安倍 昭恵 病気。 昭恵夫人の頭おかしい行動は発達障害の疑惑が?やらかしまとめ!|TK HOTLINE

昭恵夫人の頭おかしい行動は発達障害の疑惑が?やらかしまとめ!|TK HOTLINE

安倍 昭恵 病気

Contents• 安倍昭恵夫人のやらかし大分旅行! 安倍晋三首相が、新型コロナウイルスから「自らの身を守る行動を」と警戒を呼びかけた翌日、昭恵夫人が大分に旅行し、約50人の団体とともに大分県宇佐市の「宇佐神宮」に参拝していたことが、「週刊文春」の取材でわかった。 昭恵夫人は、同行者に「コロナで予定が全部なくなっちゃったので、どこかへ行こうと思っていたんです」と語っていたという。 3月15日、昭恵夫人が訪れたのは、全国4万600社の「八幡さま」を束ねる総本宮。 この日、昭恵夫人は朝7時ごろに宇佐神宮の元宮・大元神社を訪れた後、車で移動し、午前10時半ごろに宇佐神宮へ。 「この時期なので境内を歩く人はまばらなのですが、その中で、ほとんどの人がマスクをつけていない団体が境内を歩いていたのです。 しかも、よく見ると先頭に立っていたのはノーマスクの昭恵夫人。 無警戒さに驚きましたね」(目撃者) 昭恵夫人は宮司の出迎えを受け、お祓いや祈祷といった神事に参列。 「最近はコロナ対策で、祈祷の際にも間隔を空けて着席するグループが多いのですが、昭恵さんたちは密着しており、警戒しているそぶりはなかったそうです」(大分県関係者) この前日には、安倍首相が記者会見して、「現状は依然として警戒を緩めることはできません」「感染拡大の防止が最優先」「全国津々浦々、心を一つに、正にワンチームで現在の苦境を乗り越えていきたい」と国民にコロナウイルス対策の重要性を訴えていた。 提供元:週刊文集 大分旅行の前日に安倍晋三首相が、• 『現状は依然として警戒を緩めることはできません』• 『感染拡大防止が最優先』• 『全国津々浦々、心を一つに、まさにワンチームで現在の苦境を乗り越えていきたい』 と警戒の呼びかけをしたにも関わらず、総理大臣の妻という立場なのに昭恵夫人の行動(大分旅行決行)が物議をかもしています。 ワンチームどころか、夫や国民のことを考えない 独りよがりのワンマンプレーに走っているように見えてしまいます。 昭枝夫人の頭おかしい行動は発達障害の疑惑が? 昭恵夫人が安倍総理のファーストレディーになってからの数々のやらかし行為。 通常の常識や感覚を持っていればわかりそうですが、 やらかし 行動を何度も繰り返しておられます。 世間はでは、さすがに 「頭がおかしい」とか 「発達障害などの病気」ではないかとの疑問の声も上がっています。 発達障害 発達障害についてのわかりやすい図がコチラ! 発達障害とは、 「自称スペクトラム症(アスペルガー症候群)」、「注意欠如・多動症」、「限局性学習症(学習障害)」などを含む幅広い概念を指します。 発達障害は脳の発達の違いによるものであると考えられており、ストレスなどによる可逆性の心理的変調ではないと言われています。 また、感染症や遺伝子の異常による疾患が原因となることもありますが、原因不明のことがほとんどで明確な治療法はまだ見つかっていないようです。 発達障害とはこれらの事の総称で人によってそれぞれ違う症状があるのです。 アスペルガーではなくADHDの病気? 昭恵夫人に対して世間ではアスペルガーではないか?との声もあります。 しかし、アスペルガー症候群はコミュニケーションや対人関係や社会性の障害ですので、 昭恵夫人は対人関係が大好きで社交性もあるので当てはまらないと思われます。 その他、 ADHD(注意欠陥多動性障害)ではないかとの声もあり、ADHDは 不注意(集中できない)、多動• 多弁(じっとしていられない)、衝動的行動(考えるよりも先に動く)という性質があります。 なので昭恵夫人は深く考えず、周りの空気を読まず、自分がやりたい事を奔放にやるといった印象が強いようで、ADHDの症状を疑われていました。 昭枝夫人のやらかしまとめ! 昭恵夫人の最近大きく話題になったやらかし行為をいくつか紹介します。 大分旅行 4月に報道された大分旅行。 昭恵夫人が訪れたのが全国の「八幡さま」を束ねる総本山の 「宇佐神宮の元宮・大元神社や宇佐神宮」。 団体の先頭を歩く昭恵夫人は マスクすらしていなかったらしく、祈祷の際には感覚をあけて座ることもなく密着していたのです。 警戒感ゼロも問題ですが、旅行参加の理由が 『コロナで予定が全部なくなっちゃったので、どこかへ行こうと思っていた、宇佐神宮へは前から行きたかった』 とまさかのコメント。 普通の感覚を持っている人だったらさすがに 「今」旅行なんていけませんし、安倍晋三首相も批判の対象になってしまう事も考えていないような(考えられない)行動には疑問も残ります。 コロナ自粛中の花見 コロナ騒動が拡大して外出自粛が要求される中、3月末に 昭恵夫人が花見をしていた事が判明し騒動になりました。 さすが国を挙げての自粛の中であえてやるものではないと思います。 総理大臣の妻であるという自覚がまったくないか、自分の人生にそんな制約は関係ないと思っているのでしょうか。 昭恵夫人は矢面に立つことなく結局、安倍晋三首相がかわりに説明することになりましたが、レストランの敷地内にある桜での花見だからと苦しい弁解でした。 ワンピースのドレス 2019年10月22日の天皇陛下の即位を祝った 「即位礼正殿の儀」での出来事。 昭恵夫人は周りの方や場にそぐわない、白いドレス姿で参加され、しかもミニスカートで足を露出している姿でした。 これには海外、国内からもドレスコード違反など批判が殺到しましたが 「デイドレス」は可と書いてあったから着てきたとのこと。 ただ、大事なことは 「即位礼正殿の儀に準じていたのか」ということで、ファーストレディーである昭恵さんの装いは儀に準じていたとは言えないと思います。 大分行ったりしないだろうし・・・。 そういう意味では、発達障害だね。 もしかして昭恵夫人って何か発達障害じゃないのかな。 いや、咎める気もないし、政治家じゃなく私人だから適正や資質云々の話じゃなくて。 そう考えるとすべて合点がいくんだよな。 — yxmxxxxx yxmxxxxx 冗談ではなくて世間の多くの人が昭恵夫人の行動を見て、発達障害などを心配されていました。

