映画 アラジン 吹き替え。 アラジン (1992年の映画)

アラジン実写化の吹き替えには歌が上手い俳優・女優が選出される?

映画 アラジン 吹き替え

実写版「アラジン」の日本語吹き替えキャスト 今回は、2019年に公開されるディズニー映画 実写版「アラジン」の日本語吹き替え声優キャストの経歴や歌の実力について解説します。 特に、アラジン役の中村倫也。 そしてジャスミン役の木下晴香の経歴や、歌の実力についてミュージカルファン目線での解説をしたいと思います。 また、後半では、声優が発表される前のアラジン&ジャスミン声優の予想記事です。 こちらでは、井上芳雄、海宝直人といったミュージカルスターから、芸能界で活躍する竹内涼真。 ジャスミン役には元宝塚のトップ娘役など、様々な可能性を検証してみました。 アラジン役の声優は中村倫也 アラジンは中村倫也に決定しました!ファンってすごいですね、声だけで当ててしまう。 元々ミュージカルにも出演していましたが、 「ミュージカルでも歌を芝居として上手く消化できる」演技派の俳優さんです。 お披露目イベントでの歌唱は、正直不安が残る内容でしたが、「歌を芝居として上手に消化する」俳優ですので、劇中ではキャラクターの心情や雰囲気を上手に盛り上げ、表現してくれるでしょう。 経歴 1999年佐賀県出身。 さらに2018年には帝国劇場「モーツァルト! 」のコンスタンツェ(ヒロイン)にも抜擢されています。 2019年11月からは難易度の高い歌が多い「ファントム」にクリスティーヌ役として出演が予定されています。 ジーニー役は山寺宏一 ジーニー役はアニメ版に引き続き山寺宏一。 ディズニー映画では、• ドナルドダック• ラルフ• ムーシュー• スティッチ• 野獣 などのキャラクターの声を担当しており、レジェンドと言っても良いでしょう。 ジャファー役に北村一輝 1969年大阪出身の俳優。 「夜王〜YAOH〜」「ガリレオ」などテレビ番組でおなじみですね。 アニメ映画では2018年「プリキュアスーパースターズ! 」に続き、2作目の声優となります。 悪役やダーティな役を演じるのが上手だけに、ジャファー役にも期待がかかります。 イアーゴ役に多田野曜平 イアーゴはベテラン声優の多田野曜平。 ディズニーシリーズでは、• 「シュガーラッシュ」キャンディー大王• 「塔の上のラプンツェル」ショーティー(天使の格好をしている酒場の荒くれ者)• 「ファインディング・ドリー」ベイリー(シロイルカの雄)• 「メリダとおそろしの森」マーティン(ダンブロッホ王国の番人の一人)• 「リメンバー・ミー」パパ・フリオ など、脇役ですが重要なキャラクターの声を演じています。 ダリア役に沢城みゆき ダリアは実写版で新しく登場するジャスミンの一番親しい側近です。 「ルパン三世」シリーズで峰不二子や、「ゲゲゲの鬼太郎」鬼太郎の声優として活躍する沢城みゆきが抜擢されました。 ディズニー映画は初参加となります。 アンダース王子に平川大輔 ジャスミンに求婚するアンダース王子に抜擢された平川大輔。 「イタズラなKiss」入江直樹、「School Days」伊藤誠といったアニメ作品から、オーランド・ブルーム、トム・ヒドルストンの声優など、幅広く活躍されています。 【予想】アラジンは海宝直人の抜擢が有力か? まず主役のアラジンですが、30歳を迎え日本ミュージカルで今最も注目を浴びているといっても過言ではない 「海宝直人」の名前がパッと思いつく方も多かったのではないでしょうか。 劇団四季「アラジン」では外部出演ながら主人公アラジンに配役されています。 追い風として、ディズニーとのコラボレーションCDも発売されました。 実力的にはもちろんのこと、興行的にもディズニーから認められた存在になったとも考えられます。 私個人の意見としては、日本で最も人気の高いミュージカルスターの一人である井上芳雄の「井上芳雄 シングス ディズニー 〜ワン・ナイト・ドリーム!」、宝塚歌劇団とのコラボCD「TAKARAZUKA plays Disney」など、ある意味ディズニーとのコラボCD発売はその実力と、人気を持った者しか許されない特権なのではないかと思います。 そういう観点で考えると、海宝直人も実力・人気を客観的に認められた気がしていましたが、結果的には今回のアラジン役に名前は上がりませんでした。 その他の候補として考えていた方を以下に何名か挙げてみます、• 井上芳雄• 浦井健治• 城田優• 小池徹平• 柿澤勇人 2017年公開の実写版「美女と野獣」でビースト役に山崎育三郎が抜擢されました。 人気や実力から考えると、同じくStarSの二人が抜擢される可能性も考えられました。 