競馬 ボックス。 競馬ボックス大作戦

競馬ボックス大作戦

競馬 ボックス

ボックス点数早見表 競馬で馬券を買う時にボックス買いの組み合わせ数が何通りかすぐわかるように早見表を作ってみました。 頭数 馬連 馬単 ワイド 三連複 三連単 3頭ボックス 3 6 3 1 6 4頭ボックス 6 12 6 4 24 5頭ボックス 10 20 10 10 60 6頭ボックス 15 30 15 20 120 7頭ボックス 21 42 21 35 210 8頭ボックス 28 56 28 56 336 9頭ボックス 36 72 36 84 504 10頭ボックス 45 90 45 120 720 11頭ボックス 55 110 55 165 990 12頭ボックス 66 132 66 220 1320 13頭ボックス 78 156 78 286 1716 14頭ボックス 91 182 91 364 2184 15頭ボックス 105 210 105 455 2730 16頭ボックス 120 240 120 560 3360 17頭ボックス 136 272 136 680 4080 18頭ボックス 153 306 153 816 4896 馬券の式別によってチョイスする頭数が同じでも組み合わせ数は全然違うので注意してください。 また、馬連とワイドと枠連は頭数が同じなら組み合わせ数も同じになりますが、枠連はボックスではゾロ目が含まれないので注意。 ゾロ目を含めたい場合はを参考にしてみてください。 順番を問わず確実に馬券を仕留める事ができるというメリットがある反面、そのぶん買い目の点数は多くなりがちなので外れた時の資金的ダメージが大きいというデメリットもあります。 また買い目点数が多くなる事によって的中しているのに収支は損になる「トリガミ」状態になってしまう可能性も高まります。 たとえばアーモンドアイが牝馬三冠を達成した第23回・秋華賞の場合で見てみると、仮にこのレースを3連単で的中させていても、5頭ボックスなら60点買いの6000円なので赤字になってしまいます。 第23回 秋華賞 着順 馬名 人気 1 アーモンドアイ 1 2 ミッキーチャーム 5 3 カンタービレ 3 3連単 5,600円 大荒れの決着になれば高配当になりますが、その大荒れに備えて馬券を買うにはやはり手広く多くの頭数をカバーしなければならず、それだけ買い目点数も増えます。 でも書きましたが、3連単といえどもいつもいつも高配当になるわけではありません。 むしろ大半のレースでは5万円以下の配当で決まってます。 中央競馬で1年間ずっと1番人気〜5番人気の3連単5頭ボックス(60通り)を買い続けた場合、的中率は33. ボックス買いは選んだ馬たちの全ての組み合わせをカバーできるので、中には「来てもせいぜい3着まで」みたいな馬の1着2着馬券も含まれてしまい、当てやすいが儲けづらい馬券とも言えます。 馬券候補馬を手広くカバーしながらも柔軟性のあるフォーメーションも活用すると、そのあたりの問題が解決しやすくなります。 フォーメーションについてはで書いているので、良かったら参考にしてみてください。 私からのプレゼントです! 累計1万900名以上が読んだ無料レポート 『競馬必勝法はじめの第一歩』差し上げます! このレポートだけでも充分あなたにとって有益だと思いますが、さらにメルマガを読み続けてくれた方にはこっそりと…• 誰でも馬券回収率が57%アップしてしまう方法とは?• 競馬予想会社の闇手口を全て暴露!• 馬券でほぼノーリスクで100万円儲けた話• 競馬予想アプリの罠を無断で公開します!• 初心者でも三連単で簡単に勝ちまくる話• 上級者の勝ち組だけが知ってる予想ファクターとは? などなど、上記はほんの一部ですが、そういう表には出てこないような裏話も公開していきたいと思います。 興味がある人はすぐ下にあるメルマガ登録フォームに名前とメールアドレスを入力して登録ボタンを押してください。 1分以内にあなたのメールアドレスにお届けします! (届かない時は迷惑メールフォルダをチェックしてみてください。 ) 登録フォーム.

次の

競馬のボックスって?

