電子レンジ 3000円。 【楽天市場】電子レンジ/オーブン:京都芹川 楽天市場店

安物の電子レンジってどうなんでしょうか?約5千円~1万円くらいで聞い...

電子レンジ 3000円

電子レンジの選び方• おすすめの電子レンジ・オーブンレンジ7選• 電子レンジの種類 電子レンジ製品は、大きく「単機能レンジ」と「オーブンレンジ」の2種類に分かれます。 また、オーブン機能が使える製品としては、「ガスオーブン」と「コンベクションオーブン」も挙げられます。 シンプルにこの「あたため機能」だけが付いているのが単機能タイプの電子レンジです。 「料理をあたためられればOK! 複雑な調理機能はいらいない」という人にうってつけです。 このオーブン機能の進化が近年のトレンドのひとつで、最近はスチームや過熱水蒸気を使って調理を行うものも登場しています。 ガスオーブンは、ガスが燃焼させた熱風で食材を加熱するもの。 電気と比べて加熱が早く、なかにはガスオーブンに電子レンジ機能をあわせた製品もあります。 コンベクションオーブンは、庫内にファンを搭載するタイプのオーブントースターで、ファンが庫内に熱風を循環させることで食材をムラなく加熱するのが特徴です。 電子レンジのトレンドと選び方のポイント ここからは、実際に電子レンジを選ぶ際のポイントを、ざっと紹介していきましょう。 ひとり暮らしで簡単なあたため機能だけを求める場合は手軽な「単機能レンジ」、1台で焼き物調理まで幅広く行いたい場合は「オーブンレンジ」といったように、生活環境・用途にあわせて選びましょう。 世帯人数にあわせて最適なサイズを選択します。 一般的に、ひとり暮らしは20L以下、2人世帯は20〜25L、3〜4人世帯は26〜29L、4人以上の世帯は30L以上が最適サイズと言われます。 また、「庫内構造」もチェックしましょう。 従来のターンテーブルが付いたタイプのほか、最近はターンテーブルのないフラットな庫内タイプも人気です。 フラットタイプの製品では、付属のネットやトレイを使って2段調理ができるものも増えています。 従来からあるターンテーブルが付いたタイプ。 あたため中に食材をセットしたターンテーブルが回転して、ムラなくあたためられるようにしています 最近人気のターンテーブルのないフラットな庫内タイプ。 いずれも、油を使わずヘルシーに食材を加熱できる「ノンフライ調理」が可能で、家庭で作れる料理のレパートリーが広がります。 また、庫内に温度センサーや重量センサーを搭載し、自動的に食材の種類と量を認識して、最適な加熱を行う自動調理機能を備えたモデルも多数登場しています。 焼き調理と蒸し調理など、方法が異なる調理を同時に行える製品もあり、より便利に進化しているのです。 庫内に赤外線センサーと重量センサーを搭載し、2段調理ができる日立「ヘルシーシェフ」。 3品同時の自動調理に対応します これらの高性能な調理機能は、もともとは高級機のスペックでしたが、最近は普及価格帯のモデルにも搭載されるようになってきました。 ライフスタイルにあわせて、最適な調理機能を持つ製品を選んでみてはいかがでしょうか。 おすすめの電子レンジ・オーブンレンジ7選 それではいよいよ、価格. comで販売されている電子レンジ・オーブンレンジ製品の中から、注目の7製品をご紹介していきましょう。 全モデルともオーブン機能を搭載していて、調理の幅が広がります。 1.日立「ヘルシーシェフ MRO-W1X」 日立「ヘルシーシェフ」は、自動メニューの「あたため機能」に定評があるシリーズ。 本機は2段対応のスタンダードモデルです。 食材の表面温度を測定するセンター赤外線センサーと、重さを測定するトリプル重量センサーを搭載しており、これによって食材の状態を的確に把握し、最適な加熱を行える「Wスキャン調理」に対応していることが特徴です。 レンジ、オーブン、グリル、スチーム、過熱水蒸気という5つの加熱方法に対応し、さまざまな自動調理が可能。 食材にあわせてそれらの加熱方法を組み合わせ、自動で最適な加熱や解凍を行ってくれます。 また、人気レシピサービス「クックパッド」の「殿堂入りレシピ」から厳選した30レシピを、オートメニューとして搭載しています。 comで人気の「石窯ドーム」シリーズのスタンダードモデルに位置づけられる1台。 庫内の天井をドーム型にした独自の形状「石窯ドーム」が特徴で、レンジ、オーブン、グリル、スチーム、過熱水蒸気といった調理に対応し、さまざまな自動調理が行えます。 庫内には、広範囲を加熱できる直径約20cmの大型アンテナに、「8つ目赤外線センサー」と「温度センサー」を装備。 これによって加熱ムラを抑え、解凍機能も高めています。 さらに、庫内全体の1024か所をセンシングし、食品の位置と分量を検知する「ねらって赤外線センサー」も搭載しました。 レンジ、オーブン、グリル機能のほか、調理に応じて低温のスチームから高温の過熱水蒸気まできめ細かくコントロールするスチーム機能で、さまざまな自動調理が行えます。 特に、食材の温度を瞬時に測定する赤外線センサー「高精細・64眼スピードセンサー」により、食材にあわせて火力を自動調整できることが特徴。 2段オーブン機能にも対応し、付属する「チタンコートグリル皿」と新・マイクロ波制御機能によって上火と下火の火力をアップさせています。 高速0. 1秒センシングと5段階のパワーコントロール機能により、耐熱ボウルに材料を入れてボタンを押すだけで本格的な中華料理ができる「ワンボウル中華」も実現しました。 本製品は、2段オーブン機能に対応しており、冷凍・冷蔵・冷凍といった保存状況の異なる食材を一気に入れて調理できる「まかせて調理」が可能です。 しかも、上段で焼く、炒める、蒸すといった調理を行いながら、同時に下段で「あたため直し」ができるというすぐれモノ。 加熱方式は本家「ヘルシオ」の仕組みをそのまま継承し、過熱水蒸気だけで食材を焼きます。 従来はオーブントースター機能のみだった「ヘルシオ グリエ」ですが、最新モデルのAX-HR2はついに「ヘルシオ グリエレンジ」として電子レンジ機能が追加され、コンパクトなサイズながら食材のあたためもできるように進化しました。 スチームや過熱水蒸気による高性能な調理機能は省略し、あたため、解凍、オーブンというオーブンレンジとしては非常にシンプルな機能に絞っています。 また、一見オーブンレンジとは思えないようなデザイン性の高さも魅力。 単体では食材の温めにしか対応しませんが、焼き物調理ができるシリコン製容器が付属しており、これを使うことでハンバーグや餃子といった料理も作れるようになっています。 庫内容量18Lという小容量サイズで、ひとり暮らしで手軽に購入できる電子レンジの選択肢として有力。 【関連記事】.

