ライン の プロフィール 写真。 SNSやLINEのプロフィール写真で分かる深層心理がおもしろい!あなたはどんな写真を使ってる?

LINE(ライン)のアイコン画像の変更方法、プロフィールの変更方法も解説

ライン の プロフィール 写真

かっこいいLINEの人気アイコン画像のおすすめ6つ目は、モノクロ加工された画像です。 街の夜景などをモノクロ加工したものなら都会のスタイリッシュな印象を与えることができます。 また、チェスやオセロの盤面をモノクロ加工すればクールで賢そうなイメージをアピールできます。 お気に入りのファッションや風景をモノクロ加工すれば、雑誌に載っている写真のように見せることもできるでしょう。 男らしく見せたい時にもおすすめで、人気が高いです。 ラインの友だちの一覧を見ることができるページから自分の名前の項目を選択すれば、プロフィール画面を開くことができます。 また、こちらの方法以外にも友だちの一覧画面にある歯車マークから「プロフィール」という項目を選択する方法を取っても同じようにプロフィール画面を開くことができます。 よりやりやすいと感じた方法でプロフィール画面を開いてみましょう。 プロフィール画面の歯車マークをタップしたら、プロフィールの編集をすることができるようになります。 アイコン画像のマークをタップすると、写真や動画をその場で撮影するか、写真を選ぶか選択肢が表示されます。 写真をこれから撮ってプロフィール画像にしたい時には写真を撮影するポタンを押しましょう。 写真をあらかじめ用意している時には写真を選ぶボタンを押して、プロフィール画像にしたい写真をタップします。 ラインのプロフィール画像は、円形にトリミングしてサイズを設定します。 アンドロイド版のアプリを使っている時には画像の角に付いている矢印マークを動かしてお好みのサイズにしましょう。 アイフォン版のアプリを使っている場合は指でピンチ操作をしてトリミングします。 トリミング加工ができたら、次は画像の向きや色合いを変更します。 しっかりと調整できたら「確認」もしくは「送信」ボタンを押しましょう。 また、ラインのプロフィール画面ではアイコン画像だけでなくステータスメッセージも変更することができます。 こちらの記事ではステータスメッセージが表している心理について紹介しています。 自分やほかの友だちのステータスメッセージと比べてみながらぜひチェックしてみましょう。 性格診断代わりにもなります。 通知されないように変更したい場合は、画像を設定する前にプロフィールを編集する画面にある、「画像の変更を投稿」という項目を切るようにしましょう。 ラインの画像は多くの人の目に触れやすいです。 個人を特定できるようなはっきりとした画像を選ぶと見ず知らずの人に情報が渡ってしまう場合があります。 ラインのプロフィール画像を変えて楽しもう ラインのプロフィール画像を自分好みに変えて楽しみましょう。 アイコン画像は自分の個性をアピールできる場所です。 自分らしくセンスの良い画像をアイコンに設定すれば、より趣味の合う友だちに出会うためのきっかけにもなるでしょう。 アイコン画像で印象を良くして、たくさんの人と友だちになりましょう。 アイコン画像は特に設定していない、初期のままにしているという方もいるでしょう。 しかし、ラインの画像はラインで初めて知り合った場合、第一印象を大きく左右する要素でもあります。 コミュニケーションツールとしてラインを有効に活用するためにも、ぜひ自分が気に入った画像を設定するようにすると良いでしょう。 またLINEでメッセージのやりとりをしているとスタンプだけで返信をする人が目につくこともあります。 こちらの記事ではLINEでスタンプだけしか送ってこない人の心理について紹介しています。 男女別に説明しているので相手に当てはめて考えてみると良いでしょう。 相手の気持ちを知りたい方はぜひご覧になって下さい。

