飲みコール ホスト。 飲み会コール一覧!お酒の一気コールの歌【盛り上がる】

【動画付き】大学生がよく使う飲み会のコール20選!コールのメリットも紹介!│カレッジノート

飲みコール ホスト

略して体入(たいにゅう)とも言います。 代表(だいひょう) 代表取締役のことを指します。 ホストの世界では経営者としてというより、お店の看板ホストが顔役として就任している場合が多いようです。 卓チュー(たくちゅー) 店内で接客中に、席でコッソリお客とキスをする事です。 担当(たんとう) お客が指名しているホストを指します。 関西圏では口座(こうざ)という呼び方が一般的です。 タンブラー グラスの事を指しており、ホスト業界では基本的にグラスをタンブラーと呼びます。 【ち】 チェイサー 強いお酒を飲む時や、飲みすぎた時に、口直しのために飲む水や炭酸水のことを指します。 チェック お会計のことです。 チャージ お客が入店後、席についた時に発生するサービス料(席料)を指す言葉です。 チャーム セット料金に含まれる無料のおつまみを指します。 居酒屋等でもよく聞く「付きだし」「お通し」とも言われます。 一般的なホストクラブでは、チョコレートやミックスナッツ、プリッツなどをチャームとして提供しますが、大箱のお店ではオードブルを提供する場合も。 ちゃんぽん 色々な種類のお酒を飲むことを指す場合と、様々な種類のお酒を混ぜて飲むことを指す場合の2つの意味があります。 長崎ちゃんぽんの事ではありません! 中箱(ちゅうばこ) 卓数が30前後のホストクラブを指します。 一般的なホストクラブは、大体このぐらいの大きさだと思って下さい。 【つ】 冷絞(つめしぼ) 主にお客が使う、冷たいおしぼりを指します。 対義語としてテーブルを拭く際に使用する「乾絞(かわしぼ)」というものもあります。 【て】 出禁(できん) 「出入り禁止」の略です。 お客がお店やホストと問題を起こした場合、入店禁止になります。 店カラ(てんから) 店内にお客が居ないカラの状態を指します。 【と】 トーション 女性客の膝掛けを指します。 優しく掛けてあげましょう! 同伴出勤(どうはんしゅっきん) 出勤前にお客とデート(同伴)をして、一緒に入店(出勤)することを指します。 デートの内容は食事やカラオケが多く、それを終えてからの出勤のため、通常よりも2時間程度遅い出勤となります。 動物園(どうぶつえん) ルックスが微妙で、ハズレのホストが多いお店を指します。 ホストなら絶対に働きたくない場所ですね(笑) 飛ぶ(とぶ) お客、またはホストと連絡が取れなくなる状況の事です。 お客の場合は、ツケの支払いが困難になって飛ぶ(逃げる)。 ホストの場合は、仕事が嫌になって飛ぶ(辞める)。 以上のようなパターンが、それぞれの最も多いシチュエーションです。 友達営業(ともだちえいぎょう) 飲み友達感覚でワイワイしたり、相手の愚痴や相談に乗ったりするなど、お客と友達のように接する営業スタイルを指します。 略語である友営(ともえい)の方がよく使われています。 ドンペリ 高級シャンパンである「ドン・ペリニヨン」の略語です。 【な】 内勤(ないきん) 会計やお酒の発注などといった事務的な仕事をメインで行う、サポート・店舗運営スタッフのことを指します。 殆どのお店で専属の内勤を募集していますが、中には、元ホストが能力を買われて内勤に転職するという事例もあります。 ナンバー 一ヶ月の売上トータルの成績順位を指します。 何位までにナンバーの称号が与えられるかは店舗によってまちまちですが、大体上位5名を発表します。 ナンバーワン(No. 1) 店内での売り上げが一番高いホストを指します。 ナンバーの順位が上がるほど、出勤時間や給与の面で優遇措置を受けられます。 【に】 ニコイチ 二人一組の客を指します。 三人一組は「サンコイチ」と呼びます。 【ね】 年確(ねんかく) 「年齢確認(ねんれいかくにん)」の略語です。 ホストクラブは法律上18歳未満の未成年の入店が禁止されています。 お店によってはお酒の飲めない20歳未満の入店も自主規制している場合もあります。 初めて来店するお客に対しては、年齢確認をするために写真付きの身分証明書の提示を必ず求めています。 【の】 ノーゲス 「no guest:ノーゲスト」の略語で、店内にお客が一人もいない状態を指す言葉です。 飲みキャラ いじられキャラの一つで、お酒を飲むことに特化したホストを指します。 