競馬 ボックス

競馬の投票方法 競馬は、馬券を購入することでレースを楽しめます。 競馬初心者は、まず馬券の種類と買い方を知ることから始めてみましょう。 必要なシーンに応じた馬券購入ができるようになると、より競馬を手軽に楽しめます。 ここでは、馬券の種類と買い方について紹介します。 馬券の種類を知ろう 現在JRAでは、全部で下記の10種類の馬券を発売しています。 単勝(1着になる馬を予想)• 複勝(3着になるまでの馬を予想)• 応援馬券(1頭の馬を決定し、単勝と複勝を同時に購入)• 枠連(1~2位までに入着する枠番号の組合せを予想)• 馬連(1~2位までに入着する馬番号の組合せを予想)• 馬単(1位と2位の馬番号を着順通りに予想)• ワイド(1~3位までに入着する2頭の馬番号の組合せを予想)• 3連複(1~3位までに入着する3頭の馬番号の組合せを予想)• 3連単(1~3位に入着する馬番号を着順通りに予想)• WIN5(JRAが指定する全5レースの各レースで1着になる馬番号を全て予想) なお、WIN5はインターネット限定で販売されているため、競馬場やウインズなどに設置されているマークカードでは購入できません。 さまざまな買い方がある 馬券の買い方にもさまざまな方法があります。 なかでも、最も基本的な投票方法が下記の2方法です。 ボックス(複数選択した馬のすべての組合せを購入する投票方法)• 流し(軸馬となる1頭を決め、その馬の相手となる馬を複数選んで、軸馬と相手馬とのすべての組合せを購入する投票方法) 上記の2つの投票方法以外に、マルチとフォーメーションの方法もあります。 マルチとは、馬単流しまたは3連単流しで投票する場合、軸馬と相手馬の着順を入れ替えた組合せも購入する方法のことです。 フォーメーションとは、1~3着になると予想される馬を、各1頭以上ずつ選択します。 そして選択した馬の組合せを全通り購入する方法です。 ボックスとは?特徴とメリット 競馬初心者も的中しやすいため初心者~上級者まで、幅広い人たちに人気がある投票方法がボックスです。 ボックスとは、軸馬となる馬を決めずに、自分が勝つであろうと思う馬を複数頭選択し、その選択した馬のすべての組合せを自動的に購入できます。 ここでは、ボックスの特徴とメリットについて紹介します。 選択した馬の組合せ全通りを購入 ボックスは、自分が選んだ馬の組合せ全通りを同時に購入できる方法です。 ボックスで投票できる馬券は、馬を複数頭選べるものに限ります。 また、選んだ馬の数によっても、組合せ数は大きく異なります。 ボックスでの組合せ数の最小は1通り、最大では4896通りも1回で投票可能です。 的中しやすくなり、手間も省ける ボックス買いのメリットは、自分で予想した勝ち馬のすべての組合せを購入できるため、初心者でも的中しやすい点です。 また、馬を絞り込めず何頭も選んだ場合などは、組合せ数がとても多くなってしまいます。 しかし、ボックスならば自分ですべての組み合わせを考える必要もなく、1枚のマークシートで記入が済むため手間が省けます。 ボックスの注意点 ボックス買いは、的中率を上げたい人や自分で組合せを考えるのが面倒な人にとって、便利な方法です。 しかし、初心者は注意しなければいけない点もいくつかあります。 ここでは、ボックスで購入する時に注意すべき点3つを紹介します。 金額が縛られる ボックスは軸馬を決めずに、自分が選択した馬すべての組合せを自動的に一括購入できるので便利です。 しかし、その反面1枚のマークシートですべての組合せを同時に購入するため、資金配分の設定ができず、1点当たりの金額設定が同額になります。 それぞれの組合せによって資金配分を変更したい人は、マークシートではなくインターネット会員に登録して、インターネットから投票しましょう。 トリガミの可能性 ボックスでは、トリガミの可能性が高くなる点もデメリットの1つとして挙げられるでしょう。 トリガミとは、馬券が的中しても、配当金額が馬券購入金額より低くなってしまうことです。 このような買い方をしてしまっていては、マイナスばかりが膨らんでしまい、競馬を楽しめません。 例えば、4頭の馬を選んだ3連単ボックスの全組合せ数は、24通りあります。 そのため、4800円以上の配当金が得られなければトリガミの可能性があるため、予想配当金の算出のためオッズにも注目しておきましょう。 購入点数を確認しておこう ボックスは、選んだ馬の数が多ければ多いだけ買い目の点数も増えてしまいます。 特に初心者は、ボックスで購入するときは事前に購入点数を確認しておくことが大切です。 購入点数がよくわからない人は、JRAの公式ホームページに掲載されているマークカード点数早見表を参考にするとよいでしょう。 