次の

【安い】電子レンジの電気代と節約方法について【消費電力の真実も】|省エネ,鏡花月間。

電子レンジ 3000円

電子レンジの買取価格は何で決まる? まずは、電子レンジの買取価格が決まる要因について紹介します。 サイズ 一般的に、電子レンジはファミリー向けの大サイズのものが、高く売れます。 機能 高機能であればあるほど、買取価格も高くなります。 オーブン機能が付いていない電子レンジは新品でも安く売っているため高額での買取にはなりません。 反対に、スチームオーブンや過熱水蒸気オーブンなどの電子レンジは、高価格での買取が期待できます。 年式 家電製品全般に言えることですが、新しいものほど高く売れます。 買取可否の境目の目安となるのは、製造から5年が過ぎているかいないかです。 5年以上経過している場合、お店によっては買取を拒否されてしまうこともあるでしょうし、買い取ってもらえても金額が大きくダウンするケースが多いです。 メーカーやブランド 最も高く買い取ってもらえるのは、国内の大手メーカー(シャープ、パナソニック、日立)のブランドの電子レンジです。 使用感 電子レンジの使用感も、価格変動の大きな要因になります。 新品の状態に近いものほど価格が高く、キズやホコリ、汚れ、においの状態などにより査定が下がってしまいます。 未使用品は高く売れるので、一度も使っていない場合は、箱から出さずにそのまま査定に出すと良いでしょう。 付属品が揃っているかどうか 説明書や付属品(専用の天板、計量カップ、網など)、保証書、外箱などが揃っているほうが高く売れます。 電子レンジの付属品の中で忘れがちなのが、購入時についてくるレシピ本です。 電子レンジはレシピ本がセットになっていることが多いため、少しでも高額で売りたい方は、きちんと保管しておきましょう。 機能・タイプ別!電子レンジの相場 次に、機能・タイプ別に電子レンジの相場について紹介します。 オーブン機能がない電子レンジ(あたため専用) 状態が良くても、1,500円程度で、高額での買取は期待できません。 オーブン機能がある電子レンジ オーブン機能付きの電子レンジの買取価格は、3,000~20,000円と大きく幅があります。 スチームレンジ機能がある電子レンジ スチームレンジ機能付きの電子レンジの買取相場は、20,000~60,000円程度です。 こちらも、金額に大きな幅があります。 コンパクトタイプの電子レンジ 1人暮らしや夫婦世帯などに人気のコンパクトタイプの電子レンジですが、買取価格は3,000~15,000円程度です。 メーカー別の相場 ここでは、一般的なオーブン機能付き電子レンジの、おおよその買取価格の目安をメーカー別に紹介します。 シャープ 3,000~25,000円(上位モデルで20,000~63,000円) パナソニック 3,000~20,000円(上位モデルで28,000~68,000円) 日立 9,000~12,000円(上位モデルで20,000~63,000円) ハイアール 2,000~8,000円 東芝 3,000~12,000円(上位モデルで20,000~60,000円) 山善 1,000~5,000円 ツインバード 1,000~5,000円 アイリスオーヤマ 2,000~5,000円 メーカー別!実際に売れた事例を紹介 シャープ シャープヘルシオ ウォーターオーブン AX-XP100 14年製 買取価格:¥35,000 シャープの大型サイズの高機能機種ということから、高額での買取となっています。 状態の良さも査定アップポイントです。 オーブンレンジ SHRRP シャープヘルシオ AX-XW300 2016年製 買取価格:¥27,000 こちらも、シャープの30Lサイズの高機能機種です。 2016年製で状態も良いということで、高額での買取価格となっています。 オーブンレンジ SHRRP シャープヘルシオ AX-SP1 2013年製 買取価格:¥8,000 30Lサイズのスチーム式オーブンで状態も良好ですが、5年経過しているということもあり、8,000円での買取です。 パナソニック 2018年製 Panasonic パナソニック Bistro スチームオーブンレンジ30L 買取価格:¥40,000 新型の30Lサイズスチーム式オーブンで状態も良好ということで、40,000円という高額買取になりました。 電子レンジ Panasonic パナソニック ビストロ NE-BS804 2017年製 買取価格:¥22,000 30Lサイズのスチーム式オーブンで状態も良好ですが、5年経過しているということもあり、8,000円での買取です。 Panasonic パナソニックオーブンレンジ NE-C23E1-KB 2014年製 買取価格:¥14,000 23Lのコンパクトタイプのオーブンレンジです。 人気のパナソニック製で、状態が良好ということもあり、14,000円で高額買取されています。 2015年製 パナソニック NE-MS261-K 買取価格:¥6,000 スタンダード型のオープンレンジです。 状態が良好ということで、6,000円の価格での買取となっています。 日立 日立 ヘルシーシェフ オーブンレンジ MRO-NY3000 買取価格:¥19,000 少し使用感があっても、日立製の過熱水蒸気オーブンレンジということから、高額での買取となっています。 