艦これ ss ヤンデレ 逃げる。 【大井SS】提督「みんなの好感度がカンストしてる?」【艦これ】

提督「艦娘達が急変した」

艦これ ss ヤンデレ 逃げる

提督「なぁ、陸奥。 」 陸奥「何かしら?」 提督「なんか最近みんな変じゃないか?」 陸奥「そんな事ないと思うけど。 どうして?」 提督「なんかやたら俺と話すのが嫌そうなんだけど。 」 陸奥「提督と話すのが嫌?」 提督「ああ。 用事が済むとすぐにみんなダッシュで逃げてっちまうんだよ。 」 陸奥「う〜ん…………。 」 陸奥 だいたい理由は察しがつくけど、まあ言わない方がいいわよね………。 陸奥「まあ、別に提督のことが嫌いとかそういう訳じゃないと思うわよ?」 提督「本当か?」 陸奥「ええ。 」 提督「上官をからかうな!」 陸奥「あはは、はいはい。 」 陸奥 まあ、大丈夫だとは思うけどもし血迷った事をする子がいたら私達が守らなきゃね。 ーーーーーーーーーーーーーーー 陸奥さんは比較的まともな方なんです。 長門さんもね。 」 雷「!!司令官!!」ダキッ 提督「ぬおっふ!どうした雷?」 雷「司令官、もっと私に頼っていいのよ!?」 提督「お、おう。 でもとりあえず今はー」 雷「何でもいいわよ!何だってするから!」 提督「おお、そうか?じゃあ、電を呼んできてくれないか?」 雷「…………んで?」 提督「雷?」 雷「なんで、電の話をするの?」 提督「え、い、いや、電に用があるから………。 」 雷「なんで!?雷がいるじゃない!なんで私を頼ってくれないの!?」ギュウッ 提督「い、雷落ち着けって!」 雷「なんでよ!司令官には雷がいればそれでいいじゃない!」 提督「な、なんでそんなこと言うんだ?大切な姉妹だろ?」 雷「………分かったわ。 呼んでくる。 」 提督「………ありがとう。 」 雷「………ごめんなさい。 」 提督「雷………いいんだ。 そこまで俺の事を思ってくれてるのは、凄く嬉しいし伝わってるから。 」ナデナデ 雷「司令官………。 」 鳳翔「あ、あーん、してあげてもいいですよ?」 提督「えっ。 」 鳳翔「すっ、すみません!なんでもないです!」 提督「あ、待ってください!」 鳳翔「は、はい………。 」 提督「して欲しいです、俺で良ければ!」 提督 ここで断ると面倒くさそうなんだよな………。 それに鳳翔のあーんとか正直気分が高揚します。 鳳翔「ほ、本当ですか!?」パァァァ 提督「はい、是非!」 提督 ああ、この笑顔が可愛いんじゃあぁ! 鳳翔「そ、それでは、さっそく。 」 鳳翔「あ、あーん!」 提督「あーん。 」モグモグ 電「司令官さん?なにをしてるのです?」 提督「んぐんぐ、電?」 電「何をしてるのです?」 提督「え、何って昼飯食ってるんだけど。 」 電「なんで電を呼んでおいて他の女といちゃついているのですか?」 提督「え、あ、いや、別にそういうわけじゃ」 鳳翔「電ちゃん?悪いけど今提督は私に夢中だから用事なら後にしてね?」 提督「えっ、鳳翔さん?」 電「提督、ひょっとしたら鳳翔さんに操られてるのです。 電が助けるのです!」 提督「ちょ、電、聞けって!」 鳳翔「提督、下がっていてください。 悪い子にはお仕置きが必要ですよね?」 提督「鳳翔さんまで!」 電「なのです!」ジャキン 提督「おい、やめろってば!」 鳳翔「」ギリギリ 提督「電!お前を呼んだのはお前に御褒美があるからなんだよ!」 電「御褒美、なのですか?」 提督「お、おう!電はいつも遠征頑張ってくれてるからな!俺はちゃんと見てるぞ!」 提督「だから新しい装備を用意したんだ!電の為にな!」 電「本当なのです?」 提督「本当だ!それを渡したくて呼んだんだよ!」 電「うふふ、嬉しいのです!」ギュッ 提督「おうっ。 」 鳳翔「むっ………。 」 提督「だから、とりあえずまた後で、な?」 電「分かったのです!」トタタタタタ 提督「ふぅ………。 」 鳳翔「あの、提督、すみませんでした。 」 提督「ああ、いえ、いいんです。 」 鳳翔「いけない、ご飯が冷めてしまいます。 さぁ、あーんしてください!」 提督「あ、あーん。 」モグモグ 提督 なんかすげぇ疲れた………。 提督 鳳翔さんもあんな顔するんだな………。 鳳翔 うふふ、提督ったら、私のご飯美味しそうに食べてる。 鳳翔 それにしても、提督は私のものだってこと、みんなまだ分からないのかしら。 鳳翔 次はご飯に睡眠薬を入れて、二人だけの場所に………。 鳳翔「ふふふふふ………。 」 榛名「いえ、お上手でしたよ?」 