イタイイタイ病 原因 物質。 水質汚染・水質汚濁の原因物質と影響|アピステコラム|冷却・防塵・放熱など熱対策ならアピステ

イタイイタイ病とは

イタイイタイ病 原因 物質

学校で「四大公害病」というのを社会科の授業で取扱ったのを覚えているでしょうか。 四大公害病は工場から出る排煙や排水が、人体にも尋常ではない悪影響を与えることを最初に証明することとなった4つの病気です。 そのなかでも「水俣病」と「イタイイタイ病」の2つは周辺地域の水質汚染に起因する、国内で最初の病気です。 今回は水質汚染のはじまりである「水俣病」と「イタイイタイ病」について紹介します。 水俣病とは 水俣病は1950年代に熊本県水俣湾で発生した公害病です。 人類史上、食物連鎖によって人間に発症した最初の病気でもあります。 メチル水銀によって引き起こされる神経疾患で、工場の排水に含まれていたメチル水銀が貝類や魚類に蓄積され、このメチル水銀を大量に含有した貝類や魚類を人間が食べることで発症します。 はじめは手足の痺れからはじまり、次に脳がダメージを本格的に受け始めることで言語障害、歩行障害、耳鳴りや難聴があらわれます。 さらに重篤なケースでは意識不明になったり、死亡したりするような危険な疾患でした。 軽度の症状の場合でも視覚や聴覚に影響があるために日常生活に支障をきたしたり、それまで働いていた職業を失ったりする人が相当数いたとされています。 原因 水俣病の原因物質はメチル水銀ですが、正確な原因物質と原因究明にはとても長い時間を要しました。 当時の医療では有機水銀を正確に検査する技術はなく、原因物質の候補から水銀は外され、別の物質が水俣病を引き起こしていると考えられていたこと、工場の排水が原因と確認したときに工場側から研究結果の発表を禁じられたこと、公式に研究結果を発表しようとしたときに東大医学部などから反論をされたことなどが原因で、正確な原因物質の特定にはかなりの時間がかかりました。 当時、有機水銀を含む工場排水を水俣湾に流していたのは「チッソ」という会社です。 チッソは工場で酢酸や塩化ビニールの原料となる 「アセトアルデヒド(発がん性のある大気汚染物質)」を作るときに無機水銀を使っていましたが、その時に生成されていた有機水銀をなにも処理せずに水俣湾に流し、知らないうちに大規模な環境汚染を行ってしまっていました。 チッソは現在、化学繊維などを製造しています。 イタイイタイ病とは イタイイタイ病は1910~1970年代に、神通川下流域の富山県で発症例が多くみられた公害病です。 はじめは腎臓障害が起こり、便秘や頻尿がみられます。 次に身体全体の骨が脆くなる、骨量が減少するといった 「骨軟化症」があらわれはじめ、筋肉に力が入らない状態が続き、次第に歩行をすることも難しくなります。 最終的には寝たきりの状態なり、極端に骨が脆くなっているのでくしゃみをしたり、軽く身体を動かしたりするだけで骨折してしまう状態になります。 原因 イタイイタイ病の原因物質は 「カドミウム」です。 現在はカドミウム単体ではなく、カドミウムと当時の低蛋白、低カルシウムなどの食生活に関する問題が合わさってイタイイタイ病が発症したのではないか、という見方もあります。 カドミウムが神通川に混入した原因は、神通川の上流である高原川にあった「三井金属鉱業神岡鉱山亜鉛精錬所」から流れていた排水が関係しています。 高原川に排水が流れ、その水が神通川に入り、神通川の水で作った米を食べたり、飲料水として使ったりしたので、神通川周辺地域の農家が多く感染しました。 また、水俣病の時と同様に当時はカドミウムと病気を関連が考えられていなかったので、イタイイタイ病の被害をなかなか抑えることができなかったことも大きなポイントになっています。 おわりに 水俣病やイタイイタイ病などの公害病は、一過性の流行り病などとは比べ物にならないほど社会へ影響を与えました。 また、今なお水俣病の認定を求める人や被害を訴える人が大勢いるため水俣病患者の正確な人数は判明していません。 新潟でも発生した「新潟水俣病」も含めて、公害病は今後も社会全体で考えるべき問題です。

