七夕飾りの折り方。 七夕飾り!折り紙で彦星のからだの折り方!お店のディスプレイに最適!

七夕飾りの 折り紙 (素材型紙) ・ 作り方 無料ダウンロード・印刷|幼児教材・知育プリント|ちびむすドリル【幼児の学習素材館】

七夕飾りの折り方

では、さっそく天の川からご紹介していきますね。 七夕飾りを折り紙で天の川編 まずはよく見かける天の川の作り方です。 【Part 1】 折り紙を半分に折って それをまた半分に 右側から、ハサミで切り込み(途中まで)を入れていきます。 (1㎝幅くらい) 左側も同様に(右側と交互になるように) 開いて、伸ばしたら完成です。 【part 2】 折り紙を3回三角に折っていきます この状態でさっきと同じように右からと左から、交互に切り込みを入れて 1回折った状態まで開いたら 伸ばして完成です。 三角の形に伸びますよ。 では続いて、こちらもお馴染みのちょうちんの作り方です。 半分に折って、真ん中に折り目をつけて開きます 下を少しだけ折り曲げたら 両端を、中心の折り目に向かって折ります さらにもう半分に 開いたら、折り目に沿って、山折り谷折りと交互に折っていきます こんな感じになります 白の折り目の部分を残して、反対側から3等分になるように切り込みを入れます こんな感じ 開いたら 上が十字の形になるように折ったら 完成です 最後の部分は糊でとめます。 スポンサードリンク 七夕飾りささつづり編 画像は7. 5cmの折り紙で作ってます。 笹つづりは小さい方がおすすめです。 白い方を内側にして三角に折ります 頂点を下にして、半分より少し大き目に(3分の1くらい)折り曲げて もう片方も折り返します 最初に大きく折りすぎると、ここで綺麗に揃わないので、 できるだけ3分の1になるように折ります 上の部分を赤のラインで折り返して もう片方も同様に折り返します 折る時は、上下入れ替えて折って大丈夫です ひっくり返せば完成です 裏側の部分は開きやすいので、糊でとめておいた方がいいです。 同じ様にして、数個作ります 裏側の赤丸の部分に先を入れ込むようにして、つなげていけば できあがりです 七夕飾りを折り紙で番外編 では最後に、少しだけ変わった笹飾りをご紹介します。 作るのはこちら 一見難しそうに見えますが、とっても簡単なので安心してくださいね。 5cmサイズの折り紙で作ってます。 三角に2回折ります 開いている方を上にして、図のように持って 下から4本切り込みを入れていきます 一番右の、小さい部分は結構ギリギリまで切り込みを入れた方が後で助かります。 開いたら 中心部を、輪っか状にして、糊でくっつけます この時、切り込みが短いと、輪っかを作るのが大変です。 ひっくり返して、中心から2番目を先ほどと反対方向に輪っかを作ります。 輪っかが小さいうちは、中に鉛筆などを入れると、くっつけやすいですよ。

次の

折り紙の七夕飾りの簡単な折り方レシピ|おしゃれな笹飾りの作り方は?

七夕飾りの折り方

切れ目の幅が違うものや、色違いのものを何種類か作ると、見栄えが良くなりますよ。 網飾り1と違い、奥行きがありますね。 切れ目の幅が違うものや、色違いのものを何種類か作ると、見栄えが良くなりますよ。 オレンジ色の折り紙で作ると、より提灯(ちょうちん)っぽく見えますね。 形が短冊に似ていますね。 折り紙の代わりに 千代紙を使うと、おしゃれ度が増しますよ。 これが千代紙 織姫と彦星 別パターンその1 こちらは、顔がかわいいタイプの織姫と彦星です。 ちなみに、この動画では笹舟の折り方も紹介されています。 より七夕っぽくなると思いますので、ぜひ作ってみてください。 織姫と彦星 別パターンその2 こちらは、ちょっと大人びた織姫と彦星です。 他の折り方に比べれば少し難しいかもしれませんが、一味違った織姫と彦星ができます。 出来上がったときの達成感があると思いますので、ぜひチャレンジしてみてくださいね。 織姫と彦星 別パターンその3 こちらは、短冊に付けるタイプの織姫と彦星です。 織姫と彦星の折り紙の中では、一番簡単な折り方だと思います。 折り方が一緒ですし、折り紙の色で織姫と彦星を分ければ良いだけです。 短冊に付けるというアイデアは、気付きそうで気付きませんでした。 折り方は簡単ですが、出来上がりはとてもかわいいですよね。 保育園や幼稚園など、小さい子供が喜びそうな折り方だと思います。 色違いの折り紙をたくさん使ってカラフルにしましょう。 色違いの折り紙をたくさん使ってカラフルにしましょう。 色違いの折り紙をたくさん使ってカラフルにしましょう。 何個かつなげてみても良いかもしれませんね。 色違いの折り紙をたくさん使ってカラフルにしましょう。 それぞれ三角に折って、重ねてのりで貼るだけなので簡単にできます。 金色の折り紙を使えば見栄えが良くなりますよ。 種を描いて、スイカっぽくしましょう。 切れ目の入れ方が特徴的ですが、難しくないのでチャレンジしてみましょう。 折り方に少しだけクセがあります。 3枚星とは形が違うので、違った形の星がほしいときにおすすめです。 吹き流しの種類が増えるので、飾れば見栄えが良くなりますよ。 手順は少し多いですが、折り方はシンプルです。 少し折り方にクセがあり、切り方にコツがいりますが、立体的な星になるのでおすすめです。 4等分に切って、折ってつなげるだけなので簡単にできます。 女の子が喜ぶと思いますので、色違いの折り紙をたくさん使ってカラフルにしましょう。 はさみで星の形がうまく切れるかどうかがポイントになります。 クオリティの高い飾りになるので、ぜひチャレンジしてみてください。 はさみで星の形がうまく切れるかどうかがポイントになります。 2つ作らなければなりませんが、豪華な飾りになりますよ。 つなげる個数が多いほど豪華に見えます。 色違いの折り紙をたくさん使ってカラフルにしましょう。 色違いの折り紙をたくさん使ってカラフルにしましょう。 色違いの2枚星をたくさん貼り付けてカラフルにしましょう。 色違いの折り紙をたくさん使ってカラフルにしましょう。 1つ作って飾れば、夏を感じさせてくれること間違いなしですね。 飾りのアクセントとして1つあっても良いかもしれませんね。 いかにも夏という感じがする飾りなのでおすすめです。 一つ一つの部品は簡単にできますよ。 豪華な星になるのでおすすめです。 終盤の段折りがうまくできるかどうかがポイントです。 少し折り方にクセがあり、切り方にコツがいりますが、出来上がりはキレイなのでおすすめです。

