シュワルツマン プレースタイル。 錦織圭のプレースタイル

ディエゴ シュワルツマン(Diego Schwartzman)【動画有】

シュワルツマン プレースタイル

画像出典:wikipediaフィリップ・コールシュライバーは1983年、10月16日生まれの、ドイツ、アウクスブルク出身のプロテニスプレーヤー。 ATPツアーのシングルスで8度タイトルを手にし、ダブルスでも7度タイトルを手にしています。 四大大会での最高戦績は、2012年のウィンブルドンで、8強入りしています。 シングルスの最高順位は16位(2012年7月)、ダブルスは、51位(2008年11月)です。 年齢は、30歳を超えプロテニス選手として、ベテランの領域に入っています。 過去ATPツアー大会で8度のシングルスタイトルを手にしており、経験に裏付けされた安定感のあるプレーを見せてくれます。 フィリップ・コールシュライバーのプレースタイルや戦績 フィリップ・コールシュライバーのプレースタイル バックハンドは片手で、強打、スライス、ドロップショットを巧みに使い分け相手を翻弄します。 またダブルスでもATPタイトルを7度手にしており、ネットプレーも得意としてます。 隙あらば前に出て、抜かりなくポイントを重ねていきます。 フィリップ・コールシュライバーの戦績 2018年の全米オープン3回戦で、世界4位のアレクサンダー・ズベレフに勝利 2018年の全米オープンでは、3回戦で世界4位のズベレフに勝利しています。 コールシュライバーは、2003年の全米オープンが自身初めての四大大会の出場となっており、以来16大会連続の全米オープン本戦出場となります。 この動画は2018年の全米オープンの3回戦でコールシュライバーがズベレフに勝利した時のものです。 若く勢いのあるズベレフが経験値の高いコールシュライバーにじわじわと追い詰められて、最終的にコールシュライバーに白星が上がりました。 トップ5の選手からの勝利となり、まさに大金星となりました。 またコールシュライバーは、2009年の全仏オープンでは、当時世界ランク4位のジョコビッチにもストレートで勝利し、トップ5の選手に勝利してます。 2012年のウィンブルドンでの準々決勝が最高戦績 2012年のウィンブルドンにて、自身初の四大大会準々決勝進出を果たしましたが、ジョー・ウィルフリード・ツォンガに、6-7、6-4、6-7、2-6で敗退しました。 錦織圭との対戦暦 2016年の全豪オープンの初戦で、錦織と対戦し、4-6、3-6、3-6のストレートで敗退しています。 また2018年ATP1000BNLイタリア国際でも対戦しており、その際も、1-6、2-6で錦織にストレートで敗退しています。 フィリップ・コールシュライバーの使用ギア ラケット:Wilson BLX Six. One 95 シューズ:Wilson Tour Strike ウエア:mizno まとめ 20歳で四大大会の全豪オープンの本戦に出場し、以来およそ15年間、活躍し続け、四大大会の本戦に出場し続けているのは本当にすごいことです。 2018年の全豪では世界4位のズベレフを下しており、ベテランの領域に入っていますが、いまがもしかしたら経験値も上がり、キャリアで最も調子が良い時期なのかもしれません。 これからもフィリップ・コールシュライバーから目が離せません。 スポンサーリンク.

次の

ギリェルモ・コリア

シュワルツマン プレースタイル

FSV Mainz 05 ブンデスリーガ ディアロってどんな選手? 3年以上前 武藤嘉紀が所属するマインツがフランスのモナコからDFアブドゥ・ディアロ(21)を獲得した。 クラブが5年の長期契約を結んだ188センチの大型センターバックは、将来的にチームの守備の中心を担うことが期待されている。 21歳の新鋭について知っておきたい5つの項目を紹介する。 1)ポリバレントなセンターバック マインツではニコ・ブンガートやアレクサンダー・ハックとのシビアなポジション争いに挑むことになるが、ディアロは本職のセンターバック以外に左サイドバックや守備的MFもこなせる器用な選手であり、サンドロ・シュワルツ監督にも重宝されることになりそうだ。 もっとも、本人は入団会見の席で「ブンデスリーガは世界トップレベルのリーグの一つ。 マインツでピッチに立つのが楽しみで仕方ない」とコメント。 これはレギュラー陣への宣戦布告と受け取ってよさそうだ。 2014年12月14日に18歳の若さでリーグ・アンデビューを果たした。 モナコに戻った昨季は、公式戦10試合に出場してリーグ制覇を経験している。 欧州チャンピオンズリーグでも、グループステージの戦でフル出場を果たしている。 3)Uー21フランス代表キャプテン Uー16から年代別のフランス代表でプレーし、現在はUー21代表のキャプテンを務める。 2015年のUー19欧州選手権ではチームのベスト4進出に貢献。 マインツで同僚となったジャンフィリップ・グバミンとは年代別代表でチームメートだった。 グバミンは最終的にコートジボワール代表を選択したが、フランス中部トゥール生まれのディアロもセネガルにルーツを持ち、今後の選択に注目が集まる。 なお、マインツには同胞のガエタン・ブスマンもおり、グバミンとブスマンは新たな環境に飛び込んだディアロにとって心強い存在となるはずだ。

