オーロンゲ 弱点。 【ポケモン剣盾】オーロンゲの進化と覚える技【ソードシールド】|ゲームエイト

オーロンゲVMAXのデッキ紹介|ソロ|note

オーロンゲ 弱点

追加できるダメージは悪エネルギー2個ぶんまで。 本編における「キョダイマックス」をした姿で収録です。 ワザは3エネルギーから使用出来る『キョダイドリル』を持っています。 3エネルギーでも「170」ダメージとほぼすべてのポケモンを2回で倒せる優秀な火力を持っています。 そこから更に悪エネルギーを付けることで火力が上昇し、最大5つの悪エネルギーで「270」ダメージを出すことが出来ます。 最大火力では《ミュウツー&ミュウGX》や《レシラム&リザードンGX》といった強力な「TAGTEAM」を一撃で倒すことが出来るようになり、序盤から終盤まで非常に安定した攻撃を繰り出すことが出来るポケモンとなっています。 《オーロンゲVMAX》の進化元として収録。 『スパイキーナックル』は200ダメージと高いダメージを与えることが可能です。 ただし、デメリットとして悪エネルギーを手札にもどすという効果があります。 《オーロンゲVMAX》が強力なのでこのワザを使う機会は多くないかもしれませんが、あることに越したことはないですね。 《アブソル》 これといった特徴はないですが、2エネルギーで70ダメージを出せるポケモン。 他のカードとの入れ替え候補となるでしょう。 《アブソル(あくのはき)》が強力なので、そちらと入れ替えてみるのもありです。 《モノズ》ー《ジヘッド》ー《サザンドラ》 《モノズ》は《ウツギ博士のレクチャー》に対応しています。 《ジヘッド》は特性は持っていない1進化ポケモン。 入れ替え候補になるでしょう。 《サザンドラ》はエネルギー加速が出来る特性『ダークスコール』を持っています。 手札から好きなように悪エネルギーを付けられるため、場に出ることさえできれば切り札の《オーロンゲVMAX》を一気に育て上げることが出来ます。 《ふしぎなアメ》を使って素早く立てたい所ですね。 《クスネ》 HPが70と高めなので、HP60の《クスネ》とは使い分けが可能です。 他のカードとの入れ替え候補。 《ルギア》 電池かな? 3エネルギーのワザ『エネループ』はエネルギーを手札にもどすデメリットがありますが、手札からエネルギーを付けられる《サザンドラ》との相性は悪くないです。 カードが揃ってきたら他のカードと入れ替えましょう。 《スマホロトム》 山札の操作が可能な「グッズ」。 《ヤレユータン(さるぢえ)》との相性は良好です。 《スマホロトム》で欲しいカードを山札の上に置き、《ヤレユータン》の特性『さるぢえ』で手札1枚と入れ替えることで、《ジラーチ》の特性『ねがいぼし』の真似事が出来ます。 但し連打出来ない点や、カードが2種類必要な点もあるので、やや汎用性は劣ります。 「スターターセットVMAX オーロンゲ」の 再録カードリスト 《ホップ》 新規イラストで収録。 流石だぞ! 《クイックボール》 どんなデッキにも入る汎用「グッズ」。 流通量が少なく、1枚500円することもザラにあったので、これはありがたいですね… 《しんかのおこう》《ふしぎなアメ》《ポケギア3. 0》《ポケモンいれかえ》《ポケモンキャッチャー》《リセットスタンプ》 《クイックボール》のほかに再録される「グッズ」です。 汎用的なカードが多いので、これは初心者の方にとってはかなり嬉しいラインナップになっていると思います。 《シロナ》《ソニア》《博士の研究》 《ホップ》のほかに再録される「サポート」です。 《博士の研究》は何枚持っていても後悔しないカードなので、嬉しい再録。 これらのポケモンが場に出るまでは時間が掛かります。 ワザのエネルギーが少ない《オーロンゲV》や《アブソル》を軸にして戦い、《オーロンゲVMAX》や《サザンドラ》を場に出していきましょう。 《ふしぎなアメ》で《モノズ》から進化できるのが理想です。 《オーロンゲV》や《オーロンゲVMAX》に悪エネルギーを付けて、ワザを使えるようにしておきたい所です。 悪エネルギーが増えれば増えるほどワザのダメージが上がり、最大5つの悪エネルギーで「270」ダメージを出すことが出来ます。 相手のポケモンに合わせて、付ける悪エネルギーの枚数を調整しつつ戦うと無駄がありません。 場の基本悪エネルギーを自由に入れ替えることが出来る《マニューラGX》と、《マニューラGX》を場に出しつつエネルギー加速が出来る《レッド&グリーン》を入れてみましょう。 《サザンドラ》と一緒に入れると、デッキが進化ポケモンだらけになってしまい、扱いづらくなってしまうので《サザンドラ》か《マニューラGX》のどちらかに絞ることをオススメします。 《ボスの指令》を入れてみる 拡張パック「反逆クラッシュ」に収録されている超強力なサポートです。 強制的に相手のポケモンを入れ替える効果は最後のトドメ用として重宝します。 1枚1000円以上と高額なカードではありますが、《ポケモンキャッチャー》と入れ替えるだけでデッキの質が大きく向上します。 余裕がある方は是非とも入れてみてください。 まとめ 今回は「スターターセットVMAX オーロンゲ」について、収録内容や改造案をご紹介していきました。 《オーロンゲVMAX》が扱いやすく強力なので、初心者にはうってつけの構築済みデッキになっていると感じます。

