アソビ システム 株式 会社。 COMPANY|ASOBISYSTEM

アソビュー株式会社の中途採用の求人情報|求人・転職エージェントはマイナビエージェント

アソビ システム 株式 会社

1992年• 京都市中京区に資本金1,000万円で「株式会社フェイス」設立。 1994年• 東京都港区赤坂に東京オフィス開設。 1995年• 月産300曲以上制作。 イギリス大手の音楽出版会社Music Sales Limited社と提携し、音楽用CD-ROMの輸入販売開始。 1996年• 1997年• パソコン向けソフトウェア音源技術「WebSynth」を実用化。 当社の音源技術・配信技術を利用したインターネットカラオケ「KaraOK! 」を、現・ソネット株式会社と共同でサービス開始。 1998年• 早稲田大学山崎教授(当時)と共同で基礎開発した音楽配信技術「WebAudio」を実用化。 オンキヨー株式会社のパソコン用サウンドボードに「WebSynth」ライセンス開始。 」で開始。 インターネットで3万曲を超える音楽データMIDI配信サービス「Faith MIDI Station」を、現・ソネット株式会社と共同でサービス開始。 1999年• 当社の提唱する携帯電話用音楽フォーマット「CompactMIDI」が、現・株式会社NTTドコモに「MFi(Melody Format for i-mode)」として採用され、コンサルティング契約を締結。 全携帯電話メーカーに搭載。 当社の携帯電話用音楽フォーマット「CompactMIDI」が、北米トップシェアを占めるCDMAの開発元であるQualcomm社のマルチメディアプラットフォーム技術「CMX」に採用され、ライセンス契約を締結。 当社の携帯電話用音楽フォーマット「CompactMIDI」が、現・KDDI株式会社に採用。 2000年• 当社の音源技術「WebSynth」が、株式会社ソニー・コンピュータエンタテインメント、PS2の標準音源として採用。 当社の携帯電話用音楽フォーマット「CompactMIDI」を利用した着信メロディ配信サービスが、KDDI株式会社のEZwebで開始。 2001年• 「JASDAQ市場」へ上場。 2002年• 北米に子会社「Faith West Inc. 」設立。 携帯電話向けコンテンツ配信サービスおよび音楽配信技術開発を行う、仏「Digiplug S. S」を子会社化。 株式会社NTTデータなどの一部出資を得て合弁会社「株式会社網楽(MORA)」設立。 中国でのビジネスプラットフォーム構築支援事業開始。 米Texas Instruments社製DSPに対応したソフトウェア音源、および全世界のフォーマットに対応したマルチフォーマットプレーヤー開発。 ノキア・ジャパン株式会社と次世代携帯端末向けコンテンツ開発者支援で合意。 「東京証券取引所 市場第一部」へ上場。 2003年• 「株式会社ウェブマネー」を子会社化し、電子マネー事業を強化。 シンガポール、現・SingTel社とコンテンツ配信事業で提携。 2004年• マレーシアMaxis社、フィリピンSMART社とコンテンツ配信事業で提携。 米Verizon Wireless社で原盤を使った音楽配信サービス「Modtones DJ」とグラフィック配信サービス「Modtones Gallerg」のサービス開始。 米マクドナルド社と提携し、全米最大級キャンペーンの賞品として初めて着信メロディを提供。 2005年• 世界最大手オンラインゲームメーカー、韓国グラヴィティ社と提携。 コンテンツディストリビューション事業を行う「株式会社ベルロックメディア」を、吉本興業グループとの共同出資により設立。 ブラジルを中心に南米においてコンテンツ配信サービス事業を手がける「TakeNET」を子会社化。 ポイントカードシステム大手「グッディポイント株式会社」を子会社化。 「株式会社メディカルコミュニケーション」を設立し、携帯電話を利用した医療・健康・電子カルテ情報関連事業分野に進出。 2006年• 音楽・映像ソフトのプロデュース・ディストリビューション事業を展開する合弁会社「株式会社ブレイブ」を株式会社タイトー、現・株式会社スクウェア・エニックス・ホールディングスと設立。 会員400万人の着信メロディ大手ギガの営業権を子会社の「ギガネットワークス株式会社」が取得。 アミューズグループの一部出資を得て「株式会社デスペラード」設立。 映画等映像作品のプロデュースとデジタル配信に進出。 アジア初のiTunes公認アグリゲーター「株式会社ライツスケール」を子会社化し、音楽デジタル配信事業を強化。 アドバイザリーボード(経営諮問委員会)新設。 2007年• インテル株式会社、吉本興業株式会社と資本提携し協業体制を強化。 「ギガネットワークス株式会社」が携帯向け映像配信サービス開始。 