オ プレッサー mk2 ミサイル。 【GTAオンライン】迷惑プレイヤーへの対処法

「オプレッサー」に関するQ&A

オ プレッサー mk2 ミサイル

全世界で広く親しまれているGTAオンライン。 そのプレイヤー数は日本だけでも相当なものとなっていますが、プレイヤーの数が増えるほど悪質なプレイヤーの数も増えるというもの。 特にGTAはクライムアクションものなので無法なプレイヤーを引き寄せやすく、フリーセッションに入れば1人は暴れているプレイヤーを見かけるような状態です。 一応、人に迷惑をかけるプレイヤーを隔離するため負け犬ポイントと負け犬用サーバーが用意されていますが、それだけではプレイヤーの住み分けは十分にできておらず、いつ何処で厄介なプレイヤーと対面するか分かりません。 折角のゲームで不快な思いはしたくないと思うので、厄介なプレイヤーから逃れるためにはどうすればいいかを知っておきましょう。 パッシブモード 迷惑をかけてくるプレイヤーが他人に何をしてくるかというと、一番はフリーモードでのPK・乗り物破壊ですね。 戦闘能力のある乗り物に乗って、ところ構わず攻撃を仕掛けてきます。 こういったプレイヤーを相手に交戦しても殆ど良いことはないので、狙われても無視が一番です。 そのために最も簡単な手段はパッシブモードにすること。 パッシブにすれば直接手は出せないので、何もできなくなった相手は飽きて去っていくでしょう。 除外投票は迷惑プレイヤーをキックするための機能で、票が集まってしまったプレイヤーは他セッションに追い出され負け犬ポイントが与えられます。 ただし、セッション内の半数以上のプレイヤーが同じプレイヤーに投票しないと効果はなく負け犬ポイントも与えられません。 少人数セッションでも無い限り除外投票によるキックはまず行えないですが、投票をすると相手に「あなたを除外しようとしている」と通知が飛ぶので悪さをしているプレイヤーにプレッシャーを掛けることはできます。 通報は迷惑行為を行っているプレイヤーを運営に通報できる機能です。 執拗なPKやバグ・グリッチ行為、AVチャットでの暴言などを行っていたプレイヤーを運営に通報することで対象プレイヤーの調査が行われ、調査の結果クロと判定されたらBANなどペナルティが与えられます。 実際、膨大なプレイヤーと通報の中から通報の真偽を確定しちゃんとペナルティを与えられているのかというとそこまで手が回っていない気もしますが、やっておいて損はないと思います。 セッションを変える パッシブでも無視しきれないようなプレイヤーが居るならさっさとセッションを変えてさようならしてしまいましょう。 最初から他プレイヤーと関わりたくない時は、遊び始める前にセッションを何度も変えて少人数あるいはソロのセッションを引き当てるのも手です。 迷惑プレイヤーに追われてセッション移動せざるを得ない状態になるくらいなら、最初から人の居ないセッションへ行ってしまおうということです。 迷惑プレイヤーを見分ける フリーモードであれば迷惑プレイヤーに関わらないようにするだけでも自衛は十分ですが、ジョブなどを行う際には迷惑プレイヤーが参加してきて場を荒らすようなこともあります。 そうなると貴重な時間を無駄にすることになってしまうので、ジョブ開始前にまともそうなプレイヤーかどうかを見極めて、そうでないならジョブから除外することも考えておいた方がいいですね。 なお、ここでの見分け方の基準は自分の独断と偏見が多分に含まれているのであまりアテにしないでください。 地雷プレイヤーあるあるみたいなネタだと思っていただければ…… ID:プレイヤーの名前でもあるID。 このIDが変な人はプレイ面も怪しかったりします。 例えば下ネタであったり、PKと入っていたり、wwwwwと人をおちょくるものであったり。 あと顔文字が入っているのも大抵変な人ですね。 こういうIDのプレイヤーは警戒してしまいます。 見た目:キャラクターの見た目や服装が奇抜なプレイヤーもあまり信用できません。 中でも白塗りメイク+赤目のプレイヤーはほぼほぼPKです。 他には、動物マスクをしていたり、商売女のような下着姿のプレイヤーも怪しいです。 クルー:プレイヤープロフィールを見るとそのプレイヤーが所属しているクルーを見ることができますが、変な名前のクルーや、エンブレムが不適切なクルーに所属している人はもうお察しです。 キルレート:キルレートが極端に高い人はPKの中でも悪質な類のプレイヤーが多いです。 初心者や放置プレイヤーだけを狙ったり、ミッション中で手が離せないプレイヤーをリスキルしたりするようなプレイヤーですね。 キルレートはデスマッチなどのジョブでも上がるので、キルレートが高い=悪質なプレイヤーとは言えませんが注意したい数字です。 感情:プレイヤーやNPCを倒すと感情値が上がってレーダー上のアイコンが赤くなっていきます。 