清水 公園 バンガロー。 清水公園のバンガロー

2020年 清水公園へ行く前に!見どころをチェック

清水 公園 バンガロー

清水公園のバンガローはどんなところ? 清水公園のキャンプ場のバンガローはどういう施設なのでしょうか そもそもバンガローってコテージやロッジやキャビンとは違うものなのでしょうか。 バンガローに泊まる前にチェックしましょう。 そもそもバンガローとは? バンガローとコテージやロッジやキャビンとの違いはズバリ設備の違いです。 コテージが最も設備が整っており、バンガローが最もこじんまりとしています。 言い換えれば、コテージの宿泊料は割高で、バンガローは安価と言ってもいいでしょう。 ロッジはコテージほど設備は整っていないですが、コテージに近い宿泊施設。 キャビンは、バンガローより設備はありますが、ロッジほどではない宿泊施設ということです。 設備が多い順に並べると、 コテージ>ロッジ>キャビン>バンガロー 以前は、バンガローと言えば室内には何もないトイレもボロボロの山小屋という感じでしたが、最近では家具は無いですがキレイな作りになっているところが多いです。 ちなみに、バンガローでは冷暖房器具はもちろんテーブルすらないところがほとんどですのでご利用には設備を確認してから宿泊しましょうね。 清水公園のバンガローの外観は? 引用先:より 清水公園のバンガローは、「つつじ」「さくら」「もみじ」「けやき」の4エリアに合計34棟設置しています。 平成26年(2014年)春に全棟新築リニューアルしたばかりなのでまだまだキレイ。 バンガローの前のウッドデッキにはテーブルがあるので外でモーニングやディナーが楽しめます。 屋根付き、照明付きなので雨でも夜でも安心です。 でも、 夜は手元が見えにくいのでランタンなどのライトは必要です。 コンセントもあるので、ホットプレートやIHなら使えます。 テーブルからコンセントまでは少し離れているので 延長コードを持って行くようにしましょう。 ウッドデッキの上ではコンロやグリルは使用不可ですが、地面なら薪も使用可とのこと。 手持ちの花火なら使用してもOKなので楽しめそうですね。 駐車場からは荷運び台車が用意されているので、車からの運搬も楽チンです。 夏にファミリーで来たら、子供たちが花火をしているところを見ながら、お父さん、お母さんはテーブルで晩酌ってこともできちゃいますね。 冬ならば、あえて寒い外でみんなで鍋をつつくというプランなんてのも面白いです。 バーベキューの機材があれば、パーティーができちゃいそうですね。 清水公園のバンガローの室内は? 引用先:より 清水公園のバンガローの室内は木の香りが漂う心地よい空間で清潔感があります。 照明は電球が下がっているだけですが、コレはコレで味があります。 コンセントもありエアコンまで完備されています。 部屋にはマットがしかれており、お尻は痛くありません。 掛け 布団や敷き布団などは無いので、必要に応じて寝袋や布団などは持って行くようにしましょう。 特に冬場はエアコンがあっても寒いので忘れないようにしましょう。 でも、忘れてしまってもレンタルがあるので何とかなります。 風呂、トイレは室内には無く、共用のシャワーハウスとトイレを使います。 シャワーハウスは施錠できる個室タイプのもので、脱衣所とシャワー部分はドアで仕切られています。 なので、着替えが濡れる心配はなさそうです。 5分200円の投入式のシャワーですが、両替機が無いようなので、事前に崩しておきましょう。 アメニティは無いので、シャンプーやボディーソープ、バスタオルなどは持って行くようにしましょう。 トイレはシャワーハウスに隣接しています。 明るく清潔で、ウォシュレット付きです。 夜にトイレに行くときは街灯はあるのですが、足元が暗いのでライトがあれば便利です。 自然に囲まれて木の香りの中で寝られるなんて最高の幸せですね。 冬はかなり寒いと思うので風邪をひかないように暖かくして寝るようにしましょう。 清水公園のバンガローで何が出来る? 引用先:より 清水公園のバンガローでは大自然に包まれて本格的なアウトドアが楽しめます。 日常では体験出来ないことに積極的に挑戦しましょう。 バンガローでバーベキュー 清水公園のバンガロー内では火気はNGですが、地面の部分ならバーベキューはもちろん、薪なども使用が出来ます。 