フォーメーションとの違い 『さまざまな買い方』の項目で、フォーメーションについて軽く触れましたが、初心者の中には、ボックスとの違いについてあまりわからない人も多くいます。 ここでは、ボックスとフォーメーションの違いと、フォーメーションの特徴について紹介します。 三連単ではボックスより効率的か フォーメーションは、ボックスよりも組合せ数を絞れるケースもあります。 例えば、3連単などの組合せが多くなる馬券を購入するケースです。 3連単は的中した場合には、高額配当が期待されるため競馬ファンに人気があります。 4・6・8・13番の馬を選択して3連単ボックスで購入するとき、組合せ数は全部で24通りです。 一方で、1着に4もしくは6番、2着に4・6・8番、3着には8もしくは13番と3連単フォーメーションを購入したときの組み合わせ数は全部で6通りです。 このように、馬をある程度絞り込んでからフォーメーションで購入することで、ボックスよりも組合せ数を減らすことが可能です。 また、購入金額を抑えることにより、トリガミの可能性を低くできます。 比較に使える点数の計算ツール フォーメーションとボックスのどちらの買い方をすればよいのかわからないときは、点数を計算できるツールを利用するとよいでしょう。 1~3着のそれぞれで、自分が選択したい馬番号を1~18番までにチェックをするだけで、枠連・馬連・馬単のほか3連複・3連単でのそれぞれのケースでの買い目点数がわかるので便利です。 フォーメーションの点数計算ツールは、JRAの公式ホームページに載っています。 ボックスの中のさまざまな買い方 すでに、馬券とボックスを組合せて全6通りのボックスの買い方があることを紹介しましたが、ここではよく使われるワイドボックス・馬単ボックス・馬連ボックスの3つについて詳しく紹介します。 ワイドボックス ワイドボックスとは、馬券のワイド(3着までに入る2頭の馬番号の組合せを予想)をボックスで買う方法です。 例えば、4・6・8・13番の4頭を選択した場合、4-6、4-8、4-13、6-8、6-13、8-13の全6通りを購入できます。 選択する馬の数が増えれば増えるだけ、買い目の点数も増えていきます。 全18頭を選択した場合の組合せは153通りとなります。 的中率は上がりますが、購入点数も増えるので、配当金を考えながら購入しましょう。 ワイドボックスは、購入点数が多く購入金額が増えるため、荒れそうなレースでオッズのたかい馬を狙うときに有効です。 馬単ボックス 馬単ボックスは、馬単(1着と2着の馬番号を着順通りに予想)をボックスで買う方法のことです。 例えば、4・6・8・13番の4頭を選択した場合、下記の全12通りを購入できます。 4-6• 6-4• 4-8• 8-4• 4-13• 13-4• 6-8• 8-6• 6-13• 13-6• 8-13• 13-8 馬単ボックスは、上位2着までに入る馬を絞り込めても、どちらが1位になるかわからないときに有効です。 ただし、馬単ボックスも選択する馬の数によって買い目が最大で306点と、買い目が増えるため注意しましょう。 馬連ボックス 馬連ボックスとは、馬連(上位2着までに入る馬番号の組合せを予想)をボックスで買う方法です。 例えば、上位2着前に入る馬を4・6・8・13番の馬と予想した場合、下記の6通りを購入できます。 4-6• 6-8• 8-13• 4-13• 4-8• 6-13 着順関係なく、自分が応援したい馬・気になる馬が上位2着に入ればよいので、的中率が高くなります。 マークカードの書き方 中央競馬の場合 マークカードには、全部で下記の5種類があります。 緑のカード• 青のカード• 赤のカード• ライトカード• クイックカード それぞれのカードによって購入可能な馬券が決められています。 ここでは、中央競馬で馬券をボックスで購入するときのマークカードの書き方について紹介します。 赤のカードのボックスの面を使用 ボックスで馬券を購入する時には、赤のカードのボックスと書かれた面を使用します。 赤のカードでは下記の6種類の馬券をボックスで買えます。 ワイド• 3連複• 3連単 このマークカードは、片面にボックス、反対側にフォーメーションと記載があります。 ボックスもしくはフォーメーションのどちらか1つしか購入できないので注意しましょう。 場名、レース番号、式別をマーク 例えば、『3連単で、2・3・5・12番の4頭の馬のすべての組合せを購入する』という設定で、どのようにマークをすればよいのか説明します。 まず、赤のマークシートのボックスと書かれた面に、購入したい競馬が行われる競馬場・購入したいレース番号・式別をマークします。 