イライラ に 効く 食べ物。 チョコも、バナナも!イライラやストレス解消に効果的な食べ物18

怒りっぽいのを治す効果的な食べ物や運動

イライラ に 効く 食べ物

イライラ解消・防止に効く「食べ物」 ブルーベリー うつ病などの心の病に効果的な食べ物で知られているブルーベリー。 ブルーベリーは、抗酸化力が高く、ストレスホルモンと呼ばれる「コルチゾール」 の分泌を抑える働きがあります。 ブルーベリーは手軽に食べられるので、イライラした時につまんで食べると良いかもしれません^^ ナッツ類(アーモンド、カシューナッツなど) 精神を安定させる代表的な食べ物の1つがナッツ類。 アーモンドやカシューナッツに含まれるマグネシウムは、脳や神経の興奮を鎮めてくれる働きがあります。 さらにナッツ類には気持ちを穏やかにしてくれる亜鉛も含まれているので、イライラしている時だけでなく、不安感、焦燥感、憂鬱感を感じている時にも効果的です。 ひまわりの種 ひまわりの種は、脳内の神経伝達物質の1つのドーパミンの生成を助け、感情を安定させて気持ちを落ち着かせてくれます。 また、ひまわりの種は健康に必要なビタミン(ビタミンE、ビタミンB1、ビタミンB12)やカルシウム、カリウム、トリプトファンも豊富に含んでおり、健康食品のような栄養価が高い食べ物です。 ほうれん草 ほうれん草はカルシウム、ビタミンC、マグネシウムなど、イライラ解消に効く栄養素が豊富に含んでおり、気持ちを安定させるにはもってこいの緑黄色野菜。 レバー レバーは、イライラ解消に効果的なビタミンB群(ビタミンB2、ビタミンB6、ビタミンB12)が多く含まれております。 それに加えて、レバーには亜鉛も多く含まれているので、イライラしている時にぜひ食べてもらいたい食べ物です。 イライラ解消・防止に効く「飲み物」 牛乳 牛乳には、イライラを抑えるカルシウムが豊富に含まれております。 また、幸せホルモンの「セロトニン」の原料となるトリプトファンも多く含んでいるので、イライラしている時は牛乳を飲むように心がけると良いでしょう。 ココア ココアに含まれるカカオのポリフェノールは、ストレス耐性を強くしたり、自律神経を整える働きがあります。 カルシウムたっぷりの牛乳と混ぜて飲むとイライラ解消効果も一層高まるでしょう。 グレープフルーツジュース グレープフルーツに多く含まれるビタミンCは、ストレスに対抗する副腎皮質ホルモンの原料として使われます。 そのため、ビタミンCが不足してしまうと、ストレスに対抗できなくなってストレスに耐え切れなくなり、イライラが抑えられなかったり、イライラを感じやすくなってしまいます。 グレープフルーツの香りは気持ちを安定させる効果があるとも言われているため、香りを楽しみながら飲むと良いかもしれません。 また、グレープフルーツは生活習慣の予防やダイエットにも効果的なので女性に嬉しい飲み物ですね。 ハーブティー イライラを抑えて、気持ちを落ち着かせたい時にはハーブティーがおすすめ。 特に、ジャスミンティーやカモミールティー、ミントティーは、気持ちをスッキリさせて、落ち込みやイライラの解消に役立ちます。 ハーブティーはリラックス効果だけでなく、安眠効果やダイエット効果もあると言われており、睡眠に悩みを抱えている方や体重がきになる方にも飲んで欲しい飲み物です。