次の

【オーロンゲ育成論】ビルドアップ採用の攻撃型のオーロンゲ!対策と弱点も解説|ポケモット

オーロンゲ 弱点

オーロンゲ育成論「ポケモン剣盾(ソードシールド)」 オーロンゲはポケモン剣盾(ソードシールド)で新しく登場したポケモンだ。 育成論について紹介していく。 能力値は攻撃が高く、HPも高めだが防御・特防が低めなので耐久力は並み。 だが、ゴーストや悪タイプの技のダメージを軽減でき、ドラゴンタイプの技は無効にできるので優秀な耐性を持っていると言える。 素早さも低いが、タイプ一致先制技の「ふいうち」を覚え、特性のいたずらごころで補助技を先制で出せるのでカバー可能。 「リフレクター」「ひかりのかべ」「でんじは」「ビルドアップ」「ちょうはつ」など覚えられる補助技は多彩だ。 アタッカーとしてもサポートとしても活躍が可能であり、相手からすると型を読みづらい点も優秀と言える。 スポンサーリンク オーロンゲの特性 いたずらごころ (使用する変化技の優先度+1。 相手が悪タイプだと技は失敗する。 ) おみとおし (自身が場に出た時、相手の持ち物がわかる。 ) わるいでぐせ(隠れ特性) (自身が道具を持っていない場合、直接攻撃を受けた相手から道具を盗む。 ) 考察 一番優先度が高いのは「いたずらごころ」。 基本的にこれ一択と言っていい。 変化技のみとはいえ先制で技をうて、オーロンゲの低い素早さを補えるので相性が良すぎる。 「おみとおし」も使えないことはない。 補助技を使わず、序盤の偵察要員として使うつもりならアリ。 「わるいでぐせ」については発動機会が限定されており使いづらい。 採用するのはおすすめできない。 スポンサーリンク オーロンゲの技考察 物理技 技名 タイプ 威力 命中 効果 備考 イカサマ 悪 95 100 相手の攻撃の値でダメージ計算する。 タイプ一致技。 特に相手が物理アタッカーの場合は攻撃に振っていなくとも高いダメージを出せる。 攻撃に振らず耐久力を重視する型であれば優先度が高い技。 DDラリアット 悪 85 100 相手の能力変化を無視 タイプ一致技。 命中が安定しているが威力は並み。 どげざつき 悪 80 100 火傷10% タイプ一致技。 オーバーヒートと違い連発できるのが長所。 威力は高めだがオーバーヒートに劣り、命中率がやや不安。 ふいうち 悪 70 100 先制技。 相手が攻撃技を選択した場合に成功する。 オーロンゲの低い素早さを補える一致先制技。 非常に便利で優先度は高いが、相手にも読まれやすい点には注意したい。 パワーウィップ 草 120 85 なし 命中不安だが威力は高い。 水、岩、地面に刺さる。 だが素早さ低下は特性「いたずらごころ」や先制技の「ふいうち」があるのでデメリットになりづらい。 かわらわり 闘 75 100 壁破壊 相手も壁張り型だった場合にこの技があると有利にたてる。 ドレインパンチ 闘 75 100 与えたダメージの半分回復。 貴重な回復技。 弱点をつければ攻撃も高いのでなかなかの回復量となる。 ほのおのパンチ 炎 75 100 火傷10%。 命中安定だが、威力が低い。 だが苦手な鋼タイプに刺さるのが特徴。 れいとうパンチ 氷 75 100 氷10%。 威力が低いが命中100。 草、飛行、地面に刺さる。 かみなりパンチ 雷 75 100 麻痺10%。 威力が低いが命中100ある。 特にギャラドスに刺さる。 じだんだ 地 75 100 技失敗の次ターンは威力2倍 サブウェポン兼ふいうちに失敗した場合の保険として使える。 スポンサーリンク 補助技 技名 タイプ 命中 効果 備考 ちょうはつ 悪 100 3ターンの間相手は攻撃技しか出せなくなる。 相手の耐久型、サポート型のポケモンに刺さる。 いちゃもん 悪 - 同じ技を連発できなくする。 