式別は、購入する馬券の種類のことで、1つしか選べません。 この場合では、3連単をマークします。 馬番と金額をマーク 次に、予想する馬の番号2・3・5・12番の4カ所をマークします。 3連単ボックスで4頭の場合では、全部で24通りとなります。 次に、予算に応じて、1点当たりの購入金額を決めてマークしましょう。 最低100円から設定可能です。 ボックスで購入する時には必ず買い目の点数を、点数早見表などを使って計算して、あらかじめどれくらいの金額になるのかを確認しておくようにしましょう。 スマッピー投票ならペーパーレス スマッピー投票ならば、マークシートを使わずに馬券をボックスで購入できます。 スマッピー投票とは、スマホ専用の投票方法で、スマホでQRコードを作成して対応した券売機にかざすだけで購入できるのが特徴です。 スマッピー投票の手順は下記の通りです。 スマホから、JRAの公式ホームページに入る• 画面上にある『スマッピー』のボタンをタップ• スマッピー投票画面の通常投票ボタンをタップ• 購入したいレースが行われる競馬場名とレース番号を選択• 式別を選択• 方式でボックスを選択• 馬番号または枠番号を選択• 1点当たりの購入金額を入力してセットボタンをタップ• 表示された内容と合計金額を確認したらQRコード表示をタップして完了 インターネットでの買い方 競馬場やウインズなどの場外馬発売場へ行かなくても、インターネットを利用して馬券を購入できます。 インターネットならば、いつでも好きな時にどこでも購入できるので便利です。 通常投票のほか、オッズ投票などさまざまな投票方法もできます。 もちろん、馬券をボックスで買うことも可能です。 ここでは、インターネットでのボックス買いの方法を紹介します。 即PATを利用するとPCやスマホで購入できる 即PATとは、JRAが指定する銀行の口座を持っていれば、登録して最短で即日登録できるインターネット投票サービスです。 登録が完了したその日から、インターネットを利用してPCやスマホから馬券購入ができます。 JRA指定口座を持っていない人は、まず下記の銀行の口座を開設しましょう。 ジャパンネット銀行• 楽天銀行• 三井住友銀行• 三菱UFJ銀行• 住信SBIネット銀行• ゆうちょ銀行• りそな銀行• 埼玉りそな銀行• じぶん銀行 口座が開設したら、JRAの公式ホームページの『即PAT電話投票加入申し込み』から、新規会員登録を行うことができます。 PC投票の場合 PCからの投票は下記の手順で行います。 INET-IDを入力して、即PAT会員画面にログイン• 加入者番号・暗証番号・P-ARS番号を入力• 『ネット投票メニューへ』をクリック• 通常投票を選択• 購入したい競馬場(曜日)とレースを選択• 式別を選択し、方式でボックスを選択• 馬番号または枠番号を選択• 金額を入力• 投票内容を確認したら、購入ボタンをクリックして完了 手順6の画面に、『展開セット』ボタンが表示されています。 マークカードでのボックスの買い方では、資金配分ができないことはすでに説明した通りです。 しかし、インターネット投票には展開セットボタンが用意されており、流し・マルチ・ボックス・フォーメーションの投票方法で、 組合せごとに金額を自由に設定できるのでぜひ活用してみましょう。 JRAダイレクトの利用でクレカ払いも可能 JRAダイレクトを利用すれば、面倒な入出金手続きを行わずにクレジットカードで支払うこともできます。 JRAダイレクトとは、JRAダイレクト指定のクレジットカードを持っている場合、簡単にパソコンから登録して、登録完了後はすぐに馬券購入できるサービスです。 JRAダイレクト指定のクレジットカードは下記の7種類です。 JCBカード• 三井住友カード• UCカード• MUFGカード• DCカード• NICOSカード• 楽天カード いずれのカードも、インターネット利用が可能な場合に限ります。 スマホ投票の場合 即PATでのスマホ投票は下記の手順で行います。 スマホから投票サイトにアクセス• 加入者番号・暗証番号・P-ARS番号を入力をしてログインをタップ• トップメニューから入出金メニューをタップ• 競馬場名、レース番号、式別を選択• 方式にボックスを選択• 馬番号もしくは枠番を選択• 1点当たりの金額を入力• 入力終了をタップして、合計金額を確認• 表示された合計金額を入力して、投票ボタンをタップして投票完了 スマホ投票の場合でも、手順7の画面下に、『展開セット』ボタンが表示されています。 この展開セットボタンをタップすれば、PC投票と同様に流し・マルチ・ボックス・フォーメーションの投票方法で、 組合せごとに金額を変更できます。