次の

フィリップ・コールシュライバー プレースタイル 戦績

シュワルツマン プレースタイル

photo by セルビア出身の選手。 ビッグ4(、、ジョコビッチ、)の中ではデビューしてしばらく、第三の男として君臨していたが2011年に大ブレイクし、 世界No.1となった。 それ以降もツアーを牽引する存在となる。 マスターズ1000は歴代最多の30勝、グランドスラムは12勝(全豪6、全仏1、全英3、全米2)。 更にはフェデラー、ナダルに続く生涯グランドスラム達成者 テニス史上8人しかいない。 史上最高のプレーヤー候補と言われても引けを取らない実績を持つ。 性格面ではかなりユーモラスでジョークやテニスプレーヤーのモノマネが大好き。 コート外でも楽しませてくれるプレーヤー。 スポンサーリンク プレースタイル 機械のように正確無比なストローク力、柔軟な体を活かしたコートカバーリング力。 素早く、無尽蔵のスタミナ。 全くスキが見当たらないベースラインプレーヤー。 年代が同じなのと、プレースタイルが比較似ていることからマレーと比較されることが多い。 ベースライン上でのプレー ジョコビッチが最も輝くのがベースラインでのストローク。 ボールコントロールが卓越しており、ミスせず深く、コーナーにボールを打ち分けられる。 また、ライジング気味でテンポも早いため対戦相手は一か八かのショットでしか主導権を握ることができない。 また、非常に体が柔軟であり、それを生かしたコートカバー能力を持っている。 攻撃も勿論精度が高いが、特にディフェンス力が卓越して上手い。 フォアハンドは回転量がかなり多いのにライジングも上手く、非常に強い武器になっている。 そしてバックハンドも一級品でクロス、ストレートに自由自在に打つことができる。 また、バックハンドでドロップショットを使うことが多い。 ネットプレー ジョコビッチが技術面で唯一付け入るスキがあるのがネットプレー。 ロー、ミドルボレーが甘いことが多く、逆襲のパスを抜かれるが多い。 ただ、ジョコビッチの戦術はベースラインでの安定したストロークが主軸となるのでネットに出る頻度が少ない。 サーブリターン ベースラインのストロークに絶対の自信があるタイプなので、エースを取ることよりもしっかりスピン回転のかかったサーブを入れることで、その後のラリー展開を優位に進めることに重きを置いている。 ツアーの中では決して速くはない。 が、ジョコビッチのサーブは回転が多く掛かっており、精度も高いため実は大きな武器になっている。 特にセカンドサーブが非常に強力でファーストと対して変わらないクオリティで非常に跳ねるセカンドサーブを打つ事ができる。 リターンもトップクラスの能力を持っている。 ただ、マレーのような強烈なリターンではなく、強力なサーブをなんとかコート返すテクニックに非常に長けている。 ビックサーブを持つ選手は本来決まるポイントがラリー戦に持ち込まれてしまうので心理的には非常にキツい。 弱点 2016年全仏以降から突然の不調が起こっている。 恐らく 生涯グランドスラムを達成したことによるツアーに対するモチベーションの低下が原因かもしれない。 ベースラインでの粘り強いプレーが持ち味なのでメンタル 自信やファイティングスピリット が非常に重要である。 メンタル面が不安定なジョコビッチならば付け入るスキがある。 ただ、本人も最近では不調を自覚しているようで試合では自分を鼓舞するしぐさが多くなっている。 その点も注目してみてみると面白いかも。 強み、プレーの見どころ ジョコビッチのプレーの魅力は機械のようなストロークで相手を追い詰めるところと、ディフェンス力の高さ。 その点を注目して彼のプレーを観戦しよう! スポンサーリンク ジョコビッチ使用ギア ラケット:グラフィンタッチ スピードプロ.

次の