医療 保険 女性 20 代。 20代に人気の医療保険ランキング!若い世代が支持するのはどこ?

女性向け医療保険のおすすめ人気ランキング10選【2020年最新版】

医療 保険 女性 20 代

1万1193件 1~3位が妊娠・出産に関するもので占められている上、全体を見ても女性特有のものが多いことが分かります。 妊娠出産・女性特有の病気の割合は? 妊娠・出産に関するもの…38. 20代で女性保険に入るのであれば、妊娠・出産に手厚いものにするというのも一つの選択肢です。 ただし、妊娠・出産で給付金が受け取れるのは、 異常分娩の場合のみです。 通常分娩の場合は対象外となるので注意してください。 また、これらの原因で入院することが多いのは、20~30代のうちだけです。 40代以降は、がんや白内障、関節症など女性特有の病気以外での入院が増えていきます。 その年代に差し掛かったときには、女性特有の病気に手厚く備えるという特約を外して、保険料を安くする方がより合理的です。 結論はコレ! 若いうちは女性特有の病気に手厚く、その後は保険料を抑えたい人には、チューリッヒ生命 加入後、特約を外すことができる女性保険の中でも、特におすすめなのが、チューリッヒ生命の 「終身医療保険プレミアムDX Lady」です。 25歳で契約した場合、月払保険料は1620円ですが、女性特約を外すと1015円となります。 本来、チューリッヒの医療保険は、月払保険料1500円以下では契約できず、必ず何らかの特約をつける必要があります。 しかし、一度契約した後は1500円以下になってもOKなので、毎月1015円で契約を続けることができます。 女性特約が不要になった後、毎月1000円程度の保険料で 入院日額:5000円 手術給付金:5万円 というバランスの良い保障を得ることができ、とてもお得です。 ただし「新CURE Lady-キュア・レディ」の場合、途中で女性特約を外すことはできません。 本当に若いうちに入った方がお得なのか、オリックス生命の女性保険「新CURE Lady-キュア・レディ」の場合で比較してみました。 しかし、若いうちに加入すると、その分、保険加入期間が長くなるので、総保険料は高くなります。 必ずしも若いときに加入した方が得ということではないので、必要を感じたときに加入するのが一番です。 ただし、一度大きな病気をしてしまうと、数年間は 特定疾病・部位不担保と言って、その病気やその部位に関する保障をしてもらえなくなったり、そもそも保険に加入できなくなったりする可能性が高いので、 健康なうちに検討する方が良いのは間違いありません。 30代におすすめの女性保険 30代女性の病気入院原因 ランキング まずは、30代女性の病気入院原因ランキングを見てみましょう。 女性保険で上乗せ給付となる女性特有の病気や妊娠・出産に関するものは赤字にしています。 1万9138件 1~4位を妊娠・出産に関するものが占めた上、ベスト10のうち9つが女性特有のものということが分かりました。 妊娠出産・女性特有の疾病の割合は? 妊娠・出産に関するもの…48. 30代で女性保険に入るのであれば、妊娠・出産に手厚いものにするというのも一つの選択肢です。 ただし、 妊娠・出産で給付金が受け取れるのは、異常分娩の場合のみです。 通常分娩の場合は対象外となるので注意してください。 また、これらの原因で入院することが多いのは、20~30代のうちだけです。 40代以降は、がんや白内障、関節症など女性特有の病気以外での入院が増えていきます。 その年代に差し掛かったときには、女性特有の病気に手厚く備えるという特約を外して、保険料を安くする方がより合理的です。 結論はコレ! 若いうちは女性特有の病気に手厚く、その後は保険料を抑えたい人には、チューリッヒ生命 加入後、特約を外すことができる女性保険の中でも、特におすすめなのが、 チューリッヒ生命の「終身医療保険プレミアムDX Lady」です。 30歳で契約した場合、月払保険料は1720円ですが、女性特約を外すと1080円となります。 本来、チューリッヒの医療保険は、月払保険料1500円以下では契約できず、必ず何らかの特約をつける必要があります。 しかし、一度契約した後は1500円以下になってもOKなので、毎月1080円で契約を続けることができます。 女性特約が不要になった後、毎月1000円程度の保険料で 入院日額:5000円 手術給付金:5万円 というバランスの良い保障を得ることができ、とてもお得です。 ただし、「新CURE Lady-キュア・レディ」の場合、途中で女性特約を外すことはできません。 月2000円程度の掛け金で、入院日額5000円、手術給付金5万円程度の給付を受けることができます。 また、一般的な女性保険では、妊娠発覚後に加入すると、その妊娠については保障されませんが、少額短期保険や共済では、妊娠が分かった後に加入しても給付を受けられるものが多いです。 より詳しく知りたい人は、を読んでみてください。 40代以降におすすめの女性保険 40代女性の病気入院原因 ランキング まずは、40代女性の病気入院原因ランキングを見てみましょう。 女性保険で上乗せ給付となる女性特有の病気は赤字にしています。 1万6958件 ランキングの1~5位が女性特有の疾患で占められており、中でも乳がんや卵巣がんなど、がんが目立ちます。 女性特有のがん・女性特有の疾病の割合は? 女性特有のがん…14. また50代、60代になるとこの割合はさらに下がっていきます。 結論はコレ! 40代から加入するなら女性保険よりも医療保険! 20~30代の間は、妊娠・出産や女性特有の病気で入院する人が多く、こうした場合に保障が手厚い女性保険への加入もおすすめできます。 しかし、40代以降は女性特有の病気で入院することが減っていきます。 これから加入するのであれば、女性保険よりも通常の医療保険の方が合理的です。 女性特有の病気に備えるというプラスアルファがない分、保険料が安くなります。 しかし、 メットライフ生命の「FlexiS-フレキシィS」のみ、手術給付金 10万円と他社より手厚いので40代で医療保険を検討している人は、まず、こちらから検討してみてください。 子宮筋腫と診断された後、「より症状が悪化したときのために備えて保険に入っておきたい!」という人には、女性保険や医療保険ではなく、持病があっても入りやすく、持病についてもすぐに保障される 緩和型保険がおすすめです。 特に メットライフ生命の「フレキシィゴールドS」は同価格帯の緩和型保険の中で、ただひとつ 支払削減期間 (契約後一定期間は給付額を減額する制度)がなく、加入後すぐに持病で入院しても満額給付が受けられます。 緩和型保険の加入を検討している人はまず、メットライフ生命に資料請求してみてください。 また、共済には割戻金といって、余剰金を契約者に還元する制度があります。 加えて、65歳までは月掛け金がアップすることもありません。 ただし、この商品に加入できるのは、65歳までです。 65歳までコープ共済に加入しておき、その後、他の医療保険に乗り換えようとすると保険料はかなり高くなってしまいますので、 一生涯保障が必要だという人にはおすすめできません。 保険料の安い医療保険について、詳しく知りたい人は、を読んでみてください。