NPCを100人以上倒してもすぐ真っ赤っかにはなりませんが、プレイヤーを何回か倒すだけでもすぐにアイコンが赤くなっていくので、極端に感情値が高いプレイヤーはPKと見て間違いありません。 デスマッチなどのジョブでキルしても感情値は上がらないので、「キルレートがやけに高い+感情値がやけに高い」はまず間違いなく危険なプレイヤーです。 抵抗する 迷惑プレイヤーは無視するのが一番、と言っても無視できない状況もあります。 ビジネスの調達・売却ミッションなどフリーモードジョブ中に襲われた場合、途中でパッシブにして逃げることは出来ませんし、セッションを変えて逃げれば在庫のペナルティに加え負け犬ポイントがついてしまいます。 また、フレンドや野良で仲良くなったプレイヤーと一緒にプレイしている時に襲われた場合も逃げにくい状況に陥ります。 そんなわけで、荒らしによく使われる乗り物とその対策を軽く書いておきます。 対策が分かっていても実際戦えるかどうかは相手のスキル次第なところが大きいですが。 空から高速移動してきてミサイルをぶっ放してくる厄介な存在です。 しかもチャフ・フレアを装備できるためミサイル攻撃に対し耐性があるのも脅威です。 乗っているプレイヤーは無防備なので軍用マシンガンで撃ち抜いたりすることもできますが、上手い動きをされると銃撃を当てるのも一苦労。 オプレッサーMk2に対応するにはオプレッサーMk2を当てるくらいしか無いような気がします。 それくらいどうしようもない相手ですね。 相手をする自信がなければ逃げ一択です。 同じく空からミサイルをぶっ放してくる系では、あるいはなどのヘリがありますが、オプレッサーMk2と比べれば動きが緩慢でチャフ・フレアを装備していないことも多いので、炸裂弾ヘビースナイパーMk2やホーミングランチャーで抵抗することもできます。 辛い相手ですがオプレッサーMk2よりはマシって感じですね。 戦闘機 オプレッサーMk2に次いで多いのはやで襲ってくる相手ですね。 空から急降下してキャノンで地上を焼け野原にしてきます。 2種の戦闘機はチャフ・フレアを装備できないので、逆に攻撃されると脆かったりします。 オプレッサーMk2やデラックソを持っているなら機動力を活かして反撃が望めます。 地上から戦うのは分が悪いですが炸裂弾ヘビースナイパーMk2を持っていれば戦えないこともないです。 というか、それくらいしかないですかね。 装甲車 強力な装甲を持ち一定の機動力があるやで執拗にラムアタックを繰り返すプレイヤーも居ます。 大した武装を持っていないので攻撃力は無いですが、高い防御力があってそこそこに速いのが厄介です。 これらの装甲車で攻撃を繰り返すのは大抵初心者狩りです。 何が何だか分かっていない初心者を装甲車で追いかけ回すのがセオリーですね。 なぜ初心者を狙うかというと、対策が分かっていれば装甲車の対処は難しくないからです。 装甲車はミサイル攻撃など爆破系に強くてもドライブバイには強くありません。 窓から中を撃ち抜かれれば案外簡単にやられてしまいます。 装甲車に追われてもマイクロSMGかAPピストルで撃ち抜けば問題ありません。 ドライブバイに強い装甲車ではとがありますが、これらは逆に爆破系攻撃に対して耐性が低いので、オプレッサーMk2が暴れ回る今となってはほぼ見かけませんし粘着爆弾で対処できます。 戦車 強力な主砲と装甲で暴れるライノ戦車と、加えてもたまに見かけます。 地上戦で戦車相手に戦うのはまず無理でしょう。 真っ向勝負ではまず勝ち目が無い戦車ですが、機動力はさっぱりなので乗り物に乗ってしまえば逃げるのは簡単です。 そのまま逃げるなり態勢を立て直すなりした方がいいですね。 また、戦車の主砲は仰角が狭く空への攻撃をしにくいためオプレッサーMk2や戦闘機には歯が立ちません。 空から攻撃できる乗り物を用意すれば対処は簡単です。 狙われたら攻撃を回避するのはまず不可能です。 こちらも戦車と同じく機動力に欠けるのが弱点なので、乗り物で逃げて距離を取ってしまえば大丈夫です。 また、上に登ったり攻撃したりするのが苦手なので高所に登ってしまえば無力化できます。 と、対策を書きましたが実際PKがラジコンを使ってくることはあまりありません。 むしろPKに反撃するのに役立つアイテムですね。 攻撃を回避しようがなく、ラジコンを倒したところでキルレートは上がらないのでPKの天敵と言えるアイテムだと思います。 まとめ 迷惑プレイヤーを見かけても関わらないのが一番!関わり合いにならないよう自衛!関わってしまったら即逃げる!このあたりを意識し続ける必要がありますね。 本当は運営側に迷惑プレイヤーをどんどん弾くようにしてほしいですが、GTAというゲームの性質上PvP要素は避けては通れないものなのでやはり自衛するしかないと思います。