提督「いや………。 榛名 この温もりは誰にも渡したくない………なのに。 榛名 どうして他の女の匂いがするんでしょう。 榛名「提督?」 提督「何かね?」賢者モード 榛名「提督は榛名のこと、好きですか?」 提督「もちろんさ。 」キリッ 榛名「本当ですか!?」 提督「ああ本当だ。 」 榛名「榛名、嬉しいです!」ギュッ 提督「はっはっは、可愛い奴め。 」 提督 ほわあああああああ鎮まれ!俺鎮まれ! 榛名「でも提督は他の子にもそうやって言うのですよね……。 」ボソッ 提督「ん?どうした?」 榛名「いえ、なんでもありません。 それでは榛名はそろそろ行きますね。 」 提督「お、おう。 」 榛名「それでは、また。 」スタスタ 榛名 提督の優しいところ、榛名は大好きです。 でも、ほかの子には優しくしないでほしい…………。 榛名 榛名だけに優しくして欲しい………。 私だけに………。 私だけのものに……。 ああ、提督が欲しい、欲しい欲しい欲しい欲しい欲しい欲しい欲しい欲しい欲しい欲しい欲しい欲しい欲しい欲しい欲しい欲しい欲しい 榛名「ふふふふふふふふ………。 ん?この書類は何?」 提督「ん?どれどれ…………。 海外艦派遣?」 提督「それもドイツ艦?」 陸奥「新しい仲間?」 提督「らしいな。 にしても急な話だな………ってあれ?」 陸奥「これ、発行日一週間前なんだけど………。 」 提督「え?」 陸奥「提督のばか!チェックしてないだけじゃない!しかも今日着任って書いてあるわよ!」 提督「まじかいな。 」 ピンポーン 提督「お、噂をすればなんとやら。 陸奥、呼んできてくれるか?」 陸奥「まったくもう………新人の前でくらいしっかりしてよね?」 提督「おう、任せろ!」 ーーーーーーーーーーーーーーー コンコン 提督「どうぞ〜。 」 プリンツ「Guten Morgen!私は重巡、プリンツ・オイゲン!よろしくね!」 提督「おう!この鎮守府の提督だ!頼もしい仲間を、歓迎するぜ!」 提督「よし、それじゃあえーと………陸奥、摩耶と鳥海を呼んどいてくれ。 」 陸奥「仕方ないわね………。 」 提督「悪いな。 」 提督「えっとなプリンツ、とりあえずはここの事を覚えてもらいたいからしばらく秘書艦をお願いしたい。 」 プリンツ「分かったわ!」 提督「ここが執務室な。 よく来るだろうから、場所を覚えておいてくれ。 他の場所は、ここの重巡の二人に説明させるから、頼む。 」 摩耶「お〜い、来たぜ、提督〜。 」 鳥海「提督、こんにちは。 」 提督「お、悪いな二人とも。 今日着任したプリンツだ。 鎮守府の案内をしてやってくれ。 」 プリンツ「プリンツ・オイゲンよ!よろしくね!」 摩耶「おう、あたしは摩耶でこっちが鳥海だ。 」 鳥海「よろしくね。 」 提督「じゃ、頼むわ。 」 摩耶「おうよ!」ガチャ 陸奥「………大丈夫かしら。 」 提督「え?何が?」 陸奥「摩耶、プリンツに何かしないといいけれど………。 」 提督「さすがに大丈夫だと思うけどな……。 」 陸奥「うーん、念のため見てくるわ。 」 提督「色々と悪いな。 」 陸奥「ううん。 でもお礼はたっぷりしてもらうわよ?」 提督「お、お手柔らかに頼む。 」 陸奥「ふふ、冗談よ。 」 ーーーーーーーーーーーーーーー 摩耶「んで、ここが食堂な。 」 摩耶「こんくらいか?主要な場所は。 」 鳥海「そうね。 どう?プリンツさん、何かわからないことはある?」 プリンツ「ううん、大丈夫!ありがとう、摩耶、鳥海!」 鳥海「いえいえ、それじゃ私は用があるから、行くわね。 摩耶、プリンツのことお願いね。 」 摩耶「おう、任せとけー。 」 摩耶「………行ったか。 」ボソッ プリンツ「え?何か言った?」 摩耶「いや、何も。 それよりプリンツ、お前、提督のことどう思うんだ?」 プリンツ「提督?いい人だと思うわ!海外艦の私にも変わらず接してくれるし、艦娘に優しい提督なんてドイツにはなかなか居なかったから。 」 摩耶「へー、そうかい。 」 摩耶「おい、海外艦だかなんだか知らねえが頭に乗るなよ。 」 プリンツ「えっ?」ビクッ 摩耶「来たばっかのくせに提督のこと知った風に喋んなよ。 沈めるぜ?お前。 」 プリンツ「ご、ごめんなさい………。 」 摩耶「提督の事を分かってるのはあたしだけなんだ。 ふざけた事したらバラすからな、よく覚えとけよ。 」 プリンツ「ひっ………。 」 陸奥「ちょっと摩耶!何してるの!」 摩耶「む、陸奥さん。 何もしてねえよ別に。 