胸先三寸 意味。 舌先三寸の意味とは?間違いやすいからこそ正しい理解を!

舌先三寸の意味とは?間違いやすいからこそ正しい理解を!

胸先三寸 意味

「あんた、かなり酔ってるね。 目がすわってるよ」 「仕事に就いても、腰がすわらずにすぐ辞めてしまう」 「こうなったら、腹をすえて仕事に取り組むぞ」 「大胆なことをするやつだなあ。 さすが、肝がすわってる」 なんていうこと、よくありますね。 そういうときは、「すわる」を「座る 坐る 」と書かずに、 「据わる」と書きます。 「腹が立つ」ことはあっても、「腹が座る」ことはないのですね。 同様に、目・腰・胆も、それ自体がどこかに座るということはありません。 「座る」ではなく「据わる」と書けば、 ある位置にどっしりと落ち着いて安定するという意味になります。 「舌先三寸」を 「舌三寸」といっても間違いではないのですが、「口三寸」「口先三寸」という言い方はしません。 それにしても、「舌三寸」と「舌先三寸」は同じ意味なのに、どうして「胸三寸」と「胸先三寸」ははっきり区別されているのでしょう。 そもそも、三寸って何? 三寸といえば一寸の3倍のことですね。 かね尺で約9センチ、鯨尺で約11センチになるのだそうです。 要するに、三寸くらいのものといえば、短いとか薄いとか狭いとかいう意味になるらしいのです。 そこから、「胸三寸」という言葉ができたようです。 「割れ鍋 破れ鍋 に綴じ蓋」 われなべにとじぶた というのです。 「割れ鍋」と書いてもよいし、 「破れ鍋」と書いてもよい、とされています。 いずれの場合も、読み方は「われなべ」です。 これを私は長年、「割れ鍋に閉じ蓋」だと思い込んでいました。 正しくは 「綴じ蓋」ですが、 私は 「閉じ蓋」と書いてきたのです。 私の間違いでした。 よく考えてみれば、私の書き方「割れ鍋に閉じ蓋」というのは、話が矛盾しています。 ひびが入った鍋には、ひびを綴じるための修理が必要で、蓋もきちんと繕い直してこそ使い物になります。 と、今ようやく気づきました。 「エキセントリックな性格の人、つまり壊れかけた人には、いったん壊れたけれど頑張って立ち直った経験のある強い女 または男 をあてがうといい」 という意味もあるのではないでしょうか。 「割れ鍋 破れ鍋 に綴じ蓋」 われなべにとじぶた。 実に含蓄のある言葉です。 そのため、ちょっと古くさいと感じがする、ということがあるかもしれません。 年寄りが遣う言葉、と思っている人もいるでしょう。 どうぞ、昔の言葉を毛嫌いしないでくださいね。 より多くの言葉を知り、頭の中にストックしておくと、日常のあらゆる場面で役立ちます。 たとえば、「言うことがころころ変わる人」「方針を変えてばかりいる人」のことを、 「朝令暮改」 と一言で言い表すことができます。

次の

言い間違いやすい言葉・慣用句・言い回し・日本語100選!