日立 コンパクトワイドPAM オーブンレンジ MRO-LF6 2013年 買取価格:¥4,000 スタンダードなオーブンということと、製造から年数が経過していることから買取金額は4,000円です。 HITACHI オーブンレンジ 製造年2017年 買取価格:¥3,000 2017年製造で状態の良いオーブンですが、買取額は3,000円です。 サイズや機種によっては、なかなか高額にならないこともあります。 ハイアール ハイアール 2015年製 オーブンレンジ25L JM-FVH25A 買取価格:¥4,000 買取額が高くなりにくいハイアール製。 発売から3年が経過したオーブンレンジでしたが状態が非常に良かったため、相場よりも高めの4,000円での買取となっています。 Haier ハイアール JM-17E 電子レンジ 2014年製 買取価格:¥1,500 オーブン機能の付いていない電子レンジです。 状態が良いので、このタイプにしては高額の1,500円です。 Haier ハイアール 電子レンジ JM-FH18D 2016年製 ヘルツフリー 取説 美品 買取価格:¥700 オーブン機能の付いていない電子レンジです。 年数も新しいものですが、買取額は700円です。 東芝 東芝 石窯ドームスチームオーブンレンジ 13年製 ER-KD7 買取価格:¥13,000円 人気のスチームオーブンレンジです。 製造からやや年数が経過していますが、13,000円の買取額です。 状態良好。 金額は8,000円です。 東芝 オーブンレンジ ER-JZ40002017年製 買取価格:¥7,000 2017年製の過熱水蒸気タイプのオーブンです。 ジャパネットたかたモデルの電子レンジということで、状態は良好ながら、買取額は7,000円です。 山善 山善 オーブンレンジ MOR-1550 2013年 買取価格:¥4,000 オーブン機能の付いていない電子レンジですが、相場よりも高額の4,000円での買取額となっています。 オーブンレンジ YAMAZN レンジ KRC-016VE 2015年製 買取価格:¥2,000 1人用サイズのオーブンレンジです。 現行機種でもありますが、買取額は2,000円です。 YAMAZEN オーブンレンジ YRC-160V ホワイト 2018年 買取価格:¥1,000 こちらも1人用サイズのオーブンレンジです。 製造から期間の経過していない、非常に状態の良い物ではありますが、買取額は1,000円です。 ツインバード TWINBIRD 電子レンジ DR-D219 2014年製 買取価格:¥2,500 ダイヤルを回すだけの簡単操作タイプの電子レンジです。 買取額はオーブン機能の付いていない電子レンジとしては高額の2,500円です。 TWINBIRD ツインバード 電子レンジ DR-D218 2011年製 買取価格:¥1,000 シンプルさが売りの電子レンジです。 状態が良いということで買取額は1,000円です。 ツインバード工業 電子レンジ DR-D257 2013年製 買取価格:¥500 ツインバード製造のオーブン機能の付いていない電子レンジです。 買取価格は500円です。 アイリスオーヤマ アイリスオーヤマ オーブンレンジ EMO6012-W 未使用品 買取価格:¥6,000 アイリスオーヤマ製の未使用品オーブンレンジです。 新品同様ということで、高額買取が実現しています。 アイリスオーヤマ 50Hz東日本専用電子レンジ IMB-T172-5 買取価格:¥800 アイリスオーヤマ製の電子レンジです。 新品が安価なこともあり、800円での買取です。 電子レンジを高く売るためのコツ 次に、電子レンジを高く売るためのコツについて紹介します。 内部の油汚れや外側のホコリなどをキレイに掃除する 掃除で汚れをきれいに落としておくか否かが、買取査定に影響します。 落ちにくい油汚れは、重曹や歯磨き粉を付けた歯ブラシ、キッチン用アルコールなどを使ってしっかり落としましょう。 電子レンジ用クリーナーを用いて日ごろからこまめに掃除をしておくのが理想的です。 汚れだけでなく臭いも取り除く 臭いを取り除くには、レモンやミカンを皮付きのまま輪切りにし、蒸気が出るまで加熱するのが簡単な方法です。 取扱説明書や保証書、天板など付属品をすべて揃える 取扱説明書や保証書、天板などの欠品は、買取価格に大きく影響します。 付属品はなくならないように、保管場所を決めておきましょう。 他の電化製品と一緒に売る テレビや冷蔵庫など、電子レンジの他に買い替えを検討している商品があったら、一緒に査定に出してみると良いでしょう。 まとめて売ることで、高く買取してもらえる可能性があります。 なるべく早めに売りに出す 家電製品は新しければ新しいほど、高く売れるので、なるべく早めに売りに出したほうが高く売れます。 電子レンジの買取に関する疑問を解消 最後に、電子レンジの買取に関する疑問についてお答えします。。 故障して動かない電子レンジは買取可能? 値段がつくかどうかは査定次第ですが、買取実績はあります。 一度買取業者に相談してみましょう。 また、値段が付かない場合でも、電子レンジを処分する際には処分費用が掛かりますが、買取業者で無料回収をおこなってくれる場合もあります。 汚れやキズなど劣化が激しい電子レンジは買取可能? 故障品と同様、一度買取業者に問い合わせてみましょう。 部品に価値がある場合もあるため、一度買取業者に相談してみてください。 製造年数が5年以上経過している電子レンジも売れる? 