次の

【GTA5】テラーバイト購入レポ【グラセフ】

オ プレッサー mk2 ミサイル

やに次いで、内部に独自の区画を持っている車両。 パウンダーと同じ3軸タイプで外見が似ており、カテゴリも同じく「商業」に属する。 上記の2車種との違いとしては追加装備によるパッシブモードの制限がないこと(とはいえ同モード中に下記のスキャナー以外は使えない)。 それ故、フリーセッションでも他プレーヤーのPKに怯える事なく安全に乗り回せる。 砲塔ステーションもしくはドローンステーションを追加すると、乗車時にパッシブモードが強制解除されるので追加する場合は注意すること。 挙動自体は比較的軽快とはいえ速度がそれほど出ないため、持ち前の耐久力と驚異的な耐爆性を持ってしても、無限にミサイルを撃てる車両に粘着されると逃げるのが難しい。 大型トラックベースの特殊車両ということで『金と権力と野望』アップデートで追加されたとも似ているが、あちらがキャブオーバータイプに対して、こちらはボンネットタイプ。 メーカーもブリッケードがでモデル車とその製造国を反映していないのに対し、こちらは社製でモデル車に即したメーカーとなっている。 でお馴染み、レスターの仲間であるペイジ・ハリスによって設計・制作された車両とのことだが、ゲームシステムの都合上かウォーストックでの取扱いとなる。 「プレイヤーが購入した商業用トラックに、ペイジがカスタムを施した」と考えるのが自然と思われる。 車内にはハイテク機器を多数備えており、それらの電力確保のためかルーフ上には太陽光パネルが装着されている他、後部にはスペアタイヤを2本装備。 ちなみにシュノーケルパイプは飾りではなく実際に活きており、エンジンが水に浸っても止まることはない。 この車両はナイトクラブの最下層 B5F でのみ保存とカスタムが可能。 のような追加装甲はないものの、乗用車と同じカスタマイズ項目が存在する。 商業タイプ車両には珍しくホイールが換装できるのもメリットの1つ。 他の大型車両と比べてハンドリングは非常に軽快。 軽量なのか多少の坂道でもスムーズに登坂でき、さらに独特な癖もないため大型車両に慣れていなくとも運転自体は比較的簡単。 サスペンションを下げることで横転しにくくなり、若干滑りやすくなるものの小回りが利くようになる。 ただ、全長がに匹敵するほど非常に長いため、内輪差には少し注意が必要である。 ハンドリング性能は良いものの、加速・最高速・パワーの性能はのような昨今追加の超級大型車と比べて控えめ。 エンジンをフルカスタムして、やっとと同程度か、若干上回るくらいにしかならない。 ある程度の衝突威力補正はかかっているようで、やのような突撃武器を持つ車両を除けば、全ての車種の中でも上位に入る突進力を誇る。 しかし軽量なためか、のような他の衝突威力補正がかかる車に体当たりされれば容易に姿勢を崩し、足止めされてしまう。 耐爆性はトップクラスで、ホーミングミサイルは30発、戦闘機のキャノンですら10秒近く当て続けなければ破壊できないレベル。 窓は簡易防弾なので、これに乗ったプレイヤーに対しては爆発物よりも銃撃が有効となる。 注意点としては、やはり他の武装車両と同様に乗車するとパッシブモードが強制解除されることだろう。 挙動自体は大型車にしては軽快なものの、普通車と比較するとやはり鈍重なため、ミサイルやマシンガンを装備した戦闘車両・航空機などには粘着されがち。 とはいえ先述したように耐久力が極めて高いので、一番遭遇率の高いのような弾数制限がある車両であれば持ち堪えられる。 ナイトクラブに保管された状態でないと呼び出すことができないという制限がある。 外に出ている場合は、一旦ナイトクラブのガレージに戻してから呼び出さなければならない。 また、機動作戦センターほどではないにしろやはり大型車であるため、配達地点にはある程度のスペースが必要となりスポーンできる場所は限られる。 そのため、呼び出す場所によっては徒歩で行くのが現実的でない距離に出てしまうことも。 運転席が空の状態で横転・転覆すると、破壊扱いとなり強制的にナイトクラブのガレージに戻されてしまうため注意。 「外部のプレイヤーから攻撃され、気づかぬうちに横転させられていた」という事態にもなり得る。 車両の前後には「プレイヤースキャナー」というスキャン機能付きのカメラが搭載されており、十字キー右を押すと走行中・停車中に関わらず使用可能。 低倍率ながらズームと前後のカメラ切り替えが可能なので、簡易望遠鏡やバックカメラとしても使用できる。 スキャンしたいプレイヤーを画面に数秒捉え続けることでスキャンが完了し、対象者のランクはもちろんお気に入りの武器・命中率・愛車 種類は関係なし、航空機の場合もある ・所持金 手持ちの金額のみ ・対人キル数、おまけに商売女とコトに及んだ回数やプライベートダンスの回数まで、他人が通常知りえない数々の個人情報が画面の右側に表示される。 一度スキャンが完了すれば、以降は何度でもそのプレイヤーに画面を向ければ一瞬で情報が表示される。 プレイヤーがスキャンから逃れる方法はないため、個人情報を知られたくなければ他のテラーバイトには迂闊に近づかない方が良い。 なお、スキャン機能とキー操作が被ってしまっているため通常ではヘッドライトを任意で使用できないが、オプションでヘッドライトを別のキーに割り当てるか、キー変更をしない場合でも乗り込んで着席してからエンジンがかかるまでの間であれば任意での点消灯が可能。 