意思 類語。 有無、要否、賛否、是非、可否、当否…これらの言葉について

意思疎通できない人の特徴8選!とれるためのコツと意味・類語・使い方も

意思 類語

「節を屈する」の意味 「節を屈する」とは 「自分の意見を曲げて人に従う」という意味です。 「節」とは自分の意思を表し、その「節」が相手に屈するという状態を表しています。 「節を屈する」は「節を曲げる」「節を折る」とも言いますがどれも意味は同じです。 元々「節」は「ふし」とも読み、竹の継ぎ目を表します。 竹の節目はとても硬く、少々のことでは曲がったり折れたりすることがありません。 その強固な状態を人間の意思や強い気持ちに例えて「節を屈する」という言葉ができています。 「節を屈する」の使い方• 「私は節を屈してまでも、上司に気に入られたいとは思わない」 これは自分の意思や信念を曲げてまでも、人に気に入られたくはない、という意味です。 この場合の「節」は「自分の意思」を表しています。 「彼はは節を屈して私のために頭を下げた」 この場合の「節」は「自分以外の人の意思」を表しています。 自分以外の人が、その人自身が持つ意思や信念を曲げてまでそれをした、と強調することで、節を屈した人への感謝の気持ちを表しています。 「部長は取引先相手にも関わらず節を屈さずに対応した」 「節を屈する」は自分の意見を曲げて人に従うことですが、相手に対して堂々と自分の意思を貫く様を表すこともできます。 同じ状況であっても「本人の自我が強すぎて周囲に合わせようとしない」など、ネガティブな感情を表す場合には「節を屈する」はあまり使いません。 「節を屈する」の例文• 「節を屈するなんて、恥ずかしいことはできない」• 「自分が正しいと思うことは、どんなときも節を屈さずにいたい」• 「あのとき節を屈したことは今も後悔している」• 「彼のすばらしいところは節を屈しないところだ」• 「彼女は節を屈しないところが人に好かれる要因かもしれない」 「節を屈する」の類語• 「我を折る」 「節を屈する」と近い言葉に「我を折る」というものもあります。 「我を折る」とは「節を屈する」「節を曲げる」などとほぼ同じ意味です。 この場合の「我」は「自我」のことで、自分が「こうしたい」「こうでありたい」と感じている信念のようなものと考えると良いでしょう。 「牙を抜かれる」 「節を屈する」とややニュアンスは異なりますが「牙を抜かれる」も近い意味を持っています。 「牙を抜かれる」とは「その人の強みや信念がなくなる」という意味です。 強みや信念がなくなるということは、自分の拠り所がなくなるということに繋がっています。 その結果、人に流されやすくなったり、自分の意思とは裏腹であっても人に従うようになるためです。 「彼は例の件ですっかり牙を抜かれてしまった」などと使われ、あまり良い意味では使われません。 しかし、元々自我が強すぎると周囲に思われていた人の場合は「牙を抜かれたことで扱いやすくなった」というややポジティブな意味で使われることもあります。 スポンサードリンク.