」 陸奥「本当かしら?」 摩耶「あ、ああ。 もちろん。 」 陸奥「………まあいいわ。 プリンツの事は私が見るから、今日はもういいわよ。 」 摩耶「………分かった。 」 陸奥「………やれやれ、来てよかったわ。 」 プリンツ「あ、あの、ダンケ、ありがとう………。 」 陸奥「いえ、お礼はいいわ。 あの子、提督の事になると我を忘れちゃうのよ。 悪気は無いから許してあげて?」 プリンツ「は、はい……。 」 陸奥「それと、提督が案内が終わったらまた部屋に来いって言ってたから、行くようにね。 」 プリンツ「うん、分かった。 」 陸奥「それじゃ、また後でね。 」 ーーーーーーーーーーーーーーー コンコン プリンツ「提督?来たよ?」 プリンツ「提督?入るよ?」 提督「Zzz………。 」 プリンツ「寝ちゃってる………。 」 プリンツ「私、ここでやっていけるのかな………。 姉さま、レーベ、マックス………。 」 提督「………んむ?お、プリンツ、案内してもらったか?」 プリンツ「………うん。 」 提督「……?なんかあったのか?」 プリンツ「………なんでもないよ。 」 プリンツ 来たばっかりで余計な心配かけれないよ………。 提督「そうか?ならいいんだが、何かあったら遠慮せず言ってくれな。 」 プリンツ「………うん。 」 提督「くあぁ、まだ眠いや。 」 プリンツ「え?私に御用は?」 提督「何だっけ?忘れちった。 」 プリンツ「えぇ………。 」 提督「とりあえず寝るの!ほら、プリンツもだ!」グイッ プリンツ「えっ、ちょっ、提督!?」 提督「陸奥は出掛けるっていってたし、一人じゃ寂しいから付き合ってくれないか?」 プリンツ「えっ、わ、私でいいならいいけど………。 」 提督「よし、許可ゲット〜。 んじゃさっそく〜。 」ダキツキ プリンツ「ん………。 」 プリンツ「暖かいね………。 」 提督「んむ………。 」 プリンツ「もう、提督寝るの早いよ。 ………せっかくだし、私も寝よっかな………。 」 数時間後 プリンツ「ん………。 」 プリンツ「提督、まだ寝てる………。 」 提督「Zzz………。 」 プリンツ「可愛い寝顔………。 」 プリンツ「あったかい………この暖かさ、ずっと味わってたいな………。 」 プリンツ「提督が私だけのものになれば、ずっとこうしてられるのにな………。 」 プリンツ「ねえ提督、私ね、提督が好きになっちゃったみたい。 」 プリンツ「誰かをこんなに愛しく思うのは初めてだよ?」 プリンツ「提督が欲しい………。 」 プリンツ「………渡さない。 」 プリンツ「あんなガサツな女に、私の提督は渡さないもん。 」 プリンツ「………いいよね?提督……?」 プリンツ「ん………ちゅ………。 」 プリンツ「ちゅっ………ん………はぁ、はぁ。 」 プリンツ「提督のお口、おいしいよ………。 」 プリンツ「ん………ちゅぅ………。 」 プリンツ「もっと、もっと………。 」 コンコン プリンツ「!!!」ビクッ 長門「提督?居ないのか?」コンコン 長門「入るぞ?」ガチャリ.

次の

#艦これ #ハーレム 提督が嫌われ薬を盛るようです

艦これ ss ヤンデレ 逃げる

提督「なぁ、陸奥。 」 陸奥「何かしら?」 提督「なんか最近みんな変じゃないか?」 陸奥「そんな事ないと思うけど。 どうして?」 提督「なんかやたら俺と話すのが嫌そうなんだけど。 」 陸奥「提督と話すのが嫌?」 提督「ああ。 用事が済むとすぐにみんなダッシュで逃げてっちまうんだよ。 」 陸奥「う〜ん…………。 」 陸奥 だいたい理由は察しがつくけど、まあ言わない方がいいわよね………。 陸奥「まあ、別に提督のことが嫌いとかそういう訳じゃないと思うわよ?」 提督「本当か?」 陸奥「ええ。 」 提督「上官をからかうな!」 陸奥「あはは、はいはい。 」 陸奥 まあ、大丈夫だとは思うけどもし血迷った事をする子がいたら私達が守らなきゃね。 ーーーーーーーーーーーーーーー 陸奥さんは比較的まともな方なんです。 長門さんもね。 」 雷「!!司令官!!」ダキッ 提督「ぬおっふ!どうした雷?」 雷「司令官、もっと私に頼っていいのよ!?」 提督「お、おう。 でもとりあえず今はー」 雷「何でもいいわよ!何だってするから!」 提督「おお、そうか?じゃあ、電を呼んできてくれないか?」 雷「…………んで?」 提督「雷?」 雷「なんで、電の話をするの?」 提督「え、い、いや、電に用があるから………。 」 雷「なんで!?雷がいるじゃない!