ハイビームにするとバンパーのフォグライトが点灯する。 ルーフのライトは残念ながら飾りのようである。 ハイビーム点灯状態 ナーブセンター 本車の荷台部分に搭載されるハッキング室。 停車時に右側面から徒歩で入れる。 運転台にいる場合は降りずとも十字キー右の長押しで直接移動でき、ナーブセンター側から運転台への直接移動も可能。 ナーブセンター内にいる状態であれば、たとえ車両が爆破されても死亡扱いにはならない。 PKerから退避する上で有効な手段となる。 ハッキングシステム ナーブセンターに標準搭載されている機能。 専用施設のパソコンからでないと開始できない各種ビジネスの調達ミッションを、車内から専用システムをハッキングして開始できるという特徴も持つ 在庫数の確認や売却などは不可。 加えて、新たに追加されたフリーモードジョブである「」を実行できる。 ジョブ内容の詳細についてはリンク先のページを参照。 ドローンステーション オプション 「」で購入することで使用可能になる、小型の無人偵察機。 このドローンには様々な機能が搭載されているので、それらを上手く使えば、自身は頑丈な車内にいながら邪魔者の排除ができる。 追加後はハッキングシステムから行えるクライアントのジョブが2つ増える。 クライアントのジョブは実行後のクールタイムが30分と長いため、これで稼ぎたいならドローンステーションも追加したいところ。 ドローンはテラーバイトから一定距離内のみ活動できる。 何らかの理由でドローンが破壊されたりした場合、一部のクライアントのジョブ中を除き再度ドローンを使用可能になるまで1分間のクールタイムを課される。 プレイヤースキャナー機能:運転台と同等の性能だが、こちらはズームアップも可能。 ブースト機能:照準を合わせた方向へ約2秒間加速移動する。 途中でキャンセルや方向転換はできず、使用後はチャージが必要。 ショック機能:照準を合わせた方向へ電気ショックを発射し、当たった対象をスタンさせる。 一度発射すると数秒間のチャージが必要。 NPCに当てた場合は即死するが、プレイヤーに当てた場合は微ダメージ+数秒間のスタン効果となる。 自爆機能:ボタン長押しで3秒程チャージしてドローンを自爆させる。 ショック機能のチャージ中は使用不可。 砲塔という言葉から機動作戦センターやアベンジャーのようなキャノンを想像してしまうかもしれないが、購入画面の写真を見ればわかるように、実際に装備されるのはのようなミサイルランチャー。 あちらほどの射程はない代わりに、こちらは念願のマルチロック機能を搭載している。 最大で5つの目標を同時ロックオン可能だが、同一目標への多重ロックオンはできないため目標が1つなら発射数も1となる。 発射数にかかわらずリロードは5秒程度。 また、敵対NPCやプレイヤーの乗った車両だけでなく、徒歩のプレイヤーもロックオンできる。 とここまではいいのだが、問題はここから。 発射されるのが昨今の武装車両の定番である高機動ミサイルではなく、戦闘機などに搭載されている標準的な誘導性能のミサイルであるため、NPCにすら容易に避けられてしまう。 チェルノボグ同様に仰角をあまり取れないため、ミサイルの追尾性能と相まって対空兵装としては微妙。 では対地攻撃はどうかというと、ランチャー自体が高さのある車体の最上部にあるのに加え、射角が水平まで下がりきらず微妙に上を向いてしまうせいで、近距離の目標を狙えないという問題を抱えている。 山なりの挙動のせいで、静止目標相手にすら奥に外れてしまうことも多い。 はっきり言ってしまえばかなり残念な性能をしているので、他オプションと違い完全な趣味アイテムと化しているのが実情。 専門ワークショップ オプション を改造するために必要なオプション。 説明文には「ペガッシ オプレッサー MK2の 収納と改造ができる唯一のハイテク秘密ラボ」とあるが、このオプションを購入しなくてもテラーバイトへの保管とメニューからの呼出は可能。 あくまで改造のための設備となっている。 武器ワークショップ オプション 機動作戦センターとアベンジャーにも搭載できる、MK2武器専用のワークショップ。 ワークショップのみで武器庫は付属しない。 ちなみに、車名のテラーバイトは「恐怖の噛付き Terror bite 」とコンピュータの記憶容量を表す単位の一つ「テラバイト Terabytes 」を掛けた造語。 その名の通り、ハイテク技術を駆使して敵に恐怖の一撃を与えよう。 もしもマルウェアにタイヤ6つと重装甲と座り心地抜群のシートが付いていたら、きっとこんな感じでしょう。 これがあれば、所有するビジネス全ての調達と補充ミッションを開始できるだけでなく、街中の堕落者のデータを分析し、 限定クライアントジョブを開始できます。 さらに、アップグレードを行えばマルチロック式ミサイルランチャー、 ドローンステーション、Mk2武器ワークショップ、オプレッサー Mk2のカスタマイズが行える 世界で唯一の乗り物ワークショップにアクセス可能です。 (ロード画面の解説より) 入手場所、出現場所 オフライン• 入手不可 オンライン• オンラインショップ「」で購入。 改造費用 オプション 購入時に付けられるオプションは以下の通り。 車両購入後も、ウォーストックにてオプションの追加が可能。 Today - times Yesterday - times Total - times Real-time -people 今日.