次の

20代女性が入るべき医療保険と、妥当な金額について知りたい

医療 保険 女性 20 代

20代独身女性に保険は不要? 貯蓄があれば保険は必要ない 保険というものは何かあった時に給付されるものですから、まだまだ健康な時期の20代には必要ないように思えますね。 また独身女性ということですので養う家族もほとんどいないと思われますから、大きな死亡保障などは必要ないでしょう。 また医療保険についても、自分が入院した時にお金さえ持っていれば入院しても何も困りません。 要するに貯蓄がある人は保険は必要ない、と言い切れるのです。 ただ実際の話でいうと20代の独身女性ということであれば、仕事をし始めてまだあまり期間が経っていない人が多いと思われます。 あまり仕事をしていない期間の時に必要かつ十分な貯蓄ができているのか?と言われると十分な貯蓄がある人の割合は少ないでしょう。 貯蓄があまりないのであれば保険を検討してもよい 先ほどもお話した通り、貯蓄がある人はがんなどの大きな病気になっても保険は必要ありません。 しかし貯蓄がない人であればもし大きな病気になってしまった時に経済的な不安が出てくる可能性があります。 必要以上に煽るつもりは全くありませんが、貯蓄がない人のために保険はありますので、大きな病気の時の備えはしておく方がいいでしょう。 だからと言って高額な保険に入る必要は全くありません。 今の状況と照らし合わせた上で、がんになったら仕事が続けられなくなるとか、婦人系の病気になれば支払いが大変になるとかを考える必要があります。 貯蓄性の保険って必要? 保険で貯蓄する必要は? まだまだお若い女性の方の心配ごとの一つはは「貯蓄」ではないでしょうか? 年金制度に対する不安から 将来に少しでも多くお金は残しておきたいと考えられているしっかりした考えをお持ちの女性は最近特に増えてきていると思います。 では保険で貯蓄ができるのか?それとも普通に貯蓄する方がよいのか?について少し考えていきたいと思います。 貯蓄性の保険というと生命保険の基本形の中でいうと終身保険と養老保険の2つになります。 養老保険 これはその昔、国内生保の主力商品として君臨してきた商品です。 保険料が高い貯蓄タイプの保険です。 カンタンにいいますと 死んだ時の保険金と満期になった時の満期金が同じ金額 そんな保険です。 例えば、死んだときに1000万円、満期になった時も1000万円というものです。 これは昔、運用利率がよかった時には非常にいい商品でした。 というのは支払総額が600万円で、満期金として1,000万円受け取りをすることができたのです。 もっとお金がたまった時期もありました。 しかし、今はそれほどのリターンを期待することはできません。 ですので、実際に1,000万円の満期金を受け取るには950万円の支払いが必要というものになっています。 さらに2017年4月以降はさらに料率も下がり、販売している会社自体が少なくなっています。 ただ外貨建ての養老保険というものは料率も高くこの保険で貯蓄をしている人もイン¥まはかなりいると思われます。 終身保険 これは読んで字のごとく、一生涯の保障をする保険となっています。 極端に言いますと、人間は絶対に死にますので、やめることがなければ絶対に保険金がもらえる保険の仕組みとなっています(笑) この保険は養老保険と同様に貯蓄性があるタイプの保険です。 養老保険と違うところは満期がないという点と 養老保険よりも保険料が安いというところです。 また、一生涯の保障がありますが、支払期間は自由に設定することができるので、例えば20年間で支払いを終了させると、保険期間は一生涯ですが、支払いは20年で終了ということもできるのです。 また支払い期間が終了したあとも支払った保険の解約返戻金が増えていく仕組みになっています。 今お金を貯める保険というとこの終身保険を利用するケースが多いとはいえますね。 年金保険 これは生命保険の基本形には入っていません。 