次の

安倍晋三の病気は難病の潰瘍性大腸炎で現在は?末期の肺がんは本当?

安倍 昭恵 病気

生年月日、出身地 生年月日は、1962年6月10日の57歳です。 東京都の松崎家に生まれます。 松崎家は、お菓子の森永製菓の創業家の一族です。 学歴 幼稚園は、良家のお嬢さまが集まる聖心幼稚園に。 その後、エスカレーターで、聖心女子学院の初等科・中等科・高等科に進学。 高校卒業後は、聖心女子専門学校の英語科に入学します。 学生時代は、「出しゃばらない人だった」という声も聞かれます。 現在とはだいぶ雰囲気が違ったのかもしれません。 「聖心女子学院で、4年制の大学に進まないのはわずか1割以下」という話もあります。 大学に進学しなかったのは、成績の問題があったのかわかりませんが、。 「昭恵夫人は、学歴コンプレックスを感じていたはず」という話もあります。 ちなみに、第1次安倍政権で2007年に安倍晋三が突然辞任した後の2009年、安倍昭恵は、立教大学大学院の21世紀社会デザイン研究科に入学します。 専攻は、NPO、NGO論など。 安倍晋三は、右寄りの政治家として有名ですが、大学院では、自分でNPO団体を興すような、リベラルな人たちが集まっていて、親交を深めたといいます。 これが、後の「家庭内野党」の土壌になったのかもしれません。 結婚 専門学校を卒業後は、広告最大手の電通に就職。 電通には、有名企業の創業者の子女がたくさんコネで就職しています。 安倍昭恵についても同様かもしれません。 電通の上司の紹介により、父親である安倍晋太郎氏の秘書を務めていた安倍晋三と出会います。 安倍晋三の方が8歳年上です。 そして、3年後に結婚。 結婚時の写真ですが、二人とも、若いです。 2度、ファーストレディに 安倍晋三は自民党で一気に出世し、2006年には首相に就任。 しかし、舞台は暗転。 2007年、安倍晋三は、政局に追い込まれ、病気にも倒れ、突如辞任します。 しばらく、誰もが「安倍晋三は終わった」と思っていた間、安倍昭恵は、夫の闘病生活を献身的に支えたと言います。 安倍晋三も、「昭恵の明るい性格に救われた」と述べています。 そして、2012年、安倍晋三は、自民党の政権復帰とともに2度目の首相就任。 安倍昭恵も、2度目のファーストレディに就きます。 家庭では仮面夫婦? また、家庭では、特に首相復帰の後は、寝室を別にするなど、完全に「仮面夫婦」になっていると言われます。 しかし、「離婚を考えたことはないのか」という質問に対して、「外国に行けばVIPだし、どこに行っても特別待遇。 首相夫人を謳歌できると考えれば、離婚するつもりはまったくない」と応答した、と言います。 安倍昭恵は、お嬢さま特有の、「深く考えずに、自分がいいと思ったことを直感的に行動する」とう傾向が強いと言います。 こういう「悪気のない人」が一番やっかいだったりしますよね。 特に、ファーストレディという「事実上の権力者」の地位に就いてしまっている場合には・・・ 記事をご覧いただき、どうもありがとうございました!.