なんで私を頼ってくれないの!?」ギュウッ 提督「い、雷落ち着けって!」 雷「なんでよ!司令官には雷がいればそれでいいじゃない!」 提督「な、なんでそんなこと言うんだ?大切な姉妹だろ?」 雷「………分かったわ。 呼んでくる。 」 提督「………ありがとう。 」 雷「………ごめんなさい。 」 提督「雷………いいんだ。 そこまで俺の事を思ってくれてるのは、凄く嬉しいし伝わってるから。 」ナデナデ 雷「司令官………。 」 鳳翔「あ、あーん、してあげてもいいですよ?」 提督「えっ。 」 鳳翔「すっ、すみません!なんでもないです!」 提督「あ、待ってください!」 鳳翔「は、はい………。 」 提督「して欲しいです、俺で良ければ!」 提督 ここで断ると面倒くさそうなんだよな………。 それに鳳翔のあーんとか正直気分が高揚します。 鳳翔「ほ、本当ですか!?」パァァァ 提督「はい、是非!」 提督 ああ、この笑顔が可愛いんじゃあぁ! 鳳翔「そ、それでは、さっそく。 」 鳳翔「あ、あーん!」 提督「あーん。 」モグモグ 電「司令官さん?なにをしてるのです?」 提督「んぐんぐ、電?」 電「何をしてるのです?」 提督「え、何って昼飯食ってるんだけど。 」 電「なんで電を呼んでおいて他の女といちゃついているのですか?」 提督「え、あ、いや、別にそういうわけじゃ」 鳳翔「電ちゃん?悪いけど今提督は私に夢中だから用事なら後にしてね?」 提督「えっ、鳳翔さん?」 電「提督、ひょっとしたら鳳翔さんに操られてるのです。 電が助けるのです!」 提督「ちょ、電、聞けって!」 鳳翔「提督、下がっていてください。 悪い子にはお仕置きが必要ですよね?」 提督「鳳翔さんまで!」 電「なのです!」ジャキン 提督「おい、やめろってば!」 鳳翔「」ギリギリ 提督「電!お前を呼んだのはお前に御褒美があるからなんだよ!」 電「御褒美、なのですか?」 提督「お、おう!電はいつも遠征頑張ってくれてるからな!俺はちゃんと見てるぞ!」 提督「だから新しい装備を用意したんだ!電の為にな!」 電「本当なのです?」 提督「本当だ!それを渡したくて呼んだんだよ!」 電「うふふ、嬉しいのです!」ギュッ 提督「おうっ。 」 鳳翔「むっ………。 」 提督「だから、とりあえずまた後で、な?」 電「分かったのです!」トタタタタタ 提督「ふぅ………。 」 鳳翔「あの、提督、すみませんでした。 」 提督「ああ、いえ、いいんです。 」 鳳翔「いけない、ご飯が冷めてしまいます。 さぁ、あーんしてください!」 提督「あ、あーん。 」モグモグ 提督 なんかすげぇ疲れた………。 提督 鳳翔さんもあんな顔するんだな………。 鳳翔 うふふ、提督ったら、私のご飯美味しそうに食べてる。 鳳翔 それにしても、提督は私のものだってこと、みんなまだ分からないのかしら。 鳳翔 次はご飯に睡眠薬を入れて、二人だけの場所に………。 鳳翔「ふふふふふ………。 」 榛名「いえ、お上手でしたよ?」 提督「いや………。 榛名 この温もりは誰にも渡したくない………なのに。 榛名 どうして他の女の匂いがするんでしょう。 榛名「提督?」 提督「何かね?」賢者モード 榛名「提督は榛名のこと、好きですか?」 提督「もちろんさ。 」キリッ 榛名「本当ですか!?」 提督「ああ本当だ。 」 榛名「榛名、嬉しいです!」ギュッ 提督「はっはっは、可愛い奴め。 」 提督 ほわあああああああ鎮まれ!俺鎮まれ! 榛名「でも提督は他の子にもそうやって言うのですよね……。 」ボソッ 提督「ん?どうした?」 榛名「いえ、なんでもありません。 それでは榛名はそろそろ行きますね。 」 提督「お、おう。 」 榛名「それでは、また。 」スタスタ 榛名 提督の優しいところ、榛名は大好きです。 でも、ほかの子には優しくしないでほしい…………。 榛名 榛名だけに優しくして欲しい………。 私だけに………。 私だけのものに……。 ああ、提督が欲しい、欲しい欲しい欲しい欲しい欲しい欲しい欲しい欲しい欲しい欲しい欲しい欲しい欲しい欲しい欲しい欲しい欲しい 榛名「ふふふふふふふふ………。 ん?この書類は何?」 提督「ん?どれどれ…………。 海外艦派遣?」 提督「それもドイツ艦?」 陸奥「新しい仲間?」 提督「らしいな。 にしても急な話だな………ってあれ?」 陸奥「これ、発行日一週間前なんだけど………。 」 提督「え?」 陸奥「提督のばか!チェックしてないだけじゃない!しかも今日着任って書いてあるわよ!」 