というのも保障という機能はなく、もし万一のことがあった場合には支払った金額だけが戻ってくるという仕組みになっているのです。 よって死亡保障を商品性と考えた場合には基本の形には入ってこないわけですね。 この商品はまさに年金の積立の一助として利用する方が多いです。 少し前まではそれだけの使い方だけではなく色々な方法もありましたが、現在は通常の利用方法しかできないでしょう。 ただこの年金保険は控除枠というものが生命保険料控除とは別に設けられていまして確定申告や年末調整の時にお金が戻ってくる制度があります。 この制度は国の制度ですし、今の日本円の預貯金の金利ではお金は増えていきません。 そういうことを考えると、年金保険は貯蓄という観点で見ても今の時代には選択肢の中の一つに入ってくるのではないでしょうか。 生命保険料に払っている月額の相場は? 20代の生命保険料の相場は? 生命保険のデータを色々と集めている生命保険文化センターという団体がありまして、そこの調査によると20代の生命保険料の平均というものがあります。 20代という括りになっていますので、掛け捨てとか貯蓄性とか独身とか既婚という分け方ではありませんが、 おおよそ年間12万円ほどというデータがあります。 1年間で12万円ということは毎月1万円の保険料ということになりますね。 毎月1万円の貯金を保険でするというのは、他でも貯蓄をしているのであればいいのですが、貯蓄の全てを保険ですることはおすすめできません。 というのも 保険は長く続けていけば支払った保険料よりも多く戻ってくる仕組みのものもありますが、 短い場合ですと損をする可能性が非常に高くなります。 なので中長期的に資産運用をするという形で保険に入るのはいいと思いますが、あくまでも余裕資金で行うのが正解だと思います。 掛け捨て保険は必要か? では掛け捨て保険は必要でしょうか? 掛け捨ての保険というのは保障をメインに加入することになりますね。 つまり自分に何かあった時に自分で受け取れる保険であれば掛け捨てでも意味はかなり出てきます。 ファイナンシャルプランナーの人は医療保険に入っておきましょう、という言葉はよく目にするのですが私は少し違う考えを持っています。 がんなど大きな病気の備えをする方が重要だと思います。 近頃の入院事情は短期化傾向にありますが、費用の面では高額化しているのも紛れのない事実です。 大きな病気になった時に経済的な不安をなくすものが保険の役割であると思いますね。 20代独身女性の保険のまとめ 大きな病気の備えをしっかりしましょう 20代の独身女性には大きな死亡保障というのはほとんど必要ないでしょう。 しかしながら自分に何かあった時のための保険は貯蓄がない方であれば準備しておくに越したことはないと思います。 ではどんな保険が自分にあった保険になるのでしょうか? これは支払えるお金がどれくらいあるかによって変わってくると思います。 個人的な意見で言わせてもらうと がんなどの大きな病気に対応できて、葬式代程度の死亡保障が付与されている保険が多くの人に受け入れられやすいと思っています。 それでいて掛け捨てではなく貯蓄もできていれば、保険請求するような病気にならなくても支払った保険料がムダにならないと思います。 どう選べばいいのか? もちろんその人その人の状況によってあった商品は変わってきますが、これを自分一人で考えることは非常に難しいですね。 またそれを自分で全部考えて加入するというのはさらに難しいと思われます。 色々と勉強して加入されるのも確かに良い方法であるとは思いますが、やはり専門の知識を有した人に相談するのが最も早くて賢い方法です。 現在私はZOOMにて毎月10名さま限定でお試し相談を承っています。 お試し相談の詳細はこちら 私の考え方は基本的には必要最低限の保障で賄うべきであると思っています。 30分ほどの相談にはなりますが、参考になるのではないでしょうか。