次の

【折り紙】屑籠と投網の作り方!簡単に作れる解説付き!【七夕飾り】

七夕飾りの折り方

最初に紹介する折り紙「七夕飾り」簡単な折り方レシピは、「吹き流し」です。 吹き流しは五色の糸をかたどったもので、織姫のように「機織りが上達できるように」と願いが込められています。 今回は仙台七夕祭りで有名な、くす玉のついた魔よけの吹き流しの作り方を紹介します。 吹き流しはグラデーションの折り紙や透明な折り紙を使うと、風に揺れた時にとても優雅に見えますよ。 作るときは折り紙の他に、ポンポンを作るためのフラワーペーパー、そして吊るすための糸も用意して下さいね。 今回はポンポンですが、折り紙で作った風船等でも大丈夫ですよ。 吹き流しの折り方• 折り紙の色のついた面を上にして、辺を1. 5cm折り下げます• 裏返して、折り下げているふちは避けて、縦に半分に折り筋を付けます• 1回開いて、中心の折り筋に沿って切れ目を入れます• ひらひらする部分ができました• フラワーペーパーを5枚重ねて、半分に切ります• 5枚ずつ細く蛇腹折りをしたものを二つ作り、端を斜めに切ります• 糸で中心をくくり、1枚ずつ丁寧に開いていきます• 丸くきれいに形を整えます• 吹き流しを吊り下げて完成です 3つ目に紹介する折り紙「七夕飾り」簡単な折り方レシピは、「くずかご」です。 画像の一番右に飾られているものがくずかごです。 整理整頓などの「清潔」、「物を粗末にしないように」という心を表しています。 一番最初に作っておくと、飾りを作っているときにゴミが出ても、散らかさずにいられますよ。 くずかごの折り方• 折り紙を三角に折り、さらに半分に2回ずつ折ります• もう一度半分に折り、頂角から垂直にはみ出ている部分を切り落とします• 両側の「わ」の部分を、互い違いになるように左右からはさみで切り込みを入れます。 細く尖った角の方は、切らずに2㎝ほど残します• 切り込みを離しながら、破れないようにゆっくり広げます。 八角形ができていると思います• 中心の部分をつまみ、切り込みを広げるように引っ張ります• 折り紙の中心を下にして、くずかごの完成です。 辺にひもなどを通して縛り、飾り付けます 7つ目に紹介する折り紙「七夕飾り」簡単な折り方レシピは、「織姫と彦星」で、「永遠の愛」を意味しています。 今回紹介する折り方はとても簡単なので、小さなお子さんでも作ることができますよ。 織姫と彦星の折り方:顔編• 黒い紙を半分に切ります• 正方形になるように半分に折り筋を付けます• 上辺の左右の角を、底辺の中心に向けて三角に折り筋を付けます• 裏返して、頂角を内側へ三角に折り、左右の底角を中心の線に向けて斜め上に折り上げます• 裏返して、顔を描いて完成です 織姫と彦星の折り方:着物編• 白い面を上にして折り紙を置きます• 底辺を上辺から少し隙間を空けて、平行に折ります• 裏返して、着物の襟になるように左右の辺を斜めに折って完成です• 着物と顔をのりなどで貼り付けて完成です 最初に紹介する折り紙「七夕飾り」難しい折り方レシピは、「紙衣」です。 「裁縫の上達」、「着るものに困らなくなる」という意味があります。 また、紙の着物は「病気や災難などの厄除け」の意味もあります。 和柄の折り紙で折ると、着物らしく見えて素敵ですよ。 紙衣の折り方• 折り紙を半分に切って、短い辺をのりなどで少し貼り付け、細長い紙を用意します。 白い面を上にして、短い辺が上下になるように折り紙を置いてください。 底辺を細く、平行に2回巻き折りします• 裏返して、巻き折りした辺の中心から左右の角を三角に折り上げます• 三角の頂角から、少し離れた位置から上辺を後ろ側へ折ります• 左右の辺を、巻き折りした部分が出るように観音折りします• 上辺の角の「わ」を、左右それぞれ三角に開いてたたみます• 画像の右側が巾着です。 昔のお財布をかたどっていて、「金運向上」や「商売繁盛」など、「倹約と貯金の心を願うもの」です。 夏らしい涼しげな柄の折り紙で作ると、七夕にピッタリですね。 巾着の折り方• 白い面を上にして、三角に折り筋を付けます• 底辺の左右の角を、内側に少し三角に折り筋を付けます• 頂角の上1枚を左の辺に半分に折り、「わ」の方に折り返して折ります。 裏側も同じように折ります•

次の