提督「まじかいな。 」 ピンポーン 提督「お、噂をすればなんとやら。 陸奥、呼んできてくれるか?」 陸奥「まったくもう………新人の前でくらいしっかりしてよね?」 提督「おう、任せろ!」 ーーーーーーーーーーーーーーー コンコン 提督「どうぞ〜。 」 プリンツ「Guten Morgen!私は重巡、プリンツ・オイゲン!よろしくね!」 提督「おう!この鎮守府の提督だ!頼もしい仲間を、歓迎するぜ!」 提督「よし、それじゃあえーと………陸奥、摩耶と鳥海を呼んどいてくれ。 」 陸奥「仕方ないわね………。 」 提督「悪いな。 」 提督「えっとなプリンツ、とりあえずはここの事を覚えてもらいたいからしばらく秘書艦をお願いしたい。 」 プリンツ「分かったわ!」 提督「ここが執務室な。 よく来るだろうから、場所を覚えておいてくれ。 他の場所は、ここの重巡の二人に説明させるから、頼む。 」 摩耶「お〜い、来たぜ、提督〜。 」 鳥海「提督、こんにちは。 」 提督「お、悪いな二人とも。 今日着任したプリンツだ。 鎮守府の案内をしてやってくれ。 」 プリンツ「プリンツ・オイゲンよ!よろしくね!」 摩耶「おう、あたしは摩耶でこっちが鳥海だ。 」 鳥海「よろしくね。 」 提督「じゃ、頼むわ。 」 摩耶「おうよ!」ガチャ 陸奥「………大丈夫かしら。 」 提督「え?何が?」 陸奥「摩耶、プリンツに何かしないといいけれど………。 」 提督「さすがに大丈夫だと思うけどな……。 」 陸奥「うーん、念のため見てくるわ。 」 提督「色々と悪いな。 」 陸奥「ううん。 でもお礼はたっぷりしてもらうわよ?」 提督「お、お手柔らかに頼む。 」 陸奥「ふふ、冗談よ。 」 ーーーーーーーーーーーーーーー 摩耶「んで、ここが食堂な。 」 摩耶「こんくらいか?主要な場所は。 」 鳥海「そうね。 どう?プリンツさん、何かわからないことはある?」 プリンツ「ううん、大丈夫!ありがとう、摩耶、鳥海!」 鳥海「いえいえ、それじゃ私は用があるから、行くわね。 摩耶、プリンツのことお願いね。 」 摩耶「おう、任せとけー。 」 摩耶「………行ったか。 」ボソッ プリンツ「え?何か言った?」 摩耶「いや、何も。 それよりプリンツ、お前、提督のことどう思うんだ?」 プリンツ「提督?いい人だと思うわ!海外艦の私にも変わらず接してくれるし、艦娘に優しい提督なんてドイツにはなかなか居なかったから。 」 摩耶「へー、そうかい。 」 摩耶「おい、海外艦だかなんだか知らねえが頭に乗るなよ。 」 プリンツ「えっ?」ビクッ 摩耶「来たばっかのくせに提督のこと知った風に喋んなよ。 沈めるぜ?お前。 」 プリンツ「ご、ごめんなさい………。 」 摩耶「提督の事を分かってるのはあたしだけなんだ。 ふざけた事したらバラすからな、よく覚えとけよ。 」 プリンツ「ひっ………。 」 陸奥「ちょっと摩耶!何してるの!」 摩耶「む、陸奥さん。 何もしてねえよ別に。 」 陸奥「本当かしら?」 摩耶「あ、ああ。 もちろん。 」 陸奥「………まあいいわ。 プリンツの事は私が見るから、今日はもういいわよ。 」 摩耶「………分かった。 」 陸奥「………やれやれ、来てよかったわ。 」 プリンツ「あ、あの、ダンケ、ありがとう………。 」 陸奥「いえ、お礼はいいわ。 あの子、提督の事になると我を忘れちゃうのよ。 悪気は無いから許してあげて?」 プリンツ「は、はい……。 」 陸奥「それと、提督が案内が終わったらまた部屋に来いって言ってたから、行くようにね。 」 プリンツ「うん、分かった。 」 陸奥「それじゃ、また後でね。 」 ーーーーーーーーーーーーーーー コンコン プリンツ「提督?来たよ?」 プリンツ「提督?入るよ?」 提督「Zzz………。 」 プリンツ「寝ちゃってる………。 」 プリンツ「私、ここでやっていけるのかな………。 姉さま、レーベ、マックス………。 」 提督「………んむ?お、プリンツ、案内してもらったか?」 プリンツ「………うん。 」 提督「……?なんかあったのか?」 プリンツ「………なんでもないよ。 」 プリンツ 来たばっかりで余計な心配かけれないよ………。 提督「そうか?ならいいんだが、何かあったら遠慮せず言ってくれな。 」 プリンツ「………うん。 」 提督「くあぁ、まだ眠いや。 」 プリンツ「え?私に御用は?」 提督「何だっけ?忘れちった。 」 プリンツ「えぇ………。 」 提督「とりあえず寝るの!ほら、プリンツもだ!」