次の

LINEでアイコンやプロフィールを設定・変更する方法 全まとめ

ライン の プロフィール 写真

手順は2パターン用意されています。 1つ目の手順 「ホーム」タブで自分のアカウントを選択すると、プロフィール画面(ホーム画面と同じと考えてください)が表示されます。 ここで歯車マークの[プロフィール]をタップします。 これが1つ目のアクセス方法です。 2つ目の手順 もしくは「ホーム」タブの上部にある歯車アイコンをタップした後、[プロフィール]を選択して設定画面を開きます。 これが2つ目のアクセス方法になります。 ほとんどのプロフィール設定が、この画面からおこなえます。 以下、アイコンや各種プロフィールの具体的な設定・変更方法を紹介します。 LINEのアイコンを設定・変更する方法 プロフィールの中でも、アイコンは目を引く部分。 LINEのアイコンで写真やを設定する方法を解説していきます。 ステータスメッセージやBGM、背景など、その他のプロフィール設定についてはしています。 アイコン写真(画像)を設定する アイコンに静止画(写真・画像)を設定する手順を解説します。 写真(静止画)を設定する場合、表示されるメニューから[カメラで撮影]または[写真/動画を選択]をタップします(今回は端末のカメラロールから写真を選ぶため、[写真/動画を選択]にします)。 写真を撮影、またはカメラロールから写真を選んだら、編集作業へ移ります。 アイコンは丸型なので、それに合わせてトリミングします。 iPhoneでは画像をピンチ操作で、Androidスマホでは画像四隅の矢印をスライドさせて拡大・縮小または位置を調節できます。 トリミングできたら、[次へ]をタップして進みます。 次の編集画面では、画像の色味や手書きで文字を入れるなどの加工がおこなえます。 画面の右上に表示された加工ボタンで編集していきましょう。 画像加工ボタンでできること• 鉛筆マーク:落書き・モザイク・図形の挿入• T(ティー)マーク:文字をタイプして入力(絵文字も可)• ニコちゃんマーク:位置情報や時間、絵文字スタンプ• 3色マーク:カラーフィルター 左:スタンプ 右:フィルター スタンプや文字入力、落書きなどが反映されるのはアイコンの丸型の中だけなので、それも踏まえて編集するといいでしょう。 右側の[完了]ボタンをタップでアイコン画像の設定が完了です。 画像を設定した状態で再びアイコンをタップし、[削除]をタップすれば、何も設定していない状態の人型アイコンに戻すこともできます。 アイコンに動画(GIF)を設定する LINEでは、アイコンにループ動画を設定することもできます。 方法は2種類です。 端末に保存された動画をアイコンに使用する カメラロールに保存してある動画をアイコンに設定する方法です。 端末のアルバムが表示されるので、プロフィールに設定したい動画を選びます。 なお、 プロフィールに設定できる動画の長さは、最長6秒までです。 それ以上の動画の場合は、この後の編集作業で長さを6秒以内にする必要があります。 選んだ動画をアイコンの丸型に合わせて[次へ]をタップすると動画が再生されます。 プロフィールに設定できる動画は6秒までなので、それ以上の長さであれば左右のバーを移動させて6秒以内に調整します。 オリジナルの動画が6秒以内であってもここで長さを調整可能です。 最後に、動画が再生されないときに表示される画像を選びます。 プロフィール画面やホームタブの友だち、トーク一覧のアイコンは動画が反映されますが、トーク内のアイコンは静止画のままになるため、そのときに表示される画像になります。 よければ[完了]してください。 プロフィールアイコンに動画は反映されました。 ポップアップでプロフィール動画をタップすると、動画を全画面で閲覧できます。 音声付きであれば音も再生されます。 動画を撮影してアイコンに設定する プロフィール設定時に動画を撮影してアイコンに設定する方法です。 カメラが起動したら、画面下のボタンを[動画]に切り替え、赤い録画ボタンを押すと録画が開始されます。 画面右上の矢印マークで、インカメラ・アウトカメラの切り替えが可能です。 録画ボタンの左右にあるニコちゃんマークやカラーフィルターボタンでフレームや動画の色を変えるなどの加工ができますが、撮影後は編集できないため事前に設定しておきましょう。 左右のバーを移動させて長さを調整する 撮影した動画を6秒以内に調整します。 最後に、動画が再生されないとき(トーク内など)に表示される画像を選択して[完了]です。 プロフィールアイコンが、撮影した動画に切り替わりました。 各項目をタップすると該当の解説箇所へ遷移します。 LINE上での名前を変更する プロフィール設定画面の名前部分をタップすると、任意の名前に変更できます。 最大20字で、絵文字も入力可。 好きな名前を入力して[保存]をタップすれば、変更は完了です。 他のユーザーにも変更した名前が表示されるようになりますが、そのユーザーがあなたをアドレス帳連携(いわゆる「友だち自動追加」)で友達に追加している場合、そのユーザーにはアドレス帳に登録している名前が表示されます。 たとえば、「BOTAN」から「ぼたん」に名前を変更しても、あるユーザーがあなたを友だち自動追加していて、そのユーザーのアドレス帳には名前が「BOTAN」と登録されていた場合、そのユーザーにはLINE上のあなたの名前は「BOTAN」の表示のままになります。 