次の

【中学受験向け】四代公害病の覚え方【原因物質・場所・川】|あいまいもこもこ.COM

イタイイタイ病 原因 物質

四大公害病とは 四大公害病は、 水俣病、 四日市ぜんそく、 イタイイタイ病、 新潟水俣病を指します。 水俣病 水俣病は 熊本県の水俣湾沿岸で1953年頃から発生した公害病です(熊本県・鹿児島県で被害がありました)。 原因は工場から排出された 有機水銀(メチル水銀)による中毒で、メチル水銀に汚染された魚介類を摂食した人々が慢性の神経系疾患を発症しました。 1968年9月に公害病と認定、1996年5月に裁判で正式和解となりました。 四日市ぜんそく 四日市ぜんそくは 三重県四日市市で1960年頃から発生した公害病です。 四日市市に石油コンビナートが建設されてから重い喘息を発症する人が多数出ました。 原因は工場の煙に含まれる 二酸化硫黄による 大気汚染で、多数の地域住民が四日市ぜんそくにかかりました。 1972年7月の裁判で患者側が勝訴しました。 イタイイタイ病 イタイイタイ病は 富山県の神通川(じんづうがわ)流域で起きた、公害病です。 イタイイタイ病の症状は1910年代から見られ、1956~57年ごろに激化しました。 原因は鉱山から出た カドミウムによるもので、カドミウムに汚染された食べ物や水を摂取したことで骨軟化症、腎機能不全を発症しました。 (患者がイタイイタイと言っていたことからこの病名がつけられました。 ) 1968年5月に公害病として指定され、1972年8月に患者側が勝訴しました。 新潟水俣病 新潟水俣病は 新潟県の阿賀野川流域で起きた公害病です。 第二水俣病とも呼ばれ、1965年に確認されました。 熊本の水俣病と同様、工場から出た 有機水銀が原因で起きました。 1995年12月に和解協定が成立しましたが、現在も訴訟は続いています。 新しい公害 国や企業の取り組みもあり産業公害は抑制されましたが、新たな公害も問題になっています。

次の

〜地球doctor〜イタイイタイ病〜

イタイイタイ病 原因 物質

四大公害病とは、1950年代半ばから1970年代の高度経済成長期を中心に発生した公害に伴う疾患です。 数ある公害のなかでも住民に大きな被害をもたらした水俣病、新潟水俣病、イタイイタイ病、四日市ぜんそく。 この4つが四大公害病です。 水俣病 熊本県南西部の水俣湾沿岸で、1953年頃から発生した公害です。 原因物質は、有機水銀です。 工場の排水に含まれていた水銀を魚介類が摂取し、食物連鎖によって濃縮され、それを食べた人々に、手足のしびれ、言語や視野に障害が発生しました。 新潟水俣病(第二水俣病) 新潟県・阿賀野川の下流域で、1965年に発生確認されました。 新潟水俣病とも、第二水俣病とも呼ばれます。 原因物質は、工場の廃液に含まれていた有機水銀です。 上記の水俣病と同じく、魚の食物連鎖によって濃縮され、それを食べた人々に、手足のしびれ、言語や視野に障害が発生しました。 イタイイタイ病 富山県神通川の下流域で、1910~1970年代に発生しました。 原因物質はカドミウムです。 患者が「痛い、痛い」と叫ぶことから、この病名がつけられました。 鉱山の排水のなかにカドミウムが含まれており、神通川やその流域の田畑は汚染されました。 米や野菜などの作物、水にもカドミウムが含まれるようになりました。 それを飲食し続けた人々に、尿管機能の異常、骨軟骨化などが発生しました。 四日市ぜんそく 三重県の四日市市付近で、1960年代に発生しました。 原因は、石油コンビナートによる大気汚染です。 大量の亜硫酸ガスが発生し、地域の人々に気管支炎、ぜんそくなどが発生しました。

次の