グイッ プリンツ「えっ、ちょっ、提督!?」 提督「陸奥は出掛けるっていってたし、一人じゃ寂しいから付き合ってくれないか?」 プリンツ「えっ、わ、私でいいならいいけど………。 」 提督「よし、許可ゲット〜。 んじゃさっそく〜。 」ダキツキ プリンツ「ん………。 」 プリンツ「暖かいね………。 」 提督「んむ………。 」 プリンツ「もう、提督寝るの早いよ。 ………せっかくだし、私も寝よっかな………。 」 数時間後 プリンツ「ん………。 」 プリンツ「提督、まだ寝てる………。 」 提督「Zzz………。 」 プリンツ「可愛い寝顔………。 」 プリンツ「あったかい………この暖かさ、ずっと味わってたいな………。 」 プリンツ「提督が私だけのものになれば、ずっとこうしてられるのにな………。 」 プリンツ「ねえ提督、私ね、提督が好きになっちゃったみたい。 」 プリンツ「誰かをこんなに愛しく思うのは初めてだよ?」 プリンツ「提督が欲しい………。 」 プリンツ「………渡さない。 」 プリンツ「あんなガサツな女に、私の提督は渡さないもん。 」 プリンツ「………いいよね?提督……?」 プリンツ「ん………ちゅ………。 」 プリンツ「ちゅっ………ん………はぁ、はぁ。 」 プリンツ「提督のお口、おいしいよ………。 」 プリンツ「ん………ちゅぅ………。 」 プリンツ「もっと、もっと………。 」 コンコン プリンツ「!!!」ビクッ 長門「提督?居ないのか?」コンコン 長門「入るぞ?」ガチャリ.

次の

!提督「艦娘にセクハラしたらどうなるんだろうか?」

艦これ ss ヤンデレ 逃げる

提督「なぁ、陸奥。 」 陸奥「何かしら?」 提督「なんか最近みんな変じゃないか?」 陸奥「そんな事ないと思うけど。 どうして?」 提督「なんかやたら俺と話すのが嫌そうなんだけど。 」 陸奥「提督と話すのが嫌?」 提督「ああ。 用事が済むとすぐにみんなダッシュで逃げてっちまうんだよ。 」 陸奥「う〜ん…………。 」 陸奥 だいたい理由は察しがつくけど、まあ言わない方がいいわよね………。 陸奥「まあ、別に提督のことが嫌いとかそういう訳じゃないと思うわよ?」 提督「本当か?」 陸奥「ええ。 」 提督「上官をからかうな!」 陸奥「あはは、はいはい。 」 陸奥 まあ、大丈夫だとは思うけどもし血迷った事をする子がいたら私達が守らなきゃね。 ーーーーーーーーーーーーーーー 陸奥さんは比較的まともな方なんです。 長門さんもね。 」 雷「!!司令官!!」ダキッ 提督「ぬおっふ!どうした雷?」 雷「司令官、もっと私に頼っていいのよ!?」 提督「お、おう。 でもとりあえず今はー」 雷「何でもいいわよ!何だってするから!」 提督「おお、そうか?じゃあ、電を呼んできてくれないか?」 雷「…………んで?」 提督「雷?」 雷「なんで、電の話をするの?」 提督「え、い、いや、電に用があるから………。 」 雷「なんで!?雷がいるじゃない!なんで私を頼ってくれないの!?」ギュウッ 提督「い、雷落ち着けって!」 雷「なんでよ!司令官には雷がいればそれでいいじゃない!」 提督「な、なんでそんなこと言うんだ?大切な姉妹だろ?」 雷「………分かったわ。 呼んでくる。 」 提督「………ありがとう。 」 雷「………ごめんなさい。 」 提督「雷………いいんだ。 そこまで俺の事を思ってくれてるのは、凄く嬉しいし伝わってるから。 」ナデナデ 雷「司令官………。 」 鳳翔「あ、あーん、してあげてもいいですよ?」 提督「えっ。 」 鳳翔「すっ、すみません!なんでもないです!」 提督「あ、待ってください!」 鳳翔「は、はい………。 」 提督「して欲しいです、俺で良ければ!」 提督 ここで断ると面倒くさそうなんだよな………。 それに鳳翔のあーんとか正直気分が高揚します。 鳳翔「ほ、本当ですか!?」パァァァ 提督「はい、是非!」 提督 ああ、この笑顔が可愛いんじゃあぁ! 鳳翔「そ、それでは、さっそく。 」 鳳翔「あ、あーん!」 提督「あーん。 」モグモグ 電「司令官さん?なにをしてるのです?」 提督「んぐんぐ、電?」 電「何をしてるのです?」 提督「え、何って昼飯食ってるんだけど。 」 電「なんで電を呼んでおいて他の女といちゃついているのですか?」 提督「え、あ、いや、別にそういうわけじゃ」 鳳翔「電ちゃん?悪いけど今提督は私に夢中だから用事なら後にしてね?」 提督「えっ、鳳翔さん?」 電「提督、ひょっとしたら鳳翔さんに操られてるのです。 