当社開発のコンテンツ権利認証技術「NFRM(Near Field Rights Management)」を採用し、携帯視聴に加え、パソコン、デジタル家電などで視聴可能な動画コンテンツの総合サービスをiモード公式サイトで実現。 「株式会社メディカルコミュニケーション」が「ポケットQQ健診サービス」開始。 「株式会社ウェブマネー」、「ジャスダック証券取引所 NEO」へ上場。 2008年• 「株式会社デスペラード」、プロデュース作品「パコと魔法の絵本」大ヒット。 2009年• 「ギガネットワークス株式会社」が、「株式会社デスペラード」を吸収合併し、「株式会社フェイス・ワンダワークス」へ商号変更。 「株式会社メディカルコミュニケーション」の全事業を譲受し、同事業推進体制を強化。 当社の着信メロディ配信技術が、世界約100ヵ国、累計約90億台の携帯端末で展開。 2010年• 日本最初のレコード会社「コロムビアミュージックエンタテインメント株式会社」を筆頭株主として関連会社化し、創立100周年となる同年に「日本コロムビア株式会社」へ商号変更。 「株式会社ブレイブ」の全事業を譲り受け、グループ内の関連事業を統合。 「株式会社フェイス・ワンダワークス」プロデュース作品「告白」大ヒット。 日本アカデミー賞の最優秀作品賞・最優秀監督賞等を受賞。 第83回米国アカデミー賞・外国語映画賞部門への日本代表作品に選出。 2011年• 「株式会社ウェブマネー」の全株式をKDDI株式会社に売却。 アーティストに関わる著作物の企画制作・管理を行う合弁会社「株式会社フューチャーレコーズ」を、「日本コロムビア株式会社」と設立。 フェイス南青山1Fに、フェイス・グループのショールーム「Future SEVEN」オープン。 「Futureレーベル」アーティスト、AKB48からの派生ユニットNot yetの冠番組「ヨンパラFutureゲームバトル」放送。 2012年• 「株式会社フェイス・ワンダワークス」の動画レコメンドサービス「FaRao TV」が、第25回東京国際映画祭公認アプリに採用。 声優・俳優・アーティストの発掘、育成、マネジメントを行う「株式会社リンク・エンタテインメンツ」に出資。 2013年• メジャーアーティストの公式ファンクラブサイト等の制作・運用・Eコマース事業を行う「株式会社エンターメディア」を子会社化。 幼児・子供用の知育アプリ専門レーベル「キッザプラネット」開設。 レディー・ガガのファッションを手掛けるニコラ・フォルミケッティ氏をプロデューサーに迎えたアーティスト育成・開発プログラム「POP ICON PROJECT TOKYO」始動。 「株式会社フェイス・ワンダワークス」、音楽制作クラウドソーシング「ARTIST CROWD」のサービス開始。 2014年• 国内最大級の音楽ソーシャルメディア「OKMusic」を運営する「株式会社オーケーライフ」を子会社化。 アーティストのSNSプラットフォーム「Revolver」を運営する「株式会社リボルバー」と資本・業務提携。 フォトコミュニケーションサービス「スマイルログ」のサービス開始。 株式公開買付けにより「日本コロムビア株式会社」の株式を過半数まで追加取得し、子会社化。 「株式会社フェイス・ワンダワークス」、国内最大のバンドメンバー募集ソーシャルメディア「with9」を事業譲受。 業界最大級の音楽チャンネルと集客機能を備えた業務用BGMサービス「FaRao PRO」を開始。 2015年• アーティストサポートプラットフォーム「Fans'」本格提供開始。 2016年• フランスに「Faith France, SAS」を設立し、FaRao PRO業務を開始。 インドネシアに「PT. Faith Neo Indonesia」を設立し、FaRao PRO業務を開始。 2017年• 日本レコード協会加盟のメジャーレーベル「株式会社ドリーミュージック」を子会社化。 株式交換により「日本コロムビア株式会社」を完全子会社化。 25周年記念特設サイトを開設。 2018年• 「株式会社オーケーライフ」の事業を「ジャパンミュージックネットワーク株式会社」に承継。 「株式会社エンターメディア」の全株式を売却。 完全子会社「株式会社フェイス・プロパティー」を設立。 合弁会社「株式会社ワクワクワークス」を「アソビシステムホールディングス株式会社」と設立し、銀座にミュージックラウンジ「PLUSTOKYO」をオープン。 2019年• 「株式会社フェイス・プロパティー」、「株式会社ミミック・エンターテイメント」と業務提携し、西麻布にエンターテインメント施設「コロッケミミックトーキョー」をオープン。 「株式会社KSR」の全株式を取得し完全子会社化。 ・記載の会社名、製品名、サービス名は、各社および各団体の商標または登録商標です。