ご自身でバーベキューの機材を持っている方なら本格的なバーベキューが可能なんです。 バーベキューの機材を持っていなくても清水公園には「手ぶらでバーベキュープラン」があるのでレンタルで楽しむことも出来るんてすよ。 バンガローで鍋 バンガローのウッドデッキにはテーブル、イス、コンセントがあるので、IHヒーターなどを持って行って鍋をするなんて事も出来ちゃいます。 ホットプレートを持って行けば、焼き肉やお好み焼き、焼きそばなども楽しめそうですね。 たこ焼きなんて事も出来るので、もはやお祭りのように楽しむことが出来そうです。 バンガローでカレー 薪を使ってカレーを作ってみるってのも面白そうです。 野菜や肉はテーブルで切って薪を使ってカレーを作るなんて修学旅行以来ではないでしょうか。 また、清水公園では飯盒のレンタルが出来るので、お米も自分で炊くことも出来るんです。 まさに、アウトドアですね。 バンガローで花火 夏の風物詩と言えば花火ですよね。 清水公園のバンガローでは手持ち花火のみOKなので、夏を楽しむことが出来ます。 最近では公共の場所で花火が出来る場所も減ってきているので良いですね。 スマホで花火を撮影するときって上手く撮影出来ない事って多くないですか。 せっかくキレイなのにブレて撮れなかったりしたら残念ですよね。 スマホで簡単に花火をキレイに撮る方法はこんな感じなんですよ。 ぶれないように脇を閉めて固定する• 花火モードや夜景モードにする• HDRをオフにする• フラッシュはオフ• 焦点(オートフォーカス)を固定する、もしくはしっかり花火に焦点を合わせる 是非試して見てくださいね。 キレイな花火を撮っちゃってください。 定員にはカウントします。 清水公園の他の施設は? 清水公園に宿泊するなら見ておきたい場所をまとめました。 清水公園は家族や友人達と丸1日楽しめてしまう程のレジャースポットが盛りだくさん。 アスレチック 清水公園といえばアスレチックですよね。 100ポイントの国内最大級のアスレチックはなかなか味わえません。 アクアベンチャー 巨大迷路がこんな所にあるなんてあまり知られてないかもしれませんが、あるんですよ。 噴水迷路、立体迷路、平面迷路の3部構成になっています。 桜 さくらの名所100選に選ばれるくらいの桜があちこちにある清水公園。 その本数はなんと約2000本もあるんですよ。 プール 清水公園で遊んだ後はプールで涼んでいくなんていかがですか。 夏限定で楽しめる遊びですね。 ポニー牧場 ポニーにはポニーライダー認定試験があるんですよ。 ただ見るだけじゃない清水公園のポニー牧場。 動物達との触れ合いも見所です。 清水公園付近の銭湯・温泉はある? バンガローは設備が少ないし、シャワーハウスではなく、肩まで浸かれるお風呂に入りたいと思う方もいらっしゃいますよね。 だったら、野田市内にある銭湯や温泉でゆっくりしちゃってもいいと思います。 温泉なんて近場には無いんじゃないと思っているのであれば残念です。 実は野田市内にはいくつか温泉があるんですよ。 のだ温泉ほのか 引用先:より 距離 清水公園から6. 温泉の他にも岩盤浴などもあるので本格的な温泉施設が楽しめます。 野天風呂 湯の郷 引用先:より 距離 清水公園から8. 薬湯や岩風呂、露天風呂などを楽しめるのでゆっくり、リラックスできそうですね。 七光台温泉 引用先:より 距離 清水公園から2. 温泉を利用した源泉風呂や岩風呂、や薬草スチームサウナなどもある、温泉施設です。 ロックタウンというショッピングモールの一角にあるので、買い物なども出来ちゃいます。 清水公園周辺の施設はこちらでも紹介しています。 まとめ• 普通バンガローはほとんど何もないのに清水公園のバンガローはエアコンやコンセントなどいろいろある。 夏は花火もできて、バーベキューも出来る。 冬はみんなで鍋も出来るのは清水公園のバンガロー。 清水公園の付近には車で行ける本格的な温泉や銭湯が3ヶ所もあった。 いかがでしたか。 今回は清水公園のバンガローについて紹介しました。 皆さんでバンガローに泊まって思い出を作る事が出来れば、最高の休日になりそうですね。 みんなで最高の休日をエンジョイしちゃいましょう。

