立憲 民主党 比例。 立憲民主党国会議員一覧

立憲民主党・初鹿議員が離党届を提出 維新・足立議員「立憲民主党は処分をしないということかな。」 過去には辻元議員が同じ女性問題を引き起こした事例で「離党で済む話ではないでしょ。議員辞職に値するのではないか」と言い放つ

立憲 民主党 比例

経歴 [ ] 生まれ、育ち。 現住所は神奈川県綱島西2丁目。 貧困なで育ち、11歳の時に両親が離婚。 、、、と転居を繰り返し、幼稚園2園、小学校4校、中学校2校に通学。 東京都足立区立江北小学校、東京都北区立赤羽小学校、に通い、を卒業。 に進学した後、中学2年で神奈川県に転居。 、通信制、柔道整復科卒業。 を首席で修了(MVP受賞)、DCM(デジタルコンテンツマネジメント)修士。 の創業に参加。 執行役員を経て、顧問に就任。 の秘書を約3年間務める。 2011年4月10日のの議員選挙に公認で立候補し 、県政史上最年少の27歳で当選。 2014年12月14日のにから民主党公認で立候補、のに次点で敗れる。 2016年、神奈川県第7区総支部長に就任。 2017年9月28日、民進党はへ合流することを採択し事実上「解党」する。 同年10月1日未明、中谷は希望の党への不参加を決断。 翌日、結成の報を受け、同党への参加を表明。 取材に対し「(代表の)排除の論理からは何も生まれない」と述べた。 10月6日、神奈川は中谷の推薦を決定。 希望の党は地元出身の35歳女性新人を擁立し 、も同候補に推薦を出した。 ・の民進系市議、県議計7人は全員、希望の党の新人についた。 10月22日に行われたに神奈川7区から立憲民主党公認で立候補、鈴木に次点で敗れるもで初当選した。 2018年5月 科学技術イノベーション議員連盟 事務局長 就任。 2018年10月 青年局長に就任。 政策・主張 [ ]• について、の改正に反対している。 また、を設けることにも反対している。 の導入に反対。 の解禁に反対。 は日本に必要ないとしている。 について「将来にわたって検討すべきでない」としている。 のうち「持ち込ませず」の見直しについても「議論する必要はない」としている。 の創設に賛成。 人物 [ ]• 兄弟は、妹2人。 の国家資格を持つ。 所属団体・議員連盟 [ ]• ILO活動推進議員連盟• アムネスティ議員連盟• 教育における情報通信 ICT の利活用促進をめざす議員連盟• 共生社会の実現を目指す障害者の芸術文化振興議員連盟• 国際IC推進議員連盟• 国際軍縮促進議員連盟• 國酒プロジェクト推進議員連盟• 国連障害者の権利条約推進有志議員連盟• WFP• 障がい・難病政策推進有志議員連盟• 障害者の安定雇用・安心就労の促進をめざす議員連盟• 自殺対策を推進する議員の会• 指定都市を応援する国会議員の会• スポーツ議員連盟• 世界連邦日本国会委員会• チャイルドライン支援議員連盟• 超党派 NPO議員連盟• 超党派 オンラインゲーム・eスポーツ議員連盟• 超党派 「世界経済フォーラム(ダボス会議)」議員連盟• 超党派 「東京オリンピック・パラリンピックに向けて受動喫煙防止法を実現する議員連盟」• 超党派 フリースクール等議員連盟• 超党派 ママパパ議員連盟• 超党派 ミャンマーの民主化を支援する議員連盟• 超党派 野球文化振興議員連盟「カチマス」• 超党派 ユニセフ議員連盟• 都市農業推進有志議員連盟• 土地家屋調査士制度推進議員連盟• 日独友好議員連盟• 日伯国会議員連盟及び日本・中南米国会議員連盟• 日米国会議員連盟• 日ロ友好議員連盟• 日本・EU友好議員連盟• 夜間中学等義務教育拡充議員連盟• 立憲民主党 科学技術・イノベーション議員連盟 事務局長• 立憲民主党 行政書士制度推進議員連盟• 立憲民主党 クリーニング業振興議員連盟• 立憲民主党 生活衛生業振興議員連盟• 立憲民主党 税理士制度推進議員連盟• 立憲民主党 仏教議員連盟• 立憲民主党 弁理士制度・知的財産制度改革推進議員連盟• 立憲民主党 郵政議員連盟• リニアコライダー(先端線型加速器)国際研究所建設推進議員連盟 出演 [ ]• () 出典 [ ].