電が助けるのです!」 提督「ちょ、電、聞けって!」 鳳翔「提督、下がっていてください。 悪い子にはお仕置きが必要ですよね?」 提督「鳳翔さんまで!」 電「なのです!」ジャキン 提督「おい、やめろってば!」 鳳翔「」ギリギリ 提督「電!お前を呼んだのはお前に御褒美があるからなんだよ!」 電「御褒美、なのですか?」 提督「お、おう!電はいつも遠征頑張ってくれてるからな!俺はちゃんと見てるぞ!」 提督「だから新しい装備を用意したんだ!電の為にな!」 電「本当なのです?」 提督「本当だ!それを渡したくて呼んだんだよ!」 電「うふふ、嬉しいのです!」ギュッ 提督「おうっ。 」 鳳翔「むっ………。 」 提督「だから、とりあえずまた後で、な?」 電「分かったのです!」トタタタタタ 提督「ふぅ………。 」 鳳翔「あの、提督、すみませんでした。 」 提督「ああ、いえ、いいんです。 」 鳳翔「いけない、ご飯が冷めてしまいます。 さぁ、あーんしてください!」 提督「あ、あーん。 」モグモグ 提督 なんかすげぇ疲れた………。 提督 鳳翔さんもあんな顔するんだな………。 鳳翔 うふふ、提督ったら、私のご飯美味しそうに食べてる。 鳳翔 それにしても、提督は私のものだってこと、みんなまだ分からないのかしら。 鳳翔 次はご飯に睡眠薬を入れて、二人だけの場所に………。 鳳翔「ふふふふふ………。 」 榛名「いえ、お上手でしたよ?」 提督「いや………。 榛名 この温もりは誰にも渡したくない………なのに。 榛名 どうして他の女の匂いがするんでしょう。 榛名「提督?」 提督「何かね?」賢者モード 榛名「提督は榛名のこと、好きですか?」 提督「もちろんさ。 」キリッ 榛名「本当ですか!?」 提督「ああ本当だ。 」 榛名「榛名、嬉しいです!」ギュッ 提督「はっはっは、可愛い奴め。 」 提督 ほわあああああああ鎮まれ!俺鎮まれ! 榛名「でも提督は他の子にもそうやって言うのですよね……。 」ボソッ 提督「ん?どうした?」 榛名「いえ、なんでもありません。 それでは榛名はそろそろ行きますね。 」 提督「お、おう。 」 榛名「それでは、また。 」スタスタ 榛名 提督の優しいところ、榛名は大好きです。 でも、ほかの子には優しくしないでほしい…………。 榛名 榛名だけに優しくして欲しい………。 私だけに………。 私だけのものに……。 ああ、提督が欲しい、欲しい欲しい欲しい欲しい欲しい欲しい欲しい欲しい欲しい欲しい欲しい欲しい欲しい欲しい欲しい欲しい欲しい 榛名「ふふふふふふふふ………。 ん?この書類は何?」 提督「ん?どれどれ…………。 海外艦派遣?」 提督「それもドイツ艦?」 陸奥「新しい仲間?」 提督「らしいな。 にしても急な話だな………ってあれ?」 陸奥「これ、発行日一週間前なんだけど………。 」 提督「え?」 陸奥「提督のばか!チェックしてないだけじゃない!しかも今日着任って書いてあるわよ!」 提督「まじかいな。 」 ピンポーン 提督「お、噂をすればなんとやら。 陸奥、呼んできてくれるか?」 陸奥「まったくもう………新人の前でくらいしっかりしてよね?」 提督「おう、任せろ!」 ーーーーーーーーーーーーーーー コンコン 提督「どうぞ〜。 」 プリンツ「Guten Morgen!私は重巡、プリンツ・オイゲン!よろしくね!」 提督「おう!この鎮守府の提督だ!頼もしい仲間を、歓迎するぜ!」 提督「よし、それじゃあえーと………陸奥、摩耶と鳥海を呼んどいてくれ。 」 陸奥「仕方ないわね………。 」 提督「悪いな。 」 提督「えっとなプリンツ、とりあえずはここの事を覚えてもらいたいからしばらく秘書艦をお願いしたい。 」 プリンツ「分かったわ!」 提督「ここが執務室な。 よく来るだろうから、場所を覚えておいてくれ。 他の場所は、ここの重巡の二人に説明させるから、頼む。 」 摩耶「お〜い、来たぜ、提督〜。 」 鳥海「提督、こんにちは。 」 提督「お、悪いな二人とも。 今日着任したプリンツだ。 鎮守府の案内をしてやってくれ。 」 プリンツ「プリンツ・オイゲンよ!よろしくね!」 摩耶「おう、あたしは摩耶でこっちが鳥海だ。 」 鳥海「よろしくね。 」 提督「じゃ、頼むわ。 」 摩耶「おうよ!」ガチャ 陸奥「………大丈夫かしら。 」 提督「え?何が?」 陸奥「摩耶、プリンツに何かしないといいけれど………。 」 提督「さすがに大丈夫だと思うけどな……。 」 陸奥「うーん、念のため見てくるわ。 