次の

安倍昭恵と安倍晋三の出会いはお見合い!馴れ初め~現在までを時系列まとめ|Media Sunshine

安倍 昭恵 病気

スポンサーリンク 新型コロナウイルスの感染拡大の影響を受け、外出自粛の要請が発令。 多くの国民は「パーティー」や「ライブ」、「旅行」などを我慢しています。 Contents• 安倍昭恵は世間知らずでバカすぎる 有名なことだけど、安倍昭恵さんはカルト信者と言われてるよね。 福島原発事故のときもFBで「放射能に感謝」と言っていた。 放射能に感謝… スピリチュアル系を無批判に信じているようです。 高校時代は遊んでばかりで、教師から「大学は無理」と言われ、「じゃあ結構」と聖心女子専門学校に進学した。 しかし、最終学歴にコンプレックスがあったようで、2009年から立教大の大学院に入学、博士号を取得しているそうです。 私たちの常識とは「常識」の定義が違うのかもしれません。 「自分の常識、他人の非常識」という言葉もありますからね… 自分の中では当たり前だと思っていること もしかしたら 他の人からみたら異常かもしれない それは育った環境、出会った人に 左右されるから仕方ない 人それぞれの価値観が出来上がっている。 発達障害とは 生まれつき脳の発達に障害があることの総称。 幼児のうちから症状が現れてくることがほとんどで、対人関係やコミュニケーションに問題を抱えたり、落ち着きがなかったり、仕事や家事をうまくこなせなかったりと、人によって症状はさまざま。 しかし、安倍昭恵さんは発達障害には当てはまらないと思われます。 確かに「興味のある物は深く突き詰め、興味のない物には全く無関心」というところは当てはまるのかもしれませんが、安倍昭恵さんの無神経な言動は「想像力の欠如」ではないかと言われています。 このような想像力の欠如は、名門の大富豪のお坊ちゃまやお嬢さまにしばしば認められる。 幼い頃から使用人にかしずかれ、何でも許容されて育つと、「こんなことを言うと相手がどう感じるか」「こんなことをすると相手がどう思うか」などと想像力を働かせる必要がないからである。 確かに、小さい頃から親や他の大人たちや友達の反応を想像して行動をしてきたところは多かれ少なかれ皆さんありますよね。 反感をかったり、怒らせてしまったら…、言動を慎むことを自然に学んでいたのかもしれません。 昭恵夫人は、そんなことをする必要がない環境で育ったのではないか。 必要がなければ、想像力は育たない。 そもそも、想像力を働かせるのは結構頭とエネルギーを使う作業なので、その必要がなければ、周囲の反応など無視して自分のやりたいことをやりたいと願うのが人間という生き物である。 だから、昭恵夫人に想像力が欠如しているのは当然だ。 自分の言動が国民の反感と怒りをどれほどかき立てるかも、批判をどれほど浴びるかも想像できない。 また、自殺した赤木さんの遺族の気持ちをどれほど逆なでするかも想像できない。 安倍昭恵さんのように、想像力が欠如している方は、罪悪感を持ち合わせていないことが多く、当然然、後悔も反省もできないそう… 一時的に後悔や反省したような素振りを見せても、また同じような事を繰り返すという特徴があります。 ん~、納得です。 安倍昭恵の精神疾患のヤバイ噂は本当? 安倍昭恵「日本を取り戻すのは、大麻を取り戻すということ」 — エターナル田村 eternaltamura ネット上で安倍昭恵さんを調べると「精神疾患」というワードが出てきます。 気になったので調べてみましたが… 精神疾患とは、脳の働きの変化によって、感情や行動などに著しいかたよりが見られる状態のことです。 統合失調症やうつ病、双極性障害(躁うつ病)などが挙げられます。 という事なので、安倍昭恵さんとは関係なさそうですね。 きっと、安倍昭恵さんの「空気読めない」「無神経」ぶりから、精神的に問題があるのでは?と疑われたものだと思います。 他にも、「気になっていることは?」と記者からの質問に 「いま、大麻を広げようと思っていて。 私が応援していた(大麻栽培を行う)人が逮捕されてしまったんですが……」 など、あっけらかんと言っていた。 折しも、元女優の高樹沙耶被告が大麻取締法違反で逮捕された直後。 にもかかわらず、昭恵夫人の口ぶりと態度は、イタズラがバレた少女のようでしかなく、まるで屈託がなかった。 ん~、誰か、安倍昭恵さんを止めて~!! そして、安倍昭恵さんは以前から、スピリチュアル的な事に関心があるようです。 今回の大分の旅行も、松久正(ドクタードルフィン)という方の怪しいツアーに参加していたようです。 ツアー名は「神ドクター君臨 in Oita」! 名前からして、かなり怪しい感じがします(笑) 安倍昭恵さんが大分で参加したツアー、激烈過ぎて笑いが止まらない — Akira AshtangiAkira 松久正(ドクタードルフィン)について興味のある方は、記事最後にある関連記事をご覧ください^^ 「どこでツアーをお知りになったのかは分かりませんが、昭恵さんから『コロナで予定が全部なくなっちゃったので、どこかへ行こうと思っていたんです。 宇佐神宮へは前から行きたかった。 私も参拝していいですか』とご連絡をいただきました。

次の