また知名度を優先するという点では、城田優、小池徹平の抜擢がリアルな気もしました。 ただし、ここまでは「人気」「実力」という面からキャスティングを考えましたが、 全くの新人を起用するというケースもあり得ました。 今回の実写版「アラジン」でアラジンを演じるメナ・マスード、ナオミ・スコットも俳優経験はありますが、ほとんど新人といっても良い経歴です。 日本でもまだまだあまり知られていないミュージカル界・映画界の新人が大抜擢される。 こういったパターンもあると思っていました。 ただ、懸念点としては、直近のディズニー実写映画の興行成績が悪く、実写版「アラジン」は失敗できないという背景があるので、アメリカの次に興行成績を稼げるだろう日本では、人気を優先した、まさに「劇場にお客さまを運べる俳優」の優先順位が高くなると思います。 そうなると、ティーン向けの映画・ドラマの主役級、20〜30の子供の頃に「アラジン」を見て育った世代にも受け入れられ、そして歌唱力も素質がある若手俳優が配役されると予想していました。 ズバリ 竹内涼真です。 個人的には、海宝直人か、竹内涼真か。 全く異なるベクトルの方向性に見えて、どちらも人気にこれからの伸び代があって、話題性があるという点では同じだと思います。 また、知名度だけ考えると海宝直人を竹内涼真と比べるのはナンセンスかと思われる方もいると思います。 ただ、映画の興行収入は「どれだけリピーターを呼べるか」という点もとても重要なので、おそらく海宝直人が吹き替えだと英語版・日本語吹き替え版の両方を観に行くリピーターが多いと思います。 私見ではありますが、竹内涼真のファンは日本語吹き替え版しか観ない方が多いと思うのです。 一方で、全国のミュージカルファンはどちらも観に行きますよね。 完全なる私見ですが。 ミュージカル好きの方は、実写版「美女と野獣」も英語・日本語どっちも観にいった方が多いのではないのでしょうか? 【予想】宝塚歌劇元トップ娘役のジャスミン役もあると思います! ジャスミンは、正直さっぱり誰になるのか分からないです。 もちろん、 個人的な希望はあります。 元宝塚のトップ娘役です。 ただし、元宝塚歌劇の女優はディズニー映画の吹き替えをしているイメージがない。 パッと思いつくのはゴーテル(剣幸)ぐらいでしょうか。 ただ、宝塚歌劇ファンとしては、宝塚を引退したトップ娘役にディズニー映画の大役を担って欲しい。 では、元宝塚でもどの女優が抜擢されるのか。 現実的なのは、• 愛希れいか(元月組トップ娘役)• 実咲凜音(元宙組トップ娘役)• 咲妃みゆ(元雪組トップ娘役) 人気も、実力も高いこの3人かと思います。 人気と知名度が抜群の愛希れいか 6年7ヶ月トップ娘役として活躍した 愛希れいかは、娘役としては花總まり以来、異例の主演公演も上演されています。 ますます高まる宝塚歌劇の人気を考えると、ジャスミン役に愛希れいかが抜擢された際には、話題沸騰で、全国の宝塚ファンが映画館に押しかけ、その上DVD・CDなどのグッズも飛ぶように売れると思います。 ジャスミンのイメージにも合う実咲凜音 「みりおん」こと 実咲凜音も人気が高い元トップ娘役です。 、凛とした美しい姿が、ジャスミンのイメージにもマッチしていると思います。 オールマイティーになんでもできる咲妃みゆ そして、ユニバーサル・ミュージックに元宝塚で初めてアーティストとして専属契約された 咲妃みゆもあり得ると思います。 なんでも器用にこなす元トップ娘役です。 ディズニー愛のある妃海風もあり得る! あとは、愛希れいか、実咲凜音と同期の 妃海風の抜擢も期待されます。 ものすごいディズニーファンで、プリンセス志向の高さは芸能界で確実に1番。 生田絵梨花、平野綾はジャスミン役の可能性としてはかなり高いと思います。 ミュージカル女優の中では、 唯月ふうか、宮澤エマが来そうな気もしています。 ジーニーは山寺宏一に決定! 山寺さん一択では? 山寺さんの吹き替えるジーニーに匹敵する人がいないと思います。 もしくは、ウィル・スミスの吹き替え担当として 東地宏樹さんも。 可能性としては、 駒田一さんのように「レ・ミゼラブル」でテナルディエを演じるようなコメディもできて歌えるミュージカル俳優さん。 あと、 市村正親さんも面白そうかなと思いました。 他にもジャファーなど魅力的なキャラクターがたくさんいるのがアラジン。 日本語吹き替え版が誰になるのか?とても楽しみですね!!! 劇団四季も上演中であらゆる世代から知名度が高い作品です。 吹き替えキャストによっては「美女と野獣」を超える興行収入を記録するかもしれません。 アメリカでの公開は2019年5月24日、日本ではおそらく8月前半など夏休みのシーズンになると思います!.