次の

子育てのイライラに効く?!心を鎮める効果のある食べ物やレシピをご紹介♡

イライラ に 効く 食べ物

イライラ解消・防止に効く「食べ物」 ブルーベリー うつ病などの心の病に効果的な食べ物で知られているブルーベリー。 ブルーベリーは、抗酸化力が高く、ストレスホルモンと呼ばれる「コルチゾール」 の分泌を抑える働きがあります。 ブルーベリーは手軽に食べられるので、イライラした時につまんで食べると良いかもしれません^^ ナッツ類(アーモンド、カシューナッツなど) 精神を安定させる代表的な食べ物の1つがナッツ類。 アーモンドやカシューナッツに含まれるマグネシウムは、脳や神経の興奮を鎮めてくれる働きがあります。 さらにナッツ類には気持ちを穏やかにしてくれる亜鉛も含まれているので、イライラしている時だけでなく、不安感、焦燥感、憂鬱感を感じている時にも効果的です。 ひまわりの種 ひまわりの種は、脳内の神経伝達物質の1つのドーパミンの生成を助け、感情を安定させて気持ちを落ち着かせてくれます。 また、ひまわりの種は健康に必要なビタミン(ビタミンE、ビタミンB1、ビタミンB12)やカルシウム、カリウム、トリプトファンも豊富に含んでおり、健康食品のような栄養価が高い食べ物です。 ほうれん草 ほうれん草はカルシウム、ビタミンC、マグネシウムなど、イライラ解消に効く栄養素が豊富に含んでおり、気持ちを安定させるにはもってこいの緑黄色野菜。 レバー レバーは、イライラ解消に効果的なビタミンB群(ビタミンB2、ビタミンB6、ビタミンB12)が多く含まれております。 それに加えて、レバーには亜鉛も多く含まれているので、イライラしている時にぜひ食べてもらいたい食べ物です。 イライラ解消・防止に効く「飲み物」 牛乳 牛乳には、イライラを抑えるカルシウムが豊富に含まれております。 また、幸せホルモンの「セロトニン」の原料となるトリプトファンも多く含んでいるので、イライラしている時は牛乳を飲むように心がけると良いでしょう。 ココア ココアに含まれるカカオのポリフェノールは、ストレス耐性を強くしたり、自律神経を整える働きがあります。 カルシウムたっぷりの牛乳と混ぜて飲むとイライラ解消効果も一層高まるでしょう。 グレープフルーツジュース グレープフルーツに多く含まれるビタミンCは、ストレスに対抗する副腎皮質ホルモンの原料として使われます。 そのため、ビタミンCが不足してしまうと、ストレスに対抗できなくなってストレスに耐え切れなくなり、イライラが抑えられなかったり、イライラを感じやすくなってしまいます。 グレープフルーツの香りは気持ちを安定させる効果があるとも言われているため、香りを楽しみながら飲むと良いかもしれません。 また、グレープフルーツは生活習慣の予防やダイエットにも効果的なので女性に嬉しい飲み物ですね。 ハーブティー イライラを抑えて、気持ちを落ち着かせたい時にはハーブティーがおすすめ。 特に、ジャスミンティーやカモミールティー、ミントティーは、気持ちをスッキリさせて、落ち込みやイライラの解消に役立ちます。 ハーブティーはリラックス効果だけでなく、安眠効果やダイエット効果もあると言われており、睡眠に悩みを抱えている方や体重がきになる方にも飲んで欲しい飲み物です。