次の

「意思」に関連した英語例文の一覧と使い方

意思 類語

「主体的」の意味とは 「主体的」の意味は「自分の意思で行動する様」 「主体的」とは、「自分の意志・判断で行動する様」を意味します。 他の人から強制されるのではなく、自ら状況に応じた判断を行い、自分の意思で行動することを指して「主体的」と表現します。 「主体的」の使い方と例文 「主体的に取り組む」の表現でよく使う 「主体的」は「主体的に取り組む」という表現でよく用いられます。 「主体的に取り組む」とは、誰かに言われたままにやるのではなく、「自分の意思をもって物事に取り組む」という意味です。 環境問題は各々が主体的に捉えられるかどうかが解決のカギだと思う• 主体的に考えるには、まず意識を変える必要がある なお、「主体的に捉える(考える)」とは「自分の意見だけで考える・自己完結する」という意味ではありません。 「ほかの人の意見など複数の考えを併せた上で、自分の意思を持って判断する・答えを導きだす」という意味合いです。 混同しないように注意が必要です。 教育や保育の現場でも「主体的な学び」が重視されている 「主体的」という単語は、教育や保育の現場でもよく用いられる表現です。 「主体的な学び」は「学ぶことに興味・関心を持ち学習する」というだけでなく、「次の学習あるいは将来へとつなげる学び」というキャリア形成などにからめて用いられることもあります。 また、幼児保育における使い方も同様で、受け身ではなく子供が自発的に遊んだり学んだりする環境を指して用いられることが多いようです。 「主体的」の類語 「主体的」と似た意味の単語は「自主的」「能動的」 「主体的」と似た意味の単語には、「自主的」や「能動的」が挙げられます。 「自主的」とは、「自然と自分から進んで行う様」という意味です。 特に、行う目的が明確な事柄ややるべきことが決まっている場合に用いられます。 たとえば、「自主的に練習する」というと、「(しなければいけない)練習を人に言われることなく自分から行う」という意味です。 一方、「能動的」とは、「自分から他人に呼び掛けたり訴えたりして、他に影響を及ぼす様」という意味です。 他の人からの強制ではなく、自分から働きかけることを指して用いられる表現です。 「積極的」も似た意味の表現 「主体的」と似た意味の単語には、「積極的」という単語もあります。 「積極的」とは、「ほかの人からの働きかけに関わらず、意欲的に行う様」あるいは「意欲的にほかに働きかける様」を意味します。 「積極的に取り組む」「積極的に参加する」のように、日常会話でも用いられることの多い表現です。 「主体的」の対義語 反対の意味を持つのは「受動的」や「従属的」 「主体的」と反対の意味を持つ単語には、「受動的」や「従属的」が挙げられます。 「受動的」とは、「他から動作・作用を及ぼされる様」を指し、自分の意思ではなく他人に動かされる様を表す単語です。 一方「従属的」とは、「権力者などに依存して、付き従う様・主要な事柄に対し支配される関係にある様」を意味します。 「従属的」は力関係のある点が特徴的です。 「受動的」「従属的」のいずれも、自分の意思で何かをするのではなく、他者に言われるように行動したり、付き従ったりする点で「主体的」とは対義的表現と言えるでしょう。 「主体的」の英語訳 「主体的」は英語で「independent」 「主体的」を表す英単語は「independent」です。 「independent」には「独立した・自主的な・頼らない」などの意味があります。 また、ほかにも「self-directed(自ら方向を決める、自発的な)」や「self-reliant(独立独行の)」などの表現でも「主体的」というニュアンスを表現することができます。 一方、教育などにおける「主体的な学び」という表現に関しては、「自らが考え経験・体験する」というニュアンスが含まれるため、英語では「Experiential learning」と表現されることが多いです。 日本語で使われている意味をうまくかみ砕いて英訳すると、誤解のない表現になるでしょう。 まとめ 「主体的」とは、「自分の意思や判断によって行動する様」を表します。 「自主的に取り組む」や「自主的に捉える」などの表現でよく用いられますが、いずれも「自らの意思を持って考え、行動する・認識する」といった意味合いです。 ビジネスパーソンとしてはもちろん、教育の現場でも「主体的」が重視される傾向にありますので、幼いうちから養うべきスキルのひとつと言えるかもしれません。