」 提督「色々と悪いな。 」 陸奥「ううん。 でもお礼はたっぷりしてもらうわよ?」 提督「お、お手柔らかに頼む。 」 陸奥「ふふ、冗談よ。 」 ーーーーーーーーーーーーーーー 摩耶「んで、ここが食堂な。 」 摩耶「こんくらいか?主要な場所は。 」 鳥海「そうね。 どう?プリンツさん、何かわからないことはある?」 プリンツ「ううん、大丈夫!ありがとう、摩耶、鳥海!」 鳥海「いえいえ、それじゃ私は用があるから、行くわね。 摩耶、プリンツのことお願いね。 」 摩耶「おう、任せとけー。 」 摩耶「………行ったか。 」ボソッ プリンツ「え?何か言った?」 摩耶「いや、何も。 それよりプリンツ、お前、提督のことどう思うんだ?」 プリンツ「提督?いい人だと思うわ!海外艦の私にも変わらず接してくれるし、艦娘に優しい提督なんてドイツにはなかなか居なかったから。 」 摩耶「へー、そうかい。 」 摩耶「おい、海外艦だかなんだか知らねえが頭に乗るなよ。 」 プリンツ「えっ?」ビクッ 摩耶「来たばっかのくせに提督のこと知った風に喋んなよ。 沈めるぜ?お前。 」 プリンツ「ご、ごめんなさい………。 」 摩耶「提督の事を分かってるのはあたしだけなんだ。 ふざけた事したらバラすからな、よく覚えとけよ。 」 プリンツ「ひっ………。 」 陸奥「ちょっと摩耶!何してるの!」 摩耶「む、陸奥さん。 何もしてねえよ別に。 」 陸奥「本当かしら?」 摩耶「あ、ああ。 もちろん。 」 陸奥「………まあいいわ。 プリンツの事は私が見るから、今日はもういいわよ。 」 摩耶「………分かった。 」 陸奥「………やれやれ、来てよかったわ。 」 プリンツ「あ、あの、ダンケ、ありがとう………。 」 陸奥「いえ、お礼はいいわ。 あの子、提督の事になると我を忘れちゃうのよ。 悪気は無いから許してあげて?」 プリンツ「は、はい……。 」 陸奥「それと、提督が案内が終わったらまた部屋に来いって言ってたから、行くようにね。 」 プリンツ「うん、分かった。 」 陸奥「それじゃ、また後でね。 」 ーーーーーーーーーーーーーーー コンコン プリンツ「提督?来たよ?」 プリンツ「提督?入るよ?」 提督「Zzz………。 」 プリンツ「寝ちゃってる………。 」 プリンツ「私、ここでやっていけるのかな………。 姉さま、レーベ、マックス………。 」 提督「………んむ?お、プリンツ、案内してもらったか?」 プリンツ「………うん。 」 提督「……?なんかあったのか?」 プリンツ「………なんでもないよ。 」 プリンツ 来たばっかりで余計な心配かけれないよ………。 提督「そうか?ならいいんだが、何かあったら遠慮せず言ってくれな。 」 プリンツ「………うん。 」 提督「くあぁ、まだ眠いや。 」 プリンツ「え?私に御用は?」 提督「何だっけ?忘れちった。 」 プリンツ「えぇ………。 」 提督「とりあえず寝るの!ほら、プリンツもだ!」グイッ プリンツ「えっ、ちょっ、提督!?」 提督「陸奥は出掛けるっていってたし、一人じゃ寂しいから付き合ってくれないか?」 プリンツ「えっ、わ、私でいいならいいけど………。 」 提督「よし、許可ゲット〜。 んじゃさっそく〜。 」ダキツキ プリンツ「ん………。 」 プリンツ「暖かいね………。 」 提督「んむ………。 」 プリンツ「もう、提督寝るの早いよ。 ………せっかくだし、私も寝よっかな………。 」 数時間後 プリンツ「ん………。 」 プリンツ「提督、まだ寝てる………。 」 提督「Zzz………。 」 プリンツ「可愛い寝顔………。 」 プリンツ「あったかい………この暖かさ、ずっと味わってたいな………。 」 プリンツ「提督が私だけのものになれば、ずっとこうしてられるのにな………。 」 プリンツ「ねえ提督、私ね、提督が好きになっちゃったみたい。 」 プリンツ「誰かをこんなに愛しく思うのは初めてだよ?」 プリンツ「提督が欲しい………。 」 プリンツ「………渡さない。 」 プリンツ「あんなガサツな女に、私の提督は渡さないもん。 」 プリンツ「………いいよね?提督……?」 プリンツ「ん………ちゅ………。 」 プリンツ「ちゅっ………ん………はぁ、はぁ。 」 プリンツ「提督のお口、おいしいよ………。 」 プリンツ「ん………ちゅぅ………。 」 プリンツ「もっと、もっと………。 」 コンコン プリンツ「!!!」ビクッ 長門「提督?居ないのか?」コンコン 長門「入るぞ?」ガチャリ.

次の