しているからなんです。 日本以外で世界的に見ても、猫が魚を好んで食べるのは、海に面していたり魚が沢山採れる地域限定のようです。 一方で、海に面していない国の猫達は、現在でも魚ではなく肉を主食にして生活しています。 猫にマグロを与える効果は? 猫が元々肉食動物というお話をさせて頂きましたが、その国の人々の食生活からも魚が大好きという猫も数多く存在します。 また、 猫の血液や内蔵、筋肉や被毛を作る源であり、エネルギー源でもあります。 そんな猫にとって重要なタンパク質が、マグロには豊富に含まれています。 「ファイト~!一発!!」でお馴染みの栄養ドリンクにも含まれているタウリンですが、私達人間や犬は体内で合成することができます。 しかし、猫はタウリンを体内で合成することが出来ないため、 食事から補給する必要があるんです。 タウリンは、多くのキャットフードにも含まれています。 タウリンが不足すると目に障害が起きたり、心臓や肝臓の病気になる可能性があるので、タウリンは猫にとって必須の栄養素と言えます。 ビタミンB6が不足すると、猫の皮膚や血液に異常が起こる危険性がある為、キャットフードやサプリメントから補う必要があります。 マグロにはビタミンB6も豊富に含まれています。 神経組織の発達や血液の流れを良くする働きがある為、 腎臓系の病気の予防にも繋がります。 しかし、これらは摂りすぎると良くないとも言われているので、 与え過ぎには注意しなければなりません。 ただし、マグロに含まれる量は青魚と比べると少ないので、適量であれば害にはなりません。 そのままではもちろん、お湯や水を注ぐだけですぐに食べられます。 着色料、保存料など無添加で長期保存することができます。 猫に生魚や刺身を与える時の注意点は? 猫が魚も好きだからといって、どんな与え方をしてもいいという訳ではありません。 愛猫が欲しがっていると可愛くてついついお刺身をあげたくなってしまう飼い主さんも多いと思いますが、猫に生魚を与える時にはいくつか注意点があります。 魚には猫の体にも効果的な成分が含まれていたり栄養価の高い食べ物ではありますが、与え過ぎると猫の健康に害になってしまうこともあります。 例えば、以下の病気に注意が必要です。 ・ヒスタミン食中毒 ・チアミン欠乏症 ・イエローファット これらは、猫が生魚を食べすぎてしまう事でかかってしまう危険性のある病気です。 私達人間でも美味しいものはついつい沢山食べたくなってしまいますが、食べ過ぎると危険と知らない猫達は、与えられたら美味しくてお腹一杯食べてしまう事でしょう。 愛猫が病気になって苦しむのを防ぐためにも、飼い主さんが量をコントロールし、少量を餌などに混ぜて与える事をお勧めします。 病気の心配以外にも、生魚の美味しさに味をしめてしまい、それ以外のご飯やいつもの決められたキャットフードを食べなくなってしまう可能性もあります。 生魚やお刺身は おやつやご褒美としてほんの少し与える程度にし、日常的に与えたり主食にするのはやめましょう。 猫にとってはお刺身そのものが特別であり充分ご馳走ですし、醤油を付けて与えたりすると 塩分の摂りすぎになってしまいます。 また、マグロ漬けやカルパッチョなどの元々味付けがされているお刺身は人間にとって美味しいものですが、猫には塩分や油分が多過ぎるので、これらも与えるのは控えましょう。 しかし、猫は人間よりも遥かに小さい個体なので、うっかり与え過ぎてしまった場合、青魚に含まれる不飽和脂肪酸によって体内の脂肪が酸化してしまい、 イエローファットという病気になってしまう事もあります。 特に内蔵に潜んでいる事が多いのですが、内蔵以外に寄生虫がいることもあります。 寄生虫によって猫がアレルギーやその他の病気になってしまう事もあるので、与える際には内臓は避け、十分に加熱するなどして与えるようにすると安心です。 寄生虫は、体の表面や体内に寄生し、それぞれ猫の体に害を及ぼします。 猫につく寄生虫はたくさんの種類が存在していて、寄生虫によって猫の体に現れる症状も違ってきます。 中には、人間にうつる寄生虫もいるため、正しい知識が必要だと言えます。 寄生虫によって現れる猫の症状について、また寄生虫による病気について、ご紹介します。 さらに寄生虫の予防法についても知っておくと良いでしょう。 まとめ 我が家では愛猫に生魚を一度も与えた事がないのでお刺身を欲しがる事はありませんが、焼き魚には興味津々で、フクロウかと思う程目が丸くなります。 猫は元々肉食動物と言いますが、飼い猫にとってはなかなか野生の動物を捕まえて食べる機会はなく、キャットフードが主流です。 キャットフードにもお魚が使われているのでその匂いからも魚が好きな猫は多いですが、いくら魚が好きだからといって与え過ぎて猫が病気になってしまったら、猫も飼い主さんも辛い思いをする事になります。 現代の猫達はキャットフードから充分栄養素を補給出来ていますので、猫に生魚やお刺身を与える際には量をコントロールし、与え方にも注意してあげて下さいね。 — おすすめ記事 —.