多種多様なキャラのホストがいることで、様々なお客のニーズに応えています。 【は】 ハウスボトル セット料金内に含まれている飲み放題ボトルのことを指します。 「キープボトル」と違い、飲み放題のため自由にお酒の種類は選べません。 バカラ 一本数十万円以上する高級ブランデーです。 爆弾(ばくだん) お客に対して絶対にしてはいけないこと(タブー)を指します。 ホストのプライベートをヘルプがバラす事や、担当ホストがいるお客と連絡先を交換して営業妨害するなど、ホスト業界のルールを破る行為全般に対して使われる言葉です。 バック ホストに支払われる「歩合給」を指す言葉です。 「売上バック」「指名バック」「同伴バック」など、様々な歩合給がホスト業界にはあります。 ハッタン 「8オンスタンブラー」の略語です。 容量は240mlで、主に焼酎やブランデーを飲む際にこの大きさのグラスを使います。 パネル お店の入口に額入りで飾られていて、在籍しているホストの顔写真や名前を載せているパネルのことを指します。 バンス 「Advance アドヴァンス 」の略語で、ホストに対しては「前借り、前払い」という意味になります。 お客に対しての「バンス」は、「ツケ、掛け」の意味になります。 【ひ】 ビアタン ビールを飲む際に使うタンブラー(グラス)を指します。 VIPルーム(びっぷるーむ) メインフロアにある席とは異なり、個室や区画されたりしてある場所にある特別な客室を指します。 周りに他のお客がいない点や、ソファやテーブルの質が違ったり音が静かだったりするので、ホストとお客の2人だけの空間を演出しやすく、より親密な接客が可能となります。 料金は通常の席よりかなり高額に設定されています。 日払い その日に稼いだ給料全額をその日にもらえるシステムを指します。 「全日(ぜんにち)」とも言います。 姫(ひめ) 女性客全般を指す言葉です。 ホストにとって、どういう方であれ女性客はみんな「姫」なのです。 【ふ】 歩合(ぶあい) 「バック」と同義語で、成果に応じて支払われる給料の事を指します。 売れっ子ホストは高額の歩合給を得ているため、この部分でホスト個々の給与の差が出ます。 風営法(ふうえいほう) 正式名称は「風俗営業等の規制及び業務の適正化等に関する法律」と呼ばれる日本の法律です。 「善良の風俗と清浄な風俗環境を保持し、及び少年の健全な育成に障害を及ぼす行為を防止する」ことを目的に制定された法律で、風俗営業に関する営業時間、営業区域、店舗の構造等を規制しています。 太客(ふときゃく) 月に多額のお金を使ってくれるお客を指します。 最も金払いのいい太客の方を「エース」や「極太(ごくぶと)」と呼びます。 フリー ホストをまだ指名をしていないお客や、新規のお客を指す言葉です。 フル盛り(ふるもり) 「フルーツの盛り合わせ」を指す言葉です。 ホストクラブではお酒以外にも食事や果物を用意しています。 【へ】 ヘルプ 自分の担当ホスト以外のホストがテーブルについて接客する事。 お客の隣ではなく「ヘルプ椅子」と呼ばれる丸椅子に座って接客をする。 酒を作る、灰皿を取り替えるといったサポート役以外に、担当ホストが席を離れた時に話し相手となり場を繋ぐという業務などをこなす。 【ほ】 坊主(ぼうず) 主に関西地方で使われている言葉で、丸一日指名客が一人も来なかったホストの状態を指します。 保証給(ほしょうきゅう) 売上がゼロでも、一定額の給料をもらえるシステムです。 基本給とか永久保証、最低保証などといった呼び方もあります。 新人の頃は歩合給が付きにくいので、高額な保証給を支給してくれるホストクラブを探すのも良いでしょう。 ホスタン 「ホストタンブラー」の略語で、ホストが使うグラスを指します。 細客(ほそきゃく) 指名ホストに対して、お金を全然使わないお客を指す言葉です。 対義語は「太客(ふときゃく)」で、細客より更にお金を使わないお客の事を「極細(ごくぼそ)」と言います。 本彼(ほんかの) ホストが営業関係なく実際に付き合っている本命の彼女を指す言葉で、基本的にお客としてお店に呼びません。 ホストが本命として狙っている女性を指す場合もあります。 本彼営業(ほんかのえいぎょう) 上記のような「本彼」状態を匂わせて、お客を本命の彼女だと思い込ませる営業スタイルを指します。 非情に感じるかもしれませんが、これもホストの営業テクニックの1つなんですよ。 ~編集部の感想~ 中編となるホスト業界用語解説ですが、今回の内容も相変わらず長いですね 笑。

