横浜市 葬儀屋。 横浜の葬儀|葬儀社比較 費用など横浜の葬儀屋は・・・

【横浜市旭区】|葬儀屋・葬祭業者一覧

横浜市 葬儀屋

急な出来事でしたが、しっかりと支えてくれました 横浜市 K様のお葬式 葬儀場 横浜市北部斎場 葬儀プラン 家族葬45万 会葬人数 80人 葬儀費用 932,220円 旅行中に弟が亡くなり、家族全員がパニックの状態でした。 とにかく葬儀社を探さなくてはと思い見つけた葬儀社がグランドセレモニーでした。 直ぐに連絡をして『地元横浜市で家族葬がしたい』と家族からの希望を伝えると、弟の身体を横浜まで空輸してもらう業者と寝台車等直ぐに手配してくれました。 混乱していた私たち家族も翌日には横浜市の自宅に戻り、落ち着いて葬儀の打ち合わせができました。 当初家族のみでの家族葬を予定していましたが、弟の職場の方たちが約100名いらっしゃるということで葬儀社の方に相談。 料理やその他に必要なものも直ぐに手配してもらい無事に葬儀を終えることができました。 旅行先で探した葬儀社ということで不安もありましたが、グランドセレモニーにお願いをしてよかったと思います。 母の希望に沿った、家族だけの温かい葬儀ができました。 横浜市 A様のお葬式 葬儀場 横浜市南部斎場 葬儀プラン 家族葬36万 会葬人数 24人 葬儀費用 385,000円 3年前の父の葬儀は他の横浜市内の葬儀社にお願いをしました。 その時は300名以上の参列・高額な葬儀代と母は心底疲れ『私の時は家族だけで見送って欲しい』と言われていました。 母の体調が悪くなり葬儀社を探しているとき、同僚からグランドセレモニーの評判を聞き早速見積の問合せをしました。 金額は他の葬儀社に比べ安く、対応も丁寧だったので依頼を決めました。 家族葬で送りたいという大まかな話だけすると、『家族で手紙を書いてはどうか』や『母が趣味で書いていた絵を式場に飾っては』など、家族が気持ちよく母を見送るための助言をたくさんしていただきまいた。 また、御導師様の紹介もしてもらいました。 とても人柄がよく、こんな御導師様と葬儀社のかたに手伝ってもらい送られた母は喜んでいると思います。 最後まで心のこもった対応でした。 とても感謝しています。 横浜市 E様のお葬式 葬儀場 横浜市戸塚斎場 葬儀プラン 火葬13. 5万 会葬人数 7人 葬儀費用 135,000円 そろそろ葬儀社を決めておいてくださいと病院から話が有り、家族でいくつかの横浜市の葬儀社に問合せました。 その中でもグランドセレモニーさんは対応が丁寧でした。 葬儀に関して無知な私に家族葬や火葬式など細かく説明してくれました。 何よりも安心できたのは、葬儀にかかる金額をしっかりと教えてくれる点でした。 家族に相談し、葬儀社はグランドセレモニーにしようと決めました。 父が亡くなった際は電話で『以前問合せた者です』と伝えると直ぐにお迎えに来てくれました。 その後の自宅での安置でも、注意点や用意したほうが良いもの等丁寧に教えもらい助かりました。 火葬だけで見送ることに後ろめたさおを感じていましたが、アドバイスをもとにできる限りのことはやれたのではと思います。 有難うございました。 神奈川県は郊外と人口の多い都市部とでは、葬儀事情に大きな差があります。 都市部の横浜市では葬儀は簡素化の傾向がありますが、交通の便の良さや立地の良さなどの理由から、会社の仕事終わりに通夜参列することが容易で、会社や学校を休まなくても参列がしやすいことから、通夜と葬儀の参列者にばらつきが少なく、両方参列する人も他地域に比べて多いのが特徴です。 また、都市部に多い、集合住宅等の住宅の事情により、故人様をご自宅にご安置出来ずに、火葬場に併設されている保管施設や葬儀社に預け、通夜当日を迎える流れが主流とありつつあります。 横浜市内には葬儀社も数多く存在しますが、葬儀の簡素化を受け、小規模の家族葬を提案する葬儀社が増えています。