次の

日本の銭湯と相撲を掛け合わせた、大胆なコンセプトルームをアソビシステムがプロデュース。原宿の街に泊まれる MOSHI MOSHI ROOMS 第3弾「DOSUKOI」が完成(2020年3月9日)|BIGLOBEニュース

アソビ システム 株式 会社

この記事のは、 や記事主題の関係者による情報源に頼っています。 とされるが求められています。 ( 2014年3月) アソビシステム株式会社 ASOBISYSTEM co. ,ltd 市場情報 非上場 本社所在地 〒150-0001 3-29-3 UPビル 設立 事業内容 プロモーション事業、イベント事業、マネジメント事業、クリエイティブ制作事業 代表者 代表者 資本金 1,000万円 従業員数 43名 主要子会社 アソビプロダクション株式会社 アソビミュージック株式会社 アソビワークス株式会社 外部リンク アソビシステム株式会社(ASOBISYSTEM co. ,ltd)は、にを置く、の、運営会社、/。 概要 [ ] ・の 、やライフスタイルを中心とする「HARAJUKU CULTURE」を国内外に発信するための活動を幅広く行なっている。 が所属することで知られる。 社長のが2002年から2006年にかけて開催した原宿の有名出演による、「美容師ナイト」(現「RED by t. t」および「BLACK by t. t」)が事業の原型である。 イベントに関わる、、やとの人脈の拡大に伴い、イベント業務から派生する出演者のマネージメントやプロモーションといった活動も行なう企業組織として、2007年に設立された。 リスクが大きいとされるイベント開催について同社は、イベントを単体として捉えるのではなく、ひとつのイベントから生まれる副次的な要素(多様な人が集まり、そこからビジネスが生まれること)をむしろ重視する、としている。 また、中川氏はきゃりーぱみゅぱみゅの海外ツアーの経験から、日本的なクリエイティブがそのままの形で通用することを実感しているといい、海外向けに作り込むことをせず、日本のクリエイティブが元々持つレベルの高さ、面白さをそのまま世界に認めてもらえる状況をつくりたい、と語っている。 男性受けするコンサバファッションである「」に対し、よりカジュアルで脱・コンサバな、女性受けする原宿系のファッションスタイルとされる「」は中川氏により提唱されたもので、所属モデルの多くは「」雑誌に読者モデルとして出演している。 また、アニメ文化にも関心を示しており、メディアとのタイアップも行なわれている。 同社所属アーティスト、モデルがアニメ番組/ゲームの主題歌歌唱を担当し、「HARAJUKU KAWAii!! TV」では所属モデルと共に人気声優がゲスト出演する番組が企画されている。 主催するクラブイベントではアニメソングも使用される。 イベント [ ]• HARAJUKU KAWAii!! ASOBINITE!!! FLASH!!! TAKENOKO!!! RED by t. BLACK by t. VIVIVI• Ray-Van• DONUT!! ASOPARA• House Attack• 5iVESTAR メディア運営 [ ]• ASBS• HARAJUKU KAWAii!! ASOBIPRESS• MOSHI MOSHI NIPPON クリエイティブスタジオ運営 [ ]• 所属アーティスト等 [ ] アーティスト [ ]• (業務委託)• (業務委託)• (業務提携)• クリエイター [ ]• 女性モデル・女優 [ ]• AMIAYA• (業務委託)• 男性モデル・俳優 [ ]• 栗林藍希 運営施設(店舗) [ ]• L by HOME• CARBON• CARBON COFFEE• ITEMAE 関連会社 [ ]• アソビミュージック株式会社• 株式会社 脚注 [ ] []• アソビシステム. 2013年3月28日. の2013年12月11日時点におけるアーカイブ。 KAI-YOU. net. 2013年6月4日. 今日の知識. 2009年11月4日. 2013年4月1日時点の [ ]よりアーカイブ。 2014年3月29日閲覧。 Asobisystem 2014年3月. 2014年3月29日閲覧。 Asobisystem 2014年3月. 2014年3月29日閲覧。 Asobisystem 2014年3月. 2014年3月29日閲覧。 外部リンク [ ]•

