ファブル二部。 ファブル完―これでヤンマガで読むもんは彼岸手品ソウナンびゅるびゅる班長と結婚する草子さんしかなくなったで―

1巻無料・岡田准一主演『ザ・ファブル』原作はこうして生まれた!

ファブル二部

スポンサーリンク ザ・ファブル最終話のネタバレ 1年間 アキラとヨウコは慣れ親しんだ人や場所を車窓から見ながら、旅に出る。 別れはいつまでたっても慣れないーーー…でもまた会う楽しみもあるのだ。 外を眺めるアキラに、ヨウコはボスとどんな話をしたのかを聞くのだったーーーー…。 『なんで山岡を殺らなかった?』 キャンピングカーの中で、ボスが初めに問うたのはこれだった。 殺さなくても何か他に方法があるんではないかーーー…他の選択肢が考えればあるんじゃないか…と、アキラは考えていたのだ。 「休業中に心境も変わったようだな…合格だよ!」 これはプロとしては失格の行為ーーー…しかしボスにとって、このアキラの行動はよいものだった。 ヤクザの世界もやり方を変える時がきている…どういう方法かはまだ定まっていないが、アキラは組織として用無しになりつつあった、とボスは話す。 しかしアキラの持つ殺人スキルは無視できないーーー…いっその事消す事も考えたがボスにだって情はある。 それなら…と1年休業を与えて様子を見ることにしたのがこの1年。 殺しのスキルを落とし、どう心境が変わるか…一社会になじめるならそうしてやりたい…というボスの親心なのだ。 監視 そしてボスにはもう一つ、アキラを監視していて思ったことがあった。 ボスはこんな稼業をしているが善悪を考えたりするーーー… 何かひとつ良い行いを残しても悪くない…と正義にも興味があるそう。 「おまえのその能力を使って人助けをしろ!」 小さな事でも、悪徳ヤクザの組丸ごと潰して、なんでもいい。 そうすれば育てたボスもどこか救われるのだ。 「あと…」と、ボスはアキラ達の盗聴やGPSは携帯ではなく、手にチップを埋めてあると最後に告げるのだった。 一通りの話を聞いたヨウコは、自分の掌を見て驚く。 これは一般には出回る事のないナノテクノロジー…必要なエネルギーは心臓の鼓動や血流、細胞に含まれる化学エネルギーから得られるそうだ。 チップは自分で取り除いてもいいし、このままでも組織は一切関与しない…とボスはいうが、ヨウコは山岡の例もあるし信用できないと話す。 山岡は死にたがっているように見えたアキラ。 ボスは 『山岡の心情は山岡にしかわからねえ…』としたうえで、どんな良いゲームや映画もずっとやっていれば飽きる… 恐怖なき人生にウンザリしてたんだろうな…と考える。 「おまえを知って最期の花火をあげたかったんだろーー」 ボスの言葉を思い出しつつ、2人は街を離れていくのだったーーーー…。 1週間後ーーー… 真黒組はいつもと変わらず過ごしているように見える。 しかし海老原は1人、銃を箱につめて奥底に眠らせるのだった…。 オクトパスーーーー…、アザミは仕事のイラストを仕上げ、ユーカリは配達を頑張っていた。 ミサキはあれから本当に過ごしている、と実感していた。 アザミとユーカリは驚くほど真面目で、元の顔を自分も忘れるくらいふつうに暮らしているーーー…知らないのは田高田だけなのも、今となっては少し笑える。 アキラがアザミに預けてくれたお金は、ミサキの借金の返済にあてた。 その話と結婚の報告をしに実家にいったミサキーーー…ミサキの母はとても感謝してくれたそうだ。 そんなことを考えている帰りの電車ーーー…ミサキは横の男性にお尻を触られた。 横を見ると、男性は息を荒くしているーーー… 「あいたッ!!」 ミサキは持っていた鍵につけている小さい刃で男性を刺してやった。 佐藤くんーーなんかアタシーー強くなっちゃったーー ミサキはここ1週間のことをアキラにメールをする。 アキラは少し優しい顔でそのメールを眺めていた。 「ヨメからメール?」 アキラの様子に気づいたヨウコは、そう声をかけ、出来たご飯をアキラの元にもっていくーーー…それは幼虫の素揚げだった。 もう3日もこの場に滞在ーーー…ヨウコはふつうのゴハンが食べたいと嘆いた。 この場にとどまっていたのは、レイプ魔を捕まえるためだ。 「今の車怪しいなーー」 アキラは外の車の光を見て、なにかを察知する。 「ちょっと行ってくるーー」 そういってアキラは自分の力を何かに役立てるため、立ち上がるのだったーーー…。 アキラは試されていたんですね。 本当にそんなものあるんですかね…? いや、できてもおかしくない…それくらい技術発展してそうですもんね。