次の

【アラジン】アニメ映画のあらすじ&登場人物まとめ!吹き替え版の声優や、有名な挿入歌を紹介!

映画 アラジン 吹き替え

実写版「アラジン」の日本語吹き替えキャスト 今回は、2019年に公開されるディズニー映画 実写版「アラジン」の日本語吹き替え声優キャストの経歴や歌の実力について解説します。 特に、アラジン役の中村倫也。 そしてジャスミン役の木下晴香の経歴や、歌の実力についてミュージカルファン目線での解説をしたいと思います。 また、後半では、声優が発表される前のアラジン&ジャスミン声優の予想記事です。 こちらでは、井上芳雄、海宝直人といったミュージカルスターから、芸能界で活躍する竹内涼真。 ジャスミン役には元宝塚のトップ娘役など、様々な可能性を検証してみました。 アラジン役の声優は中村倫也 アラジンは中村倫也に決定しました!ファンってすごいですね、声だけで当ててしまう。 元々ミュージカルにも出演していましたが、 「ミュージカルでも歌を芝居として上手く消化できる」演技派の俳優さんです。 お披露目イベントでの歌唱は、正直不安が残る内容でしたが、「歌を芝居として上手に消化する」俳優ですので、劇中ではキャラクターの心情や雰囲気を上手に盛り上げ、表現してくれるでしょう。 経歴 1999年佐賀県出身。 さらに2018年には帝国劇場「モーツァルト! 」のコンスタンツェ(ヒロイン)にも抜擢されています。 2019年11月からは難易度の高い歌が多い「ファントム」にクリスティーヌ役として出演が予定されています。 ジーニー役は山寺宏一 ジーニー役はアニメ版に引き続き山寺宏一。 ディズニー映画では、• ドナルドダック• ラルフ• ムーシュー• スティッチ• 野獣 などのキャラクターの声を担当しており、レジェンドと言っても良いでしょう。 ジャファー役に北村一輝 1969年大阪出身の俳優。 「夜王〜YAOH〜」「ガリレオ」などテレビ番組でおなじみですね。 アニメ映画では2018年「プリキュアスーパースターズ! 」に続き、2作目の声優となります。 悪役やダーティな役を演じるのが上手だけに、ジャファー役にも期待がかかります。 イアーゴ役に多田野曜平 イアーゴはベテラン声優の多田野曜平。 ディズニーシリーズでは、• 「シュガーラッシュ」キャンディー大王• 「塔の上のラプンツェル」ショーティー(天使の格好をしている酒場の荒くれ者)• 「ファインディング・ドリー」ベイリー(シロイルカの雄)• 「メリダとおそろしの森」マーティン(ダンブロッホ王国の番人の一人)• 「リメンバー・ミー」パパ・フリオ など、脇役ですが重要なキャラクターの声を演じています。 ダリア役に沢城みゆき ダリアは実写版で新しく登場するジャスミンの一番親しい側近です。 「ルパン三世」シリーズで峰不二子や、「ゲゲゲの鬼太郎」鬼太郎の声優として活躍する沢城みゆきが抜擢されました。 ディズニー映画は初参加となります。 アンダース王子に平川大輔 ジャスミンに求婚するアンダース王子に抜擢された平川大輔。 「イタズラなKiss」入江直樹、「School Days」伊藤誠といったアニメ作品から、オーランド・ブルーム、トム・ヒドルストンの声優など、幅広く活躍されています。 【予想】アラジンは海宝直人の抜擢が有力か? まず主役のアラジンですが、30歳を迎え日本ミュージカルで今最も注目を浴びているといっても過言ではない 「海宝直人」の名前がパッと思いつく方も多かったのではないでしょうか。 劇団四季「アラジン」では外部出演ながら主人公アラジンに配役されています。 追い風として、ディズニーとのコラボレーションCDも発売されました。 実力的にはもちろんのこと、興行的にもディズニーから認められた存在になったとも考えられます。 私個人の意見としては、日本で最も人気の高いミュージカルスターの一人である井上芳雄の「井上芳雄 シングス ディズニー 〜ワン・ナイト・ドリーム!」、宝塚歌劇団とのコラボCD「TAKARAZUKA plays Disney」など、ある意味ディズニーとのコラボCD発売はその実力と、人気を持った者しか許されない特権なのではないかと思います。 そういう観点で考えると、海宝直人も実力・人気を客観的に認められた気がしていましたが、結果的には今回のアラジン役に名前は上がりませんでした。 その他の候補として考えていた方を以下に何名か挙げてみます、• 井上芳雄• 浦井健治• 城田優• 小池徹平• 柿澤勇人 2017年公開の実写版「美女と野獣」でビースト役に山崎育三郎が抜擢されました。 人気や実力から考えると、同じくStarSの二人が抜擢される可能性も考えられました。 