インターネット 弁護士。 著作権侵害に強い弁護士

インターネット問題に強い弁護士紹介24時間無料電話相談

インターネット 弁護士

インターネットに関するトラブルは、トラブル相手の顔が見えないこともあり、どうしても不安が大きくなる傾向があります。 不安になるのは、無視しておいて大丈夫なのか、対応が必要なのか、判断が付かないからです。 有名な架空請求やワンクリック詐欺などは、パソコン・スマートフォンのような機器や、インターネットに詳しくない人が騙されて請求に応じてしまうケースも少なくありません。 身に覚えがないので請求には応じなかったにしても、詳しくないことだけに、裁判・提訴・差押といった言葉で請求されると、すごく不安になってしまいます。 このページでは、インターネットでの金銭トラブル事例、誹謗中傷による権利侵害の弁護士相談について解説しています。 ぜひ参考にしてみてください。 インターネットの金銭トラブルは事例に詳しい弁護士に相談が必要 インターネットでの金銭トラブルは、次から次に新しい手口が出てきています。 新しい手口に対応するには、最新の事例に詳しい弁護士に相談する必要があります。 以下は、主なインターネット金銭トラブルの事例です。 架空請求・ワンクリック詐欺のインターネットトラブル弁護士無料相談の事例 有料情報サイトの利用中やサイトを探している際に、何かしらのボタンをクリックしただけで「登録」となるなどして料金を請求される。 特にアダルトサイトでのトラブルが多く、家族にも相談できないケースが少なくありません。 オンラインゲームに関するインターネットトラブル弁護士無料相談の事例 無料と思い子供に自分の携帯電話を使わせたら、高額な利用料金の請求がきた。 高校生の娘が無料オンラインゲームで知り合った人からいろいろ勧誘されている。 インターネット通販に関するトラブル弁護士無料相談の事例 会員登録を解約しようと、ホームページを見てみたが、解約手続きをする箇所が見つからず、解約できない。 共同購入型クーポンを購入した。 クーポンをキャンセルして払い戻したいが、できないと言われた。 インターネットオークションのインターネットトラブル弁護士無料相談の事例 落札した中古車に、納車後すぐに不具合がおきた。 購入時にはそのような情報はなかった。 落札したパソコン部品の不具合について、メーカーに問い合わせたら『正規ユーザーではないので対応しない』と言われた。 落札した携帯電話機が突然通話できなくなった。 通信料金に関するのインターネットトラブル弁護士無料相談の事例 携帯電話事業者がパケット定額制を設けているにもかかわらず、パケット料金が高額で納得できないといった相談や、海外で利用したモバイルデータ通信の定額料金についてのトラブルなど。 フィッシング詐欺に関するのインターネットトラブル弁護士無料相談の事例 金融機関やオンラインショップなどからのEメールを装い、住所、氏名、銀行口座番号、クレジットカード番号、有効期限、ID、パスワードなどの個人情報を返信もしくは入力させてそれらの情報を入手し、金銭を詐取する行為。 インターネットでの誹謗中傷はITに強い弁護士に相談が必要 インターネットでの誹謗中傷が多発しています。 殺害予告などの明らかな犯罪行為であれば警察に届け出れば良いのですが、誹謗中傷の場合、中傷内容の真偽や被害実態が曖昧なため、警察では取り合ってくれないことが殆どです。 ホームページ、掲示板、ブログ、SNSなどインターネット上に書きこまれた誹謗中傷を削除するのは簡単ではありません。 管理者に誹謗中傷の削除を依頼しても、権利侵害に該当するかどうか管理者が判断できないことも多く、裁判所での手続きが必要だからです。 インターネットの誹謗中傷は、ほぼ全てが匿名で書き込まれていますので、個人を特定するための調査も必要です。 そのためには、ITに強い弁護士に相談する必要があるのです。 弁護士も人間ですので、得手不得手があります。 おじいちゃん弁護士に相談しても、インターネットに関する用語すら知らないこともあるのです。 もちろん、若ければ誰でも詳しいわけではありません。 インターネットでの誹謗中傷を弁護士相談で解決できるケース 弁護士に相談してトラブルを解決するには、誹謗中傷によって法的な権利が侵害されていることを証明する必要があります。 インターネットでの誹謗中傷に伴う権利侵害は大きく分けて5つです。 名誉毀損• プライバシーの侵害• 信用毀損罪• 業務妨害 それぞれの権利侵害の定義 名誉毀損 他人の名誉を傷つける行為。 損害賠償責任等を根拠づける不法行為となったり、犯罪として刑事罰の対象となったりする。 侮辱罪 侮辱罪(ぶじょくざい)は、事実を摘示しないで、公然と人を侮辱することを内容とする犯罪行為。 プライバシーの侵害 プライバシーは、私生活上の事柄をみだりに公開されない法的な保障と権利であり、これを侵害する行為。 信用毀損罪 虚偽の風説を流布し、又は偽計を用いて、人の信用を毀損する犯罪行為。 業務妨害 虚偽の風説を流布し、又は偽計を用いて、人の業務を妨害する行為。 そのような場合は、日本法規情報の弁護士紹介24時間無料電話相談がおすすめです。 日本法規情報は、国内最大級の専門家マッチングサービスを運営している会社です。 弁護士、税理士、社労士など、約3000名の専門家が加盟・登録しているので、刑事事件に強い弁護士を簡単に見つけることができます。 24時間対応の無料電話窓口が設置されているので、気になっていることを簡単に確認できます。 法律系のサービスなので、一般的には知られていませんが、もの凄く大勢の人(当サイトからも毎月2000〜3000名)が利用しています。 インターネットトラブルは、対応が遅れると経済的に大きな損失に繋がる場合も少なくありません。 対応が分からず不安なままでいるよりも、電話して相談だけでもしてみることをおすすめします。 電話: 法テラスでインターネット問題の弁護士無料電話相談 収入が一定額以下であるなどの条件はありますが、法テラスに電話相談して弁護士を紹介してもらうことも可能です。 法テラスの弁護士相談は1回につき30分、1つの問題につき3回までです。 法テラスの電話番号 電話:0570-078374 法テラスの業務時間 平日の9時〜17時 (土日及び祝日は業務をおこなっておりません).