交代読みなどで使っていこう。 特性もうかの場合にはHP消費にも使っていける。 ビルドアップ 闘 - 攻撃と防御を1段階上げる。 元々高い攻撃を上げ、相手の物理アタッカーにより強くなれる。 でんじは 電 90 相手をまひ状態にする。 相手を麻痺させることでオーロンゲの素早さ種族値でも先攻をとれる。 リフレクター 超 - 物理攻撃によるダメージを2分の1にする壁を張る。 先制でこの技を使うことで、並みレベルの物理耐久がさらに増す。 もちろん味方サポートとしても強力。 ひかりのかべ 超 - 特殊攻撃によるダメージを2分の1にする壁を張る。 先制でこの技を使うことで、並みレベルの特殊耐久がさらに増す。 もちろん味方サポートとしても強力。 パワースワップ 超 - 自分の攻撃・特攻のランク補正を相手の攻撃・特攻のランク補正と入れ替える。 じゃくてんほけんや相手の積み技対策。 みがわり 無 100 HPの4分の1を使って身代わりをつくる。 交代読みやターン稼ぎとして有効。 トリック 超 100 相手と自分の道具を入れ替える 道具依存の相手に対して特に有効。 特性「おみとおし」と相性がいい。 どうぐはふいうちの一撃で ドラパルトを倒せる威力を1. 2倍以上に上昇させるアイテムを選びたい。 よって、いのちのたま、くろいメガネ、たつじんのおびの3つを選ぶのが特におすすめ。 補助技はビルドアップの優先度が高め。 先制ビルドアップで積むことで、火力をさらにあげつつ相手の物理アタッカーに対抗することが可能となる。 でんじはを採用する場合にはHPを削り、素早さに12振っておけば、麻痺最速ミミッキュに先制をとれるようになるのでおすすめ。 サブウェポンは格闘・炎・地の中から選び、苦手な鋼タイプの弱点をつけるようにしておきたい。 相手ポケモンの能力値が上がっても、先制「パワースワップ」により、自身が能力上昇を奪うことができる。 基本的な立ち回りとしては先攻でリフレクターをして物理耐久を上げる。 その後、相手が積んで突破を狙ってきたらパワースワップで奪って反撃に出るといい。 相手が自身より速く、かつ弱点保険持ちが疑われるなら、わざと弱点をついて発動させ、 次ターンに能力変化を先制「パワースワップ」で奪うことで無効化できる。 ただし、特殊アタッカーには無力なので、別のポケモンで対抗する必要がある。 扱いは難しいはハマれば、能力を奪って相手パーティの崩壊も狙うことができる。 「リフレクター」と「ひかりのかべ」を張り、後続の無双を援護するのが基本。 素早さの高い相手には「でんじは」を撃ち込んで機能停止を狙うといい。 素早さに努力値を12振っており、麻痺最速 ミミッキュ抜きの調整となっている。 選択技は特攻を下げられるタイプ一致技である「ソウルクラッシュ」が一番おすすめ。 物理アタッカーを仮想敵として重視するなら「イカサマ」でもいい。 スポンサーリンク オーロンゲのパーティメンバー考察 オーロンゲを壁張り要員として使う場合にはダイマックスOR積みを行うエースポケモンを用意しておきたい。 壁張り用の場合でもそうでない場合でも、オーロンゲの弱点で使われることも多いはがね・フェアリー技に強い炎タイプを用意しておきたい。 オーロンゲの対策 ポケモン剣盾のオーロンゲは壁張り型が最も多い。 「かわらわり」を覚えているポケモンを用意しておけば、壁を破壊することができるので、オーロンゲ対策として役だつ。 また、特性「すりぬけ」を覚えているポケモンを後続に用意しておけば、壁を無視して攻撃が可能。 「すりぬけ」を持ち使用率も高いポケモンとしては ドラパルトがいるが、 オーロンゲ自身には不利なので注意が必要。 スポンサーリンク ポケモン剣盾(ソードシールド)で強くなりたい!勝ちたい!それなら育成論を見てみよう。 から各メニューを選択!.