次の

競馬のボックス買いと流し買いについて解説|競馬予想・競馬情報ならJRA

競馬 ボックス

ワイドとは?特徴を初心者向けに解説!意味は?必勝法は? ワイドのメリットは何と言っても、当たりやすいということ。 馬連や馬単と違い、選んだ馬の片方が3着になってしまっても的中しますので、まだ馬の選択に自信のない初心者の方には嬉しいですね! ちなみに、似たような買い方として 「馬連」と 「馬単」がありますので、合わせてチェックしておきましょう。 ワイドは、的中率が高い馬券ということで、もちろんその配当は低いです。 では、 もし「初心者がワイドを買っても儲かる?」と聞かれたら、こう答えます。 「損するリスクは低いよ!」と。 答えになっていませんね 笑 しかし、 「儲かるかどうか」より「損するかどうか」を考えたほうが圧倒的に競馬を楽しむことができます。 そもそも競馬は、 ギャンブルとスポーツという2面性があります。 スポーツ(エンターテインメント)として楽しまずに、ギャンブルとしてだけ楽しんでしまうと、損をしたときに大きな後悔が襲ってくるでしょう。 ぜひ競馬初心者の皆さまには、競馬のエンタメ性を感じながら、できるだけ損するリスクを小さくして楽しんでいただきたいのです! というわけで、初心者の方には「ワイド」は超おすすめですよ。 初心者が損する!ワイドの間違った買い方 ワイドは初心者におすすめだと言いましたが、それは「買い方を間違なければ」の話です。 買い方を誤ると、非常にもったいない結果となってしまいますので要注意! ワイドの意味は、その名の通り 「広い=的中範囲が1~3着なので当たる確率が高い」というもの。 的中させるためには、3着以内に入りそうな馬を2頭以上選ぶわけですが、 どうしても当てたいがために5頭以上選んでしまう人がいます。 これがいわゆる間違った買い方です。 選択する馬が増えれば増えるほど、購入する金額も増えていきます。 つまり、当たったときの配当金額よりも購入金額のほうが大きくなり、結局お金を取り返せなくなってしまいます。 (このような当たったのに損をしてしまった馬券をトリガミと呼びます) 初めのうちは、多くても4頭以内で購入するようにしましょう! それでは、ワイドではどのように買うのが正解なのでしょうか?次のコーナーでは、初心者におすすめの正しいワイドの買い方をご紹介します。 「ワイド3頭ボックス」が最強!初心者におすすめのワイドの買い方 初心者におすすめは「ワイド3頭ボックス」! ズバリ!初心者におすすめのワイドの買い方は、 「3頭ボックス」です。 「3頭ボックス?なんじゃそりゃ」と思われる方もいるかと思いますが、 要は 「3頭の中なら、どの2頭が来ても当たり!」というのがボックスという買い方です。 例えば、3,5,12という3頭をボックスで購入したとき、馬券の組み合わせは 3-5,3-12,5-12の3通りとなります。 つまり、 もし3,5,12が1,2,3着でゴールした場合、3通りのすべてが的中ということになります!これはおいしい! 当たる確率が高いうえに、場合によっては複数的中もありえるということですね! 低資金で競馬を楽しみたいという初心者の方は、この「ワイド3頭ボックス」をぜひ実践してみてください! 緑色のカード・・・基本となるマークカードです。 これさえあれば全ての馬券を購入することができます。 自分が購入しようとしている買い目の中に、 軸となる馬がいる場合、この青いカードを使って購入すると緑のカードよりもより楽に、簡単に馬券を購入することができます。 軸となる馬を決められず、何頭も購入したい馬がいる場合、それらを楽に購入できるカードです。 上記の通り、まだマークカードに慣れていないという方は 「緑のカード」を使えば間違いないでしょう! ワイド(通常、ながし、ボックス)それぞれの買い方 ワイドには、今回紹介した「ボックス」以外にも買い方があります。 