買取業者の判断にはなりますが、5年以上経過している電子レンジでも売れる可能性はありますし、実績も多数あります。 特に、状態が良く、高機能なスチームレンジやオーブンレンジは売れる可能性が高いです。 反対に、オーブン機能の付いていない電子レンジは、値段がつかない可能性が高いでしょう。 また、電子レンジの寿命が一般的に10年前後といわれているため、10年が近づくと人気の機種であっても、売れる可能性はかなり低くなります。 まとめ 今回は電子レンジ買取の相場や実際の事例を踏まえて、高く売るコツについて紹介しました。 メーカーや機種、新しさなどによって買取額が大きく変動することを確認いただけたかと思います。 少しでも高く売るためには、今回案内しているコツ(きれいに掃除する、付属品を揃える、など)も参考にしてください。 買い替えや引っ越しで必要なくなった電子レンジが、高く売れるといいですね! 本記事は、2019年1月28日時点の情報です。 記事内容の実施は、ご自身の責任のもと安全性・有用性を考慮してご利用いただくようお願い致します。

次の

【2019年】電子レンジのおすすめはコレ!電子レンジの選び方から価格まで徹底紹介

電子レンジ 3000円

ページコンテンツ• 単機能電子レンジとは? 電子レンジが一般家庭に普及し、メーカーもさまざまな機能を搭載した電子レンジを売り出しています。 しかし一人暮らしで使う電子レンジは多機能よりも単機能がオススメです。 まずは単機能電子レンジについて知っておきましょう。 電子レンジ機能のみに絞った電子レンジ 電子レンジといっても、その多くが多機能な電子レンジ。 ただ料理をチンするだけの単純な機能だけが欲しいのに、複雑な機能が搭載されている製品も多くあります。 単機能電子レンジは、電子レンジが本来持つ水分を含んだ食材を電磁波で温める機能のみを搭載している電子レンジで、非常にシンプルな構成となっており無駄な機能を省いた製品です。 電子レンジ機能のみとなっているため性能と耐久性が高い割に値段が非常に安く、無駄な機能を省いたことで部品数が少なくコンパクトな製品も数多く取り揃えられています。 単機能電子レンジは値段が安くてコンパクト 最近の電子レンジは、電子レンジの機能だけでなく、オーブンのように加熱できる、スチームによる加熱が可能なスチームオーブンレンジなどが登場しています。 しかしそれらの電子レンジは機能が豊富である一方、機能を実現するためにさまざまな装置を付けているため、サイズがかなり大きくなっており価格も高くなっています。 一人暮らしの場合には、狭いキッチンでも邪魔にならないサイズの電子レンジが求められます。 さらに値段もできるだけ安いものが選ばれる傾向にあります。 過去1年間を思い起こしてみてください。 電子レンジ機能以外で電子レンジを使いましたか? オーブンレンジを使っている人は、ローストビーフ、ケーキ、クッキーなんかを焼きましたか? コーヒーや総菜、冷凍食品を電子レンジでチンしただけではありませんか? 食品を温めるだけならシンプルな単機能電子レンジで十分。 激安の電子レンジも多くあるため、一人暮らしで電子レンジを探しているなら低価格帯の単機能電子レンジを探してみましょう。 パンを焼きたいならトースターを買う 単機能電子レンジはパンを焼くことができません。 その場合には、電子レンジとは別にトースターを購入することをオススメします。 トースターをオススメする理由は、パンを焼くためだけではありません。 単機能電子レンジではできないことの多くをトースターで補うことができるからです。 狭いキッチンの場合には、電子レンジとトースターを揃えると設置スペースの問題が発生しますが、電子レンジもトースターもコンパクトな製品を選べば十分にスペースを確保することができます。 またトースターなら電子レンジの上に設置することも可能で、設置スペースを圧縮することが比較的簡単です。 とりあえず必要不可欠な電子レンジだけ揃えて、物足りないならトースターを買い足すという揃え方も有効です。 トースターについては以下の記事を参照してください。 一人暮らしなら単機能電子レンジで十分 もし一人暮らしをするために電子レンジを探しているなら、多機能な電子レンジではなく単機能な電子レンジをオススメします。 さまざまな機能が搭載されていても、よほどの料理好きでなれけば食材を温める程度しか使わない電子レンジ。 無駄な機能を搭載していても、結局使うことがありません。 特に一人暮らしの場合には、飲み物やお弁当を温められれば十分。 料理に利用するときにも電子レンジ機能だけでほとんど対応することができます。 単機能電子レンジでもフラットテーブルの製品が増えているため、使い勝手も良くなっています。 低価格帯の単機能電子レンジの選び方のポイント 低価格帯の単機能電子レンジを選ぶときには、どのようなポイントに気を付けなければいけないのでしょうか。 低価格帯の単機能電子レンジの選び方のポイントをしっかりチェックしておきましょう。 性能と機能 低価格帯の単機能電子レンジを選ぶときに最も重要になるのが性能と機能です。 単機能の電子レンジは、マイクロ波で食品を温めることしかできないため複雑な機能はありません。 大きく2つの機能が揃えられています。 ひとつの機能は出力の調節。 700W、500W、200Wなどワット数で出力を調整できる機能が搭載されています。 この出力調整によって加熱調理だけでなく冷凍食品の解凍も可能になります。 