次の

立憲民主党・初鹿明博議員、タクシー内“強制わいせつ”容疑で書類送検…説明責任果たせるか (1/2ページ)

立憲 民主党 比例

都知事選を巡る意見の相違がきっかけですが、以前から減税など経済政策ついて党とは意見の相違がありましたので必然的な帰結だと思います。 お世話になったに感謝いたします。。 》 、格闘家で、議員の氏(42)がでを離党する決意であることを表明した。 《さんが都知事選に立候補しました。 立憲としてはさん支持ですが個人的に山本さんを応援しています!》 にの代表(45)がへの出馬を表明した直後、こうをした須藤氏。 は都知事選挙で、日本連合会元会長の氏(73)を支援していることから、党内から批判が出ていた。 、幹事長(58)とを持った須藤氏。 しかし、その後に《都知事選で支持する候補者の違いを党と僕との間で再確認しました。 今後どうするかもう一度考えてみます》とするなど、党との溝が埋まっていないことを匂わせていた。 ので、須藤氏は政党に対する票が当選結果を左右する比例区で当選している。 今後の身の振り方については特に明かしてはいないが、側も素直に離党を認めるとは考えづらく、火種は残りそうだ。 関連ニュース•

次の

立憲民主党|比例代表 開票速報|zero選挙2019(参議院選挙)|日本テレビ

立憲 民主党 比例

経歴 [ ] 生まれ、育ち。 現住所は神奈川県綱島西2丁目。 貧困なで育ち、11歳の時に両親が離婚。 、、、と転居を繰り返し、幼稚園2園、小学校4校、中学校2校に通学。 東京都足立区立江北小学校、東京都北区立赤羽小学校、に通い、を卒業。 に進学した後、中学2年で神奈川県に転居。 、通信制、柔道整復科卒業。 を首席で修了(MVP受賞)、DCM(デジタルコンテンツマネジメント)修士。 の創業に参加。 執行役員を経て、顧問に就任。 の秘書を約3年間務める。 2011年4月10日のの議員選挙に公認で立候補し 、県政史上最年少の27歳で当選。 2014年12月14日のにから民主党公認で立候補、のに次点で敗れる。 2016年、神奈川県第7区総支部長に就任。 2017年9月28日、民進党はへ合流することを採択し事実上「解党」する。 同年10月1日未明、中谷は希望の党への不参加を決断。 翌日、結成の報を受け、同党への参加を表明。 取材に対し「(代表の)排除の論理からは何も生まれない」と述べた。 10月6日、神奈川は中谷の推薦を決定。 希望の党は地元出身の35歳女性新人を擁立し 、も同候補に推薦を出した。 ・の民進系市議、県議計7人は全員、希望の党の新人についた。 10月22日に行われたに神奈川7区から立憲民主党公認で立候補、鈴木に次点で敗れるもで初当選した。 2018年5月 科学技術イノベーション議員連盟 事務局長 就任。 2018年10月 青年局長に就任。 政策・主張 [ ]• について、の改正に反対している。 また、を設けることにも反対している。 の導入に反対。 の解禁に反対。 は日本に必要ないとしている。 について「将来にわたって検討すべきでない」としている。 のうち「持ち込ませず」の見直しについても「議論する必要はない」としている。 の創設に賛成。 人物 [ ]• 兄弟は、妹2人。 の国家資格を持つ。 所属団体・議員連盟 [ ]• ILO活動推進議員連盟• アムネスティ議員連盟• 教育における情報通信 ICT の利活用促進をめざす議員連盟• 共生社会の実現を目指す障害者の芸術文化振興議員連盟• 国際IC推進議員連盟• 国際軍縮促進議員連盟• 國酒プロジェクト推進議員連盟• 国連障害者の権利条約推進有志議員連盟• WFP• 障がい・難病政策推進有志議員連盟• 障害者の安定雇用・安心就労の促進をめざす議員連盟• 自殺対策を推進する議員の会• 指定都市を応援する国会議員の会• スポーツ議員連盟• 世界連邦日本国会委員会• チャイルドライン支援議員連盟• 超党派 NPO議員連盟• 超党派 オンラインゲーム・eスポーツ議員連盟• 超党派 「世界経済フォーラム(ダボス会議)」議員連盟• 超党派 「東京オリンピック・パラリンピックに向けて受動喫煙防止法を実現する議員連盟」• 超党派 フリースクール等議員連盟• 超党派 ママパパ議員連盟• 超党派 ミャンマーの民主化を支援する議員連盟• 超党派 野球文化振興議員連盟「カチマス」• 超党派 ユニセフ議員連盟• 都市農業推進有志議員連盟• 土地家屋調査士制度推進議員連盟• 日独友好議員連盟• 日伯国会議員連盟及び日本・中南米国会議員連盟• 日米国会議員連盟• 日ロ友好議員連盟• 日本・EU友好議員連盟• 夜間中学等義務教育拡充議員連盟• 立憲民主党 科学技術・イノベーション議員連盟 事務局長• 立憲民主党 行政書士制度推進議員連盟• 立憲民主党 クリーニング業振興議員連盟• 立憲民主党 生活衛生業振興議員連盟• 立憲民主党 税理士制度推進議員連盟• 立憲民主党 仏教議員連盟• 立憲民主党 弁理士制度・知的財産制度改革推進議員連盟• 立憲民主党 郵政議員連盟• リニアコライダー(先端線型加速器)国際研究所建設推進議員連盟 出演 [ ]• () 出典 [ ].

次の