はいだしょうこ 絵描き 歌。 はいだしょうこ

はいだしょうこ“画伯”、YouTubeで紙芝居を公開 「お子さんが泣いてしまわないか…」 / 2020年5月22日

はいだしょうこ 絵描き 歌

Eテレの子ども向け番組史上で最恐のイラストについて、元うたのおねえさんが激白! 6月20日に放送された「DX」にて、宝塚歌劇団出身のが、伝説的と噂されるイラストの腕前を披露し、ネットをにぎわせている。 ここで司会のダウンタウンからうたのおねえさんだった過去について問われると、はいだは「その子どもたちを泣かせてしまったことがあって…」と切り出した。 はいだは「番組で歌いながら絵描き歌をしてて、それで絵を描いたんですよ。 そしたら描き終わった後にそこにいた子どもが絵を見て《怖い!》って泣いちゃって。 それがオンエアになって全国に流れた時に、各ご家庭のお子さんにも泣かれちゃって…」と説明した。 その伝説的なシーンを当時子育て中だった女性誌ライターが振り返る。 着ぐるみ人形劇に登場するスプーは犬やカバに似た動物風のキャラで、耳には白い羽、頭にはグリーンの帽子が特徴。 ところがはいだのイラストは出だしからスプーとは似ても似つかず、完成したのは悪魔カボチャから極細ツインテールが生えているような、とにかくまがまがしい代物だったのです。 たしかに2〜3歳の幼児があれを見たら泣いてしまうのは確実でしょう」 今回のダウンタウンDXでは残念ながらスプーの絵は紹介できなかったものの、その代わりにはいだの描いたネコ、イノシシ、そしてサンタクロースを披露。 頭と体のバランスが悪いネコはともかく、イノシシはまるで吸血動物さながら。 サンタに至っては生き物(人)かどうかすら判別できない有様で、スタジオを騒然とさせていた。 「ところが世の中不思議なもので、スプーの絵がきっかけで、はいだには絵の仕事が舞い込むようになったのです。 それもバラエティ番組での披露に留まらず、ゲーム内キャラやNTT西日本の電報CM向けなど、ガチなイラスト仕事すらこなすように。 現在ではLINEスタンプも販売されています」(前出・女性誌ライター) そのLINEスタンプには象らしきキャラも登場するが、それが比率を間違えた青いブルドッグにしか見えないのはご愛敬。 はいだ画伯はこれからも、その画力でファンを楽しませてくれそうだ。 (白根麻子).

次の

はいだしょうこ、子どもたちをギャン泣きさせた伝説の絵描き歌を激白! (2019年6月25日)

はいだしょうこ 絵描き 歌

2015年3月9日(月)に日本テレビ系列で放送された 「月曜から夜ふかし」で取り上げられていた議題のひとつが、「はいだしょうこの絵描き歌問題」でした。 なんというか、凄まじい回でしたね。 この回の「月曜から夜ふかし」、間違いなく神回でした 笑。 番組MCの関ジャニの村上信五さんが、世界の北野武とともに、アート(芸術)の特番をするので、村上さんの絵心をチェックすべく、絵描き歌合戦を画策。 で、この絵描き歌合戦に堂々エントリーされたのが、絵描き歌界のレジェンド・はいだしょうこ画伯。 はいだしょうこさんの経歴をざっと振り返りますと、1996年に宝塚音楽学校に入学。 宝塚歌劇団へと進み、退団後は第19代目のうたのおねえさんとしてNHK「おかあさんといっしょ」に出演。 そして事件は、この「おかあさんといっしょ」の中で起こりました。 世にいう「スプー騒動」です。 これは、「おかあさんといっしょ」のマスコットキャラクターである「スプー」の絵描き歌を、はいだしょうこさんが披露した際、そのすこぶる狂気性を感じさせる完成画に、テレビ画面越しに多くの視聴者が震えあがったという騒動です 笑。 しょうこおねえさんいわく、その絵の怖さゆえに泣いてしまった子どもがいたり、クレームの電話がきたこともあったんだとか 笑。 底をみせない狂気性がすごい・・・ 笑。 そんなはいだしょうこ画伯が、「月曜から夜ふかし」に出演し、まさかまさか絵描き歌に挑戦してくれました。 しょうこおねえさんと、村上さん、マツコ・デラックスさんがチャレンジした絵描き歌は、「かわいいコックさん」と「ハクション大魔王」の2つ。 以下、それぞれのはいだしょうこ画伯の絵を、簡単にまとめてみました。 ハクション大魔王 ハクション大魔王 byはいだしょうこ画伯 続いてこちらが「ハクション大魔王」。 先週の放送で、あまりにも雑すぎる描き歌として話題になった絵描き歌ですが、さすが、はいだしょうこさんの手にかかれば、私たちの想像の着地点を大きく飛び越えていきますね 笑。 画伯いわく、慌てすぎてこうなってしまったんだとか。 いや、どう考えても慌てたうんぬんのレベルじゃないですが 笑。 マツコさん、すばらしいと称賛してました 笑。 ほんとに全力を出し切ってこれだから、おもしろいしかわいく思えるんでしょうね! やべー超ファンになったかも 笑。