冷凍食品をよく食べる人は、出力の調節機能が搭載された電子レンジを選びましょう。 もうひとつの機能はタイマーです。 ほとんどの電子レンジはタイマー機能付きで、指定した時間通りに加熱することができます。 電子レンジによってタイマーの限度時間が異なるため長時間の加熱機能を求める場合にはしっかりとチェックしておきましょう。 東日本と西日本の電源周波数 単機能の電子レンジの中には、電源周波数が指定された製品があります。 電源周波数は、東日本と西日本と分けられているため自宅の場所と利用している電力会社によって異なります。 具体的には、東日本なら60Hz、西日本なら50Hzとなっています。 住んでいる場所と電源周波数が異なる製品を購入してしまうと使えなくなってしまうため、購入の際には確かめておきましょう。 電源周波数がどうしても気になる場合には、東日本でも西日本でも使うことができるヘルツフリーの電子レンジを選びましょう。 ターンテーブルとフラットテーブル 電子レンジの構造の大きな違いの中にターンテーブルとフラットテーブルがあります。 それぞれの違いを詳しくチェックしておきましょう。 ターンテーブル ターンテーブルは、電子レンジ内のターンテーブルが回転する方式で、一ヶ所から出てくるマイクロ波に食品を回転させながら当てることで全体を加熱するというものです。 食品が回転するため庫内が汚れる可能性が上がり、また温めたときの熱ムラが発生しやすいのが特徴です。 テーブルは取り外すことができるものが多く、取り外して洗うことができます。 ただし庫内の形状が複雑になっているため、掃除しにくく汚れたときの対処が難しくなります。 フラットテーブル フラットテーブルは、電子レンジ内のフラットテーブルは動かず内蔵されたセンサーによって食材の温度を調節しながらマイクロ波を当てて温める方式。 熱ムラがなく食品全体をまんべんなく温めることができます。 庫内がフラットな形状となっているため、掃除のときにも拭きやすく汚れに対処しやすくなっています。 基本的にはターンテーブルよりもフラットテーブルの方が高性能で使いやすい電子レンジとなっています。 性能や価格にもよりますが、できるだけフラットテーブルを選ぶことをオススメします。 容量とサイズ 単機能電子レンジは一人暮らしの人をターゲットに設計されており、機能も少ないためコンパクトなサイズとなっているため適当に選んでも困ることはそれほどありません。 それでも電子レンジを選ぶときには容量とサイズの目安を知っておくべきです。 家族構成と容量の目安 20リットル以下:1人 20~25リットル:2人 20~29リットル:3~4人 30リットル以上:5人以上 少人数なら小さな電子レンジで十分ですが、大家族なら一度にたくさんの食材を温められる大きいサイズが必要になります。 また本格的な料理をする場合には多機能な電子レンジを選びましょう。 扉の開き方 使ってから不便や問題点に気付きやすいのが扉の開き方の違い。 使用状況を思い描きながら自分に合った扉の開き方の電子レンジを選びましょう。 縦開き 縦開きは上下方向に開く扉。 一般的には上から下へと開くことができます。 縦開きの場合には、開いた扉の上に食品を置くことが可能で、食品を入れたり取り出したりするときに扉の上に食品を置くことで失敗なく出し入れできます。 熱くなりすぎた食品などをとっさに扉に置くことができるため便利です。 一方で高い位置に電子レンジを置いたときには開けた扉が邪魔になり出し入れしにくくなります。 単機能電子レンジの場合、一人暮らしに好まれることもあり冷蔵庫の上に電子レンジを設置する機会も多く、利用者の身長にもよりますが背の高い冷蔵庫の上に電子レンジを置けば不便になる可能性もあります。 横開き 横開きは左右方向に開く扉。 一般的には右から左へと開くことができます。 横開きの場合には、電子レンジを設置した位置に関係なく食品を出し入れできます。 冷蔵庫の上に置かれた電子レンジでもスムーズに食品を取り出すことができます。 一方で横開きの電子レンジは、設計上の問題で電子レンジ自体の横幅が広くなりやすくなっています。 また横開きの電子レンジの多くは左開きですが、電子レンジの左側にモノがあると扉が当たり使い勝手が悪くなる場合があります。 電子レンジの設置位置が高い場合には横開き、電子レンジの設置位置が低い場合には縦開きを選ぶと使いやすくなり不測のトラブルを避けることができます。 放熱スペース 電子レンジは加熱する調理家電のため、周囲に放熱するスペースが必要になります。 放熱スペースがなければ、熱によって壁が焦げたり電子レンジが故障する原因になります。 賃貸物件の場合には、引っ越しをするときに原状回復義務があるため、壁が電子レンジで損傷してしまうと修理費を負担しなくてはいけないことがあります。 無駄な出費やトラブルを発生させないためにも、購入の際には電子レンジの放熱スペースまで考慮してサイズを決めましょう。 電子レンジの中には、背面壁にピッタリと設置しても問題がない製品もあるため、置き場にスペースの余裕がない場合には省スペース製品を選びましょう。 使いやすさ 電子レンジの使いやすさを決定付けるのは、操作部の形状と分かりやすさです。 単機能電子レンジのほとんどは、出力ワット数とタイマー機能をダイヤルで決めるようになっていますが、直観的に扱える操作部なら設定を失敗することなくスムーズに加熱を開始できます。 