次の

ザファブルネタバレ最終回(240話)考察や感想も!【ふつうの男…。】

ファブル二部

スポンサーリンク ザ・ファブル最終話のネタバレ 1年間 アキラとヨウコは慣れ親しんだ人や場所を車窓から見ながら、旅に出る。 別れはいつまでたっても慣れないーーー…でもまた会う楽しみもあるのだ。 外を眺めるアキラに、ヨウコはボスとどんな話をしたのかを聞くのだったーーーー…。 『なんで山岡を殺らなかった?』 キャンピングカーの中で、ボスが初めに問うたのはこれだった。 殺さなくても何か他に方法があるんではないかーーー…他の選択肢が考えればあるんじゃないか…と、アキラは考えていたのだ。 「休業中に心境も変わったようだな…合格だよ!」 これはプロとしては失格の行為ーーー…しかしボスにとって、このアキラの行動はよいものだった。 ヤクザの世界もやり方を変える時がきている…どういう方法かはまだ定まっていないが、アキラは組織として用無しになりつつあった、とボスは話す。 しかしアキラの持つ殺人スキルは無視できないーーー…いっその事消す事も考えたがボスにだって情はある。 それなら…と1年休業を与えて様子を見ることにしたのがこの1年。 殺しのスキルを落とし、どう心境が変わるか…一社会になじめるならそうしてやりたい…というボスの親心なのだ。 監視 そしてボスにはもう一つ、アキラを監視していて思ったことがあった。 ボスはこんな稼業をしているが善悪を考えたりするーーー… 何かひとつ良い行いを残しても悪くない…と正義にも興味があるそう。 「おまえのその能力を使って人助けをしろ!」 小さな事でも、悪徳ヤクザの組丸ごと潰して、なんでもいい。 そうすれば育てたボスもどこか救われるのだ。 「あと…」と、ボスはアキラ達の盗聴やGPSは携帯ではなく、手にチップを埋めてあると最後に告げるのだった。 一通りの話を聞いたヨウコは、自分の掌を見て驚く。 これは一般には出回る事のないナノテクノロジー…必要なエネルギーは心臓の鼓動や血流、細胞に含まれる化学エネルギーから得られるそうだ。 チップは自分で取り除いてもいいし、このままでも組織は一切関与しない…とボスはいうが、ヨウコは山岡の例もあるし信用できないと話す。 山岡は死にたがっているように見えたアキラ。 ボスは 『山岡の心情は山岡にしかわからねえ…』としたうえで、どんな良いゲームや映画もずっとやっていれば飽きる… 恐怖なき人生にウンザリしてたんだろうな…と考える。 「おまえを知って最期の花火をあげたかったんだろーー」 ボスの言葉を思い出しつつ、2人は街を離れていくのだったーーーー…。 1週間後ーーー… 真黒組はいつもと変わらず過ごしているように見える。 しかし海老原は1人、銃を箱につめて奥底に眠らせるのだった…。 オクトパスーーーー…、アザミは仕事のイラストを仕上げ、ユーカリは配達を頑張っていた。 ミサキはあれから本当に過ごしている、と実感していた。 アザミとユーカリは驚くほど真面目で、元の顔を自分も忘れるくらいふつうに暮らしているーーー…知らないのは田高田だけなのも、今となっては少し笑える。 アキラがアザミに預けてくれたお金は、ミサキの借金の返済にあてた。 その話と結婚の報告をしに実家にいったミサキーーー…ミサキの母はとても感謝してくれたそうだ。 そんなことを考えている帰りの電車ーーー…ミサキは横の男性にお尻を触られた。 横を見ると、男性は息を荒くしているーーー… 「あいたッ!!」 ミサキは持っていた鍵につけている小さい刃で男性を刺してやった。 佐藤くんーーなんかアタシーー強くなっちゃったーー ミサキはここ1週間のことをアキラにメールをする。 アキラは少し優しい顔でそのメールを眺めていた。 「ヨメからメール?」 アキラの様子に気づいたヨウコは、そう声をかけ、出来たご飯をアキラの元にもっていくーーー…それは幼虫の素揚げだった。 もう3日もこの場に滞在ーーー…ヨウコはふつうのゴハンが食べたいと嘆いた。 この場にとどまっていたのは、レイプ魔を捕まえるためだ。 「今の車怪しいなーー」 アキラは外の車の光を見て、なにかを察知する。 「ちょっと行ってくるーー」 そういってアキラは自分の力を何かに役立てるため、立ち上がるのだったーーー…。 アキラは試されていたんですね。 本当にそんなものあるんですかね…? いや、できてもおかしくない…それくらい技術発展してそうですもんね。

次の

ファブル240話(最終回)最新話のネタバレと感想!|マイコミック|漫画のネタバレや無料で読む方法を紹介!

ファブル二部

15,990• 3,761• 7,698• 2,043• 218• 1,702• 502• 620• 169• 119• 11,606• 107• 1,516• 1,593• 545• 288• 374• 544• 132• 277• 394• 198• 301• 228• 334• 451• 214• 128• 106• 447• 240• 117• 139• 2,248• 804• 402• 116• 273• 171• 151• 131•

次の