次の

【小さなお葬式】横浜市で葬儀・家族葬が11.9万円からおこなえる葬儀社

横浜市 葬儀屋

急な出来事でしたが、しっかりと支えてくれました 横浜市 K様のお葬式 葬儀場 横浜市北部斎場 葬儀プラン 家族葬45万 会葬人数 80人 葬儀費用 932,220円 旅行中に弟が亡くなり、家族全員がパニックの状態でした。 とにかく葬儀社を探さなくてはと思い見つけた葬儀社がグランドセレモニーでした。 直ぐに連絡をして『地元横浜市で家族葬がしたい』と家族からの希望を伝えると、弟の身体を横浜まで空輸してもらう業者と寝台車等直ぐに手配してくれました。 混乱していた私たち家族も翌日には横浜市の自宅に戻り、落ち着いて葬儀の打ち合わせができました。 当初家族のみでの家族葬を予定していましたが、弟の職場の方たちが約100名いらっしゃるということで葬儀社の方に相談。 料理やその他に必要なものも直ぐに手配してもらい無事に葬儀を終えることができました。 旅行先で探した葬儀社ということで不安もありましたが、グランドセレモニーにお願いをしてよかったと思います。 母の希望に沿った、家族だけの温かい葬儀ができました。 横浜市 A様のお葬式 葬儀場 横浜市南部斎場 葬儀プラン 家族葬36万 会葬人数 24人 葬儀費用 385,000円 3年前の父の葬儀は他の横浜市内の葬儀社にお願いをしました。 その時は300名以上の参列・高額な葬儀代と母は心底疲れ『私の時は家族だけで見送って欲しい』と言われていました。 母の体調が悪くなり葬儀社を探しているとき、同僚からグランドセレモニーの評判を聞き早速見積の問合せをしました。 金額は他の葬儀社に比べ安く、対応も丁寧だったので依頼を決めました。 家族葬で送りたいという大まかな話だけすると、『家族で手紙を書いてはどうか』や『母が趣味で書いていた絵を式場に飾っては』など、家族が気持ちよく母を見送るための助言をたくさんしていただきまいた。 また、御導師様の紹介もしてもらいました。 とても人柄がよく、こんな御導師様と葬儀社のかたに手伝ってもらい送られた母は喜んでいると思います。 最後まで心のこもった対応でした。 とても感謝しています。 横浜市 E様のお葬式 葬儀場 横浜市戸塚斎場 葬儀プラン 火葬13. 5万 会葬人数 7人 葬儀費用 135,000円 そろそろ葬儀社を決めておいてくださいと病院から話が有り、家族でいくつかの横浜市の葬儀社に問合せました。 その中でもグランドセレモニーさんは対応が丁寧でした。 葬儀に関して無知な私に家族葬や火葬式など細かく説明してくれました。 何よりも安心できたのは、葬儀にかかる金額をしっかりと教えてくれる点でした。 家族に相談し、葬儀社はグランドセレモニーにしようと決めました。 父が亡くなった際は電話で『以前問合せた者です』と伝えると直ぐにお迎えに来てくれました。 その後の自宅での安置でも、注意点や用意したほうが良いもの等丁寧に教えもらい助かりました。 火葬だけで見送ることに後ろめたさおを感じていましたが、アドバイスをもとにできる限りのことはやれたのではと思います。 有難うございました。 神奈川県は郊外と人口の多い都市部とでは、葬儀事情に大きな差があります。 都市部の横浜市では葬儀は簡素化の傾向がありますが、交通の便の良さや立地の良さなどの理由から、会社の仕事終わりに通夜参列することが容易で、会社や学校を休まなくても参列がしやすいことから、通夜と葬儀の参列者にばらつきが少なく、両方参列する人も他地域に比べて多いのが特徴です。 また、都市部に多い、集合住宅等の住宅の事情により、故人様をご自宅にご安置出来ずに、火葬場に併設されている保管施設や葬儀社に預け、通夜当日を迎える流れが主流とありつつあります。 横浜市内には葬儀社も数多く存在しますが、葬儀の簡素化を受け、小規模の家族葬を提案する葬儀社が増えています。