次の

清水公園のキャンプ場はキャンプ、バーベキュー、マス釣りが楽しめる最高の場所だった|Chichibu

清水 公園 バンガロー

家族3人でに行ってきました 東武野田線の清水公園駅から徒歩10分位かな。 真っ直ぐ道を進むだけなので分かりやすいです。 初日もたくさん遊んだんだけど字数の都合で 今日はバーベキュー&宿泊、 明日の日記で4才のコグマ と遊んだ場所について書きます。 バンガローやキャンプ施設は駅から歩いていくと 一番奥まってます。 チェックインは13:00からです。 私達が泊まったのはエアコン付きのログキャビン。 2週間前に電話したら、「最後の1部屋です」って 言われました。 ¥8,500です。 詳細は まだ真新しい感じ。 6畳くらいかな マス釣り場があって、釣ったものをさばいて食べることもできます 夕食はバーベキュー。 ブースを予約しました。 バンガローの前のスペースに自前の設備を持ち込んでも 食材はで購入。 歩いて行った夫が結構遠かったって言ってました。 まあ車の方が大半だろうから問題ないと思うけど 夫はキャンプ大好きで火おこしも大の得意 分厚いスペアリブもほんの5分くらいで食べごろに キッコーマンの焼き肉のたれをいただきました。 生のキャベツに付けて早速味見。 パン粉のカリカリ感が面白いですね。 どちらも結構胡椒がきいています。 1日中アスレチックや水遊びをした 私と はクタクタで、8:30頃には寝てしまいました 寝具はレンタルできますが、タオルケットを持って 行って茣蓙の上に直接寝ました。 気持ち良かったなぁ 夫はワインを飲みながら外でのんびりしてたみたいです いつの間にかセルフタイマーでこんな写真撮ってた 笑 朝食はここのテーブルで食べました。 前日使ったバーベキューブースは8:00までは使えます。 木漏れ日と鳥の声を聴きながらの朝食ってすごく幸せ 殆ど蚊もいなかったし、トイレもキレイでたくさんあったし、 結構快適でした チェックアウトは10時です 清水公園は私が子供の頃よく連れてきてもらった 場所で、すごく懐かしかった~ 応援クリックをいただけると嬉しいです。