次の

株価検索(銘柄名・業種別)

アソビ システム 株式 会社

オリジナルのクリエイティブをお届けいたします。 アソビシステムは、国内外で活躍するアーティストやクリエイターを輩出し、様々なカルチャーを生み出すクリエイティブカンパニーです。 シンプルな通常スタジオの他、アソビシステムがプロデュースとクリエイティブを手がけた、日本の文化を取り入れたユニークなコンセプトルーム「MOSHI MOSHI ROOMS」など、様々なロケーションでの撮影が可能となっています。 また、制作に関しては担当クリエイターがフルサポート。 多様なカルチャーを生み出してきたノウハウを生かして、オリジナルのクリエイティブをいち早くお届けします。 お気軽にお問い合わせください。 「instax mini LiPlay」 WEB CM 制作内容:アートディレクション、ムービーディレクション、編集、楽曲制作、モデル出演 クライアント:富士フイルム イメージングシステムズ 02. 「SAMANTHAVEGA」シーズンビジュアル 制作内容:アートディレクション、モデル出演、 他モデルキャスティング クライアント: サマンサベガ 03. 「Zoff」コラボ商品ライブ配信 制作内容:番組企画・演出、配信コーディネート、モデル出演 クライアント:メガネブランド「Zoff」 04. 今の時代に発信すべき「アソビ」をもっと。 きゃりーぱみゅぱみゅ、中田ヤスタカ、増田セバスチャンなど、日本のポップカルチャーを牽引するアーティストを擁するカルチャープロダクション。 アーティスト、モデル、アクター、クリエイターのマネジメント、音楽フェスやファッションイベントなど様々なイベントの企画・制作、メディア運営、店舗事業、インバウンド・アウトバウンド事業など、原宿を拠点に国内外で幅広く展開する。 日本を象徴する桜の花をモチーフにした「SAKURA」、和傘や繊細な組子細工が和の雰囲気を醸し出す「ORIGAMI」、相撲と銭湯を掛け合わせた「DOSUKOI」のユニークな3つの部屋と、原宿を一望できる屋上を完備。 WEBSITE:• また、東京証券取引所、名古屋証券取引所、China Investment Information Services、NASDAQ OMX、CME Group Inc. 日経平均株価の著作権は日本経済新聞社に帰属します。 『みんなの株式』に掲載されている情報は、投資判断の参考として投資一般に関する情報提供を目的とするものであり、投資の勧誘を目的とするものではありません。 これらの情報には将来的な業績や出来事に関する予想が含まれていることがありますが、それらの記述はあくまで予想であり、その内容の正確性、信頼性等を保証するものではありません。 これらの情報に基づいて被ったいかなる損害についても、当社、投稿者及び情報提供者は一切の責任を負いません。 投資に関するすべての決定は、利用者ご自身の判断でなさるようにお願いいたします。 個別の投稿が金融商品取引法等に違反しているとご判断される場合には「」から、同委員会へ情報の提供を行ってください。 また、『みんなの株式』において公開されている情報につきましては、営業に利用することはもちろん、第三者へ提供する目的で情報を転用、複製、販売、加工、再利用及び再配信することを固く禁じます。

次の