相手が表示名を任意のものに変更しているパターンでも、上と同じように名前変更は反映されません。 かつては「」という名称でした。 近況やモットーなどを書いている人が多いようです。 これを設定するには、プロフィール設定画面の「未設定」となっているステータスメッセージの項目をタップします。 あとはメッセージを入力して、[保存]をタップすれば完了。 ステータスメッセージは最大500字まで入力できます。 右下の「ストーリーに投稿」にチェックが入っていると、LINEストーリーにステータスメッセージが反映されます。 必要なければチェックを外しておくといいでしょう。 また、ことも可能です。 ステータスメッセージが反映されました。 友だちリスト上や、プロフィールのポップアップ上にステータスメッセージが表示されるようになります。 ステータスメッセージを変更するときは、同様の手順、またはプロフィール画面のメッセージの横にある小さな鉛筆マークから簡単に変更が可能です。 ステータスメッセージ消せば、ステータスメッセージは「設定なし」の状態に戻ります。 アプリを開き、LINEとの連携を画面の案内に従っておこないます。 左:iOS版の画面 右:Android版の画面 連携が完了したら、プロフィール設定画面に戻り[BGM]をオンにすると、「曲を選んでください」と表示されます。 楽曲の設定には、ここをタップします。 なお、BGMを設定すると自動的にタイムラインにも投稿されるので、いちいち変更を投稿したくない場合はBGMの下にある[BGMの変更を公開]をオフにしておきましょう。 「曲を選んでください」をタップすると、LINE MUSICの画面へ切り替わります。 ランキングや再生履歴から選べるほか、画面上部の虫眼鏡マークからアーティストや曲を検索することが可能です。 曲を決めたら右隣にあるチェックをつけ、画面下の[完了]をタップします。 完全無料で行う場合は、下の[通常のBGMに設定]をタップします。 最後に、BGM設定をタイムラインで公開してもよければ[はい]を選択します。 公開設定については、プロフィール設定のBGM項目の下にある「BGMの変更を投稿」のオン/オフでも設定できます。 これで、BGMが設定されました。 友だち一覧をみると、ステータスメッセージの下に設定した曲の情報が表示されています。 設定したBGMは、プロフィールのポップアップやホーム画面の左上に表示される再生ボタンをタップすると、聴くことができます。 自動再生はされません。 再生できる時間は、再生した人がLINE MUSICの有料チケットを持っている場合はフルサイズで、持っていない場合(無課金)は30秒です。 ただし、LINE MUSICのベーシックプラン(20時間チケット)を利用中のユーザーが楽曲を再生すると、チケットが消費されてしまうため注意しましょう。 BGMを削除したい時には、プロフィール設定画面で[BGM]の項目をオフにするだけで、解除することができます。 appllio. com プロフィール背景(ホーム画)を変更する(静止画・動画) ホームのカバー画像(ホム画などとも呼ばれています)は、ホーム画面やプロフィールのポップアップを開いた時の「背景」になります。 カバー画像を一度設定すると、他の画像や動画に変更はできますが、削除して初期のものに戻すことはできません。 LINEを再インストールすればデフォルト画像にはなりますが、そもそも元の画像がランダムで設定されているため、同じ画像になる保証はありません。 変更する際は注意が必要です。 写真選択画面でカメラボタンを押すと、カメラが起動し写真または動画の撮影ができる カバーを変更したい時は、プロフィール設定画面でカバー画面の右側にあるカメラボタンをタップします。 端末のカメラロールに移動したら、背景にしたい写真か動画を選ぶか、カメラマークから写真・動画を新たに撮影します。 本記事では静止画を背景に設定します。 動画を設定する方法については以下の記事で詳しく解説しています。 appllio. com 登録した電話番号を変更する 現在登録されている電話番号と、実際の番号が違う場合は、電話番号の変更をしておきましょう。 機種変更時のLINE引き継ぎに支障を来す恐れがあります。 「ホーム」タブの設定ボタン[ ]から[アカウント]へ進みます。 アカウント情報が表示されるので、電話番号(Android版では[変更]ボタン)をタップすると、電話番号変更画面に遷移します。 下の[次へ](Android版は[電話番号の変更])から電話番号変更をおこないます。 新しく使う電話番号を入力し、[番号認証](Android版は[次へ])をタップしましょう。 SMSでその電話番号宛てに4ケタの認証番号が届くので、番号を入力すれば電話番号の変更が完了です(通話による認証番号の取得も可能)。 appllio. ここに、本名や性別、住所、誕生日などを任意で追加入力できます。 登録した情報は他のユーザーには見えず、プロフィール+連携サービスによる入力連携にのみ利用されるとしていますが、現時点で連携しているサービスはありません。 今後、連携サービスが登場する見込みとなっているものの、積極的に個人情報を登録するメリットは現状それほどないでしょう。 また上述のように、LINEアプリのプロフィール設定画面には「誕生日」を入力する項目があります。 誕生日を「公開」してあると、当日、友達のタイムラインにリレー投稿として表示されるようになります。 誕生日に関する詳細は以下を参考にしてください。