次の

お勧めできる!自然食の総合栄養食のドッグフード『馬肉自然作り』│Burubio blog

猫 馬肉

猫の餌のやり方の基本!大きさや年齢別に紹介 猫の健康管理のためにも、 適正な餌の量と 回数を与えることが大切です。 1日に どれくらいの量を与えて、餌を 与えるのに 正しい回数や時間帯があるのか 見てみましょう。 でも、これは 一般的な目安にすぎません。 あなたの飼っている猫に合った餌の量を 知るには、「 1日に必要な摂取カロリー」を 計算する必要があります。 では、実際にどんな計算をするのか 見てみましょう! 猫が1日に必要な摂取カロリー• 3kgの猫なら 210~240kcal程度• 4kgの猫なら 280~320kcal程度• 5kgの猫なら 350~400kcal程度 この計算式を活用して、より猫に合った 餌の量を決めるようにしましょう! 猫の餌の種類にはどんなものがあるの?• ドライフード 栄養バランスに優れていて、 保存性が高いキャットフード。 種類も豊富です。 プレミアムキャットフード キャットフードの中で最も 高品質で栄養バランスが高く、 原料となる食材にもこだわりを 持っています。 一般的な ドライフードより割高です。 ウェットフード 水分を多く含んでいる使い切り タイプの猫の餌です。 缶詰と レトルトパウチの2種類が あります。 回数と時間帯は? 「猫にプレミアムキャットフードを 与えているから安心!」 そんな風に思って いませんか? でも、餌の質や量以外にも考えなければ いけないことがあります。 それは、 1日に餌を与える回数や時間帯です。 その答えは、Q&A形式でご紹介します! Q1. 餌を与えるのに1日に1回だけでもいいの? 自分のペースで食べる猫の場合は、 1日に1回でも問題はありません。 でも、 消化機能が未発達な子猫や 消化機能が 低下してきたシニア猫には、 おすすめ できません。 子猫の場合、 1回に食べれる量が少なく、 一気に全部食べるには無理があります。 シニア猫も同様で、食が細くなってきて 1度にたくさんの量を食べてしまうと、 消化機能に負担がかかり、 体調不良や病気の 原因になってしまいます。 でも、この与え方は あまりおすすめ できません。 その理由は、餌が長時間空気に触れて 酸化しやすくなるからです。 また、 早食いの習慣がついてしまいます。 酸化した餌や早食い癖によって、喉を 詰まらせたり、 猫の体にとって良いことは ありません。 Sponsored Links Q3. できるだけ回数多く分けて与えた方がいいの? 餌を与える回数が多ければいいかと言うと そうではありません。 例えば、 1日に4回以上餌を与えると、 膀胱炎や尿結石になりやすくなります。 猫は餌を食べた後、 尿が酸性からアルカリ性 寄りになると言われています。 そのため、1日に何度も食事をすることで アルカリ性化した 尿内の成分が結晶化し、 膀胱内部が傷ついたり炎症を起こします。 