次の

清水公園、小さい子連れでバンガロー。キャンプ・バーベキューエリアの写真をご紹介。|ハイスタ の つくるためには。

清水 公園 バンガロー

清水公園とは 清水公園に初めて行く事になったので、何がある調べてみました。 清水公園は、「自然とともだち」をキャッチフレーズに自然と触れ合える入園無料の公園です。 日本さくら名所100選に選ばれる「桜」は、全国でも有数の名所です。 ツツジも関東有数の名所として知られています。 他にも梅や牡丹、藤など約500種の花で四季折々楽しめ、秋には紅葉の美しさも堪能できる、風光明媚な公園です。 また、園内にはフィールドアスレチック、キャンプ・バーベキュー場、ポニー牧場、アクアベンチャー、花ファンタジアなど地形や森林を生かした施設(有料)を設け、子どもから大人まで、年間を通じてアウトドア・レジャーをお楽しみいただけます。 公式HPより抜粋• アスレチック• キャンプ• BBQ• バンガロー• マス釣り• ポニー牧場• 巨大迷路(アクアベンチャー)• 植物園(花ファンタジア) 何ここめちゃくちゃ充実してる!! という感じでこれは行かなきゃという気持ちでした。 清水公園へのアクセス 何と電車でも来られます。 東武野田線「清水公園駅」があります。 こういった施設で最寄り駅があるっていうケースは極めてまれですので、本当に首都圏のファミリー層受けが良さそうです。 車を持っていないけどキャンプに行きたい!といった場合でも来られる場所だと思います。 友人家族と合わせてアウトドアを楽しみたいけれど、車を持っていない家庭が参加出来ない・・・という悩みも解消してくれそうな場所です。 本当にこういう場所ってなかなかないので助かります。 清水公園の宿泊プラン 宿泊プランは、冬だったのでバンガローにしました。 バンガローは1棟8000円でした。 そのほかに入場料が1人750円かかります。 3人家族で10250円でした。 後に写真と合わせて書きますが、綺麗なトイレやシャワーにこれだけの設備が整っていて、かつ首都圏なので、他のキャンプ場と比べても別に高くはないと感じます。 清水公園のキャンプ場(バンガロー) キャンプ場の地図です。 Dayキャンプ、バンガロー、オートキャンプ場があります。 とにかくバンガローが多いです。 車は中に入れず、駐車場から台車を利用して荷物を運ぶ必要がありました。 結構な数の台車があったので台車待ちをする事はありませんでした。 台車で森の中の舗装された道路を進んでいきます。 ここのバンガローでした。 結構新しいみたいです。 バンガローの中はこんな感じです。 窓もあるしエアコンもついています。 だから冬でも暖かいです。 テント用のマットを敷きました。 コンセントがありますので、マットの上に寒さ対策に念のため、電気カーペットを持参して敷きました。 マット、電気カーペット、その上で寝袋で寝ました。 これだけやれば、寝ている間にエアコンを使う必要はなかったです。 松ぼっくりを並べて飾ったりしました。 ご飯はこんな感じで外で食べられます。 バンガローの雰囲気ありありで良いですね。 晩御飯は肉鍋にしました。 見るからに美味しそうですよね? 肉鍋用のスープも入れたので最高に美味しかったです。 子供にカッターの使い方を教えるという名目で、木を削って焚き火をしたりしました。 清水公園の宿泊設備 今回お借りしませんでしたが、カマドとテーブルです。 結構な数がありますし、キャンプ場で良くある手作りというわけではないので、しっかりした場所でした。 夜は電気も点くみたいです。 手洗い・調理場。 ここも綺麗です。 わかりづらいのですが、右の手洗い場の顔のところの前面が鏡仕様になっており、細かい気配りがされた設計になっていて感動しました。 ゴミ箱。 シャワー室。 見てわかるように本当に綺麗ですよね。 どこかの温泉にでも来たような感じでした。 冬でしたので、夜にはイルミネーションもやっていて、子供が喜んびほっこりしました。 清水公園のフィールドアスレチック 今回は15時くらいになってしまい、受付が15時までで時間がなかった為入らなかったのですが、コースも水のにあるものもあり、スリリングで楽しそうな感じです。 今度来る時は早めに来て、子供と一緒に挑戦したいです。 ちなみに料金は大人1000円、小学生は700円、未就学児は200円のようです。 冬は水の中に落ちたら風邪ひきそうですね・・・。 難易度はやってないのでわかりませんが、恐らく小学生からだと思います。 清水公園の迷路 巨大迷路にも挑戦してみました。 料金は大人650円、子供550円でした。 結構難しそうでしょう? 歩き回ってまぁまぁ時間かかり、ゴールに置いてあった自販機でまんまとアイスを食べましたとさ。 冬なのにね。 写真のようにヤギなどにふれ合えます。 ウサギ、ハムスター、ポニー乗馬もあります。 大人450円、子供400円でした。 ポニー乗馬は別料金で400円でした。 ここのポニー牧場は公園みたいで、ちょっとしたアスレチックもありました。 カラフルでなんかインスタ映えしそうなオブジェ遊具。 写真撮り忘れましたが、他にも大きめの滑り台やアスレチックもあります。 割と小さい子向けのエリアかなと思います。 最後に 冒頭でも書きましたが、この清水公園は、首都圏・駅近・宿泊・アクティビティの豊富さが、本当にズバ抜けてるところです。 千葉県の色々なキャンプ場とか行った自分が言うので間違いないと思います。 ワイルドよりではなく、ファミリー向け・初心者・友人と合わせて・インスタ映え狙い。 といった感じだと思います。 夏は予約がなかなか取れなさそうなので、今回のように穴場の冬に来るのも面白いと思いますよ。 もちろん夏に取れれば水上アスレチックにも挑戦してみてください。 ランタンの完全まとめ記事を作ったのでよろしければご覧ください。 カテゴリー• 105• 1 アーカイブ•

次の