次の

インターネットに関するお悩み法律ガイド|あなたの弁護士

インターネット 弁護士

名古屋でも、SNSを利用する弁護士が増えてきました。 私の友人の弁護士も、フェイスブックやツイッターに顔を出していることも増えました。 多くの弁護士の方にとっては常識かもしれませんが、新しくインターネット、特にSNSにチャレンジする先生方のために、簡単に注意点を書かせて頂きます。 1 広告規定に注意 名古屋で弁護士をされている皆様を見ていて、私より期が上の弁護士は広告規定にも気を遣っておられます。 やはり広告解禁の議論等の際に、勉強をされたからでしょうか。 例えば、弁護士は、広告には氏名と所属弁護士会を明記しなければなりません。 よく、電車の広告や駅看板などでも、名前の下に小さく(「愛知県弁護士会所属」)と記載されています。 これは、所属弁護士会を明記しなければならないという規定に従っているからです。 SNSが果たして「広告」なのかという問題もありますが、所属弁護士会は記載しておいた方が無難だと思います。 なお、ホームページを見ると、「愛知県弁護士会(旧名古屋弁護士会)所属」と記載している先生もいます。 なぜ(旧名古屋弁護士会)もいれるのかというと・・・多分SEO対策です。 2 諾否の通知 Q 「mixiを利用しているのですが、「実は離婚を考えています。 お願いすることができますか」とだけ、メッセージがありました。 mixiはほぼプライベート使用なので、返事をしなくてもよいでしょうか」 弁護士職務基本規定34条の問題となります。 自由と正義Vol56号(臨時増刊号)を参考に記載します。 職務基本規定には、 『第三十四条(受任の諾否の通知) 弁護士は、事件の依頼があったときは、速やかに、その諾否を依頼者に通知しなければならない。 』 という条項があります。 弁護士に事件の依頼をした方は、弁護士が受任してくれるかどうか、知りたいと願っています。 また、案件によっては、素早い処理が必要となります。 そこで、速やかに諾否を通知しなければならないと規定されているのです。 但し、当該規定の適用にあたっては、実際には柔軟に対応されているようです。 自由と正義には、「勾留中の方が弁護士17名に依頼の手紙を送った」という案件で、 『回答をしなかったからといって、直ちに非行と評価されるものではない』 とした懲戒委員会の議決が紹介されています。 中身も何も分からない状態で、費用等も伝える前の段階でのメッセージが、果たして「依頼」といえるのか、疑問はあります。 ツイッターにいたっては、わずか140文字ですしね。 ただ、今までに類似の事例はありません。 SNS独特の問題でもありますので、できる限り何らかの回答はした方が無難かと思われますし、悩んだら職務基本規定に立ち戻るという意識ももっておいた方がいいと思います。 受任できないなら、受任出来ないことを伝え、さらに名古屋で法律相談をしているところ(栄の中日ビルなど)を紹介すべきかと思います。 3 利益相反チェック 従前から同じ問題はありましたが、SNSではより一層、利益相反のチェックが甘くなりがちです。 いきなりメッセージが飛んできますので、そのままメッセージを返すことがあります。 しかし、例えば離婚事件において、 ・1週間前に妻側から法律相談を受けた ・その後、夫側からmixiで相談をしたいとのメッセージが飛んできた。 という事案も考えられます。 フェイスブックならまだ気付くことができるかもしれませんが、匿名性の高いSNSの場合、利益相反の確認をすることは難しくなります。 仮にSNSを利用して法律相談を受ける場合、事案の詳細を聞く前に、 ・相談者の氏名・住所・電話番号、 ・相手方の氏名・住所・電話番号、 は明記して頂き、データベースで利益相反状態にないことの確認をしてから、回答をすべきかと思われます。 個人的には、少なくとも大きな共同事務所では、SNSでの利益相反の問題を克服するのは困難だと考えています。 直接回答をすることは避けた方が無難だろうと思っています。 4 その他 あとは、まあ、あれですね。 守秘義務だけは厳格に意識するだとか、時事ネタの論争はほどほどにだとか、従来のインターネットの使い方と同じですね。 原則として、とても楽しい世界です。 特に若手弁護士には開かれた世界だと思います。 是非一緒に楽しみましょう。