次の

はいだしょうこ、子どもたちをギャン泣きさせた伝説の絵描き歌を激白! (2019年6月25日)

はいだしょうこ 絵描き 歌

出典:entitiesgraph. com 国立音楽大学附属高等学校の2年生の時に2度目の受験で宝塚音楽学校に合格し、1998年に音楽学校を卒業後 『千琴ひめか』の芸名で84期生として宝塚歌劇団に入団する。 入団後の初舞台は宙組公演『シトラスの風』で、組み回り出演を経て 星組に配属。 主に娘役として活躍した。 2001年に星組公演 『ベルサイユのばら2001』で、通常最低でも6年目以上でないと務められないと言われる エトワールを入団3年目で務める。 翌年秋に宝塚歌劇団を退団し、2003年4月7日から2008年3月28日までの5年間、NHK番組 『おかあさんといっしょ』の 第19代目うたのおねえさんとして知名度を上げる。 スプーの絵描き歌がやばい? 出典:garakuta. chips. jp NHKにてうたのおねえさんとした活躍したはいだしょうこさん。 同番組内で放送されていた人形劇 『ぐ〜チョコランタン』に登場するキャラクター 『スプー』の絵描き歌を披露したが、 これが放送事故と言われるほど話題となっている。 なぜ放送事故とまで言われているのかは実際にスプーの絵描き歌の動画を見るとすぐにわかるのだが、 本物のスプーとは似ても似つかないイラストを完成させてしまったからだ。 動画はこちらにあります! はいだしょうこさんの絵の強烈さはTV番組『月曜から夜更かし』でも取り上げられていて、ドラえもん、くまモン、ライオンなどスプー以外のイラストも原作からかけ離れた独創的な仕上がりになっている。 はいだしょうこさんによると 「歌を歌うのと同じくらい、絵を描くことも好き」なのだそう。 彼女のハイセンスなイラスト、気になる人は一度チェックしてみてもいいかもしれない。 宝塚の退団理由とは? 出典:www. youtube. com 宝塚歌劇団に入団したものの 4年間という短期間で退団していることや『元タカラジェンヌ』といった肩書きも語っていないことからうたのおねえさんのイメージしか持っていない人も多いのではないだろうか。 宝塚歌劇団では初舞台から5年目までは年数に応じて研1、研2などと呼ばれる試験が毎年あり、はいだしょうこさんは研4の時点で退団していて、研5の試験を受けていないという。 上下関係が厳しいことで有名な宝塚歌劇団において、はいだしょうこさん 「1年目は笑ってはいけない」 「毎朝1時間半は校内の掃除をしなければならず、床に髪の毛一本落ちていてはいけないのでガムテープを使って掃除した」 「窓の桟も綿棒を使って念入りにしなければならず、朝、5時頃には寮を出ていた」 と語っている。 そんな厳しいルールの中でも彼女は 『闇練の女王』と呼ばれるほど真夜中に残って練習を重ねるていたそう。 そんな彼女がなぜ宝塚歌劇団を短期間でやめてしまったのか。 気になる退団の理由はエトワールに抜擢されたことで夢が叶った。 加えて、昔から 『おかあさんといっしょ』のおねえさんに憧れていて、 どうしても『うたのおねえさん』になりたい気持ちが強かったことから退団に至ったと言われている。 旦那はどんな人? 出典:news. livedoor. com 結婚がニュースとなったはいだしょうこさんであるが、今のところ、子供を出産したというニュースは聞かない。 結婚してから4年が経とうとしていて、現在36歳という年齢からも出産のニュースが聞ける日を待ち侘びているファンも多いだろう。 まとめ みなさんはどう思いましたか?コメント残してくれるとうれしいです。 この記事を書いた結果! ・スプーの絵描き歌がヤバい! ・宝塚の退団の理由は『おかあさんといっしょ』に憧れていたから! ・旦那は一般人の人! ・出産はしていなく、子供はいない! という結果になりました。

次の