次の

LINEのプロフィール画像を登録する方法

ライン の プロフィール 写真

かっこいいLINEの人気アイコン画像のおすすめ6つ目は、モノクロ加工された画像です。 街の夜景などをモノクロ加工したものなら都会のスタイリッシュな印象を与えることができます。 また、チェスやオセロの盤面をモノクロ加工すればクールで賢そうなイメージをアピールできます。 お気に入りのファッションや風景をモノクロ加工すれば、雑誌に載っている写真のように見せることもできるでしょう。 男らしく見せたい時にもおすすめで、人気が高いです。 ラインの友だちの一覧を見ることができるページから自分の名前の項目を選択すれば、プロフィール画面を開くことができます。 また、こちらの方法以外にも友だちの一覧画面にある歯車マークから「プロフィール」という項目を選択する方法を取っても同じようにプロフィール画面を開くことができます。 よりやりやすいと感じた方法でプロフィール画面を開いてみましょう。 プロフィール画面の歯車マークをタップしたら、プロフィールの編集をすることができるようになります。 アイコン画像のマークをタップすると、写真や動画をその場で撮影するか、写真を選ぶか選択肢が表示されます。 写真をこれから撮ってプロフィール画像にしたい時には写真を撮影するポタンを押しましょう。 写真をあらかじめ用意している時には写真を選ぶボタンを押して、プロフィール画像にしたい写真をタップします。 ラインのプロフィール画像は、円形にトリミングしてサイズを設定します。 アンドロイド版のアプリを使っている時には画像の角に付いている矢印マークを動かしてお好みのサイズにしましょう。 アイフォン版のアプリを使っている場合は指でピンチ操作をしてトリミングします。 トリミング加工ができたら、次は画像の向きや色合いを変更します。 しっかりと調整できたら「確認」もしくは「送信」ボタンを押しましょう。 また、ラインのプロフィール画面ではアイコン画像だけでなくステータスメッセージも変更することができます。 こちらの記事ではステータスメッセージが表している心理について紹介しています。 自分やほかの友だちのステータスメッセージと比べてみながらぜひチェックしてみましょう。 性格診断代わりにもなります。 通知されないように変更したい場合は、画像を設定する前にプロフィールを編集する画面にある、「画像の変更を投稿」という項目を切るようにしましょう。 ラインの画像は多くの人の目に触れやすいです。 個人を特定できるようなはっきりとした画像を選ぶと見ず知らずの人に情報が渡ってしまう場合があります。 ラインのプロフィール画像を変えて楽しもう ラインのプロフィール画像を自分好みに変えて楽しみましょう。 アイコン画像は自分の個性をアピールできる場所です。 自分らしくセンスの良い画像をアイコンに設定すれば、より趣味の合う友だちに出会うためのきっかけにもなるでしょう。 アイコン画像で印象を良くして、たくさんの人と友だちになりましょう。 アイコン画像は特に設定していない、初期のままにしているという方もいるでしょう。 しかし、ラインの画像はラインで初めて知り合った場合、第一印象を大きく左右する要素でもあります。 コミュニケーションツールとしてラインを有効に活用するためにも、ぜひ自分が気に入った画像を設定するようにすると良いでしょう。 またLINEでメッセージのやりとりをしているとスタンプだけで返信をする人が目につくこともあります。 こちらの記事ではLINEでスタンプだけしか送ってこない人の心理について紹介しています。 男女別に説明しているので相手に当てはめて考えてみると良いでしょう。 相手の気持ちを知りたい方はぜひご覧になって下さい。

次の