次の

インターネット消費者詐欺~ドロップシッピング編弁護士のお役立ち情報@静岡

インターネット 弁護士

ITサービスの利用規約、利用約款に関するご相談 < 発生する損害について > 各種ITサービスについては、充実した利用規約あるいは利用約款を作成しておくことがトラブル防止の重要なポイントです。 これが整備できていないと利用者との想定していなかったトラブルが発生します。 場合によっては、損害賠償請求をされて多額の賠償金を支払うことになります。 < 実際によくあるケース > 各種ITサービスについての「利用規約」あるいは「利用約款」の作成やリーガルチェックの相談を多くいただいてます。 著作権法、特定メール法、個人情報保護法、資金決済法、特定商取引法、景品表示法その他関連法令を踏まえたうえで、各種ITサービスの利用規約作成、利用約款作成のご相談を承っています。 ネット通販(EC)事業に関する各種ご相談 < 発生する損害について > ネット通販(EC)運営の事業では、商品の返品トラブルや商品の不具合によるトラブル、個人情報漏洩トラブルなどについて正しい対応ができなければ、トラブルが深刻化したり、解決に多額の支払いを要する結果となる危険があります。 また、特定商取引法や景品表示法、個人情報保護法などの各種法律について、弁護士のアドバイスなしでは知らない間に法律違反を犯してしまう危険があります。 < 実際によくあるケース > ネット通販(EC)運営の事業については、ビジネスの市場規模の拡大とともに、返品トラブルや商品の不具合によるトラブル、個人情報漏洩トラブルなどへの対応のご相談、特定商取引法や景品表示法への対応、個人情報保護法を踏まえたプライバシーポリシーの作成などの相談が増えています。 Web制作やシステム開発の事業に関するご相談 < 発生する損害について > Web制作やシステム開発の事業では、納品後にクライアントからいつまでも無償での改修要望をされるトラブルや、クライアントからWeb制作費やシステム開発費を支払ってもらえない代金未払いトラブルが発生する危険があります。 このようなトラブルについて対応を誤ると、クライアントから既に支払われた制作代金についても返金を求められたり、システムが完成していれば得られたはずのクライアントの売上について賠償を求められる事態に発展することがあります。 < 実際によくあるケース > Web制作やシステム開発の分野では、納品後の瑕疵トラブル、制作費や開発費の未払いトラブルについてのご相談が増えています。 また、トラブル防止のための、クライアントや外注先との間の契約書作成や契約書のリーガルチェック、契約時の著作権の処理に関するご相談も増えています。 咲くやこの花法律事務所には、Web制作会社やシステム開発会社の顧問先が多数あり、その経験とノウハウをもとにご相談を承っています。 サーバ関連、ドメイン関連の事業に関する各種ご相談 < 発生する損害について > レンタルサーバやドメインの取得代行の事業では、ユーザーはサーバやドメインについて重大な利益を有していることが多く、その性質上、サーバやドメインのトラブルは大規模な損害賠償問題に発展する危険があります。 < 実際によくあるケース > サーバ関連やドメイン関連のトラブル防止のためには「利用規約」の策定がまず重要です。 また、発信者情報開示請求や送信防止措置請求について、プロバイダ責任制限法を踏まえて、効率よく正しい対応を行うことが重要です。 さらに、特定商取引法や景品表示法への対応、プライバシーポリシーの策定などについても注意が必要です。 