次の

【グラセフ】随時更新 2020年最新版 初心者から上級者まで必見!GTAオンラインのお金の稼ぎ方について 2020/01/20 中級者向けの項目更新【GTA5】

オ プレッサー mk2 ミサイル

そこで、自分も良く使う手なのですが弾薬節約の意味で戦闘車両でミッションを回してお金稼ぎしてます。 だから弾薬代は実質ゼロでプレイしてます。 おすすめ戦闘車両1、ヴィジランテ この戦闘車両はミッションは勿論のこと強盗ミッションにも使えるという大きなメリットがあります。 誘導ミサイルも30発撃てて追尾性能も素晴らしく優秀です。 さらにマシンガンも標準装備されてます。 長距離移動もブーストを使えばかなり時間短縮出来ます。 ただ人気の車両だけあって今までに割引もなく定価での購入になります。 車体価格だけでも $3750000とかなりお高目。 機動作戦センター内での改造になる為機動作戦センターも所有しないと行けない為初心者の方には中々手が出にくい車両です。 おすすめ戦闘車両2、オプレッサーMK2 個人的にはミッションはこれがメインですね。 何と言っても空を飛ぶ(笑)。 移動もブーストが付いていますので楽ですしミサイルも撃てます。 ただ追尾性能はヴィジランテと比較すると劣るのと撃てるミサイル数もヴィジランテと比べて20発と少ないめです。 あと強盗ミッションにも使えません。 強盗ミッションはヴィジランテを使いミッションはメインはマーク2を使い分けをするのも良いと思います。 最大のメリットはMCから呼んだり戻したり即座に出来ることです。 セッション内の移動にジョブにPKにと様々な用途があります。 こちらの車両も $2925000と高目ですし、 専用のテラーバイトを所有しないと購入も改造も行えない為揃えるためには初期費用がかなり掛かります。

次の