次の

意思の類語・関連語・連想語: 連想類語辞典

意思 類語

意思疎通とは?意味・類語・英語は? 意思疎通の意味とはお互いの考えていることが伝わり合うこと 意思疎通の意味とはお互いの考えていることが伝わり合うことです。 お互いの認識を共有し合え、理解し合えることを言います。 「疎通」が「よく通じる」という意味なので、意思疎通は「意思」がお互いに滞りなく通じ合えるという意味になります。 意思疎通の類語は以心伝心 意思疎通の類語は、以心伝心です。 以心伝心は「言葉に頼ることなくお互いの意思を伝え合える」という意味になります。 意思疎通は言葉があっても意味が通じますが、言葉の無い意思疎通は以心伝心の意味とほぼ同じになります。 意思疎通は英語で「Communicate」 意思疎通は英語で「Communicate」です。 助詞を入れた「意思の疎通」を英語で訳すと 「communication」となりますが、「意思疎通」と名刺として表すのであれば「Communicate」で問題ありません。 意思疎通とは、お互いの認識を理解し合えて意志が通じ合うことを言います。 言葉の不必要なまでの意思疎通は「以心伝心」とも言います。 これは相手と心と心で繋がっていて、お互いに同じことを理解し合えているという状態を表す使い方です。 テレパシーのように認識がリンクしていて、これ以上言葉を交わさなくても意見が合致しています。 意思疎通は「認識」が共有できていれば使い方としては合っていますので、多国語を使っても構いません。 英語を使えれば地球上でもより多くの人と意思疎通ができることになります。 言葉が通じなくても、絵やジェスチャーを使って意思を伝えることができますよね。 自分が何をしたいのかを伝えられ、相手も理解してくれたと分かった時も、意思疎通がとれると言って問題ありません。 言葉やジェスチャーなどの方法を使い、相手と意思の繋がりを求めている時に使います。 完全に意思疎通がとれる相手かまだ分からない段階です。 この「図る」の使い方は「企てる」「目論む」とほぼ同じ意味として捉えて構いません。 お互いに話し合いやサインを飛ばしたのにも関わらず、お互いの認識をしっかりと共有ができなかったパターンの使い方です。 会社内でも「意思疎通がとれない」ことはトラブルの原因になります。 意思疎通は母国語でしか取れないわけではありません。 外国語ではもちろん、ジェスチャーや絵などでも取ることができます。 会話を途中まで聞いただけで分かった気になってしまって、自分なりの結論を見つけてしまいます。 ですが本当の結論を決めるにはまだ情報が足りていない状態です。 とは言えそれを伝えようとすると「言わなくても分かっている」という態度を取ります。 自分こそが絶対的なルールであり、モラルも良識も兼ね備えた人間だと思っています。 ですがそれはとても狭い視野の中だけの話なのです。 実際には人それぞれの正義がありますよね。 ですが意思疎通できない人はそれを認めることがありません。 自分は自分、他人は他人という考え方ではなく、「自分と違う意見は絶対的に間違っている」という考え方をします。 なので意思疎通を図ろうとしても、結局は自分の価値観の図式に当てはめてしまい、正しい意図を汲めないのです。 このようなタイプは、いわゆる「頑固な人」「偏屈な人」として受け取られることが多いです。 そこで、偏屈な人や頑固者の特徴や対処法を纏めた記事をご紹介します。 このタイプの特徴を理解することで、意思疎通の方法も見えてくるかもしれませんよ。 固定概念に縛られてしまって、発展性のある話をなかなか理解できません。 想像力不足とも言います。 自分と違う意見を受け入れようとする土台はあるものの、それがどのような意図なのかを正しく認識する能力が足りていません。 相手の言葉の背景まで想像することができず、早合点してしまいます。 話を最後まで聞いた上でも、想像力が浅はかなので物事の本質に辿り着くことができません。 どうしても意思疎通をしたい場合、普通の人以上に事細かに説明しなくてはいけません。 相手の意見を汲もうとする気持ちはあるのですが、読解力やその会話に対する理解力が足りません。 誠実であろうとしてくれることも多いのですが、そもそも意図を間違って受け取ってしまうことで意思疎通を図ることが難しいタイプです。 ですがその反面、このタイプは国語力さえ身に付けば意思疎通ができるようになるケースだと言えるでしょう。 読書や文章執筆などを常習化させることで、意思疎通がしやすくなるタイプです。 情緒が安定していないと、正しい意思疎通ができません。 例えば失恋で落ち込んでいる時には誰のアドバイスも耳に入らないことがありますよね。 慢性的にメンタルが安定していない人には、正しい意思疎通を求めることは難しいでしょう。 例えばある一定の国や宗教を中心に考えてしまっている場合が当てはまります。 その考え方を基準で人格形成されてしまっているので、何をどう伝えても偏った理解の仕方になってしまいます。 この場合も正しい意思疎通が難しくなります。 意思疎通できない人は、人の話を最後まで聞かないせっかちさんであることも多いです。 また自分の価値観を信じて疑わないなど、柔軟性に乏しい人である可能性も高いです。 5W1Hとは「いつ、どこで、誰が、何を、どうして、どうのようにして」の総称です。 会話の中でこれらをしっかり意識して伝え、相手からも引き出すことで、正しい理解を得やすくなります。 会話の中に余計な情報を入れると意思疎通を図ることが難しくなります。 なるべく端的に、何を伝えたいのかをハッキリさせておきましょう。 余計な修飾を付けずに目的の内容だけ伝えられるように意識しましょう。 コミュニケーションにおいて重要なのが「誤解が無いこと」です。 少しでも「これってどういう意味なのかな」と思ったら早めに確認して解決しましょう。 誤解をしたまま意思疎通がとれていると思い込まないようにしましょう。 意思疎通を図るにおいて「自分と相手がどれ位会話の内容を理解しているのか」を共有しなくてはなりません。 分かる、分からないをハッキリと言葉で伝えて、曖昧な意思のまま話を進めないようにしましょう。 言葉でのコミュニケーションが苦手であれば、メモやメールなど様々な方法があります。 自分の不得意分野に挑むのも大切ですが、重大な場面ではその他のツールも使って意思疎通の確実性を高めましょう。

次の