次の

20代におすすめの医療保険ランキング!男女別の医療保険の選び方を徹底解説

医療 保険 女性 20 代

女性保険に加入するべきタイミングとは? 保険は一度大きな病気にかかってからでは加入できない場合があります。 つまり保険を検討する場合、健康なタイミングで加入しておく必要があるのです。 女性のがんで一番多いのが乳がんです。 によると、乳がんは 30代から患者数が大幅に急増することがわかります。 これらを考慮すると、20代は自分の女性保険についてしっかり考えたいタイミングと言えるでしょう。 20代で女性保険に加入するメリットとは? 保険料は 加入年齢によって金額が変わります。 基本的には加入時期の年齢が上がるにつれて、保険料は高くなります。 加入する年齢にもよりますが、20代で保険に加入した方が、30代以降に加入するよりも保障期間が長いにも関わらず、 払込合計金額が安くすむ場合があります。 他人ごとではない、女性特有の病気 ここでは多くの女性保険がカバーしている、「女性特有の病気」について詳しく説明しましょう。 女性特有の病気とは、女性しかかからない病気だけではなく、女性に多い病気も含みます。 子宮、乳房に関わる病気から関節リウマチや甲状腺障害、膀胱炎に至るまで幅広く保障されています。 女性特有の病気の中でも患者数が多いのが乳がん・子宮がん・子宮筋腫・卵巣機能障害です。 によると、がん罹患数は乳がんは女性のがんの中で1位。 子宮がんは5位でした。 やはり他人ごととは思えないですよね。 また、病気は何と言っても早期発見が大切。 女性保険に入っていれば万が一のときの治療費などの心配事が軽減され、安心して病院に行けるかもしれません。 早めの検討をしておきましょう。 女性保険の賢い選び方とは? では一体、女性保険はどのように選べばいいのでしょうか。 ここでは、4つのポイントから説明します。 定期型か終身型かを選ぶ 女性保険とは、と女性疾病特約がセットになった保険商品です。 つまり基本は医療保険と同じで定期型・終身型に分かれます。 これは 保障が一生続くかどうかの違いです。 通常の医療保険同様、共にメリット・デメリットがあるのでよく考えて選びましょう。 女性特有の病気の保障対象を比較する 女性保険と一口に言っても、保険会社によって女性特有の病気の定義が異なります。 保障対象となる疾病をよく比較しましょう。 入院時の保障内容を選ぶ 入院(手術)給付金や、 入院の入院限度日数なども商品によって異なります。 いざ病気になったときのことを踏まえて選ぶ必要があります。 お祝い金の条件を比較する 女性保険の中には一定条件を満たせば、支払った保険料の一部が お祝い金(ボーナス)として返ってくる商品があります。 お祝い金の有無、条件を比べましょう。 条件に満たない場合は1円も戻ってこない可能性もありますし、お祝い金があるタイプでも結局は支払う保険料が高くなってしまうこともあるので注意が必要です。 このように、女性保険を選ぶポイントは複数あるので、何を重視するかをしっかりと考えましょう。 20代の女性が女性保険の加入を考えるには早すぎると思えるかもしれませんが、20代で人生設計がある程度決まっていたとしてもその通りに物事が進むかは誰にも分かりません。 だからこそ20代から保険を検討しておく必要があるのです。 皆さんも一度女性保険についてしっかりと考えてみてはいかがでしょうか。 まずはよく検討してから保険の要・不要をご自身でご判断されると良いでしょう。 保険は、ライフスタイルの変化もそうですが、年代によっても考え方が異なるものです。 また、20代から保険に加入していて、30代で見直しをするということもあるでしょう。 30代女性の保険を選ぶポイントは下記よりご覧ください。 頼りになるFPの存在 「お金のことを相談できる場所やサービスがある」ことをご存じですか? 資産形成・家計見直しのプロフェッショナルとして、ファイナンシャルプランナー(FP)がいます。 FPに相談することで、お金のお悩みやご不安の解決法のヒントが得られるかもしれません。 ご自分で調べるだけでは不安だという方は、「FPに相談する」という選択肢も検討してみませんか。

次の