【年齢別の回数や時間帯】 1日に与える餌の回数 餌を与える時間帯 子猫 3~4回 朝、昼、(夕)、夜 成猫 2回 朝(6~8時)、夕(18~20時) シニア猫 3~4回 朝、昼、(夕)、夜 猫はもともと 朝と夕方に獲物を獲って食事を していたため、 朝と夕方に猫に餌を与える ことがより自然なことです。 朝に与えた時間から 12時間後に与えるのが 望ましいとされています。 食事間で猫がお腹を空かせるようなら、 間食に猫用のおやつを与えましょう。 ただ、ニオイや味に敏感な猫だと、 金属のニオイが気になって餌を食べない 猫もいるようです。 プラスチック製の餌入れ プラスチックの場合、 手軽に使えて安く 購入できる点が特徴です。 ただ、 傷つきやすく汚れも落ちにくいため、 定期的に新しく買い変える必要があります。 レジャーなど外に出かける際には おすすめです。 では、その原因や対処法について、 見ていきましょう。 そのため、長時間放置した餌や長期間 保存した餌は ニオイが消えてしまうので 猫が食べなくなることがあります。 この場合、 古いものは捨てて新しい餌に 変えるか、 ウェットフードを少し混ぜて あげると食べてくれます。 この場合は、数種類の餌を用意して ローテーションさせて与えると食べて くれようになります。 ローテーションのひとつとして、 身近で手軽に購入できる人気の プレミアムキャットフード 『ピュリナワン』もおすすめです。 出典; その人気の理由はと言えば・・ 13種類もの充実なラインナップと 健康に必要な6要素がバランス良く 配合されているからなんです。 健康を害する 合成着色料・香料が無添加 というところも安心ですね。 お得な定期お届け便がおすすめです。 定期お届け便の特典• 1袋2. 13種類の充実のラインナップから 選べて商品変更可能• 人気の「モンプチシリーズ」も 購入可能• 2,000円相当のお買い物ポイント• オリジナルキャットトンネル 但し、注意点として• 3回以上の継続が必要• 4,000円以上で送料無料 となっていますが、小分けになって いるので長期保存に適していることや 人気のモンプチシリーズが同時購入 できるのでクリアできそうですね。 なので、 与える前に常温に出しておいてから 与えるようにしたり、 それでも食べなければ 新しいものを出してあげましょう。 とくに 子猫から成猫になったばかりの猫に 多く見られます。 成長期にあった子猫は、 成長に必要な栄養を 摂るためにガツガツ食べます。 でも、成長が落ち着き 成猫になると食欲が 落ち着き、毎回一定量の餌を食べるとは 限らず、 食べる餌の量にむらが出てきます。 でも、むら食いは 猫にとっては自然なこと なので、心配する必要はありません。 餌の種類を変えてみると食べてくれることが あります。 少しでも異常が見られたら、動物病院で 診察してもらいましょう!.