中には液晶モニターなどで状況が分かるようになっている製品もあり、各メーカーが使いやすさを考えて設計しています。 使いやすさに関しては慣れの部分もありますが、複雑でややこしい操作部の製品だけは避けるようにしましょう。 耐久性 出費を抑えるために安く電子レンジを買ったのに、すぐに壊れてしまっては意味がありません。 基本的に単機能電子レンジは、機能が絞られているため故障しにくい構造となっていますが、あまりに安い粗悪品を購入するとすぐに壊れる場合があります。 買い替える間は電子レンジがない生活になりますが、電子レンジがなければ非常に不便な食生活を送ることを余儀なくされます。 また電子レンジは、簡単に捨てることができない家電であるため、廃棄の際にも思わぬ手間が発生することがあります。 単機能電子レンジは、それ自体の値段が安いため、ある程度、耐久性を重視した製品選びをするようにしましょう。 デザイン性 一人暮らしのワンルームなどに電子レンジを置く場合には、どこからでも電子レンジが見える状態になります。 そのため電子レンジのデザイン性が部屋のインテリアを大きく左右します。 最近の単機能電子レンジはモノトーンでスタイリッシュな製品も多く、カラーが選べるものも少なくありません。 そのためオシャレな電子レンジも比較的簡単に見つけることができます。 特に一人暮らしのワンルームなどでは、部屋の広い範囲からキッチンが見える構造となっているため、電子レンジのデザインが部屋全体のインテリアに大きな影響を与えます。 総合的な部屋のインテリアのことまで考えて、電子レンジのデザインにはこだわりましょう。 価格 価格もしっかりと考慮して電子レンジを選びましょう。 単機能電子レンジであっても価格の幅は広く、安い物では5000円前後、高くなると3万円を超える製品もあります。 今回ご紹介する単機能電子レンジは低価格帯の製品であるため、1万円以下が目安になっています。 もちろん値段が安ければ安いほど嬉しいものですが、使い勝手や耐久性のことを考えればただ安いだけが良いとは言えません。 総合的なバランスを見ながら単なる安さではなくコストパフォーマンスを重視しましょう。 低価格帯の単機能電子レンジのオススメ人気ランキング ここからは低価格帯の単機能電子レンジのオススメ人気ランキングをご紹介します。 性能、機能、使いやすさ、価格、口コミの評価などを比較してランク付けしています。 8位:ゼピール フラット電子レンジ DFR-M2015 ゼピールの電子レンジ「DFR-M2015」は、ヘルツフリーのフラットテーブル電子レンジです。 容量は18リットルと一人暮らしにピッタリなサイズ。 ボタン操作とダイヤル操作でモードを選択し、デジタル画面で確認するスタイルです。 9000円前後という価格設定ながら細かな操作が行えるようになっており、600Wと500Wの出力切り替えのほかに解凍、半解凍を選ぶことができます。 扉は縦開きのため食品の出し入れも簡単に行うことができます。 ヘルツフリーのため全国どこでも利用することができ、フラットテーブルのためお手入れも簡単。 電子レンジに必要な機能をぎゅっと詰め込んだ汎用性の高い電子レンジです。 口コミの評価 ・値段も安く良い商品でしたが、ボタンをかなり強く押さないと反応しないのが、、 ・価格の割には使い勝手が良くとても気に入っています。 割とすぐに温まるので注意してください。 ・値段も安く、使用するのに十分でした。 ヘルツフリーで安心して購入できました。 7位:山善 電子レンジ YRH-F200 低価格家電に定評のある山善の電子レンジ「YRH-F200 W 」。 わかりやすくて簡単に操作できるメニューに魅力がある製品です。 容量18リットルの電子レンジで、液晶画面付きでボタン操作によって設定を変更します。 出力切り替えには600W、500W、解凍があり基本的な機能は揃っています。 細かな時間設定や自動あたためメニューも搭載。 のみもの、ご飯、お弁当など普段からよく使うものをワンタッチで温めることができるため非常に便利。 さらに仕上がり温度も弱と強で調節できるため、自分に合った温度に温めることができます。 フラットテーブルのため掃除しやすく扉は縦開きで使い勝手の良さも確保。 ヘルツフリーのため全国どこでも使うことができます。 1万円を切る価格設定ながら充実した機能を備えている電子レンジ。 食品を温めるだけなら十分な性能と機能です。 口コミの評価 ・軽く押すと反応しないことがあって、スイッチにやや不満がありますが、まぁ満足です。 ・値段の割りに良い品物です。 使いやすく大変気に入っています。 ・一人者には大変便利がいいです。 弁当ってボタン重宝してますよ。 ・見た目もシンプルで、ボタンも大きいので使いやすい。 ドアも手前に下ろすタイプなので省スペース。 作動音は大きいので少し不安になる事も。 作りはチープだが 十分使用できる品。 6位:ネオーブ マイコン式電子レンジ NGM720A ネオーブのマイコン式電子レンジ「NGM720A」は、細かな設定をシンプルな操作ボタンに収めたこだわりの加熱と使いやすさを両立した電子レンジです。 容量は20リットルと単機能電子レンジとしては大きめのサイズ。 ヘルツフリーのため全国どこにでも設置することが可能です。 庫内にはターンテーブルを採用しており、ガラス皿や回転受け皿を付属しています。 最大の特徴は操作性で、ダイヤルはなく全てボタンで操作するタイプ。 出力切替は4段階で、700W、600W、500W、解凍を選択可能。 