次の

ホストクラブや水商売の業界用語を解説!【た~は行】:ホストで働く!~リアルに教えるホストクラブの現場~:ホストワークチャンネル(ホストワーク編集部)

飲みコール ホスト

まず最初は、飲み会でも万人受けする定番の一気飲みコールを紹介します。 とくに、幅広い年齢層の人たちが集まる飲み会でオススメ。 普段はあまり話さない上司と一緒に盛り上がれるので、是非覚えておきましょう。 その名も「ちょっといいとこ見てみたいコール」です。 コールのネタが尽きたら、こちらも使ってみましょう。 「〇〇のちょっといい~とこ見てみたい」と軽く歌いながらお酒をグラスいっぱいに注ぎ、グラスに手をかけたら、コールをかける人が 「はい」や「そ~れ」と言います。 と同時に他の人たちも一斉に「イッキ!!イッキ!!イッキ!!・・・」と、飲み終わるまで一気飲みコールをかけ続けます。 定番中の定番ですが、誰でも知っている一気飲みコールです。 この一気コールはいつでも突然始められるので、前フリや準備もいりません。 どんなコールが流行っているのか、ネット動画などで情報を集めておくといいかもしれません。 お酒は飲みすぎないように、楽しく飲むのが一番ですから、流行に乗ったり笑えるギャグを取り入れたり、少し変化をつけるのもアリですよ。 のように「私のことは嫌いになっても、お酒のことは嫌いにならないでください!」と叫びます。 そして、「ナーナーナー」の部分を皆にも歌わせ、盛り上げます。 「君の~中略~手に入れようか」の部分は「飲む! 飲む! 飲む飲む飲む飲む!」と、煽ります。 飲む役を回しながら、サビがくるたびにコレを繰り返すだけです。 『フライングゲット 僕は一足先に 飲む!飲む!飲む飲む飲む飲む飲む!』 今や誰でも知っているアイドルの曲ともいえますから、世代を問わずに飲み会の定番となりつつある一気飲みコールですね。 『ハイ、ドドスコスコスコ、ドドスコスコスコ、ドドスコスコスコ…おいしー!』 といった感じを、飲み干すまで繰り返します。 お酒の飲みコールでは童謡を含めた歌も定番 最後に、誰でも知ってるメロディーなので覚えやすくて盛り上がる一気飲みのコール、飲ませる歌を紹介します。 こちらの飲ませる歌はアニメやJ-POPに疎い人でも知っている歌ばかりなので、全員を巻き込み注目を集めることができます。 漏らさずチェックしましょう。 1番だけでなく、2番以降もつながりがるのが醍醐味ですね。 そんなときは、この定番コールで一気飲みをしてもらいましょう。 テンションが高い飲み会でもその効果を発揮する飲み会一気コールです。 リンダリンダの部分を『ビンだビンだ 瓶だ瓶だ ー』と連呼します。 ビール瓶を飲み干す時にとりわけ使いやすい飲ませる歌ですね。 ビールを飲みおわるまでサビの『ビンだビンだー』を繰り返し歌いましょう。 もちろんビール以外でも、瓶できたものには使える歌です。 コールのやりすぎには注意!楽しい事が前提 楽しい飲みのコールを見てきましたが、前提として忘れてはいけないことがあります。 それは、飲み会でのお酒コールは楽しむためにあるということです。 せっかくの飲み会ですから、堅くならずに楽しんだ方がいいですが、あまりにもやりすぎると上司や他の社員にまで迷惑をかけてしまうかも…。 そうならないためにも、飲み会コールは頭の片隅で限度をわきまえてやれるといいですね。 酒の摂取量が多すぎると体への負担が増える 当たり前ですが、酒の摂取量が極端に多いと二日酔いになったり身体に深刻なダメージが残る場合もあります。 ニュースでも、主に学生の急性アルコール中毒や、最近では「アルハラ」なんて言葉も耳にしますよね。 そんなニュースにならないようにしてこそ、本当に楽しい飲み会と言えるはずです。 お酒コールがかかるとテンションが上がるのは仕方のないことですが、そういった部分にも気をつけながら楽しみましょう。 お酒が飲めない人は「水 お冷 」を頼むorコッソリ注文 ここまで、飲み会一気飲みコールについて見てきましたが、なかには全くお酒が飲めない人もいますよね。 そんな人は無理に飲むわけにもいかないし、空気を悪くするわけにもいかないし…と悩むことが多いでしょう。 お酒が嫌いな人・飲めない人は「お水を頼むと良い」という意見がありました。 というのも、ソフトドリンクだと逃げているのが分かりやすいですが、お冷の場合は「暑いのかな?」「のどが渇いているのかな?」といったカモフラージュが出来るだけではなく、介抱の際にも役立ちます。 しかし、はじめからお水を頼んでしまうと不自然なので、まずはこっそり注文するところから始めてみてください。 飲み会を盛り上げる定番の一気飲みコールはこちらの8選を最低限覚えておこう! 飲み会で使えるお酒の一気飲みコールのまとめを見てきましたが、いかがでしたか?飲み会は社会人になれば、当たり前のように行われる交流の機会です。 その際、全員で一緒に盛り上がれる飲み会の定番一気コールを知っていれば、場が弾みます。 ただ、コール飲みは一気飲みを強制するものではありません。 飲みコールはあくまで飲み会を盛り上げ楽しむツールです。 お酒はその人のペースで適量を守るのが大切で、気分の悪い人や嫌がっている人、お酒が嫌いな人に無理強いをするのは厳禁です。 マナーもわきまえつつ、お酒を楽しんでくださいね。