次の

【ポケモン剣盾】オーロンゲの育成論と弱点・対策まとめ【悪戯心ビルドアップ型】

オーロンゲ 弱点

追加できるダメージは悪エネルギー2個ぶんまで。 本編における「キョダイマックス」をした姿で収録です。 ワザは3エネルギーから使用出来る『キョダイドリル』を持っています。 3エネルギーでも「170」ダメージとほぼすべてのポケモンを2回で倒せる優秀な火力を持っています。 そこから更に悪エネルギーを付けることで火力が上昇し、最大5つの悪エネルギーで「270」ダメージを出すことが出来ます。 最大火力では《ミュウツー&ミュウGX》や《レシラム&リザードンGX》といった強力な「TAGTEAM」を一撃で倒すことが出来るようになり、序盤から終盤まで非常に安定した攻撃を繰り出すことが出来るポケモンとなっています。 《オーロンゲVMAX》の進化元として収録。 『スパイキーナックル』は200ダメージと高いダメージを与えることが可能です。 ただし、デメリットとして悪エネルギーを手札にもどすという効果があります。 《オーロンゲVMAX》が強力なのでこのワザを使う機会は多くないかもしれませんが、あることに越したことはないですね。 《アブソル》 これといった特徴はないですが、2エネルギーで70ダメージを出せるポケモン。 他のカードとの入れ替え候補となるでしょう。 《アブソル(あくのはき)》が強力なので、そちらと入れ替えてみるのもありです。 《モノズ》ー《ジヘッド》ー《サザンドラ》 《モノズ》は《ウツギ博士のレクチャー》に対応しています。 《ジヘッド》は特性は持っていない1進化ポケモン。 入れ替え候補になるでしょう。 《サザンドラ》はエネルギー加速が出来る特性『ダークスコール』を持っています。 手札から好きなように悪エネルギーを付けられるため、場に出ることさえできれば切り札の《オーロンゲVMAX》を一気に育て上げることが出来ます。 《ふしぎなアメ》を使って素早く立てたい所ですね。 《クスネ》 HPが70と高めなので、HP60の《クスネ》とは使い分けが可能です。 他のカードとの入れ替え候補。 《ルギア》 電池かな? 3エネルギーのワザ『エネループ』はエネルギーを手札にもどすデメリットがありますが、手札からエネルギーを付けられる《サザンドラ》との相性は悪くないです。 カードが揃ってきたら他のカードと入れ替えましょう。 《スマホロトム》 山札の操作が可能な「グッズ」。 《ヤレユータン(さるぢえ)》との相性は良好です。 《スマホロトム》で欲しいカードを山札の上に置き、《ヤレユータン》の特性『さるぢえ』で手札1枚と入れ替えることで、《ジラーチ》の特性『ねがいぼし』の真似事が出来ます。 但し連打出来ない点や、カードが2種類必要な点もあるので、やや汎用性は劣ります。 「スターターセットVMAX オーロンゲ」の 再録カードリスト 《ホップ》 新規イラストで収録。 流石だぞ! 《クイックボール》 どんなデッキにも入る汎用「グッズ」。 流通量が少なく、1枚500円することもザラにあったので、これはありがたいですね… 《しんかのおこう》《ふしぎなアメ》《ポケギア3. 0》《ポケモンいれかえ》《ポケモンキャッチャー》《リセットスタンプ》 《クイックボール》のほかに再録される「グッズ」です。 汎用的なカードが多いので、これは初心者の方にとってはかなり嬉しいラインナップになっていると思います。 《シロナ》《ソニア》《博士の研究》 《ホップ》のほかに再録される「サポート」です。 《博士の研究》は何枚持っていても後悔しないカードなので、嬉しい再録。 これらのポケモンが場に出るまでは時間が掛かります。 ワザのエネルギーが少ない《オーロンゲV》や《アブソル》を軸にして戦い、《オーロンゲVMAX》や《サザンドラ》を場に出していきましょう。 《ふしぎなアメ》で《モノズ》から進化できるのが理想です。 《オーロンゲV》や《オーロンゲVMAX》に悪エネルギーを付けて、ワザを使えるようにしておきたい所です。 悪エネルギーが増えれば増えるほどワザのダメージが上がり、最大5つの悪エネルギーで「270」ダメージを出すことが出来ます。 相手のポケモンに合わせて、付ける悪エネルギーの枚数を調整しつつ戦うと無駄がありません。 場の基本悪エネルギーを自由に入れ替えることが出来る《マニューラGX》と、《マニューラGX》を場に出しつつエネルギー加速が出来る《レッド&グリーン》を入れてみましょう。 《サザンドラ》と一緒に入れると、デッキが進化ポケモンだらけになってしまい、扱いづらくなってしまうので《サザンドラ》か《マニューラGX》のどちらかに絞ることをオススメします。 《ボスの指令》を入れてみる 拡張パック「反逆クラッシュ」に収録されている超強力なサポートです。 強制的に相手のポケモンを入れ替える効果は最後のトドメ用として重宝します。 1枚1000円以上と高額なカードではありますが、《ポケモンキャッチャー》と入れ替えるだけでデッキの質が大きく向上します。 余裕がある方は是非とも入れてみてください。 まとめ 今回は「スターターセットVMAX オーロンゲ」について、収録内容や改造案をご紹介していきました。 《オーロンゲVMAX》が扱いやすく強力なので、初心者にはうってつけの構築済みデッキになっていると感じます。

次の