【券売機の使い方3ステップ】• ここが一番重要です! 最初にお金を入れる。 ATMのように最初に画面に触れる必要はありません。 まずはお金を入れてください。 お金を入れないと発売機はテコでも動いてくれません!発売機は現金なやつ!と覚えておくと「あれ!マークカード読み込んでくれない!」と焦らずに済むはずです。 マークカードを入れて、 精算(写真の真ん中上にある丸いボタン)を押す。 馬券が出てくる。 以上です。 実に簡単です! そして、シートに記載したはいいものの、何円賭けているのかわからない、、、だから券売機に何円投入したら良いかわからない、、、ということもあるかと思います。 (私はよくあります。 ) その際は、 お金を多めに投入し、シートを投入。 すると金額の確認画面が出てくるので、そこで金額を確認しましょう! もし「こんな賭けるつもりじゃなかった、、、」という際は、取りやめることも勿論可能です。 ご安心を! また、 最近では、スマホからのネット投票も一般的になってきており、登録自体も5分で完了し、とうじつからすぐに馬券を購入することができます。 スマホで気軽に競馬を楽しみたいという方はこちらの記事もご覧ください! ワイドの的中馬券の「確認」と「払い戻し」について 着順掲示板に 【確定】という赤いランプが点灯したときに表示されているのが最終決定した着順となります。 【確定】と同時に、払い戻しを受け取ることができるようになるので、競馬場内にある「払戻し」と書かれている券売機に向かいましょう。 馬券の払戻しは競馬初心者でも超簡単ですので、身構える必要は一切ありませんよ!払戻し機にはたくさんの方が並んでいることもありますが、焦らずに対応しましょう。 的中した馬券を入れる• 全ての馬券を入れ終えたら精算を押す 的中していない馬券を入れた場合、この投票券は的中しておりません。 という音声が流れその馬券が返却されます。 したがって、初心者の方は後ろに人が並ばれていない時などに購入した馬券を一度全て機械に通してみると良いかもしれません!• 払戻金が出てくる 以上になります!実に簡単ですね。 ワイド以外の全馬券の徹底比較表 これで、初心者の方も馬連の購入はバッチリですね! また、 「他の買い方にもチャレンジしてみたい!」という方のために、買い方の種類をおすすめ度をつけて簡単にまとめてみましたので、ご覧ください。 これも競馬の魅力の一つ。 ちなみに、このとてつもない高額払い戻しは、14番人気の馬と15番人気の馬が3着以内に入ったことによって起きました。 実はこういう馬券って初心者のほうが当てられる可能性高いんですよ。 なぜなら予想に慣れてきた人は、競馬を知れば知るほど、データで予想をするようになるからです。 そもそも、14番人気と15番人気の馬を同時に選べる人なんて、プロの予想家でもいないです。 馬がこれまでに走ってきたレースの結果や血統を参考にしたら14・15番人気は選べるはずがありません。 でも、初心者なら選べるのです。 なぜなら、「データなんて知ったこっちゃないから」。 これは初心者をバカにしてるわけで一切ありませんよ!むしろ、競馬の予想はそれくらいラフでいいと思っています。 「全然人気はないんだけど、この馬がやけに気になってしまう……」なんてことがあったら大チャンス! 当たったらラッキーくらいの気持ちで100円買ってみましょう。 5分後には10万円以上を手にすることになるかもしれませんよ! 今回は「ワイド」についてご紹介してきました。 最後まで読んで頂いた皆様、誠にありがとうございました。 それでは競馬場でお会いしましょう! その他の馬券(全10種類)も知っておこう!.

次の