次の

<クール便>馬肉 赤身パラパラミンチカット

猫 馬肉

「馬刺し」が大好き!という方も多いことでしょう。 犬にも生の状態で与えることができる安全性の高いお肉です。 また、馬肉は飼育中にホルモン剤や抗生物質などを投与されることもないので、清浄肉と呼ばれるほど安全です。 低脂肪低カロリーでありながら高たんぱくな食材なので、犬が必要とするたんぱく質を効果的に摂り入れることができるでしょう。 最近では、愛犬の健康を気にする飼い主や高級志向の飼い主向けに、馬肉を原材料としたドッグフードも多くなっています。 それほど馬肉は愛犬の健康作りに欠かせない成分が多く含まれているという事です。 肝臓や腎臓に疾患を持つ犬やシニア犬の食事にも積極的に摂り入れることが勧められているほどです。 com 愛犬の普段の食事にドッグフードを与えているなら、馬肉を与えるときはその分ドッグフードの量を減らしてバランスを取るようにしましょう。 副食を与えるときは1日の食事量の10~20%程度を与えると良いとされています。 ドッグフードのトッピングに加えたり、おやつやご褒美として与えたりすることができます。 犬の食事を手作りしている場合は 「肉類50%、ご飯40%、野菜類10%」が犬の栄養バランスとして良い比率とされています。 この比率をもとにして、犬の体重ごとにどれくらいの馬肉を与えることができるか見てみましょう。 超小型犬の場合 超小型犬とはポメラニアンやマルチーズ、ヨークシャーテリア、チワワやトイプードルといった犬種のことで、体重が4kg未満の犬を指します。 超小型犬の1日の食事量は体重1kgの犬で約100gです。 犬の体重が1kg増えるごとに食事量は約50gずつ増やします。 肉類は食事量の半分なので、超小型犬(体重1~3kg)に与えていい肉量は 50g~100g程度と考えることができます。 小型犬の場合 小型犬は体重が10kg以下の犬のことです。 柴犬やパグ、狆(チン)、シーズーやミニチュアダックスフンドといった犬種がその中に含まれます。 小型犬(体重5~10kg)の1日の食事量は体重に合わせて約300~500g程度です。 小型犬の食事量は体重が1kg増えるごとに40gずつ増やす計算です。 食事量のおよそ半分が肉類だとすると、 150~250g程度の馬肉が与えていい量となります。 中型犬の場合 中型犬にはウェルシュコーギーやパセンジー、ビーグルやバセットハウンド、ボーダーコリーといった犬種が含まれていて、体重が25kg以下の犬のことです。 体重10~25kgの中型犬は1日の食事量が500~1000g前後です。 中型犬は体重が1kg増えるごとに35gずつ食事量を増やすことができます。 馬肉などの肉類は 250~500gを目安に食事に含めることができるでしょう。 大型犬の場合 大型犬とは体重が25kg以上の犬のことです。 ラブラドルレトリバーやゴールデンレトリバー、セントバーナード、ドーベルマン、ダルメシアン、ボルゾイといった犬種が含まれます。 大型犬(体重25~40kg)は食事量が約1000~1450g程度です。 大型犬は体重1kg増加するごとに30gずつ食事量を増やします。 馬肉は食事量の半分である 500~725gほど与えることができます。 子犬の場合は注意が必要 馬肉は歯が生え始めた子犬にも与えることができますが、子犬にも与えるときは慎重に与えるようにしましょう。 子犬は消化がまだ上手にできません。 下痢や嘔吐など消化不良を起こしやすいので、体重に関わらず 「ごく少量」だけ与えて様子を見るようにした方が良いでしょう。 また、成長のためには栄養バランスが大事なので、子犬が喜ぶからといって馬肉ばかり与えてもいけません。 com 馬肉には 良質なたんぱく質が豊富に含まれています。 たんぱく質は皮膚や被毛、筋肉や爪の健康を保つのに非常に大切な栄養素です。 血液や骨を作るのにも欠かせません。 馬肉は 「オメガ3脂肪酸」や 「オメガ6脂肪酸」も豊富で、これらは血液の循環や動脈硬化の予防に効果を期待できます。 鉄分は豚肉の4倍、鶏肉の10倍ほど含まれていますし、エネルギーを蓄える 「グリコーゲン」は牛肉の3倍も含まれています。 犬に馬肉を与えるときの注意点 馬肉は基本的に犬に安心して与えられる食材ですが、すべての犬が食べて問題ないわけではありません。 中には、馬肉も含め特定の食材にアレルギーを持つ犬もいます。 また、日ごろ食べ慣れていないものを口にしたときに下痢や嘔吐してしまう犬もいるので、アレルギーの可能性も含め、初めて犬に馬肉を与える時はたくさん与えるのではなく、ティースプーンに軽く1杯程度からスタートするようにしましょう。 もし、馬肉を食べた後で皮膚を痒がるとか、口の周りが赤い、嘔吐や下痢の症状が出ているといった場合はアレルギー反応が出ている可能性もあります。 自己判断せずに獣医師に相談するようになさってください。 スーパーで販売されている加熱用肉を生で与えても問題ない? 馬肉は生の状態でも安心して与えることができますが、スーパーなどの置いてある鶏肉や豚肉などを生の状態で与えるのは危険です。 基本的にスーパーなどに置いてある肉は加熱することを目的として販売されています。 生の状態の鶏肉や豚肉などには大腸菌やサルモネラ菌、カンピロバクターなどの細菌が付いている恐れがあります。 これらの菌は加熱すれば死滅しますが、生で食べてしまうと食中毒を起こしてしまう危険が高くなります。 生では与えないようにしてください。

次の