また知名度を優先するという点では、城田優、小池徹平の抜擢がリアルな気もしました。 ただし、ここまでは「人気」「実力」という面からキャスティングを考えましたが、 全くの新人を起用するというケースもあり得ました。 今回の実写版「アラジン」でアラジンを演じるメナ・マスード、ナオミ・スコットも俳優経験はありますが、ほとんど新人といっても良い経歴です。 日本でもまだまだあまり知られていないミュージカル界・映画界の新人が大抜擢される。 こういったパターンもあると思っていました。 ただ、懸念点としては、直近のディズニー実写映画の興行成績が悪く、実写版「アラジン」は失敗できないという背景があるので、アメリカの次に興行成績を稼げるだろう日本では、人気を優先した、まさに「劇場にお客さまを運べる俳優」の優先順位が高くなると思います。 そうなると、ティーン向けの映画・ドラマの主役級、20〜30の子供の頃に「アラジン」を見て育った世代にも受け入れられ、そして歌唱力も素質がある若手俳優が配役されると予想していました。 ズバリ 竹内涼真です。 個人的には、海宝直人か、竹内涼真か。 全く異なるベクトルの方向性に見えて、どちらも人気にこれからの伸び代があって、話題性があるという点では同じだと思います。 また、知名度だけ考えると海宝直人を竹内涼真と比べるのはナンセンスかと思われる方もいると思います。 ただ、映画の興行収入は「どれだけリピーターを呼べるか」という点もとても重要なので、おそらく海宝直人が吹き替えだと英語版・日本語吹き替え版の両方を観に行くリピーターが多いと思います。 私見ではありますが、竹内涼真のファンは日本語吹き替え版しか観ない方が多いと思うのです。 一方で、全国のミュージカルファンはどちらも観に行きますよね。 完全なる私見ですが。 ミュージカル好きの方は、実写版「美女と野獣」も英語・日本語どっちも観にいった方が多いのではないのでしょうか? 【予想】宝塚歌劇元トップ娘役のジャスミン役もあると思います! ジャスミンは、正直さっぱり誰になるのか分からないです。 もちろん、 個人的な希望はあります。 元宝塚のトップ娘役です。 ただし、元宝塚歌劇の女優はディズニー映画の吹き替えをしているイメージがない。 パッと思いつくのはゴーテル(剣幸)ぐらいでしょうか。 ただ、宝塚歌劇ファンとしては、宝塚を引退したトップ娘役にディズニー映画の大役を担って欲しい。 では、元宝塚でもどの女優が抜擢されるのか。 現実的なのは、• 愛希れいか(元月組トップ娘役)• 実咲凜音(元宙組トップ娘役)• 咲妃みゆ(元雪組トップ娘役) 人気も、実力も高いこの3人かと思います。 人気と知名度が抜群の愛希れいか 6年7ヶ月トップ娘役として活躍した 愛希れいかは、娘役としては花總まり以来、異例の主演公演も上演されています。 ますます高まる宝塚歌劇の人気を考えると、ジャスミン役に愛希れいかが抜擢された際には、話題沸騰で、全国の宝塚ファンが映画館に押しかけ、その上DVD・CDなどのグッズも飛ぶように売れると思います。 ジャスミンのイメージにも合う実咲凜音 「みりおん」こと 実咲凜音も人気が高い元トップ娘役です。 、凛とした美しい姿が、ジャスミンのイメージにもマッチしていると思います。 オールマイティーになんでもできる咲妃みゆ そして、ユニバーサル・ミュージックに元宝塚で初めてアーティストとして専属契約された 咲妃みゆもあり得ると思います。 なんでも器用にこなす元トップ娘役です。 ディズニー愛のある妃海風もあり得る! あとは、愛希れいか、実咲凜音と同期の 妃海風の抜擢も期待されます。 ものすごいディズニーファンで、プリンセス志向の高さは芸能界で確実に1番。 生田絵梨花、平野綾はジャスミン役の可能性としてはかなり高いと思います。 ミュージカル女優の中では、 唯月ふうか、宮澤エマが来そうな気もしています。 ジーニーは山寺宏一に決定! 山寺さん一択では? 山寺さんの吹き替えるジーニーに匹敵する人がいないと思います。 もしくは、ウィル・スミスの吹き替え担当として 東地宏樹さんも。 可能性としては、 駒田一さんのように「レ・ミゼラブル」でテナルディエを演じるようなコメディもできて歌えるミュージカル俳優さん。 あと、 市村正親さんも面白そうかなと思いました。 他にもジャファーなど魅力的なキャラクターがたくさんいるのがアラジン。 日本語吹き替え版が誰になるのか?とても楽しみですね!!! 劇団四季も上演中であらゆる世代から知名度が高い作品です。 吹き替えキャストによっては「美女と野獣」を超える興行収入を記録するかもしれません。 アメリカでの公開は2019年5月24日、日本ではおそらく8月前半など夏休みのシーズンになると思います!.

