ソフトバンク 配当。 9434 ソフトバンク

【高配当株】ソフトバンクの配当利回り・配当性向。ドコモ・KDDIとの比較

ソフトバンク 配当

ソフトバンク 9434 の事業内容 「ソフトバンク(9434)」は、孫正義氏率いる「ソフトバンク グループ」の子会社です。 「ソフトバンク」は、 携帯電話・インターネット回線等の通信事業を行う子会社になります。 「ソフトバンク」は子会社とはいえ、NTTドコモやKDDIとならぶ3大キャリアとして、超巨大な規模となります。 MEMOソフトバンクグループの企業は他に「Yahoo」や、アメリカの通信サービス「スプリント」等があります。 ソフトバンク株の配当は年何回?権利確定日はいつ? ソフトバンクの配当は配当中間配当、期末配当の年2回です。 配当権利確定日は下記となっています。 3月末:期末配当• 9月末:中間配当 ソフトバンク株の配当金はいつ貰える? ソフトバンク株の配当金は、下記までに支払われます。 期末配当:6月まで• 中間配当:12月まで ソフトバンク株の配当利回り ソフトバンクの配当利回りは5. 5%~6. 同社は 2019年5月8日に増配を発表し、配当予想は前期比10円増配の85円、配当性向は85%となりました。 ソフトバンクが高配当の理由 ソフトバンクは上場企業の中でも、かなり高配当の部類に分類されます。 他の通信企業(NTT、KDDI)も高配当ですが、ソフトバンクは特に配当性向が高い傾向があります。 ソフトバンクの株主優待 ソフトバンク(9434)には 株主優待はありません。 親会社である「ソフトバンクグループ 9984 」には株主優待が存在しました。 しかし2019年3月末を最後に、現在は廃止になっています。 株主優待の内容は、携帯料金・インターネット回線が毎月割引になるというものです。 今後、ソフトバンク(9434)で株主優待が新設される事が期待されます。 ソフトバンクの株主優待新設の可能性 ソフトバンクグループが実施していた株主優待は、携帯料金・インターネット回線の割引です。 これは本来、「ソフトバンク(9434)」で実施するのが適している内容となっています。 そのため今後、 ソフトバンク(9434)による「株主優待の新設」が期待が高まると思われます。 ただしソフトバンク(9434)は既にかなりの高配当のため、株主優待が実施される可能性は低いかもしれません。 注目された理由の一つとして、証券会社から個人投資家への営業が活発だったことがあります。 IPOの抽選当選確率も高く、多くの個人投資家が配当利回りを目的に購入しました。 しかし 上場直後は株価が大幅安となり、多くの投資家が含み損を抱える状態になってしまいました。 その後は株価も回復し、比較的安定した株価を維持しています。 ソフトバンク株価の今後の見通しは? ソフトバンクは2018年の上場後、大幅に株価が下落しました。 しかし2018年度の連結決算では、 通期予想を上回る増収増益の好決算を発表しました。 また 同時に増配を発表し、ポジティブサプライズの決算となりました。 通信事業者はコロナウイルスによる世界的な株価暴落の影響も少なく、比較的安定した値動きを維持しそうです。 ソフトバンクがYahoo(ヤフー)を子会社化 2019年5月8日、ソフトバンクはポータル事業大手の Yahoo(ヤフー株式会社)の連結子会社化を発表しました。 好材料が発表されたことで、株価の底打ちしたきっかけの一つとなっています。 まとめ ソフトバンクは高配当株として個人投資家にも人気の銘柄です。 上場直後は株価が下落しましたが、現在株価は比較的安定しています。 ソフトバンクやNTT・KDDI等の通信事業者は暴落にも比較的強く、ディフェンシブな業種と言えるでしょう。 以上、高配当銘柄ソフトバンク株についての紹介でした。

次の

ソフトバンク|株配当と株主優待の権利確定日はいつ? (TYO:9434)

ソフトバンク 配当

【ご注意】• 市場を特定したい場合は、銘柄コードに続けて拡張子(例:4689. t)をつけてください。 各市場の拡張子、詳細についてはをご覧ください。 チャートについては、株式分割などがあった場合は分割日以前の取引値についてもさかのぼって修正を行っております。 前日比については、権利落ちなどの修正を行っておりません。 取引値は、東証、福証、札証はリアルタイムで、他市場は最低20分遅れで更新しています。 全市場(東証、福証、札証も含む)の出来高・売買代金に関しては、最低20分遅れで表示しています。 各項目の意味と更新頻度については「」をご覧ください。 Yahoo! ファイナンスは、、、、、、、からの情報提供を受けています。 日経平均株価の著作権は日本経済新聞社に帰属します。 当社は、この情報を用いて行う判断の一切について責任を負うものではありません。

