広告 で ゴミ箱 の 作り方。 広告チラシで折るゴミ箱が便利!作り方と活用方法

【新聞紙やチラシで作るゴミ箱】の作り方♪生ゴミや食卓のゴミ入れに活用しよう

広告 で ゴミ箱 の 作り方

ピーナッツの薄皮むいて食べたいんだけど、 皮を捨てる小さなゴミ箱ないかなぁ。 テーブルの上に、その箱を置いて 手を突っ込んでピーナッツの薄皮をむくと 飛び散らなくて便利なんですよ~。 スポンサードリンク チラシでゴミ箱を作ろう! まず、新聞の折り込み広告で入ってくるチラシを用意します。 以下の新聞紙の半分に折ったサイズが A3サイズですが、 今回はこの大きさの紙を使用したいと思います。 なければ、 A4のコピー用紙でも構いません。 要は長方形の紙であれば何でもOKです! 1、長方形のA3サイズのチラシを用意します。 (大きさを比べるのに10円を置いてあります。 ) 2、このチラシを半分に折ります。 3、そして、以下の写真のように、もう1回半分に折ります。 4、このようになっていることを確認して下さい。 5、四角の中に手を入れて三角の形に折ります。 6、上が三角・下が長方形の形になります。 次に黄色い矢印のように右に折ります。 7、以下のような形になります。 8、そうしたら左側も同じように三角に折ります。 9、以下のような家の形になります。 同じように黄色い矢印のように左に折ります。 10、次に右側の隅を中心に向かっております。 11、以下のようになります。 12、左側も同じように中心に折ります。 13、裏返して同じように右・左中心に折ります。 青い点線部分に注目して下さい。 14、青い点線部分を写真の位置のところまでビリビリと破ります。 15、まずは左側の四角を上に折ります。 16、後ろの三角ポケットに四角の上の部分を入れます。 17、このようになります。 (上の三角部分に下の四角が斜めに入り込んでいます。 ) 18、右側も同じように折って、上の三角ポケットに入れます。 19、裏にして同じように右・左ポケットに入れます。 その後、上の三角部分を白い点線に沿って下に折り目をつけます。 20、このように長方形になりました。 22、どうです?立派なゴミ箱の完成です!! スポンサードリンク チラシのゴミ箱の使い方 今回作ったチラシゴミ箱はこんな場面で使えます。 例えば、以下の写真のように、 みかんの皮用のゴミ箱です。 こたつに置いておくと便利ですよ。 ちなみに、上で紹介した A3サイズの2倍の大きさ( A2サイズ)で、 チラシで箱を作れば、以下ように深くて大きな箱ができあがります。 この大きな箱であれば 台所で大活躍です。 にんじんやジャガイモの皮・キャベツの不要な部分など 生ごみ用のゴミ箱として使用できます。 もし、ここでケーキ箱を捨ててしまった場合、代用として箱を作ってはみてはいかがでしょうか? 直接ケーキの上にラップをして冷蔵庫にしまってもいいのですが、 クリームがラップについてしまって見た目が悪くなる可能性があります。 そこで、 ちょっと厚めの紙かチラシを二重にして箱を作り お皿ごとケーキを入れて、箱の周辺をラップすればケーキに触れません。 このように、シンプルな箱ですが使いみちが色々ありそうです。

次の

チラシゴミ箱の折り方と活用法|台形/正方形/長方形

広告 で ゴミ箱 の 作り方

もくじ• 新聞紙で作る縦長のゴミ箱はこんな感じになります 新聞紙で作る、ゴミ箱の内側にセットするゴミ袋です。 レジ袋は簡単に捨てれて便利だけど、 買い物に行くときはマイバックを使うので、レジ袋をセットすると不足気味。 それにゴミ箱からカサカサ白いレジ袋が飛び出ててなんか見た目が嫌! そんなこんなで、レジ袋をセットするのをやめました。 簡単に20秒で作れる• コンパクトに折りたためる• 半分に折ります。 片面の端を、中央に向かって三分の一ほど折ります。 裏返しにして・・・ 重なっている両面を一緒に、中央の折り目に向かっております。 反対側も同じように中央の折り目に向かって折って・・ するとこうなります。 底の方を広げながらセットすると・・ あれ、なんか形が合ってない。 ゴミ箱の形に合わせても、こんな感じ。 大きさが合っていないと、ゴミ箱本体と新聞紙の内袋の間に空間ができちゃいます。 そしてこの空間が、ズボラの敵! 投げられたゴミが、 ゴミ箱と内袋との間の空間に入ってしまったら・・ しかもそれが、 ヨーグルトの蓋とか、食べこぼしを拾ったティッシュみたいに水っ気のあるものだとしたら・・・ ゴミ箱は無駄に汚れて掃除に手間をかける必要がでてきます。 この新聞紙の内袋は、開き口の大きさが調整できます。 もともと縦半分には折り目がついているので簡単。 そうするとこんなにコンパクトに! 私はたくさん作って、ゴミ袋を収納している場所に置いています。 多少水気のあるゴミも、 新聞紙なら水気を吸い取って 嫌な臭いの発生も防ぎます。