次の

アラジン実写化の日本語吹き替え歌詞は?アニメ版と比較してみた!

映画 アラジン 吹き替え

ディズニーによる1992年のアニメ『アラジン』が、2019年についに実写映画化!日本公開は6月7日、監督は「シャーロック・ホームズ」シリーズのガイ・リッチーが務めています。 アニメ版は「アラビアンナイト」として有名な『千夜一夜物語』の『アラジンと魔法のランプ』が原案となっており、実写版はこのアニメ版のリメイク。 アラジンが恋する王女ジャスミンや魔法のランプの魔人ジーニー、ランプを狙う敵でアグラバーの大臣ジャファーなど、魅力的なキャラクターが登場する『アラジン』。 ここでは実写版とアニメ版の両方のキャスト・声優と日本語吹替声優をまとめて紹介していきます。 2019年6月7日に公開される実写映画『アラジン』。 気になる実写キャストと日本語吹き替え声優ですが、アラジン役にはエジプト出身のメナ・マスードが抜擢。 オーディションで役を勝ち取り、本作でブレイクが期待される俳優です。 ジャスミン役にはインド系の母とイギリス人の父を持つナオミ・スコット。 そして、ランプの魔人ジーニーを演じるのは「メン・イン・ブラック」シリーズで知られるウィル・スミスです。 予告では青いウィル・スミスの映像が公開されています。 日本語吹き替え声優には、ドラマ・映画で活躍する中村倫也と、舞台で活躍する女優・木下晴香が、それぞれアラジン、ジャスミン役に抜擢。 あの名曲「ホール・ニュー・ワールド」の吹き替えにも注目が集まります。 ジーニーの声優は、1992年のアニメ映画版と同じく、山寺宏一が担当します。 洋邦問わずロック音楽とアクション映画をこよなく愛するアラフィフ主婦。 漫画とアニメも大好き!専門はアメリカ文学。 広島在住、映画館勤務。 新作は月5本くらいのペースで観ています。 配信サービスはAmazonプライムとdTVを利用中。 以前はホラーとアメコミ以外なら何でも観ていましたが、ここ数年でなぜかどちらも開眼!特に好きなジャンルはアクションとサスペンス。 さらに細かいジャンルではクライム、スパイ、カーアクションものが大好物です。 SF、戦争映画も好きなジャンル。 好きな監督はクエンティン・タランティーノ。 好きな作品は『ナチュラル・ボーン・キラーズ』『イングロリアス・バスターズ』『シン・ゴジラ』。 多言語が飛び交うような無国籍作品が好みで、映画からその国の文化も学びたい派。 購読中の漫画は『ONE PIECE』『銀魂』『ゴールデンカムイ』『進撃の巨人』『キングダム』、衝撃を受けたアニメ映画は『幻魔大戦』と大友克洋の『AKIRA』。 ciatrではノンジャンルな感じで、それこそ洋邦問わず映画・ドラマ・アニメなど様々な記事を書いています。 得意分野は作品解説と相関図作り。 趣味は音楽鑑賞でドラム習得中。 絵も描くので、今後もしイラスト作成などあればチャレンジしてみたいと思っています。

次の