咲くやこの花事務所では、現在、レンタルサーバやドメインの取得代行の事業の顧問先があることから、弁護士のノウハウを生かし、これらITならではの分野でも多くの専門的なご相談を承っています。 ASP、クラウド型サービス提供の事業に関する各種ご相談 < 発生する損害について > ASP、クラウド型サービス提供の事業では、同じ利用規約、契約書等を多くのクライアントに使用することが多いことから、利用中の不具合によるトラブルが発生した場合も、クライアントの数だけトラブルが大規模化し、損害賠償額が高額化する傾向があります。 < 実際によくあるケース > ASP、クラウド型サービス提供の事業では、トラブル防止のために充実した「利用規約」の策定が重要なことから、利用規約の作成代行やリーガルチェックのご相談が多いです。 また、代理店制度を設けている会社様からは、代理店契約に関するリーガルチェックなどのご相談も多いです。 このような整備を万全にしておくことで、利用中の不具合によるトラブル、利用料金の支払いをめぐるトラブルに適切に対応していくことができます。 アプリ制作・運用事業に関する各種ご相談 < 発生する損害について > スマホアプリ制作・運用などの事業では、ユーザー数が多いことから、個人情報漏えいのトラブルやユーザーとのトラブルが大規模化しやすいことが特徴です。 トラブルになった場合、炎上する等して他のユーザーにまでトラブルの影響が及ぶ危険があります。 さらに、制作を外注する場合は、契約書の不備や著作権処理の不備による外注先とのトラブルが発生する危険があります。 < 実際によくあるケース > スマホアプリ制作・運用の事業では、ユーザーとのトラブル防止のための利用規約やプライバシーポリシーの策定、制作を外注する際の開発委託契約書の作成や著作権の処理などのご相談が多いです。 また、ポイント制を採用する場合は、資金決済法にも注意が必要ですので、法律対策の面も合わせてご相談を承っています。 顧問契約数が300社以上、IT (インターネット)に関する問題やトラブルに精通 咲くやこの花法律事務所は、300社(2020年6月現在)を超える企業様と顧問契約をしていただいています。 ITサービス関連・Web制作会社・システム開発会社などIT関係の顧問先対応の過程で、様々な問題やトラブルの相談に対応しております。 また、IT(インターネット)における問題やトラブルの発生を未然に防ぐためのリスク対策として、「利用規約や契約書の整備」などの各種予防法務に力を入れてきました。 その結果、IT(インターネット)関連の問題やトラブルの解決スキルや判例、ノウハウ、などもこれまでの経験から数多く蓄積されており、企業法務に精通したIT(インターネット)に強い弁護士がベストなサポートを実現します。 信頼とノウハウにつながる豊富な解決実績 これまで数多くの企業様がWeb制作やシステム開発における「納期遅れ、納品後の瑕疵、制作費や開発費の未払い、制作物の著作権」のトラブル、ITサービスに関する利用規約の作成やリーガルチェック、EC(ネット通販)における「景品表示法・個人情報保護法・特定商取引法」などの法律相談、その他にも様々な内容のご相談にお見えになっています。 その多くの方々から実際にトラブル解決に向けた事件のご依頼を受け、スピード解決を実現してきました。 IT(インターネット)問題やトラブルの解決の実績は事務所内で全弁護士に共有されており、新しいご依頼にもこれまでの事務所の経験値を生かしたベストな解決が可能です。

次の