次の

【新聞紙やチラシで作るゴミ箱】の作り方♪生ゴミや食卓のゴミ入れに活用しよう

広告 で ゴミ箱 の 作り方

1 見開きの新聞紙を用意します。 2 正方形から折り始めるので、余分な分を折り込んで、正方形にします。 3 半分に折ります。 4 辺が重なるように半分に折って、折り目をつけます。 5 AとBを重ねます。 6 CとDを重ねます。 7 上の三角部分の前の1枚を、点線で手前に折ります。 同様に後ろ側の1枚を、点線で後ろに折ります。 8 中を膨らませて、できあがり! どうですか?できましたか?とっても簡単だったでしょう? 見開きの新聞紙を使うと、ちょうとお部屋にある小さめのゴミ箱に合うくらいのサイズのゴミ袋ができあがります。 使いたいゴミ箱の形にあうようにセットしてくださいね。 この折り方は、基本的には 自立しないので、何かの中に入れて使いましょう。 1 見開きの新聞紙を用意し、半分に折ります。 2 さらに半分に折って、折り目をつけます。 3 点線で中央に向けて折ります。 4 下の部分を半分に折り、さらに巻くように折ります。 5 裏返します。 6 点線で中央に向けて折ります。 7 下の部分を半分に折り、さらに巻くように折ります。 最後のところは開かないように、中に折り込みます。 8 点線で折り、折り目をつけます。 9 下の部分を開き、四角い箱型になるよう整えます。 上部(できあがった時の底部分)が平らになるよう、余った三角部分を寝かせます。 ここの説明が、文章だとわかりにくいのですが、図のように、下の部分を四角く整えていくと、自然に上の部分(最終的に底になる部分)も、できあがっていくので、どうやって三角部分を寝かせるか、わかるはずです。 やってみてくださいね。 10 箱のできあがりです! チラシで作ると、キッチンでじゃがいもの皮をたくさんむいた時などの、 生ゴミ入れなどにも最適です。 アウトドアで使うのも便利ですね。 2枚重ねで作ると丈夫になって、たくさんゴミをいれても安心です。 折り紙で作れば、デスクの上での作業中に出た、ホッチキスや消しゴムのカスなどの 小さなゴミ用のゴミ箱にもなりますね。 新聞紙、チラシを使う利点• 新聞紙やチラシには消臭効果ありますので、ゴミを入れたときに、 においを抑えて くれます。 毎日たまっていく新聞・チラシを 減らすことができます。 紙ですから、何の心配もなく、ゴミの日に そのままポイ! と可燃ゴミの袋に捨てられて、楽ちんです。 もちろん、ゴミ箱は汚れていません。 新聞紙やチラシに包まれているので、ゴミの 中身が見えなくて 安心です。 アイデアいろいろ! コップと箱は基本ですので、この2つの作り方をマスターすれば、外出先でもぱぱっと折って、作れちゃうので重宝しますよ! どんなサイズの紙でもOKなので、ご家庭で、用途に合う形・大きさのゴミ袋・ゴミ箱を手作りしてみてくださいね。 時間のあるときに作ってストックしておくと良いですよ。 新聞紙で作ったゴミ箱は病院などでも使われていますね。 また、子どもと一緒の遠足などで、お母さんがとっさの時の エチケット袋としても利用しています。 工夫次第で、どんどん使い方は広がりますね。 また、今回はゴミ袋・ゴミ箱をつくるということで、新聞紙やチラシを使用していますが、綺麗な折り紙や包装紙などを使って小さめの、コップ・箱を折ってみてください。 子どもの名前を書いて、スナックなどの おやつを入れてあげると、大好評です。 これもあわせて一度試してみてくださいね!.

次の