よく使う出力と時間のワンタッチボタンも搭載されているため、いちいちワット数と時間を選択しなくてもボタン一つで温めを開始することができます。 細かな時間指定も簡単なワンタッチ操作もできる実用性を重視した電子レンジ。 8000円前後と価格を抑えつつこだわるところにはこだわっている使い勝手の良さが光る電子レンジです。 口コミの評価 ・操作盤を見れば自動メニューがない。 700W、600W、500Wと解凍モードを選択して時間設定。 または、700Wで30秒、1分、2分、3分のワンタッチボタン。 実にシンプルである。 ボタンも大きくて見やすい。 ・全国でつかえるし、簡単で、スタイリッシュでとっても重宝してます。 ・見た目がすっきり、コストパフォーマンス的にもグッド。 シンプルイズベスト。 ・出来上がりの時の音が小さくて、夜中に使用しても気にならない。 3位:BESTEK 単機能電子レンジ 簡易操作型 BTOV001 BESTEKの単機能電子レンジ「BTOV001」は、誰にでも扱える操作性を重視しつつ価格の安さを追求した激安電子レンジです。 5000円前後という低価格を実現している電子レンジで、単機能電子レンジの中では最安値クラスの製品です。 容量17リットルとコンパクトで、出力切替とタイマーはダイヤル式。 出力切替は3段階となっており、それぞれ700W、500W、解凍から選べます。 庫内にはターンテーブルを採用しており、扉は横開きで左開きになっています。 電源周波数が別になっている電子レンジで東日本用と西日本用それぞれを用意しています。 扉の横開き、ターンテーブル、電源周波数が異なるという欠点のある電子レンジですが、価格を考えると十分な性能を備えた電子レンジ。 見た目もシンプルで複雑な操作も不要なため誰にでも使いやすくなっています。 口コミの評価 ・高齢の母へプレゼントで購入しました。 分かりやすくコンパクトで喜んでいました。 温めだけで良いならオススメします。 ・すっきりモダンなデザインで綺麗な白色でした。 レンジ機能だけ必要だったためいろいろ探してこちらの商品にしました。 とてもお安く買えました。 この値段で買えるなら十分だと思います。 ・温められるだけで十分。 普段は趣味の部屋に置いて使用しますので温めだけの単機能で十分満足です。 操作もわかりやすいですし大きさも丁度良いです。 5位:アイリスオーヤマ 電子レンジ ヘルツフリー ricopa IMB-RT17 アイリスオーヤマのレトロなデザインが可愛らしい電子レンジです。 ヘルツフリーで全国に対応しており、地域を気にすることなくどこでも使用することができます。 最大の特徴は可愛らしいレトロなデザイン。 電子レンジとしては非常に珍しいデザインを採用しており、デザインを重視する人も大満足です。 特に可愛らしいデザインの家具と家電で部屋に統一感を出したい女性にピッタリです。 デザインだけでなく性能と機能も充実しており、50Hzで500W、60Hzで600Wと高出力を発揮。 また50Hzで強500W、弱400W、解凍200W、60Hzで強600W、弱400W、解凍200Wと出力も3段階に設定できます。 タイマーは15分まで設定可能でダイヤル式となっています。 このタイマーダイヤルはそのまま電源スイッチと兼用にもなっています。 17Lの庫内サイズとなっており、ターンテーブル方式であるためムラなく食品を温めることができます。 カラーも3色が用意されており、トースター、ケトル、ホットプレートなど同じシリーズでデザインを揃えることも可能です。 デザインを重視したい人にピッタリな単機能の電子レンジ。 見た目だけでなく性能や機能もしっかりしていて使いやすいため外見だけでなく中身にもこだわりたい人も満足できます。 口コミの評判 ・低価格商品なのに中のお皿が取り外せるので、とても簡単に手入れできます。 ダイニングに来客があっても恥ずかしくない生活感のないデザインが気に入っています。 余計な機能もついておらず、シンプルイズベストを体現した良品。 定番化を切望します。 ・温められればいいと目に付いた安いものを買ったのですが思いのほか可愛いし、無駄な機能がついてなくて使いやすい。 ・ずっと高いオーブンレンジ使ってましたが私は解凍とチンしかしないので買い替えを機に単機能のものにチェンジ。 省スペースだし使い方はシンプル今までより出力は劣るものの全然問題なし。 うちはこれであってます。 トースターも買いました。 4位:ユアサ ヘルツフリー電子レンジ PRE-650HFT ユアサの全国で使用できるヘルツフリーの単機能電子レンジです。 最大出力は50Hzで500W、60Hzで650Wとなっており、使用する地域によって変化します。 出力切り替えは解凍、弱、強の3段階に対応しており、温度をコントロールできるだけでなく冷凍食品の解凍もできるため便利です。 一人暮らしには嬉しい機能です。 庫内総容量は17Lとなっており、ターンテーブル方式となっているためムラなく食品を温めることができます。 機能も非常にシンプルになっており、タイマーは最大15分。 出力切り替えもタイマーもダイヤル式になっているため誰でも簡単に使うことができます。 オシャレなミラーガラス仕様となっているためデザイン性にも優れており安さを感じさせません。 非常に値段が安くオシャレでシンプルなムダのない電子レンジ。 普段の電子レンジの使い方が飲み物やお弁当を温めるだけでそれほど電子レンジにこだわりがない人は、とりあえず使えるこの電子レンジでも十分です。 