胸先三寸 意味

〇いやがうえにも 意味:ますます、よりいっそう。 「弥が上にも」と書き、「弥」には「ますます」という意味があります。 「うろ」と「うる」を言い間違いやすいです。 〇押しも押されもせぬ(おしもおされもせぬ) 意味:実力があり堂々としている。 「汚名を雪ぐ」と「屈辱を晴らす」が混じってしまったようです。 「お目にかなう」は本来の言い方ではありませんが、間違って使う人が多く「お眼鏡にかなう」と同様の意味として用いられることもあります。 「振るう」または「奮う」だと、采配を勢いよく振り回すことになるので間違いです。 「肴」1文字で「酒のおかず」という意味があり、「酒の肴」は言葉が重複しています。 〇舌先三寸(したさきさんずん) 意味:本心でない上辺だけの巧みな言葉。 「舌三寸」とも。 〇舌つづみ(したつづみ) 意味:つづみは鼓と書き、打楽器の一種。 発音は同じですが、漢字で書くときに間違う人が多いようです。 「食指」とは人差し指のことです。 中国の「春秋左氏伝(しゅんじゅうさしでん)」という故事に「私の人差し指が動いた。 これはごちそうにありつける前兆だ」という一文があり、「食欲が起こる」ことを意味していました。 「食欲が起こる」が転じて「物を欲しがる」「関心を抱く」となったそうです。 「絶体」は危険や困難から逃げられない様子を指しており「絶体絶命」の他に用いる言葉はありません。 「絶対」は比較や対立がないこと、他に並ぶものがないことをいい、「決して」や「必ず」などに言い換えることができます。 広い意味では、同じ学校・学年でも学級が違う人を指しますが、学校が別なのに同い年というだけで「同級生」と使うのは間違いです。 堂は客間、室は奥の間のことで客間にの入っただけでは奥のことまでわからないことから、学問や技芸はすぐれているが、奥義までは極めていないことをいいます。 「堂に入る」は「堂に升りて室に入る(どうにのぼりてしつにいる)」の略で客間にのぼり奥の間にまで入っていることから、学問や技芸がすぐれて、奥義を極めていることをいいます。 単純に、漢字を読み間違えていると考えられます。 「忙しそう、暇がなさそうだから声をかけられない」というイメージから、「取り付く暇もない」と思ってたり、「しま」を「ひま」と聞き間違えて覚えた人が多いようです。 〇濡れ手で粟(ぬれてであわ) 意味:粟は穀物の一種で、濡れた手で粟をつかむとたくさん手についてくることから、苦労せずに利益を得ることを意味します。 単純に、言い間違えたものと考えられます。 中国の「書経(しょきょう)」という歴史書が出典元で、王が家臣に向かって「お前たちが愚かなのは、燃えている火を見るよりも明らかである」と言ったと記されています。 しかし、不満の意味で「はいはい」と二回続けて返事をすることは、良いイメージを持たない人もいることから、誤用である「一つ返事」という言葉が生まれたと考えられています。 正式には、「一つ返事」という言葉は存在しません。 【や行】 〇焼けぼっくいに火が付く(やけぼっくいにひがつく) 意味:過去に関係があった人とは、一度縁が切れても元の関係に戻りやすいということ。 焼けぼっくいは「焼け木杭」と書き、木杭は建物などを建てる時に用いる木の杭のことで、一度燃えた木杭は、火が付きやすいのです。 言い間違いやすい言葉・慣用句・言い回し・日本語を100個を集めましたがいかがでしたか? 誰でもひとつくらいは、間違って覚えていたものがあるかもしれませんね。 間違いは恥ずかしいことですが、誰でも間違うことはあります。 間違いに気づいたときにその都度正していきましょう! 関連: 関連: 関連: 関連: -.

次の

「舌先三寸」の意味とは?由来や類語「胸三寸」との違いも解説

胸先三寸 意味

「胸三寸」の意味 「胸三寸」とは、 胸の中、心の中にある考えという意味です。 「胸三寸」は、よく「胸先三寸に納める」という慣用句がありますが、これは「誰にも言わないで心の中にしまっておく」という意味です。 この慣用句とセットで覚えておくと良いでしょう。 胸先三寸との違いは? 「胸三寸」のよく似た慣用句として 「胸先三寸」という表現があります。 「胸先三寸」も「胸三寸」と同じような意味で使われますが、本来は 「胸三寸」の方が正しい表現です。 その一方で、最近は「胸先三寸」を使う人も増えているので、「胸先三寸」は必ずしも間違った表現だと言えないのではという方もいらっしゃいます。 確かに、慣用句の中には、時代の流れによって、以前は間違いだったものが正しい表現に変化するものもあります。 ただ、「胸三寸」と「胸先三寸」に関しては、 現時点では「胸三寸」を使っておいた方が無難だと言えるでしょう。 「胸三寸」の語源・由来 「胸三寸」の三寸は 短い距離のたとえで使われる表現です。 ですから「胸三寸」は、胸の中の範囲を意味し、それは、その人にしか分からないというニュアンスがあります。 ちなみに「三寸」を同じような意味で使った言葉として 「舌先三寸」という慣用句もあります。 溜まったストレスを 胸三寸に納めることも時には必要だけれども、確かに今回のようなケースでは、言うべきことをしっかり言った方がいいと思うよ。 という感じで「胸三寸」は使われたりしますが、他にもこういった使い方があります。 「胸三寸」の例文1 「求人に応募して来た人達は、みんな素晴らしいスキルを持った人達なので、後は、人事部長の 胸三寸で決まるのだと思う。 」 求人をして誰が決めるかは、もちろん、その人の実力や経歴も重要ですが、最後は、採用を決める人の判断で決まりますよね。 そこは、客観的な材料からは判断できない部分なので「胸三寸」という表現を使ったりします。 「胸三寸」の例文2 「彼は、社長に言いたいことが山ほどあったが、それを言ってしまうと解雇になる可能性が高いので、 胸三寸に納めることにした。 」 会社で働いている人の中には、言いたいことがあっても、会社での自分の立場を守るために黙っているという人も多いのではないでしょうか? 本当は正直に言った方がスッキリするのでしょうが、やっぱり胸三寸に納めることも時には、大切ですよね・・・ 「胸三寸」の例文3 「その会社は、ワンマン社長の 胸三寸で、すべての重要事項が決められている。 」 オーナー企業とかには、よく見られるケースですが、社長や会長が絶対的な権限を持っている会社ってありますよね。 権限を持った人の決定には誰も逆らえない時、少し皮肉の意味も込めて「胸三寸」という言葉を使ったりします。 「胸三寸」の類語 「胸三寸」の類語についてですが、「胸三寸で決める」、「胸三寸で決まる」という表現で使う場合は、.

次の