次の

横浜市で葬儀をするなら!評判の良いおすすめ葬儀社と斎場

横浜市 葬儀屋

横浜の 葬儀は、 斎場を利用する葬儀が多い傾向があります。 横浜は住宅密集地や共同住宅(アパート・マンション)が多く、 自宅で葬儀を行ないにくいという事情があるからです。 横浜には、 横浜市久保山斎場 西区 ・ 横浜市南部斎場 金沢区 ・ 横浜市北部斎場 緑区 ・ 横浜市戸塚斎場 戸塚区 など公営斎場があり、これらの施設で葬儀を行なうことができます(横浜市民が葬儀を行なう場合は利用料が安くなります)。 なお、 市営斎場は葬儀の手配を受け付けていないため、 に依頼する必要があります。 横浜の葬儀社( 葬儀業者)なら、市営斎場の予約手配はもちろん全ての手配を行なってくれます。 また、市営斎場が予約できない場合は、横浜市内の民営斎場で葬儀も行なえます。 事前見積もりと説明が丁寧であり、 後からビックリする金額が請求されることはない。 葬儀だけでなく横浜の 役所手続きもしっかりやってくれるため、不安なく葬儀ができる。 葬儀の 横浜役所手続き・お墓・仏壇など後の手配も心配ない。 スタッフも評判が高い。 ホームページでは50名の会葬者で葬儀と返礼品等で約100万円〜、 斎場使用料金は不明(要見積もりと問い合わせ)。 横浜の葬儀社では比較的大手だが、総額で葬儀費用一切でいくらかかるかは要問合せ。 セレモ倶楽部という会員制度を運営している(入会金が必要)。 比較的料金設定は低いが、ホームページでは会葬者向けの料理やセットに含まれていないものもあるため最終的な料金総額は要確認。 海洋葬を取り扱っている。 横浜では比較的小規模な葬儀社。 一般的な葬儀でも会葬者が多い場合に使うのが良いだろうが、家族葬等には不向きかもしれない。 互助会のため積立金が必要。 葬儀料金等は不明であり問合せが必要。 斎場の費用が少し高めになる可能性もある。 特徴的なのは 「供花」を花祭壇の材料に使って花祭壇の料金を割り引くなどをしている点。 但し、花を送って頂いた方に説明がつくのかなど難しさは残ると思われる。 横浜の金沢、上永谷、金沢文庫の自社斎場で葬儀を行なう。 大手の鉄道会社であるため会社の信用度は高いと思われるが、葬儀の質は未知数。 ホームページでは料金が高めであり、予算はある程度必要。 横浜の葬儀であれば地の利はある。 横浜市の地域密着が謳い文句。 南区内に 安置室を持っている。 料金体系は家族葬・火葬式・一般葬の3つがあるが、各プランには供物・会葬礼状・搬送・料理などが含まれていないので事前の見積もり依頼が必要だろう。 家族葬プランと一般葬プランは祭壇は白木祭壇か花祭壇かを選択する。 生協の会員が利用できる横浜の葬儀サービス。 実際の葬儀サービスの提供は、横浜を中心とした神奈川の葬儀業者が行う。 あんしん友の会という会員制度を運営しているため会員料金と一般料金は異なる(入会金が3,000円必要)。 料金体系は葬儀種類別に家族葬・火葬式・一般葬・一日葬がある。 一日葬と一般葬のサービス一式額が同じなのが気になるところ。 葬儀料金だけでなく、自社の葬祭ディレクターが施行を行なうのかどうかも事前に確認した方が良いかもしれない。 横浜市で利用できるその他の葬儀社 市の行政では高齢者福祉が充実している分だけ、死亡後の手続きも多く、役所や火葬場も混雑しています。 地理的に都心や近隣県から参列者が来ることもあり、斎場の場所選び(葬儀場へのアクセスや施設の内容、利用料等を考慮)も重要です。 公営斎場は駅から離れている場所もあり、会葬者(参列者)は遅い時間帯に訪れるため、お通夜には親切な案内が必要です。 なるべく事前に、或いは、その時が来たとき(その時は心身とも疲れていることが多い)に、安心して事務手続きなどの一切を任しっぱなしにできる横浜の葬儀社を選ぶべきと言えます。 横浜の方は葬儀の費用負担が軽減されることがありますので確認しましょう 横浜市の方で国民健康保険に加入していた方の葬儀を行った場合は 5万円の葬祭費が給付されます。 葬儀の給付金を申請する方の本人確認書類や印鑑(シャチハタ不可)、葬儀社・葬儀屋からの領収書や請求書等及び振込先の口座番号などを提出してください(2年以内に申請する必要があります)。 また、死亡直前3か月以内に加入していた健康保険に被保険者本人として加入していた場合及び健康保険から傷病手当金の継続給付を受けていた場合等では、火葬後の埋葬料ももらえますので確認しましょう。

次の