口コミの評判 ・オーブン付きのレンジが壊れて買い替えました。 オーブンをほとんど使わなかったのとどっちみち機能が弱いので温めだけのを探していました。 ・ごちゃごちゃボタン押さなくてよいし、勝手に時間決めて熱すぎたりしないのでよい。 あたためしか使わないのでタイマーひねるだけのシンプル操作。 ・もう一段安いのもあるが、すごく安っぽいしタイマーもガチャガチャして壊れそうだったのでこれにしました。 デザインも操作感も安っぽくなくてアップルが作ったらこうなりそうでよい。 ・一人暮らし用に。 間に合わせで大学院生の一人暮らしの長男用に購入。 就職先次第でワットが変わるともったいないのでこの機種に。 温めには全く問題なし。 3位:ハイアール 電子レンジ JM-17F 安物家電で人気となっているハイアールの電子レンジ「JM-17F」。 価格を抑えつつ単機能電子レンジに必要な機能はしっかりと押さえた製品です。 17リットルのコンパクトな電子レンジながら、幅を44㎝に抑えることで庫内の高さを19㎝にまで引き上げて容量以上に広々とした庫内を作り上げました。 出力切替は200W、500W、700Wの3段階切り替えで、タイマーは15分まで設定可能です。 電源周波数が別になっている電子レンジで東日本用と西日本用それぞれを用意。 またターンテーブルを採用しており、扉は左開きとなっています。 電子レンジとしては珍しくカラーをホワイトとブラックから選べるのも高評価の理由で、電子レンジとしてはデザイン性の高い製品です。 基本的な機能を備えつつホワイトだけでなくブラックも選べるオシャレな電子レンジ。 性能や機能に関しては特筆すべきポイントはありませんが、6000円前後で購入できるコストパフォーマンスの高さを考えれば全く問題ありません。 2位:日立 電子レンジ HMR-ET22 日立の値段を抑えつつ高機能を実現した単機能電子レンジです。 低価格ながらほかの単機能電子レンジと比べて機能的にワンランク上電子レンジとなっておりコストパフォーマンスに優れています。 電源周波数が決められているため使用する地域には注意が必要です。 レンジの出力は4段階となっており、あたため600W、500W、解凍200W、100Wで切り替え可能。 加熱具合を細かくコントロールできます。 庫内容量は22Lとゆったりとしており、使いやすいシンプルな設計となっています。 ダイヤル式で簡単な操作を実現しており、操作状況はデジタルディスプレイに表示されるため視認性が高められています。 デザインはオシャレとはいえませんが、非常にシンプルでどんなキッチンにも合わせることができます。 デザインにこだわりがなければ問題なく使えます。 使い勝手に優れていて操作もしやすい実用性を重視した単機能電子レンジ。 日立製ということもあり長く信頼して使うことができる電子レンジです。 口コミの評判 ・使いやすさバツグンです。 ダイアル回して時間設定で勝手に動きチン!価格もお手頃!満足です。 ・ずっと、機能が沢山あるレンジを使用していましたが、家庭ではオーブンなど、まず使わない。 これは「シンプル イズ ベスト」の商品。 特に解凍2種類と、温め500ワットと600ワットの切り替えも有難い。 ダイヤルで10秒刻みで、時間を変えられる。 これが使いやすい。 スタートボタンも無く、ドアを閉めるだけ。 ・古いレンジが壊れたので、買い換えたのですが調子いいです。 スッキリしたデザインと、シンプルな機能ですがうちには十分です。 中のものを取り出さずにいるとピピッと音がなるのも助かります。 出来上がった時の音も控えめでいいです。 ・15年以上使っていた日立の電子レンジがいきなり壊れました。 高齢の母と同居してるので、シンプルで安価なレンジを探してやはり同じ日立のレンジに決めました。 使い方はカンタンです。 ワット数を決め調理時間をセットするだけ。 自分の好みの調理時間さえ見つけてしまえば、快適です。 中に食材を入れ設定して蓋を閉めればそれでスタートします。 以前のレンジはワンタッチボタンがあってそれを押せば調理できたのですがそれでは、容器により出来上がりに差があったので、私は使っていませんでした。 以前のレンジは長持ちしました。 今回も同じ日立製 でも中国製です ので長持ちすることを期待してます。 1位:アイリスオーヤマ 単機能レンジ IMB-T171 アイリスオーヤマの単機能レンジ「IMB-T171」は、シンプルでスタイリッシュなデザイン、操作性の高さ、価格の安さの三拍子揃った電子レンジです。 容量17リットルの小さな電子レンジで、冷蔵庫の上にも置きやすいコンパクトサイズ。 直径約22. 5㎝のターンテーブルを備えており、25㎝をそのまま入れることができる広々とした庫内になっています。 操作はダイヤル式で、出力切替とタイマーだけ。 出力切替は3段階で200W、500W、700Wから選べます。 電源周波数が別になっている電子レンジで東日本用と西日本用それぞれを用意。 扉は左開きのため冷蔵庫の上に置いても食品を取り出しにくくなるということはありません。 6000円前後で購入できる電子レンジでコストパフォーマンスの高さが人気の理由。 電子レンジに求める機能が「温めるだけ」なら、この単機能電子レンジを迷わず選びましょう。 カテゴリー記事一覧• 398• 117• 870• 463• 141• 139• 146• 147• 242• 213•

次の