安倍 昭恵 大分。 安倍昭恵が松久正氏と大分旅行!花見だけではなくアクティブに行動

昭恵夫人が大分旅行で会いに行った“変態ドクター”が衝撃発言「感染を受け入れて」

安倍 昭恵 大分

鳥居の下で宮司の説明を聞く昭恵夫人(写真右)。 写真左の小太りの男性がツアー主催者の松久氏だ 境内を散歩していた近隣住民が語る。 「鳥居に約50人の大集団がたむろしていたので見ていたら、ビックリしましたよ。 他人の空似かとも思いましたが、どう見てもご本人……。 マスクをしていなかったので、はっきり顔が見えました」 安倍晋三首相(65)が新型コロナウイルスに関する会見を開いた翌日の3月15日に「大分旅行」を敢行し、日本中から猛批判を受けている安倍昭恵夫人(57)。 本誌は、夫人が県内の観光名所「宇佐神宮」を訪れた様子を捉えた写真を独占入手した。 首相は「3密」には当たらないと妻の行動について説明したが、マスクなしでツアー客らと密集している写真を見れば、それが苦しすぎる言い訳であることは一目瞭然だ。 前出の目撃者が旅行の「全貌」を明かす。 「午前10時過ぎ、参道下の鳥居の前に集まった50人近くの団体は『まだ来ないね』などと話し、誰かを待っている様子でした。 しばらくすると、近くの駐車場にタクシーが止まり、昭恵さんと女性、そして小太りの男性が降りてきた。 3人はゆっくり歩いて合流。 10時半頃に宮司さんが一行を案内し始めました」 タクシーから昭恵夫人と共に現れた男性は、「ドクタードルフィン」を自称する医師の松久正氏(53)で、このツアーの主催者だ。 「人類救済」を謳った講演活動に励んでおり、昭恵夫人が合流参加したこのツアー『神ドクター降臨 in Oita』では、「卑弥呼のマグマエネルギーと共鳴する講演会」が予定されていた。 本殿で一行を見た別の目撃者はこう続ける。 「11時頃、境内に現れた昭恵さん一行は、宮司に案内されて本殿の奥へと消えていきました。 一般の人は入れないエリアだったので、その後のことはわかりません」 大分旅行の前には、花見に参加したことが発覚して批判を受けるなど、コロナへの警戒を呼びかける夫とは正反対の行動を繰り返す昭恵夫人。 安倍夫妻の関係も「緊急事態」なのだ。 4月24日発売の『FRIDAY』最新号では、約50人がパワースポットで「密集・密接」している写真と、参拝の様子を詳報している。

次の

昭恵氏大分訪問、事前に把握 安倍首相「外出自粛要請の前」:時事ドットコム

安倍 昭恵 大分

鳥居の下で宮司の説明を聞く昭恵夫人(写真右)。 写真左の小太りの男性がツアー主催者の松久氏だ 境内を散歩していた近隣住民が語る。 「鳥居に約50人の大集団がたむろしていたので見ていたら、ビックリしましたよ。 他人の空似かとも思いましたが、どう見てもご本人……。 マスクをしていなかったので、はっきり顔が見えました」 安倍晋三首相(65)が新型コロナウイルスに関する会見を開いた翌日の3月15日に「大分旅行」を敢行し、日本中から猛批判を受けている安倍昭恵夫人(57)。 本誌は、夫人が県内の観光名所「宇佐神宮」を訪れた様子を捉えた写真を独占入手した。 首相は「3密」には当たらないと妻の行動について説明したが、マスクなしでツアー客らと密集している写真を見れば、それが苦しすぎる言い訳であることは一目瞭然だ。 前出の目撃者が旅行の「全貌」を明かす。 「午前10時過ぎ、参道下の鳥居の前に集まった50人近くの団体は『まだ来ないね』などと話し、誰かを待っている様子でした。 しばらくすると、近くの駐車場にタクシーが止まり、昭恵さんと女性、そして小太りの男性が降りてきた。 3人はゆっくり歩いて合流。 10時半頃に宮司さんが一行を案内し始めました」 タクシーから昭恵夫人と共に現れた男性は、「ドクタードルフィン」を自称する医師の松久正氏(53)で、このツアーの主催者だ。 「人類救済」を謳った講演活動に励んでおり、昭恵夫人が合流参加したこのツアー『神ドクター降臨 in Oita』では、「卑弥呼のマグマエネルギーと共鳴する講演会」が予定されていた。 本殿で一行を見た別の目撃者はこう続ける。 「11時頃、境内に現れた昭恵さん一行は、宮司に案内されて本殿の奥へと消えていきました。 一般の人は入れないエリアだったので、その後のことはわかりません」 大分旅行の前には、花見に参加したことが発覚して批判を受けるなど、コロナへの警戒を呼びかける夫とは正反対の行動を繰り返す昭恵夫人。 安倍夫妻の関係も「緊急事態」なのだ。 4月24日発売の『FRIDAY』最新号では、約50人がパワースポットで「密集・密接」している写真と、参拝の様子を詳報している。

次の

大分旅行で浮かび上がる安倍昭恵氏の思想の謎「強烈な自分信仰」か

安倍 昭恵 大分

患者自身で問題(人生も身体も)を修復する能力を最大限に発揮させます〉 という「診療方針」らしい。 新型コロナウイルスについては、 〈不安と恐怖が、ウィルスに対する愛と感謝に変わった途端、ウィルスは、目の前で、ブラックホールから、突然、喜んで、消え去ります〉 とフェイスブックで述べているという。 どうやらこれが昭恵夫人に響いたっぽい。 昭恵さんの神出鬼没で不特定の人と接触する行動は今こそ政府として対策を取るべきだと私は以前から主張しているが、今回改めて気になったのは昭恵さんの「思想」「スピリチュアル志向」である。 そこに一連の昭恵夫人騒動や事件の本当のカギがあるのではないか? 朝日新聞 「安倍昭恵氏の思想とは」 過去の新聞記事を探してみた。 私の「昭恵さんスクラップ」からこちらの記事を紹介したい。 「安倍昭恵氏の思想とは」(朝日新聞2017年4月6日) ズバリである。 これが書かれたのは昭恵さんが森友学園への関与で注目されていた頃。 注目したいのは「文化・文芸」欄で特集されていること! というのも森友問題の前まで昭恵さんはよく「家庭内野党」と言われていた。 今となっては目頭が熱くなる懐かしいフレーズだが、 《脱原発に共鳴し、巨大防潮堤の建設に疑問を呈し、有機農法に取り組む。 左派的イメージの言動で、右派的な夫との〈違い〉が注目されてきた昭恵氏。 》(朝日・同).

次の