次の

ソフトバンクグループ(9984)の配当金推移や権利確定日など

ソフトバンク 配当

いわゆる世間に馴染みのある携帯電話のソフトバンクはSBGの子会社群の1つなのです。 6兆円を市場から調達しました。 ソフトバンクは今年度の営業利益7000億円を予定しており、SBGの中でも優良かつ主要な子会社です。 そのような子会社の株を放出した理由は、 ソフトバンクの大きな成長が見込めないことと、SBG自体のキャッシュフローに問題があるからです。 SBGは業績自体は好調なのですが、非流動負債が17兆円以上あるという状況で、利子を支払うだけでもかなりの負担となっています。 また業績の伸びを牽引しているのは投資関連の事業になります。 携帯電話の事業は安定的にキャッシュを稼いでいますが、今後は大きな成長が見込めません。 そういう状況の中で 、 さらなる成長投資を行うための財務基盤を強化するためにソフトバンク株を売り出すことになりました。 シェアトップのドコモから顧客を奪うのにも限界があり、契約者数の伸びという面で構造的な問題を抱えています。 ソフトバンクも当然横並びで対応しなくてはいけなくなるでしょう。 値下げしても契約者数の伸びは期待できないので、明らかな減収要因となります。 楽天は低価格を武器に攻めてくると考えられ、最も顧客を奪われる懸念が大きいのがソフトバンクだと言われています。 これも5Gにしたからといって契約者数が伸びることには繋がりません。 5Gの高速通信を活かしたエンタメなどの画期的なサービスを開発できれば別ですが、基本的には2019年以降に設備投資負担がそのまま乗っかると予想されます。 ファーウェイ製を多く使用しているソフトバンクにとっては交換のための余計なコストが掛かることになります ソフトバンクの宮内社長も本日の会見で述べていましたが、 今後の事業環境を考えるとソフトバンクの大きな成長は見込めないと言ってよいでしょう。 ただし、既にしっかりとした顧客基盤があるため急に赤字になることも考えにくく、 当面は安定した業績を維持することは出来ると思います。 しかし、ソフトバンクにも大きな魅力があります。 それは 高配当であることです。 本日の終値(1282円)ベースで見ると、何と利回りが 約5. とんでもなく高配当の株であると言えます。 何故これ程の高配当が出せるのでしょうか? 次の項で解説します。 配当性向とは年間で稼いだ最終利益の何パーセントを配当金に回してるかの指標になります。 何故そのような高い配当性向を実施するのでしょうか? 配当性向が高い理由は親会社のSBGに配当金を多く払うため 今回はSBGが約37%の株を放出してソフトバンクが上場しますが、 引き続きSBGがソフトバンク株の6割以上を保有する筆頭株主になります。 つまり、 ソフトバンクが支払う配当金の6割以上は親会社のSBGに吸い上げられます。 残りの4割弱が今回の上場でソフトバンク株を買った一般株主に支払われることになります。 この時に、最初の章で述べた SBGの多額の有利子負債の利払いが問題になります。 SBGは借金以上にたくさんの固定資産も持っている会社ですが、 毎年の利払いにはどうしてもキャッシュが必要になります。 今までもソフトバンクから安定的に払われる配当金によって利払い用のキャッシュを得ていました。 (今回は配当金の4割弱を放棄する代わりに2. 6兆円を得たようなもの) ソフトバンクの高い配当性向を維持しないと、筆頭株主であるSBGが困ってしまうのです。 今回新たに株主になった個人投資家への大盤振る舞いのために配当を多く出しているわけではありません! ソフトバンクの高配当は当面維持される可能性が高い 前の項からSBGの都合を考えると、当面はソフトバンクの高配当は維持される可能性が高いと考えられます。 何故ならば 配当金を決定するのは基本的には株主だからです。 その筆頭株主がSBGですので、キャッシュを必要としているSBGが配当金を自ら下げることはしないでしょう。 この辺は親子上場の問題というか微妙なところではありますが。 また、ソフトバンクは2018年9月末の時点で、 配当金の原資となり得る利益剰余金が約7600億円あります。 仮に、将来の事業環境の悪化によって減益となる場面があっても、利益剰余金を取り崩して配当を維持する可能性が高いと思います。 (もちろん恒常的に利益が出せない体質になると減配は免れませんが当面は大丈夫かと) (おまけ)株主優待の新設に期待 上場してから少し経ってから株主優待を新設する会社もあります。 これは何となくの勘ですが、ソフトバンクも株主優待を今後新設する可能性が高いと思います。 親会社のSBGも積極的に優待を出していますし、ソフトバンクもきっとやるでしょう。 内容によっては株価の下支えとして機能するかもしれません。 まとめ:結局ソフトバンクの株は買いなのか? これまででソフトバンクの詳細について分析してきましたが、結論としてはソフトバンク株を買う価値はあるのでしょうか。 答えとしては「投資判断は各自で行ってください」です 笑 それだけだと面白くありませんので、あくまでも自論を書きたいと思います。 成長期待の低さと将来の事業環境悪化は懸念材料ですが、配当金が維持される可能性が高いことから下に突っ込む場面があれば十分に妙味はあると言えるでしょう。 管理人はツイッターもやってますので宜しければフォローをお願いします.

次の