次の

カラオケしながらイッキコール!飲み会で使える定番の飲み曲歌って飲んじゃって〜!

飲みコール ホスト

サークルによっては、サークル内専用のコールがあったりもします! 2. 飲み会のコールのメリット 飲み会コールが始まると以下のような2つのメリットがあります。 場の雰囲気が一気に盛り上がる• すぐに仲良くなれる 2. 1場の雰囲気が一気に盛り上げる まず1つ目のメリットは、 場の雰囲気が一気に盛り上げることができることです。 コールを使うと一気に場のテンションを上げることができます。 緊張している人もすぐにリラックスムードになります。 2すぐに仲良くなれる また、飲み会でコールを使うことによって、 すぐに打ち解けることもできます。 普段一緒に飲むことができなかった人にもコールを使って近づくことができます。 その場の楽しい雰囲気と共にいつの前にか肩を組むまで仲良くなっていることもあります。 スポンサーリンク 3. 飲み会のコールのデメリット 一方でデメリットとしては以下のようなことが挙げられます。 強制感が嫌になる• 危険(急性アルコール中毒など)• お店や周りに迷惑をかける 3. 1強制感が嫌になる 1つ目のデメリットは、 強制感が嫌になるということです。 飲み会にはいろいろな人がいます。 大人しく飲み会に参加しているだけなのに、コールを振られてしまうこともあります。 しかも、断るとその場の雰囲気を壊してしまいそうで気を使ってしまう人もいます。 こういったことないように、コールは人を見てから楽しく使いましょう。 2危険(急性アルコール中毒など) 2つ目のデメリットは、 危険ということです。 コールを使った飲み会は、お酒を一気に飲む場合が多くあります。 イッキ飲みはアルコール中毒などの危険が伴います。 適度に楽しめるようコールの使い方には注意しましょう。 スポンサーリンク 5. コールが嫌いな人のために ここまでコールの種類についてご紹介しました。 ただ、飲み会は好きだけどコールが嫌いという人はいます。 そういう人用に以下のような対応をご紹介します。 コールがない飲み会を見極める• コールの避け方を覚える 5. 1コールがない飲み会を見極める コールがない飲み会の見極め方は• 先輩にうわさを聞く• 新歓でのコールの有無 以下説明します。 1 先輩にうわさを聞く 一番早いのが先輩などにコールがあるかどうかそれとなく確認することです。 事前に確認しておけば対応もできます。 その先輩もなんとなく察してくれて何かアドバイスをくれるかもしれません。 2 新歓でのコールの有無 サークルなどに入るときにある程度の目安としての判断にはなります。 既にコールが実施されていれば考えるのも一つの手です。 いきなり振られることもないので場の雰囲気の確認をしましょう。 すごく飲んでいる先輩がいるかどうか。 新歓ではある程度抑えている場合もあります。 それでも異様にテンションの高く、お酒の量が半端ない先輩がいた場合は要注意が必要です。 2コールの避け方を覚える コールを上手く避ける方法は以下のものがあります。 酔いつぶれたふりをする• トイレに行く• お酒が飲めないアピール• コールが苦手な人たちで固まる 1つずつ説明をしていきます。 1 酔いつぶれたふりをする 飲み会なのでお酒が入ります。 酔って潰れているふりをしてその場をやり過ごしましょう。 お酒が入ると判断能力が鈍りますので酔った演技をしてもばれにくいです。 しかし、あまりやりすぎると嫌われるのでここぞという時に使いましょう。 2さりげなくソフトドリンクに変える お酒を さりげなくソフトドリンクに変えておきましょう。 コークハイやウーロンハイなどは、コーラや烏龍茶に変えてもバレません。 誰も見ていないときに、サッと変えておきましょう。

次の