次の

イライラしたときに!コンビニで買える食べ物・飲み物のおすすめ18選

イライラ に 効く 食べ物

なんだか人に対してイライラしてしまうときってありますよね。 そうなると自分に対しても罪悪感が出てきたり、あまり良いことはありません。 わたし自身はそこまで人に対してイライラすることは頻繁にはありませんが、やはり人間ですから多少はそういった感情が芽生えることもあります。 でも、どうして人は他人に対してイライラしてしまうのでしょうか? またイライラしてしまったときにはどのように対処していけば良いのでしょうか? 心の持ち用も大切ではありますが、これが食べ物や飲み物などで解消できたら嬉しいですよね。 そこで今回は、 人に対してイライラしてしまう原因や対処法、食べ物や飲み物での解消法についてご紹介します。 イライラしてしまう原因は? 人に対してイライラしてしまう原因は様々ですが、主に3つのことが考えられます。 順番にご紹介していきます。 身近なところで言うと男女での考え方の違いなどもこれに当てはまります。 自分はこう思っているのに「なんで〇〇をわかってくれないの?!」というイライラした気持ちになってしまうんですよね。 わたしもこのパターンは良くありますよ。 自分が考えていることと意見が合わない場合はやっぱりイライラしてしまい「なんでわかってくれないんだろう?」「なんでこういう考えになるんだろう?」となってしまいます。 そんなときには「この前言ってたことと違うじゃないか!」「実際に言ってることと全く違うじゃないか!」とイライラの元となります。 やはり 有言実行をするような人でないと、他人からイライラされてしまうので自分自身も気をつけなければと思いますね。 会社勤めをしていた頃は、とにかく上司が昨日と今日で言っていることが違うので毎日イライラさせられたものです。 例えば、ちょっと話しただけで「うわっ、この人苦手だなぁ」と感じる場合もあるでしょう。 そんな人とずっと一緒にいるとだんだんイライラしてきて、ますますその人のことが嫌いになってしまうことも多々あります。 わたしの場合も、やはり上から目線で高圧的な態度でものを言う人などは、いくら初対面ですぐ他人を評価してはいけないとわかりつつも、イライラしてしまいますね…。 これはもう相性が悪いんだなと諦めています(笑) 人にイライラしてしまった場合の対処法や解消法 それでは、実際に人と関わってイライラしてしまった場合の対処法や解消法をご紹介します。 うまくストレスを溜めずに、 人間関係を築いていくためのアドバイスを3つご紹介します。 職場での人であれば業務連絡や挨拶以外は特に関わらないこと、友人であれば連絡は年賀状程度にしておくことが大切です。 彼氏や彼女にイライラする場合は…距離を置く前にとことん話し合いましょう。 それでも解決できない場合は別れてしまった方が楽かもしれませんね。 夫婦でイライラしている場合には、一度同じく話し合って距離を置いたりすることが効果的です。 男女の付き合いでカップルや夫婦となると、やはり深い関わりをしないということは不可能ですからね。 特に女性は知り合いに話すことで共感を得られてイライラがおさまるでしょう。 ただ、注意点があって職場の人にイライラしている場合に同じ職場の人には愚痴を言わないことです。 何らかの原因で本人に伝わることがあるので、信頼できるイライラする対象者とは全く無関係の人に愚痴を話すようにしましょう。 そこで食べ物と飲み物を2種類ずつご紹介します。 乳製品 血液中にカルシウムが足りなくなると、筋肉や神経が興奮しやすくなってイライラしやすくなります。 そこでカルシウムを多く含む乳製品をこまめに食べることで神経の高ぶりを鎮めてイライラしにくくなるのです。 レタス 実は特に秀でた部分が無さそうにも見えるレタスですが、精神安定作用があるんですよ。 ちょっと舌を噛んでしまいそうな名前ですが、「ラクッコピコリン」という成分がイライラを抑えてくれて安眠作用などもあるのです。 ココア ココアは飲むだけでホッとするような気持ちになりますよね。 ココアのベースとなる牛乳はカルシウムをたくさん含んでいますし、ココアの苦味成分テオブロミンは自律神経のバランスを整えてくれてイライラしやすい神経を抑えてくれます。 またポリフェノールはストレスに対する抵抗力も高めてくれるので是非寝る前にはココアを飲んでリラックスしてみてください。 炭酸水 炭酸水は疲労回復効果があり、疲れたからだを癒してくれる効果があるんです。 炭酸の刺激が興奮しそうなイメージですが、リラックスを司る自律神経の副交換神経を優位にはたらかせます。 ただ、甘いものはカロリーが高いので無糖の炭酸水を飲むようにしてくださいね。 こうした食べ物や飲み物、そして人との関わり方を見直しながら、他人にイライラしている自分をときには客観視しながら過ごすのもオススメです。 気持ちを楽に、自分が生きやすいように生活していきましょう。

次の